エグランティーヌ

初出:第297話*1
名前の初出:第305話

声(ドラマCD第6弾):井上 喜久子

家族構成

父:故人。前王の第三王子
母:故人。先代アウブ・クラッセンブルクの娘
 姉:故人。没年は婚約の話がでる年頃*2
 兄:故人。没年は洗礼式を終えて少し経った年頃*3

夫:アナスタージウス
 娘:アナスタージウスとエグランティーヌの第一子

父方の親戚
祖父:前ユルゲンシュミット国王
伯父:ワルディフリード(実父の同腹の兄)
叔父:トラオクヴァール
 従兄:ジギスヴァルト
 従兄弟:アナスタージウス
 従弟:ヒルデブラント

母方の親戚
祖父・養父:先代アウブ・クラッセンブルク
伯父(or 叔父)・義兄:アウブ・クラッセンブルク
 従兄:次期アウブ
 従弟:ヘンスフェン*4
 従妹:ジャンシアーヌ

容姿

髪の色:豪華に波打つ金の髪
000000000
瞳の色:明るいオレンジ色
000000000
豪華に波打つ金の髪に明るいオレンジ色の瞳。
光の女神にも例えられる美少女。

地位

階級:王族 → 領主一族 → 王族 → 王
職種:王女 → 領主候補生 → 貴族院領主候補生コース教師 → ツェントユルゲンシュミットの国王兼中央神殿長

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+5*5
  • 誕生季:冬*6
  • 洗礼時の属性(適性):全属性*7
  • 加護の再取得:2の神々

エグランティーヌ視点の回

書籍第四部III 巻末SS 卒業式と祝福の光
書籍第四部VII エピローグ

作中での活躍

フルネームは「エグランティーヌ・トータ・アドティ・クラッセンブルク」*8
第一王子との政争に決着がついた日の夕食後の食堂で、洗礼式前で同席できなかったエグランティーヌが就寝の挨拶をしている際に、
兄・姉・毒味をしていた給仕・母が次々と嘔吐して倒れ、そのまま亡くなった。*9
その上同日の夜に、グルトリスハイトを探す第一王子派により、エグランティーヌが暮らしていた離宮が襲撃された。
乳母を助けるべく必死でクラッセンブルクの援軍を招き入れたが、時既に遅く、襲撃者達だけではなく乳母や離宮に仕えていた中央貴族達など大勢の者が殺された。*10
幼さ故に何が起こったか知らされぬまま、クラッセンブルクに養女として引き取られ、政変が終わった際の祖父の報告で状況を把握した。
先代アウブ・クラッセンブルクに敵を討ったと誇られても、家族が倒れる姿が脳裏に浮かぶだけで嬉しさは覚えず、
政争は勝敗によらず死者が増えるだけで、絶対回避すべきであると、強く心に刻まれた。*11

貴族院の卒業式では奉納舞の光の女神役をした。
前王の第三王子の娘であり、王位継承争いの鍵の一つ。現在、最も王族の血が濃いとされる。
王位継承争いを恐れ、神殿へ入ることを考えるほど悩むもローゼマインの仲介により、アナスタージウスと結ばれる。「自分が原因となって争いが起こるのを望まない」と発言するなど権力欲を持たない一方で、自身を養育してくれた祖父の意向や自領の利益も考えずに神殿に入ることを画策するなど立場や恩を考慮しておらず、ジギスヴァルトとアナスタージウスの王位争いはそもそも祖父の意向もあってエグランティーヌを娶った方がツェントになるという王族との取り決めによる穏健な争いであり、エグランティーヌ視点では双方共に王位を狙っているという認識であったため、婚姻を拒み神殿に入るとむしろ両者の政争が激化する要因にしかならないことや後述の言動からも正確には自分が政争に巻き込まれないことを一番の目的としているらしく、自分から主導的に争いを終わらせたり国難を救うといった意思に乏しく、他に選択肢がないような状況で周りから促されなければ自発的に動こうとしない様子が散見される。
上位領地の横暴から守ったりアナスタージウスに助力を頼むなどエグランティーヌの望みをかなえるサポートをしたローゼマインには友達として好意を持つも、上記のように自分の言動や立場に対して無自覚なところが多々見受けられる。
貴族院での友人は、大領地はアドルフィーネくらいで中小領地のほうが多い。
第二夫人の子である男の領主候補生がいるが交流はほとんどない。
引退した王族傍系の先生に代わり、貴族院で領主候補生コースの教師になる。

