MUSASHI-GUN道-

登録日:2021/04/12 (月) 02:34:35
更新日:2021/04/19 Mon 01:16:03
所要時間:約 7 分で読めます





西暦1600年、慶長五年七月
徳川家康の罪科十三ヶ条を揚げ、
豊臣家の名の元に石田三成が諸大名に挙兵をせよとの伝令を走らせたのでございます。

時同じくして、この戦乱の時代を終わらせ千年の王国を築こうとする者達が
千年の眠りから覚めようとしていたのです。

そんな中、同年九月十五日、関ヶ原で東軍・徳川家康軍と西軍・豊臣家・石田三成軍とが激突、
小早川秀秋軍の活躍により、西軍・豊臣家・石田三成軍が大勝利を収め、
三百年に渡る太平の世が訪れるはずでございます。

あなたがたもよくご存知のはず…



『MUSASHI -GUN(ガン)(どう)-』とは、2006年にBS-i(現:BS-TBS)で独占放送されたTVアニメ作品。
Gyaoやフレッツスクエアなどでも配信された。

ルパン三世』でお馴染み、モンキー・パンチが構想に12年を費やした作品。
タイトル通り「ミヤモトムサシ」を主人公にし、両手に銃と刀をそれぞれ持つ戦闘術を本作では「GUN道」と呼んでいる。
「もし、関ヶ原の戦いで西軍が勝利していたら?」というIFの世界で、ムサシらの旅を描くアクションアニメ。

そして、凄まじい作画崩壊で知られているある意味伝説となったアニメ作品である。

ちなみに、毎週日曜朝9時30分に放送されたれっきとした朝アニメである。
制作はACCプロダクション。

概要


「本当にこれが2000年代の作品か」というくらい、とにかく作画が悪い。
大半の回が海外の外注スタジオが仕上げたものとはいえ、ほぼ毎週に渡って作画が崩壊しており、安定している場面を探す方が難しい。
しかもその作画崩壊のレベルは作画監督による個性の差なんてものではなく、人体のバランスがほぼ毎回のように崩壊し、
ひどい時には10秒近いカットを1枚絵しか使わないなどアニメーションとしては破綻しきった出来栄えである。
そしてその作画の悪さに起因して、謎の超演出を見せる事も多く、遂には先週の予告と異なりいきなり総集編を放送するという暴挙までやらかしてしまっている。

