ナーエラッヒェ

初出:第419話 名前の初出:第493話

家族構成

夫:ジギスヴァルト
 息子:ジギスヴァルトとナーエラッヒェの息子

地位

階級:領主一族(ハウフレッツェ)→王族→領主一族(コリンツダウム)
職種:領主候補生→第一王子第一夫人*1→第一王子第二夫人→アウブ第一夫人

作中での活躍

元は中領地ハウフレッツェの領主候補生でジギスヴァルト王子の第一夫人だった。
エーレンフェストとダンケルフェルガーの共同研究の神事に参加した。
13年秋に第一子の男子を出産。
14年春の領主会議の時に夫のジギスヴァルトがアドルフィーネと結婚。次期王にふさわしい大領地の領主候補生を第一夫人とするため、それに伴い第二夫人になった。
14年春にエグランティーヌの懐妊が発覚。彼女が担当していた魔力の分をアドルフィーネと共に負担する。
14年秋にエグランティーヌが出産した事から、体調を慮ってその年の領主候補生の授業を半分受け持つ事になった。
まだ幼い子供と同年春に第一夫人になったばかりのアドルフィーネの面倒を見ながらの授業担当は負担だったが、王族の責務としてこれを果たした。
14年冬にエーレンフェストとクラッセンブルクの共同研究である貴族院の奉納式に前年同様に参加した。
15年春のランツェナーヴェとの抗争収束後に、王族が解体されて、ジギスヴァルトと共に新領地へ移籍する事が決まった。

経歴

11年春 ジギスヴァルトと結婚*2
13年秋 ジギスヴァルトとの間に第一子の男子を出産する
14年春 第一夫人から第二夫人へ移動
14年冬 貴族院で教師として領主候補生コースの授業を半分受け持つ
15年春 コリンツダウムに移籍

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 中領地出身の領主候補生 - 2015-12-15 23:05:46
  • 中領地出身で魔力もそこまで多くないはずなのに、全属性で魔力豊富なエグランティーヌの分も負担して、更に子供の面倒も見ながら授業まで負担とかさらりと書いてあるけどやってる事が献身的な聖女すぎる - 2016-06-30 16:22:15
  • 王族にメリット小さそうな中領地出身でありながら大領地の嫁を貰う前からジギスヴァルト夫人だったり、王族の地位を失ってもついて行ってる辺り、恋愛婚だったんだろうと想像してる。 (2018-05-10 03:35:38)
    • 順位的にハウフレッツェは政変でトラオクヴァールを支持した中領地その2なのではないかな。 トラオクヴァールの第二夫人の出身領地とか(順位的にハウフレッツェとガウスビュッテルの二択)。 大領地で政変時支持の貢献があるアーレンより上位にいく位だから、第一王子の結婚相手というだけではなく政変での強い貢献が必要な気がする。<434話で中央に影響力を持たないと上位にはいけないとあるし。 (2018-05-10 07:49:37)
    • 恋愛結婚なのか、政略結婚だけど妻は夫に恋愛感情を抱いていたのか(夫は不明)、子供ができた後に妻側から離婚を申しだてるのはハードルが高い文化があるのか、年齢的に(+子供付きで)良縁を見つけるのは難しいので中領地領主の第一夫人で手を打ったのか……真相はどこだ!?(おい) (2018-05-10 07:50:17)
      • まあ、元々中領地出身なので、中領地のアウブの第一夫人なら、十分上出来で離婚する理由がないという可能性もあるけど。<大領地出身のアダルとは立場も感覚も違うだろうし。 (2018-05-10 07:52:52)
        • ×アダル 〇アドル 訂正・・・・・・ (2018-05-10 07:53:54)
  • アドルフィーネの見立てではナーエラッヒェさんは金粉さんに大事に思われる程度には愛はある関係だった…のかな? (2018-10-10 15:01:32)
  • この人の半生も読んでみたいね。あんまり需要はなさそうだが・・・ (2019-09-14 12:00:44)