カード能力解説 > まぶしいサタン

まぶしいサタン

レア度 ☆6~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 フィールド上のすべての色ぷよをみどりぷよにし、その直後に落ちてくるぷよがみどりぷよになる
Lスキル能力 味方全体の攻撃力と体力を3倍にし、2連鎖以上で味方全体に「かいふく」×4の回復
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2018年7月のまぶしい夏ガチャにて登場。
2019年8月9日に☆7が実装された。

ステータス

☆6 Lv99 たいりょく こうげき かいふく
まぶしいサタン 4348 2289 703
☆7 Lv120 たいりょく こうげき かいふく
まぶしいサタン 6522 3319 949

スキル

フィールド上のすべての色ぷよをみどりぷよにし、
その直後に落ちてくるぷよがみどりぷよになる。
必要ぷよ消し数は40個。
☆7ではさらに、スキル発動中の連鎖係数が2.4倍になる。

アルル&カーバンクルの色違い版。
こちらは緑一色のために副属性の攻撃力は期待できないが、主属性の攻撃は2連鎖が確定する。
☆6の場合、96個すべて消えた場合、14.2+14.2×(1+0.4)=34.08倍もの威力で主属性のカードが攻撃する。

☆7での連鎖係数増加の効果は、魔導剣士シリーズのリーダースキルなどのものと同様に連鎖補正に対してかかるもので、
スキル単体だけでも威力は14.2+14.2×(1+0.4×2.4)=42.032倍となる。

きらぼしのレムレス・サタン&カーバンクルのように、攻撃力を直接上げるものではないので
プリズムボールを巻き込んでもダメージは等倍である点には注意すべき。

しかし、うすやみのDGアルルクラリスなど、プリズムボール塗り替えスキルで
変換後に連鎖が起こるように配置すれば、最大48個が落ちてくる前に余分に連鎖させて火力アップに結びつけることもできる。
たとえばこのように配置すると、ぷよ変換後にフィールドの分だけで3連鎖となり、全消し後に落ちてくるぷよは4連鎖目となる。

○○○○○○○○
○●○●○○○○
●○●○●○○○
○●○●○○○○
○●○●○○○○
○●○●○○○○

チャンスぷよを巻き込み、だいれんさチャンスを成功させれば威力を伸ばすことはできるが、
チャンスぷよ1個だけだと、だいれんさチャンスも6連鎖止まりとなる、できるだけ複数個巻き込みたい。
ただし通常攻撃扱いではないため、連鎖係数が上がってもワイルド化などは適用されず、
だいれんさチャンスで攻撃したい色が手前の連鎖数がきてしまうことで火力にムラが出るため、やや博打寄りとなる。

余談だが、(狙わない限りほぼ起こりえない状況ではあるが)このスキルを使って全体を緑に変換しても
1個もぷよが消えなかった場合、ネクストぷよが緑に変換されるだけでスキル発動が終了する。
スキル発動中ではないので、そのあとなぞり消しをしても、「その直後に落ちてくるぷよがみどりぷよになる」効果はない。
もちろん、スキル発動が終わっているため、連鎖係数の上昇もない。

リーダースキル

味方全体の攻撃力と体力を強化し、2連鎖以上で味方全体にこのカードの「かいふく」×4の回復。
☆6では攻撃力と体力を3倍。
☆7では攻撃力を4.2倍、体力を3.5倍。

ポップなアミティと同じスキル(ちなみにこの2枚は「かいふく」、というかステータスが同じ)。
リーダー本人のかいふくを参照するため、デッキ全体の回復力に依存しないという特徴がある。
たいりょくタイプのキャラや、かいふくの低いキャラでデッキを組むと、この恩恵は大きく現れやすい。

また、このキャラの場合しんげつのシェゾをサポーターにすると連鎖回復の数値は減少し、
ジーベンやサニラメイクアップアリィをサポーターにすると、連鎖回復は4で固定されるようになる (リーダーとサポーターが逆の場合も同様)。

コンビネーション

ボス!?、ボーイズ、初代メンバー、つの、はばたき、めがね
当初は本家と異なりめがねが付く代わりにボス!?は付かなったが、2021年1月22日に追加された。

デッキ考察


評価

リーダースキルはポップなアミティ等と同様、単色や多色を問わず運用できるが、スキルは緑単色か、疑似単色デッキ向け。
基本的には緑デッキのスキル砲要因として使うことになる。
しかし、スキルで一時的に連鎖係数が上がったところで、その威力を伸ばす手段に乏しい。
また、緑属性の強力なスキル砲にはきらぼしのレムレスがおり、これを持っていると、こちらのスキルはほとんど用がなくなってしまう。
なんでもできそうに見えて、意外と器用貧乏なカードと言える。☆7にする優先度は低めのカードと考えて差し支えないだろう。

余談

実装当時はリーダースキルの後半が「2連鎖以上で味方全体に「かいふく」×4の回復」となっており、「このカードの」の部分が抜けていた(効果は同じ)。
最終更新:2021年05月21日 12:24