14年春の領主会議の途中、本人曰く祠巡りをした時に祈りを捧げた神から懐妊している事と子供に障るので祈りを止めるように言われ、奉納した魔力を祝福として返される。
その後、エグランティーヌは洗礼式まで子供が居る事を表に知らせないという慣習もあってか情報提供はせずローゼマインにアナスタージウスと共に脅迫も交えてグルトリスハイトの取得を強要する。
「王族としての自覚が薄くローゼマインに甘えている」とヒルデブラントを評し、「地下書庫の解読と古語習得は王族の義務」とフェルディナンドに忠告されたにも関わらず、エグランティーヌだけの意思ではないが王族ですらない学生に頼ったり、アナスタージウスとの独断でグルトリスハイトを取得するようローゼマインを脅迫し、さらには「エーレンフェストの崩壊は些事」と言い切り訴えを無視するなど、政変後の王族に貢献し振り回されているローゼマインやエーレンフェストを蔑ろにする言動を行うようになったため友達付き合いは無理だとローゼマインに判断され、王族に対する不信と隔意を持たれる。本人やアナスタージウスとしては、一連の言動は友達付き合いに支障が無い行為と思っていた模様。
また魔力不足が深刻な上ジギスヴァルトの地盤が安定していないことを自身が訴えながら、女児なので運よく回避されたが更なる火種と窮地を呼び込みうる時期を考慮しない懐妊は、ジギスヴァルトに自分や妻の大きな負担となったことも併せて心中で批判されている。

14年冬の貴族院ではクラッセンブルクとの橋渡しを行い貴族院で行う奉納式の準備をするが、大人が基本は不干渉とされる貴族院での研究をエグランティーヌが仲介するという、実質王族肝いりという断るのが不可能な状況を作っている事や、王族入りなどの受難を課したエーレンフェストへの負担を考慮していないとローゼマインに指摘されると困惑するなどエーレンフェストの状況と自身の立場を考慮していなかった様子が見られた。
その後、ローゼマインが始まりの庭に飛ばされて失踪し、戻ってこなかった時にはグルトリスハイトの取得をするために祠巡りをすることを命じられる。
出産後で体に障る可能性がありクラッセンブルグとの関係からアナスタージウスは難色を示すが、グルトリスハイトの取得が最優先という方針からエグランティーヌはこれを受け入れる。


ランツェナーヴェとアーレンスバッハ首脳部が引き起こした貴族院防衛戦の後に、女神が降臨したローゼマインとの話し合いに王族の一員として参加。
上位の立場となったローゼマインとフェルディナンドに王族全体が「(王族の過去の行いや政変の大規模処刑による魔力不足・知識の断絶がそもそもの原因であることなど)自分たちの非すら分からず、自覚や能力が足りない」と批難され、二人の誘導もあって初めて「王族の不始末は王族が償う」とエグランティーヌ自らが発言し、白の塔での幽閉を回避するためにもグルトリスハイトを授かる次代の王になる事を決意する。
ローゼマインに名を捧げ、貴族院にて奉納舞を舞う儀式を行い、始まりの庭に赴く。
フェルディナンドが作成した魔術具のグルトリスハイトを授かり、ツェントの座に就いた。
「長い歴史の中で少しずつ歪んできたユルゲンシュミットとツェントの在り方を見つめ直し、中央神殿の神殿長として古の儀式を復活させ、女神の化身であるローゼマイン様とお約束した通りにユルゲンシュミットを導いていくことを、わたくし、エグランティーヌは今この場で光の女神と側に仕える眷属たる十二の女神に誓います」

