フレムベル(遊戯王OCG)

登録日:2010/06/13(日) 00:41:39
更新日:2021/06/07 Mon 06:20:22
所要時間:約 3 分で読めます




DUEL TERMINALにて登場したカード群
ここでは主にストーリーに関して記す

主体は『守備力200』
…もう少しマシな言い方はないのだろうか
守備力が200ジャストのモンスターをサポートしたりバーンしたり、うんそんな感じ
ネオフレムベルでは『墓地と除外』
……今度はシンプル過ぎて逆にわからん
相手の墓地の枚数で効果が発動したり、墓地のカード除外したり、うんそんな感じ

属性は炎属性、種族は主に炎族

ストーリー上ではX−セイバー氷結界ミスト・バレーらとともにA・ O・Jの開発を行っていた原住種族の一つ

水の種族である氷結界とは仲が悪いらしい

姿は炎を主に獣やドラゴンなどの攻撃的な生物や半裸の戦士やシャーマンなど多岐に渡る

以下DUEL TERMINALでの活動

【第一弾】
ドラグノフ
マジカル
ガード・オブ・フレムベル
ウルキサス

特になし

【第二弾】
パウン
アーチャー
デビル

ワームの侵攻からか戦闘向きのカードが登場
まぁ第一弾からして殺る気マンマンな気もするが・・・

【第三弾】
グルニカ
ベビー

今回でX−セイバーはDTから姿を消し、フレムベルはたった2枚、しかも1枚は明らかに非戦闘要員
好戦的な種族なのでワームと最前線で戦い消耗したのだろう

【第四弾】
なし

今回以降フレムベルもX−セイバーに続きDTから姿を消す
ワームによるものか、魔轟神によるものか、はたまた消耗が激しすぎて戦線から離れただけなのかは不明

【第五弾】
【第六弾】
【第七弾】
同上

【第八弾】
オリジン
ヘッジホッグ
シャーマン
ガルーダ
サーベル
エンシェント・ゴッド・フレムベル

途中別世界に出張していが『ネオフレムベル』と名を変えてDTに復帰
古の神を引っ提げて華々しく登場・・・した途端にトリシューラが暴走
その後彼等の行方を知る者は誰もいなかった・・・


原住種族の中ではX−セイバー、A・ O・Jらと共に初期から最前線で戦っていたであろうことが推察される
それが故か早期の段階で一線から身を引くことになったが・・・


以下個別バックストーリー

『オリジン』
名前からフレムベルの起源と目されるお方
その姿はまんま火の玉(ちょっとかわいいかも・・・)
これが犬や龍や半裸になったのか!?

『アーチャー』
『異種闘争』にて氷結界のブリザード・ウォリアーとメンチ切ってる
DT界では対立する種族もあるがこの二つの種族は対立が顕著に出ている

『マジカル』
A・ O・Jが場にいると強化される能力を持つ
A・ O・J開発の一旦がここに見られる

『ヘルドッグ』
パック出張組
実際にDT界以外の違う世界に行っていたのかは不明

『デスガンナー』
海外勢
来日前は『Flamvell Commando』であった

『エンシェント・ゴッド・フレムベル』
フレムベルの古の神
魔轟神封印との関係があるかは不明



立て逃げの回数が4回以下の場合、残金200円のwiki籠りを特殊召喚し、追記・修正をすることができる

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月07日 06:20