遊戯王

登録日:2011/02/04(金) 22:50:27
更新日:2019/08/04 Sun 23:31:24
所要時間:約 5 分で読めます




1996年から2004年まで週刊少年ジャンプで連載していた作品。作者は高橋和希
コミックスは全38巻で累計発行部数は3600万部。小説と公式ガイドブックも出た。
正式名称は遊☆戯☆王。
続編として世界観に関連がある遊戯王R遊戯王GX遊戯王5D's
新しい世界観で構築された遊戯王ZEXAL遊戯王ARC-V遊戯王VRAINSがある。

作品のコンセプトは主人公が人を殴らないバトル漫画。いわゆる知能戦。あるいはデスゲームもの。
ただ、ごく稀に拳・ジュラルミンケース・デュエルディスクなどで人を殴りまくっている。
テーマは友情、愛、自立。

手塚治虫の「三つ目がとおる」を意識した連載初期は人気がよろしくなく、幕張が暴走しなかったら打ち切りだった。
しかし作中のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」(M&W)は好評で、
M&Wを中心とした路線に変更すると人気が爆発、週刊少年ジャンプの代表作の1つになっていく。
また、それをベースとした遊戯王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OCG)は世界で大ヒットし、ギネス記録も樹立した。
よく間違われるが上記のとおり元を辿れば玩具販促のコミカライズ作品ではない、TCG界隈では割と異色な経歴の持ち主だったりする。
その為、
  • ブルーアイズ等の初期人気モンスターのステータスが未だに一定の基準になっている
  • カードの効果やルール通りに進行させずに劇中のハッタリや勢いを重視する事も多い(一応、ルールやカード効果の説明はされている)
  • そもそも、OCGと細かいルールが異なる(OCGで出来ないことが出来たりする)
  • 漫画(アニメ)オリジナルのカードが大量に登場する
  • そのオリジナルカードがOCG化されると、カード効果が劇中と別モノに変更される事がある(強力過ぎるカードや効果の処理が複雑なカードに多い)
といった特徴がある(アニメにもこういった特徴が引き継がれている)。

連載が続くにしたがって劇画寄りだった作者の画風ががより少年漫画向けに洗練され、その画力で描かれた種類を選ばないキャラクターや少年漫画らしい熱い展開からも好評。
…なのだがほぼ毎話何かおかしい所があり、それらは遊戯王ではよくあることとしてネタにされている。人気上昇の要因かもしれない。


1998年と2000年にアニメ化。

前者は通称「東映版」「テレ朝版」や「初代遊戯王」などと呼ばれており、
連載初期のアニメ化で人気がないわけでもなかったが、裏番組がYAT安心!宇宙旅行だった事もあり2クールで打ち切りに。
しかし、続編が東映まんがまつりの一本として映画化している。

後者は遊戯王デュエルモンスターズというタイトルでカードゲームに特化。世界的に爆発的な人気を獲得し、現在までシリーズ化されている。
こちらも劇場版が二作制作されている。


★あらすじ
ゲーム好きな気弱な少年、武藤遊戯は、ある日「絶対に解けない」とされていた古代エジプトのパズルを完成させる。
パズルに封印されていた古代王の魂は、遊戯のもう一人の人格「闇遊戯」となり、
遊戯の周囲にはびこる悪人たちを「闇のゲーム」で裁く正義の番人となった。
さあ、闇のゲームの始まりだ…!

…という漫画だったハズだが、先述の通り途中からカオスなカードゲーム漫画になってしまった。
たかがカードに敵はやたらと命を賭けたがるし、闇遊戯はそれに応じて勝手に相棒の命を賭けてしまう
マインドクラッシュの結果明らかに精神崩壊が悪化したライバルはワハハハハ!!と高笑いし、
じーちゃんはやたらとさらわれ、胡散臭い外人や顔芸がラスボスとして立ちはだかる。
カードゲームを何か勘違いしているとしか思えない世界で遊戯はなんやかんやで優勝をおさめ、
闇遊戯の記憶を探しだし、闇遊戯をカードゲームで冥界へと送り出すのであった…
作中のカードゲーム自体、エジプト由来かつカードデザイナーが千年アイテム所持者という設定であるため、
カードが何かしらの力を持ったと解釈できなくもない。それでもおかしい箇所はおかしいが。