どれくらいヤバいかというと

  • 毎回毎分毎秒のように主役・脇役を問わず顔や髪型が百面相レベルでコロコロ変わり、髪の色や目玉の有り無しなどといった基本情報にすら間違いがしばしば発生する
    • 主人公のムサシからして、チンピラのような表情になったりサル顔になったり『名探偵コナン』のようなキラキラの目になったり『サラリーマン金太郎』のような男前になったりと、髪の色と着物しか合ってないんじゃないかと思うほどコロコロ変わる。そしてその髪の色も稀に間違える。
    • ヒロインであるカグヤや夢姫も髪型がおかっぱになったり分け目が出来たりするのは日常茶飯事で、妖怪のような表情になるわ、100kgはあろうかというデブ化するわと、凡そヒロインとは思えない扱いを受ける。
    • メインキャラではスキンヘッドに黒目のない表情と、顔がシンプルで描きやすい主人公の相棒・ロウニンが最も作画の安定性が高い。たまに間違えて黒目を描かれるけど。
    • 主人公格ですらこんな感じなので、モブの描写も縦向きになったり横向きになったりするモヒカンなど、まともなものは望めない。中盤以降になると、そもそも展開的にモブキャラ自体があまり出て来なくなるが。
  • 0.5秒~数秒程度の謎の「間」がそこかしこに発生する
  • ただグルグル回ってるだけで済ませる問答シーン
  • 駄々っ子のように腕を振り回しているだけの乱戦
    • それに対してのリアクションが「す、凄い…」「こんな相手と戦っていたのか…!」
  • 無茶苦茶な遠近法、パースを貫通する塗り
    • 全体的に人物の遠近が極端で、どアップややたら全員が遠いシーンが多い(作画が特に酷い回に顕著)。いくら距離を遠くしたって、口が全く動いていないのは誤魔化せないと思うが。
  • 人物が平行移動したりフェードアウトしたりと、全く人間味のない動きをするシーンがある
    • 特に平行移動は一度や二度ではなく、作画の特に酷い回では1話に何度も出て来る。
  • 「陰陽弾をくらえー!」「うおっまぶしっ」
    • 本作を一躍有名にした一連のシーン。ムサシが必殺技のように「陰陽弾(おんみょうだん)」を二丁拳銃でぶっ放すが、敵に当たるとプシュンプシュンと気の抜けたショボい音がして全く怯む様子がない。
    • 続いてムサシが「うおっまぶしっ」と思わず声を出す。フラッシュも無く全く眩しくないため唐突かつ意味不明なシーンであり、「演出がカットされたのでは?」と様々な憶測を呼んだ。
  • 動きに意味があるのか全く分からない「賢者の舞*1
    • 大徳寺の和尚にしてGUN道の達人、タクアン和尚が踊る謎の舞。「タクアン和尚様が賢者の舞を復活されるぞ!」と仰々しく寺の門下生がざわめくが、その舞は何と言うかリアクションに困る。
    • 「すげえあの爺さん…落ちながら戦ってる…」などの迷言もあり、タクアン和尚は1話で本作を代表するキャラとなった。計4話しか出ないけど。
  • 射撃の様子が腕だけを動かしている
    • 明智光秀の回想シーンで、右→正面→左と一切のコマ割りなく3コマで腕を動かして銃を三発撃っただけで周囲の敵が一斉に倒れ込むシュールなシーンは「明智撃ち」と呼ばれ親しまれた。
    • 拳銃自体もコロコロと形や弾倉の数が変わり、勝手に弾倉が塞がれていたりする。へろへろだったり、天から降って来るような軌道で落ちて来たりと弾道も無茶苦茶。
  • 背景が全く無い、あるいは実写画像を加工しただけ
    • 「作画はひどいが背景はきれい、まるで実写みたいだ」というネタは本作の定番。
    • 遠くにマンションのようなものが映り込んでいるようにも見えるが、気にするな!
    • 室内なのに変な色の空の下で喋っているシーンや、前から見ても後ろから見ても背景に満月が見えるなどのダウトももちろんある。
  • SEと作画の演出が一致していない(明らかに銃弾が命中する前に倒れる、銃弾が貫通しても血が一滴も流れないなど)
    • 「絵は普通の梯子なのに音は縄梯子」「落ちてくる刃の刃のついている方向が逆」などの間違い探しで視聴者を楽しませる。
  • 明らかに他の人物よりも大きいサイズになっていたり、頭がデカすぎたり、急に子供のように体が縮む登場人物たち
  • 目を塗り忘れて背景が透過し、目にアザが出来たみたいになっている
  • 口パクが1つズレて3人それぞれ別人と合わさっているシーンが数十秒続く
  • 精神世界に出てきた「鬼」と現実世界の人物(小早川秀秋)をそっくり間違えて描き、「心が鬼に支配された」小早川秀秋を本当に鬼の姿に変えてしまう
    • 台詞は「心が鬼に支配された」前提で進むため、完全に鬼の姿となった小早川を見て「小早川様!」と何事もなかったかのように話しかけたり、それに対して「いいえ、影を見て」と角の生えた影を指差したりする。本体を見ろ。
    • 流石にスタッフも気付いたらしく、次の回では唐突に元に戻っている。
    • 通称「小早川三部作」と呼ばれる小早川秀秋の登場回(10~12話)は本作の作画崩壊の真骨頂であり、現実に放送されたことが信じられないほどのあり得ないミスや作画崩壊が頻発する。
      • なお、この「小早川三部作」はネットで主にネタにされた「陰陽弾をくらえー!」「うおっまぶしっ」でおなじみの回(2話)とは異なることに注意。ぶっちゃけこの回、小早川三部作に比べればまだマシな方である。
  • どう見てもおにぎりなのに「うまいなあ、このまんじゅう」
  • 子どもがクレヨンで描いたラクガキにしか見えない信玄餅
  • チーズが入ったうどんにしか見えないほうとう
  • 6話にして総集編
    • 12話(正確には11.5話)でまた総集編。
    • 総集編を挟んだら作画も少しはまともになるかと思いきや、そんなこともない。総集編を挟んだ12話は上記の小早川三部作の一話である。
  • アニメ誌に載っていたあらすじと全く異なる展開
    • なお、サブタイトルが予告で「城取り勝負」なのに、本編で「城盗り勝負」になっているような表記揺れはこのアニメではよくあることなのでこれには含めないこととする。
  • OP・ED・次回予告のクレジット用フォントがパソコンに標準で入っているもの
    • まるでシリアスさに欠けるポップ体のフォントも平気で使う。
  • EDのスタッフの名前が文字化け

