アドルフィーネ

初出:第331話*1
名前の初出:第358話

家族構成

夫:ジギスヴァルト(15年春に離婚)

父:アウブ・ドレヴァンヒェル
母:アウブ・ドレヴァンヒェルの第一夫人*2
 同母弟:オルトヴィーン

 義兄または義姉(または異母兄):アドルフィーネの学年:+1*3
 義兄または義姉:アドルフィーネの学年:+1*4。領主の養子
 異母兄弟(または義兄弟または義姉妹):アドルフィーネの学年:±0~-2*5
 異母妹:アドルフィーネの学年-1~-3*6
 弟か妹:アドルフィーネの学年-6~-8。養子の可能性が高い*7
 弟か妹:アドルフィーネの学年-7。養子の可能性が高い*8
 弟か妹:アドルフィーネの学年-8。養子の可能性が高い*9

父方の親戚
大叔父:グンドルフ*10

容姿

髪の色:波を描くワインレッドの髪
000000000
瞳の色:琥珀
000000000

地位

階級:領主一族→王族→領主一族→?*11
職種:領主候補生→王子妃→領主候補生→ギーベ(予定)*12

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+4*13
  • 誕生季:秋*14

作中での活躍

ドレヴァンヒェルの領主候補生。
エグランティーヌの友人。
エーレンフェストの情報を虎視眈々と狙う。
ローゼマイン一年時(11年冬)の全領地お茶会で配られた試供品のリンシャンの分析を「姉の愛」としてオルトヴィーンにぶん投げる。*15
結果的にそれっぽい物が作り出され、研究肌のドレヴァンヒェルの領地候補生らしい動きをする。

アウブ第一夫人の娘として王族との繋がりを得るため、「エグランティーヌが選ばない方の王子」との政略結婚が決められた時は涙を流していた。
しかしその後は、どのみち王族入りする立場から利を得るため、同母弟であるオルトヴィーンに次期アウブを目指せと言うようになる。
エグランティーヌが選ぶまでは両者から婚約者扱いもされず、放置されていた。
争いを避ける為に第一王子が選ばれ、エグランティーヌを熱愛している第二王子の婚約者になるのだろうと諦観していた。
結果的には、上位領地出身で最優秀の彼女よりも上の立場である次期王の第一夫人となる事が決定してしまい、重圧を感じると共に、ナーエラッヒェを大事にするジギスヴァルトに尊重されるのかどうか心配する。*16
エグランティーヌと比較されてしまうのではというコンプレックスは、ローゼマインの励ましを受けて前向きに自分を見つめなおす事が出来た。
卒業式の奉納舞では光の女神を舞うことのできる立場であったが、自身の中で光の女神はエグランティーヌだという考えから辞退し風の女神を舞った。

14年春の領主会議の星結びで最高神の祝福を受けてジギスヴァルトと結婚する。それにより王族入りし、第一夫人になる。
数日後にエグランティーヌの懐妊が発覚。彼女が担当していた魔力の分を王族入りしたばかりで負担する事になった。

15年春の騒動の後、王族とエーレンフェストとダンケルフェルガーの間で行われた話し合いではジギスヴァルトの第一夫人として列席する。
話し合いの結果、王族の解体により政変や結婚でドレヴァンヒェルが得るはずだった利益が失われてしまう事となり、ローゼマインに助力を乞った。
最高神の祝福を受けた婚姻でも離婚が可能なことを知ると、即座にエグランティーヌやトラオクヴァールに対してドレヴァンヒェルと話し合いの場を設ける約束を取り付けた。
離婚することが正式に決まり、違約金として中央の一部がドレヴァンヒェルへ割譲される。自身は割譲された土地のギーベになり、ローゼマインに触発されて研究都市を目指す。

経歴

04年冬 洗礼式
07年冬 貴族院入学
12年冬 貴族院卒業
13年春 ジギスヴァルトと婚約する
14年春 ジギスヴァルトと結婚し王族入り。第一夫人になる
15年春 貴族院防衛戦の戦後処理の結果、アウブとなるジギスヴァルト相手では利を得られなくなる事になり、
    光の女神に罰されることがないように、結婚の解消をローゼマインフェルディナンドに打診した。*17