ローゼマインに礎を染めてもらった直後、アナスタージウスと共に国境門に囚われたジェルヴァージオを捕縛しに行ったが、同行した護衛騎士の半数を失った。
その後、グルトリスハイトに関する記憶が多くあることを考慮して、エグランティーヌがジェルヴァージオの記憶を覗いた。

15年春、領主会議前にアレキサンドリアを視察した際には、一連の出来事により思うところがあったらしくローゼマインには自分の今までの行為を改めて謝罪した。

15年春の領主会議で、中央神殿長として星結びの儀式を行う。
ローゼマインを擁護し、会議中もローゼマインの意見を伺う。
出身地のクラッセンブルクと距離を置いた。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
前04年冬 誕生
~3年頃 家族を失い、先代アウブ・クラッセンブルクの養女となる。*12
03年冬 先代アウブ・クラッセンブルクの娘として洗礼式を終える。
11年冬 貴族院卒業
12年春 アナスタージウスと婚約する。*13
13年春 アナスタージウスと結婚する。*14
13年冬 貴族院の領主候補生コースの教師となる。
14年春 領主会議中、地下書庫の翻訳も並行する。
    大神の祠に入る。
14年秋 アナスタージウスとの間に第一子である娘を出産する。*15
15年春 貴族院防衛戦の戦後処理の一環として、中継ぎツェントとなる*16
15年春 アナスタージウスと共に、国境門に幽閉されていたジェルヴァージオを捕縛し、記憶を覗く。*17
    領主会議で中央神殿長として儀式を行う。
    ローゼマインを擁護し、会議中はローゼマインに意見を求める(相談する)。