これでもまだほんのわずかに過ぎない。とにかく全編に渡ってツッコみどころが満載なのである。
同時期に放送されたのがあの『涼宮ハルヒの憂鬱という事も相まって、当時のネット上では片や高クオリティ、片や低クオリティのアニメとしてセットで語られる事が多く、ネタアニメとして一気に広まっていった。
主題歌『ハレ晴レユカイ』で知られる『ハルヒ』のEDをパロディした雑コラネタ動画『ハレ晴レまぶしっ』等も作られ、当時は「『MUSASHI』経由で『ハルヒ』を知った」人すら多数現れる事態となった。
ちなみにニコニコ動画はまだ開設前。タイミングが惜しい…。

ただし、アニメーションとしては間違いなくクソではあるものの、
などと、意外としっかりしたストーリーもあり、作画以外の要素そこそこ評価されてもいる。
何より、こんな有様でありながら2クール全26話を放送の長期延期も無しに何とか完走できただけでも十分な評価点では無いだろうか?*2

そのため「アニメとしては確かにクソだが決してクソアニメじゃない。ネタ抜きでもMUSASHIが好き」という声も見られている。
こいつの子孫でありこいつの先輩とも呼べなくはないが、そちらはネタ要素が重視されている傾向にあるためネタ要素抜きでもファンを獲得した本作は珍しい部類…かもしれない。

DVDは無修正の本編8話までとアフレコ用映像を収録した「封印BOX」が出たのみ。
しかもサブタイトルが次回予告掲載の物と新聞や番組表掲載とで異なるので何が正しいサブタイトルかわからないほど。
全話入りのDVD-BOXとサウンドトラックの発売も予定されていたが結局中止になった。英断
一応、フランスでDVDが出ているので、そちらで全話の視聴そのものは可能。


ストーリー及び世界観

現実と異なり、豊臣幕府が天下を収める時代。リボルバー式の拳銃も普及し、片手に刀・片手に銃を持つ武道「GUN道」も世に広まっていった。
GUN道使いのミヤモトムサシと相棒のロウニンは大徳寺へ修行に訪れた際に鬼が宿る拳銃「ガン鬼の銃」をタクアン和尚から託される。
千年の眠りから目覚めた妖怪「アヤカシ」たちともう片方の「ガン鬼の銃」の争奪戦を繰り広げ、やがてアヤカシ封じの秘宝「封印魂」を巡る壮大な旅となる…。

要するに歴史改変SFといった趣きであり、作中にて史実が「表の歴史」として言及されている他、実在した歴史人物も多く登場する。


登場人物


「うおっ、まぶし!」
主人公。自称「オイラ流」の二丁拳銃のGUN道使い。城盗りを生業としている。
次回予告では毎回のようにメタ発言を連発するなど、迷台詞が非常に多い。
また、作画崩壊の影響で毎秒のように顔が変わる(誇張抜き)。
何の因果か、声を演じた浪川氏は放送中に出た『戦国BASARA2』でも宮本武蔵の声を演じていた。流石に銃使いじゃないが
さらに数年後には石川五ェ門の三代目声優に選ばれると言うちょっとした奇跡も起こっている。

  • ロウニン(声:堀川仁)
「だな!」
ムサシの相棒である浪人。昔はムサシと敵対していたらしい。
スキンヘッドに白目と昔の宇宙人みたいな見た目をしている(石ノ森章太郎の『佐武と市捕物控』の市がモデルか?)。
外見は無骨だが、割と愛嬌のある兄貴分。要するに次元ポジ。持ち武器は念剣「メイレツ」。

「すっげぇあの爺さん、落ちながら戦ってる…」
ムサシの弟子を自称する少年忍者で一行のコメディリリーフポジション。
木の葉隠れが全然隠れていないなど、忍者の腕前はかなりヘッポコ。
中の人が中の人ゆえかテンションが高め。