★用語
エジプトで見つかったパズル、秤、錠、リング、眼、首飾り、錫杖の7つの道具。
それぞれ異なった力を持ち、所有者を選ぶ。
7つ集めると何かが起こる。

  • マジック&ウィザーズ
インダストリアル・イリュージョン(I2)社が作り出した大人気カードゲーム。
作中の他のゲームと同様に滅茶苦茶な部分が多いがどれも遊戯王ではよくあること。

またの名を「三幻神」。
扱う者次第で善にも悪にもなる3枚のカード。
その力は機械を破壊し人を廃人にさせる。何故作った。



★主要登場人物
本作の主人公。
気弱な少年だったが様々な経験を重ねて成長していく。
ゲーム版ではよく弱い相手として扱われているが作中の彼は十二分に強い。

遊戯が千年パズルを完成させた事で現れたもう一人の主人公。
基本的にはこちらの遊戯が活躍する。
連載初期はサディスティックな性格をしており、
闇のゲームの敗者に「罰ゲーム」の名目で相手を爆発させたり精神崩壊させたりしていた。

遊戯の祖父。通称「じーちゃん」。
今はしがないゲーム屋の主人だが、かつては不敗のギャンブラーとして知られていた。
やたらと囚われのじーちゃんを遊戯が助けに行く展開が多く、「遊戯王の真ヒロインはじーちゃん」というのはデュエリストの常識である。

義理人情を重んじ、喧嘩の強い遊戯の親友。通称「凡骨」。
最初は遊戯が嫌いだったがある一件を機に仲が深まる。
デュエルでは主にギャンブルカードと戦士族を使用する。
王国編で手に入れた「真紅眼の黒竜」はやがて遊戯との友情のカードになる。
また、似ても似つかないとても可愛い妹がいる。

遊戯の幼なじみでダンサー志望。海外で勉強するためのお金をバイトで貯めている。
本作のヒロイン…になるはずだったが、じーちゃんとBMGにヒロインの座を奪われた哀れな女の子。
闇遊戯に惚れているが、デュエル脳の王様には女心が通じず。

角刈りが特徴的な遊戯の親友。
城之内とよく絡むが中学時代はビビっていた。
城之内と並ぶリアルファイト要員だが、カード漫画化以降は背景に。
観戦中は杏子や城之内に比べると現実的な意見を述べることが多い。

TRPGが大好きな美少年で千年リングの所有者。
表遊戯ともども闇人格に存在感を食われ徐々に出番が減る。

千年リングに潜んでいるもう一人の獏良。
凶悪な性格であり、千年アイテムのために暗躍する。

父の復讐とゲーム王の称号のために自らが作ったゲーム、DDDで遊戯と勝負した同級生。
以降も一応ついてきたが、急速に空気となり、解説・リアクション役に。

海馬コーポレーション(KC)の社長で遊戯のライバル。一応同級生。
通称カードの貴公子。魂のカードはご存知「青眼の白龍」。
当初はどんな手を使ってでも目的を達成しようとする陰険な性格であり、弟に平然と罰ゲームを仕掛ける鬼畜だった。
だが、王様のマインドクラッシュを食らい心を再構築。
よく知られている尊大な性格になって復活し、ついでに大幅にガタイが良くなった。
そのセンス、発言、行動の何もかもが凡骨には理解出来ない境地に達している。
バンダイ版は本田に負ける。

瀬人の弟。兄を兄サマと呼んで慕っている。
最初は細工を施したゲームで遊戯を殺そうとするクソガキだった。
海馬復活後はなぜか彼の精神もウォッシュされ、きれいなスーパー小学生に。
彼を侮辱する事はKCを侮辱するに等しい。

元は豪華客船のカジノでディーラーをしていた女決闘者。
ボインでパツキンのゲロマブなねーちゃん。
切り札は「ハーピィ・レディ」であり、それをサポートカードで強化する戦術を行う。
城之内に対して素直になれない。
闇マリクに電気責めされたり蟲責めされたりする人。

I2社の社長でM&Wの産みの親、そして千年眼の所有者デース☆
KCの影の重役ビッグ5と組んで私だけのカードを使ってでも遊戯ボーイを倒そうとしマス…
項目閲覧に注意して下サーイ☆

世界中で暗躍するレアカード窃盗集団、グールズの首領で千年ロッドの所有者。
墓守の一族の末裔であり、ファラオである闇遊戯を憎んでいる。

マリクの姉で千年タウクの所有者。
海馬に神のカードを託し、弟であるマリクを止めようとする。

千年秤と千年錠を持つ謎の男。
他の所有者と度々関わる。





追記・修正、スタンバイ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/