作者コメント

2018年 11月10日 活動報告 2018/11/12返答
>ジル<ローゼマイン<エグランティーヌの魔力量の差
ユレーヴェに浸かって寝ていた間にジルヴェスターが魔力圧縮しているので、第四部開始時点ではジルヴェスターとローゼマインがほぼ同じ<エグランティーヌでした。
それは一瞬のことで、魔力の流れが良くなって、貴族院に在学中も圧縮している+子供なので成長しやすいため、ジルヴェスターとローゼマインはすぐに差がつきますが。
エグランティーヌは成人前後の政変前王族としては平均~やや下(ジギスヴァルトやアナスタージウスと結婚できる程度に調節)です。
>同じ○歳当時、と仮定した場合の魔力量の比較
ユレーヴェに浸かっていて成長していないローゼマイン(8歳相当)と成人直前のエグランティーヌではエグランティーヌの方が多いですが、
洗礼式直後の二人を比べるならばローゼマインの方が多いですよ。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 神々に誓いましたが五年生ではやり直したいと誓いを破りたがる女、さては何も反省してなかったなお前 (2021-05-14 11:38:50)
    • あの災害が、事故が、事件が起こる前に時を戻せたらと思ったことは誰しも一度はあるだろう。あれはあまり攻めたくないわ (2021-05-14 15:21:01)
    • 母・兄・姉・給仕が嘔吐して倒れ、その夜襲撃を受け乳母と離宮に居た中央貴族が殺される。記憶を消してやり直しが出来るならやり直したいわな。 (2021-05-14 15:33:30)
      • しかし、どちらにせよグルトリが失われているから大勢に影響はないかな。いずれにせよ、旧ベルケの往生際の悪さで大粛清は起きそうだし。あるいは家族全員が全属性だったら、ロゼマの取得方法きいて王族がスムーズにとって終わりかもしれないが。 (2021-05-16 10:37:01)
      • まーそれをそれなりの付き合いのあるアドルフィーネに言うならともかく、ほとんど付き合いの無かったハンネに言っちゃう時点で病んでるよな。昔の関係壊れる前のマインと混同でもしたかね。 (2021-05-18 22:19:49)
        • その辺は本当に読み手の受け取り方次第だと思う。神々がフェルを助けるなら私の家族も助けてと思っちゃうのわかる派、思うのは勝手だが口に出すな派、フェル見捨てる気かどこまでも自己中な女だな派、いろいろあるだろう (2021-05-19 10:41:26)
          • フェル見捨てる気か以前に、それやったら娘も居なくなる事すら理解していない、何も考えていない派を追加で (2021-05-20 01:16:41)
            • SFなんて概念が無い世界でタイムリープの弊害に頭が回る人間なんてそう居ないのでは?ハンネは実際に時戻りしたから痛感できたけど、本が貴重な世界でバタフライ効果について真面目に考えたりはしないだろうし。「もしもあの時」を妄想する時って普通自分に都合のいい未来だけを想像しね。 (2021-05-20 07:04:36)
            • ハンネの指摘に耳を貸さなければ理解していないと言えるけど、娘も消えるしランツに王族が敗退するだろう事も理解し自分の巻戻し願望を撤回してなかったっけ? (2021-05-20 08:21:27)
    • ロゼマ一年生の時、まだごくわずかしか交流が無いのに内訳話をして相談していた。今回も、構図は全く同じ。まあ、相談をしたということを秘密にしてくれる相手ならば、いろんな立場の人から意見を聞いて決断するということは、為政者として良いことかもよ。女王になって一年もたたない新米だし。 (2021-05-19 11:09:41)
      • 神々の巻戻しは人の救済では無く、自分達の都合でしか無い事を理解したらセルフコントロールしたしねぇ。またアナ王子が茅の外で拗ねる以外はいい事だ。 (2021-05-19 18:29:53)
  • ちょい遡るけど5月12の。勘違いしてるやつ多いけど初感知がヴェロなだけでフェルの魔力量そのままなわけじゃない。その後も成長期で伸ばしてるし神殿に入ってからも加護と魔力を増やしている。ヴェロがメス書持ち並でエグより多いとかない。 (2021-06-11 04:03:36)
  • ?? ヴェロとフェルの魔力が釣り合っている時期は、フェルが神殿から還俗した時(ふぁんぶっく2Q&A)だから、フェルの初感知がどうこうって話ではないと思うが?  神殿に入った後も、領主会議中の魔力供給とかでヴェロの魔力が感じられる距離に居合わせているから、もしその後変わったなら、Q&Aの回答も成立しなくなるし……。 (2021-06-11 06:32:34)
    • ごめん。↑は、2021-06-11 04:03:36へのレス。ボタンが入ってなかった(汗) (2021-06-11 06:34:19)
    • (ふぁんぶっく2Q&A) Q フェルディナンドが還俗の際にエーレンフェストでは婚約可能で魔力が釣り合う女性はいないが人妻ならいると言っていましたが、フロレンツィアでしょうか? A ヴェローニカです。アーレンスバッハの領主候補生とエーレンフェストで最もアウブに相応しかった初代ギーベ・グレッシェルの娘ですから。 (2021-06-11 06:35:43)
