カード能力解説 > しんげつのシェゾ

しんげつのシェゾ

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげき・単体
スキル能力 1ターンの間、黄属性・紫属性の攻撃力を5倍
相手全体の攻撃力を90%減少
Lスキル能力 黄属性・紫属性の攻撃を5倍、体力を3.5倍、回復を1/10にし、
一度に消せるぷよ数を2個増やす
コスト量 48, 60

概要

2018年9月の1900万DL記念ガチャで登場。
2020年6月8日に☆7が実装。

ステータス

レアリティ たいりょく こうげき かいふく
☆6 Lv99 4252 2603 151
☆7 Lv120 6272 4165 303

スキル

1ターンの間、黄属性カードと紫属性カードの攻撃力をn倍にする。
☆6では攻撃力を4倍にする効果。
☆7では攻撃力を5倍にし、さらに相手全体の攻撃力を90%減少させる。
必要ぷよ消し数は40個。

非常に強力な倍率の攻撃エンハンスで、単色or疑似単色デッキにこのカードを仕込むだけでも強力。
強力な攻撃スキルを持つカードと是非併せて運用したい。

☆7では攻撃倍率が上がるだけでなく相手の攻撃力も下げられるが、
このスキルを使った後はスキル攻撃で相手を倒すことが主であることを考えると、
基本的には単に強力なエンハンススキルとして使い、
後半の効果はあくまで相手を倒しきれなかった場合の保険程度に考えておこう。

主属性は異なるものの、スキルの効果範囲や☆7時のデバフについてはしゅんげきのルルーの上位互換となる。

リーダースキル

黄属性カードと紫属性カードの攻撃力をn倍、体力をm倍、回復力を1/oにする。
☆6では攻撃力を4倍、体力を3倍、回復力を1/5にする。
☆7では攻撃力を5倍、体力を3.5倍、回復力を1/10にし、さらに一度に消せるぷよ数を2個増やす。

高い体力倍率に加え、非常に強力な攻撃倍率が掛かり通常クエストなら難なく敵を蹴散らせる攻撃力が手に入る。
一方で回復力は大きく落ちてしまうため、高難易度クエストで回復も必要な場合は、他のリーダーに任せる方が良い。
ただ高難易度クエストにもハートBOXを巻き込むとダメージなど、回復力が低い方が有利な場合もあり、
そういったステージの特性等も考え、リーダーとして起用するかどうか判断が問われる。

☆7では5倍というフェス限定キャラの中でも最高クラスの倍率に、さらになぞり消し数まで増えることで、
攻撃性能は大きく高まるが、回復の倍率も☆6時のさらに半分にまで低下する。

もちろん、高い攻撃倍率と言う観点ではバトルでの有用性も高い。
バトルならこちらの攻撃が上回れば相手の攻撃を防げるので、回復の重要度は低く、
☆6で4倍以上、☆7で5倍以上の攻撃倍率を掛けられるカードは極めて限られる為、
入手できたなら是非バトルのリーダーとして運用していきたい。

コンビネーション

本家同様、「初代メンバー」「ボーイズ」「剣士」が乗る。

デッキ考察

非常に強力な攻撃倍率と、高い体力倍率を誇るリーダースキルのお陰で通常クエストでは単色or疑似単色デッキで非常に
心強いカードとなりうる。その一方、回復面も考慮が必要な高難易度クエストではチーム全体の回復が大きく落ちるため、
そう言ったステージではリーダーとしての起用を控えるか、
回復の値に依存しない回復手段を持つうさぐるみぃなどを仕込んで強引に挑むなど工夫が欲しい。

しかしスキルも強力なため、リーダーとして起用せずともスタメンに加える価値は非常に高い。
各レアリティのエンハンス倍率はストリートのまぐろの最高倍率と同等であり、こちらは単色編成でも問題なく運用可能。
サタン&カーバンクルなど強力な攻撃スキルを持つカードと併用するだけでも、デッキの総合火力を大きく上げられる。

評価

攻撃に特化した編成を行うなら、ここまで強力なカードはそうそうない。
黄単色or疑似単色デッキの火力の底上げ、同じく黄単色or疑似単色でのエンハンス要員、バトルでのリーダーなど
攻撃面が重要となる局面で、さまざまな活躍を見込める。

備考



余談

最終更新:2020年07月09日 14:31