作者コメント

2018年 10月06日活動報告 10月14日返答
>女としても領主候補生としても尊厳踏みにじられまくりのアドルフィーネ
 うん。でも、それが政略結婚なのです。領地の利が優先されるので、逃げることもできないすごく辛い立場です。だからこそ、義務を果たしつつ(実弟をアウブにするなど)少しでも楽になれる道がないのか、逃げる機会がないのか、アドルフィーネは探しています。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 最終的な地位が上級貴族になっているけど、領主候補生がギーベになれないとはどこにも書いていないのでは? - 2017-04-19 04:28:43
    • その辺は領地によっても違いそう。領主候補生のままでギーベになれる所と、必ず上級貴族に落ちないといけない所と。 - 2017-04-20 13:31:34
    • 染められる礎は1つだから、ギーべの礎を染めるとアウブにはなれないし、ギーべでいる間は領主候補生からは外されるんじゃないかなあ - 2017-04-22 09:59:38
      • ギーベの領地に礎があるって記述は何処かにあったっけ? 夏の館の礎はあるけど、あれは建物の礎でしょ? - 2017-04-23 03:03:48
        • 616話ゲルラッハが「この館の礎である魔術具を染めた私が今はギーベ・ゲルラッハだ」と言ってる - 2017-04-23 04:19:16
          • 訂正グラオザムの台詞 - 2017-04-23 04:20:46
            • いや、だからそれは館の礎でしょ? 領地の礎とイコールなのかって話。 - 2017-04-23 08:47:54
      • 礎の魔術具の魔力供給者の登録はアウブ含めて七人までだし、それ以上領主候補生がいるならありかも - 2017-05-18 10:37:23
    • ふぁんぶっくで土地の広さと爵位と上級、中級、下級は連動していると書いてあり、また公爵や侯爵はないとのことなので、領主候補生のままギーベになることはないでしょう。これがローカルルールか否かは言及がありませんが、言及がない限りは普遍的なルールであると見るほうがより自然であると思います。 - 2017-08-11 00:49:24
      • 普遍的なルールで語るなら…貴族院五年生「ヴィルフリートの返答」からの解釈の方が妥当かな。 やっぱ土地柄で法律違うだけかと。少なくともエーレンフェストは違う。 (2018-06-21 14:14:13)
        • つか、ギーベにするためにわざわざ養子にして領主候補生としての教育をさせてるのに、ギーベにするために上級貴族に落としてたら、中央に引き抜かれる可能性が出て来てしまうんだけど。そんな間抜けなことをするかな? (2018-10-16 02:20:18)
  • ナーエラッヒェの出産時期からして結婚して王族として魔力負担をしただけで、夫婦らしい生活も語らいすらもまったくなかったのかな。政略結婚とはいえ本当に王族に一年無駄にされてるんだな。 - 2017-04-26 08:21:26
  • 領地の礎と館の礎は違うと思う - 2017-08-01 00:05:53
  • 領地の方は領主が守ってるし、館の方はギーべが守ってるのでは? - 2017-08-01 00:06:46
  • 元ネタは、Ysの赤毛のアドルだと思う。船に乗ると高確率で難破するジンクス持ちだから、ジギスヴァルトという船が金粉化して沈んだ。 (2018-06-17 16:19:27)
    • 無理があり過ぎ。そもそもアドルフィーネはドイツ語圏で普通に実在する名前だ。男性形はアドルフ。 (2018-06-17 21:07:38)
  • なぜ直ぐ様離婚を決意したのだろうかと思ったら、正式な婚約前から女しても重要な政略相手しても扱われてなかったんだな。これじゃ結婚後も押して知るべしって感じ。 (2018-10-14 23:04:56)
    • そりゃ正式に星結びしてるのに、本来なら婚約時には行われるはずだった色合せすら済んでいない上に、星結びして数日でローゼマインと将来的に星結びを行う前提の養子縁組話が自分抜きで行われているからなあ・・・いくら情勢のせいだからといって第一夫人としては蔑ろにされ過ぎている (2018-10-14 23:32:08)
    • 名ばかり夫への不満が溜まりまくってたところで、この機を逃せば離婚できないと判断したんだろうね。今ならジギ王子の株は下がってるし女神の化身の援護が受けられるし、ドレヴァンの補償もしっかりもぎ取れそうだし。後になってからでは難しかったと思われる。 (2018-10-15 00:09:37)
      • どっちか言うと、古い儀式によって最高神の祝福を受けていて、光の女神に契約している可能性がある結婚だから、グル典持ちのロゼマに相談したかっただけなんじゃないかな。あの場を逃すとそう言う機会はもう得られなさそうだし。ついでに、ドレヴァンの失われる利をもぎ取ることが出来れば言うことなし、と。 (2018-10-15 01:06:57)
  • 蔑ろにされてきた為なのか性格もどこか捻くれている印象で相手を鑑みての行動が少ない。ジギスヴァルトに避けられたのも情勢だけではなく本人の性格もあるかも。 (2019-08-31 17:56:00)
    • その性格から離宮に幽閉予定?だったローゼマインの急成長した姿を見て、渡す必要のない求愛の魔術具を準備してた王子が相手だからなぁ。上位領地でがっちり教育を受けた領主候補生が1年でボロ出すとも思えないし元々見た目が好みじゃなかったんじゃないのかね (2019-09-01 10:52:09)
  • 「領主候補生として教育を受けた者がギーベとして土地を得る」ってことは、ドレヴァンヒェルのギーベは上級のみってことか? (2019-09-04 18:03:24)
    • ギーベの子でもアウブと養子縁組できる子供がいないとギーベを継げないのだからギーベは領主候補生になれた魔力量持ちだから他領基準での上級のみでよいのでは? (2019-09-04 22:07:07)
  • ドレヴァンヒェルは政変後ずっと上級貴族を中央へ出していたから、 領地を最少人数で効率よく支えられるように、 魔力量が多い子供は領主候補生にして中央へ流出しないようにしていたのでは? 領主候補生なら配偶者は上級以上だろうし (2019-09-04 23:40:22)

*1 名前不詳 ドレヴァンヒェルの五年生

*2 書籍版 貴族院外伝 一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*3 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に6年生として在籍

*4 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に6年生として在籍

*5 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍

*6 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より11年冬に貴族院在籍/ローゼマインと同学年に、ドレヴァンヒェル領主候補生が複数名いる描写は無

*7 ハンネローレの貴族院五年生 第3話より、15年冬に領主候補生総数が5名。/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*8 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*9 ハンネローレの貴族院五年生 第3話より、15年冬に増えた領主候補生。/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*10 書籍版 貴族院外伝 一年生「オルトヴィーン視点 ドレヴァンヒェルの姉弟」

*11 ドレヴァンヒェルローカルルールで、ギーベは領主候補生のままの可能性が高い

*12 ハンネローレの貴族院五年生 第5話 「ギーベになることは決まっている」との表現からまだなってはいない

*13 ローゼマイン2年生時に最上級生 第378話

*14 ふぁんぶっく3 設定資料集

*15 書籍版外伝1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*16 書籍版外伝1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*17 第656話 ランツェナーヴェの者達の扱いと褒賞