  • デスペラード(声:柳沢真由美)
「ジャパニーズヌードルだねぇ!マスター! フォークあるかい!? あるわけないか!」
ムサシを父の仇と思い付け狙う異人の美女。蓮っ葉な喋り方をする。
ダブルバレルショットガンが武器で、成り行きでムサシ一行の仲間になる。

「あなたがたもよくご存知のはず…」
ヒロイン其の一。豊臣秀吉の養女で大阪城の姫。「月の巫女」と呼ばれる存在らしい。
小刀が武器だが、時には素手でアヤカシに立ち向かうなど相当のじゃじゃ馬。
毎回のアバンナレーションも担当。
一応美女なのだが、作画崩壊の影響で悪人顔になったり不細工になったりムサシより身長がデカくなったりと忙しい。

  • ダンジョウ(声:山野井仁)
「カグヤ様、かっこいい…」
カグヤの付き人。ごつい見た目とは裏腹に臆病なヘッポコ親父。一行のコメディリリーフポジション其の二。

  • 夢姫(声:中村千絵)
「小早川様!お気を確かに!」
ヒロイン其の二。カグヤと同じ「月の巫女」であり、予知夢を見る少女。
記憶喪失らしく、話が進むにつれ徐々に記憶を取り戻していった。
普段は可愛いのだが、作画崩壊の影響をダイレクトに受けまくり、精神的ブラクラ並に顔が酷くなった事もあるなど作画崩壊最大の犠牲者でもある。

  • 荼毘の字(声:廣田行生)
「手がかり…とでも訳せばよいかのう」
ムサシ一行ご用達のカラクリ屋の主人。猿を相棒にしている。
登場回数は少ないが、実は重要キャラ。

  • タクアン和尚(声:田中総一郎)
「長さといい…細さといい…足首の締り具合…最高じゃ」
あらすじではヨボヨボの爺さんと書かれていたがかなり体格が良い大徳寺の和尚。
左の義手から取り出した銃でアヤカシを相手に落ちながら戦ったり、洗脳されたデスペラードを正気に戻すために「賢者顕邪の舞」を踊ったりと、
そのキテレツな言動は視聴者に強烈なインパクトを与えた。
物語開始前にムサシのライバルである佐々木小次郎に敗れたとして、今は「シバヅケ和尚」を名乗っている。どっちみち和尚かよ
この作品を代表するキャラクターでもあるのだが、意外と出番は少なく序盤6話までの登場。
なお、台詞でも解るように結構スケベらしい。モデルは実在した僧侶・沢庵宗彭と思われる。

+その正体
正体は本能寺の変から生き延びた織田信長
しかし、本編の尺が足りなくなったらしくその話が出る事も無く本編からフェードアウトしてしまった。
一応、台詞で和尚について触れられているなど、存在そのものは忘れられてはいない。

  • ヤシャ(声:五十嵐麗)
「どうにもなりませぬ…」
中性的な佇まいと能面顔が特徴のアヤカシの首領。「表の歴史(=史実)」を知っており、リョウゲンに力を貸した。
アイキャッチ担当キャラであり、そこではSD化された姿で登場するなど、ある意味本作のマスコットでもある。

  • リョウゲン(声:斎藤志郎)
「な、なんじゃこりゃー!!…by松田優作」
ヤシャの配下である人型のアヤカシでカグヤを妻にしようと目論む。
正気を保つために若い女性の生気が必要で、夜な夜な女性を追いまわしている。
一応敵側のキャラなのだが、全編通じてコミカルな振る舞いが目立つギャグキャラ。
その正体は徳川家康がヤシャの力によりアヤカシとなった姿。
あらゆる意味でどうしてこうなったし。


主題歌

  • オープニングテーマ
『GHOST BUSTERZ』(14話まで)
オッオッオー!
『Glitter』(15話以降)
テラステラス!
  • エンディングテーマ
『STYLE』(14話まで)
飾らない僕のスタイルで~♪ 頼むからもうちょっと飾ってくれ
『艶色の光』(15話以降)




言われなくても追記・修正だぜぃ。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月19日 01:16

*1 字幕が出ない時代のため、漢字表記がこれで正しいのは不明。「顕邪の舞」などの説もある。

*2 現在でも制作遅延と思わしき事情で総集編が入り、終盤の話のみ別枠で放送という事態も珍しい事ではなくなっている。