      • 還俗時点における、エーレンフェスト内での魔力の釣り合う女性は人妻(ロゼマはフロと勘違いしたが、Q&Aでヴェロと判明)のみ。 婚姻可能な女性が周囲に居たのは、貴族院時代だけ(他領の領主候補生とは釣り合っていたので)――という第246話のやりとりに対するQ&Aね。 (2021-06-11 06:48:12)
    • 星結びの儀の際、「エーレンフェストにおいても、人妻ならば魔力の釣り合う女性がいないわけではない」と現在形で語り、今もヴェロと魔力が釣り合っているかのように聞こえる。しかしそこは人前で盗聴防止の魔術具を使っていない状況なのだから、フェルが「エーレンフェストにおいて、魔力の釣り合う女性がかつてはいたが今はいない」と真実を正直に口にできるわけがない。貴族院でグル典を得て二段階圧縮していたフェルディナンドが、未だにヴェロと魔力が釣り合ったまま…というのは考えにくい。具体的な証拠はないが。そういえば、ヴェロはどのように捕縛されたんだろう? それ以上の魔力量保有者はフェルとジルくらいだよね? (2021-06-11 06:54:15)
      • ジル視点のweb170話から、ヴェローニカを捕縛したのはフェルディナンドっぽいけど、ジル様自らの可能性もあるね。 (2021-06-11 09:57:02)
      • ロゼマ式圧縮を知るまでフェルはヴェロを感知してたって話なかったっけか? (2021-06-11 10:17:00)
      • あんまり追い込んでやってないかもしれないが3か4段階のヴィルが少し遠く感じるレベルで上位の領主候補生を感知できるようになったから、2段階のフェルがヴェロと肩を並べる、もしくは追い抜いてギリギリ釣り合うくらいの差とかならありえるのでは?グル取ったといっても4割くらいだしそれが当時のフェルの限界って感じてあえて取りこぼしたのかもしれない。捕縛に関しては魔力差が問題になるのは魔力の帯で縛り上げてもちぎられるってだけだから、ヴェロが騎士コースでないならカルステッドでも騎士団の精鋭率いて普通の縄で縛ってシュタープ封じればいいだけでしょ。名捧げしてた護衛騎士とかいたら抵抗は激しそうだけどね (2021-06-11 12:45:18)
      • エーレン内で婚姻可能な女性はいないで終わらせればよいだけの話なのに、わざわざ人妻ならつりあう人物がいるとまで言っているのだから、周りをはばかって回りくどい嘘をつくような配慮はしていないのでは? (2021-06-12 00:01:06)
        • ついでに言えば……いくら過労で防御力落ちていたとはいえ、7歳のマイン(成人間際のエグランより下の魔力量(2018年 11月10日活動報告・11月12日返信))の威圧でダメージを受けて血を吐いた(第72話)のあたり、ロゼマ式圧縮前・07年時点のフェルは、大領地の領主候補生(成人済)相当レベルだったのでは? ゲオ(ヴェロの娘)とギーゼルフリート(大領地のアウブ)の間で子作りできたことを考えれば、09年夏のフェルとヴェロが魔力的に釣り合う範疇内にいたとしても、それほどおかしくないと思う……。 (2021-06-12 00:03:05)
          • 公式設定はこうですってのが上にもあるふぁんぶっく2Q&Aなので、還俗頃のフェルがヴェロと釣り合うフロと釣り合わないまでは議論の余地がないはずです。ベーゼヴァンスの前だから魔力量を隠して死なない程度にダメージ受けてるだけで、魔力量はフェル>ヴェロ>フロだと思います。血統、努力、加護いずれもフェルがヴェロより上でしょう (2021-06-12 01:47:41)
        • 「エーレン内で婚姻可能な女性はいない(フロレンツィアでさえも)」ということになると、「自分はそれと釣り合っているジルヴェスター以上の魔力量なんだぞ」と誇って聞こえるから、誤魔化すために曖昧な言葉を付け加えたとすれば不自然ではない。 (2021-06-12 07:45:09)
          • 『婚姻可能な』と言ってる段階で、人妻であるフロは議論の対象外となるので、ジル周りを憚って誤魔化す必要はないかと。。。 (2021-06-12 22:19:57)
            • 「ヴェロのことを話題に出したくもない」と言ってたフェルが、名を出さずに話題にしたにせよ不自然さを感じるんだよねえ…。不愉快なことを思い出しちゃったから吐き捨てたってところかな? (2021-06-13 18:22:41)
              • 後付け設定かなと思った。フロで設定して後からヴェロにかえたのかなと。でも子作り可能な魔力差がどの程度かわからないよ。アダ姫とジルパパで作れるわけだし。 (2021-06-19 14:05:13)
                • 複数いても問題はない記述ですがフェルがフロの魔力を感じると都合が悪くなる理由が何かあるのでしょうか? (2021-06-21 01:54:40)
  • この頁での話ではないかもしれないけど威圧って防げないんじゃなかった? 器の容量的にはじじさま初体面時フェルはロゼマより大きい。 (2021-06-12 01:48:20)
    • ベーゼヴァンスは魔術具で防げると考えているけど(第二部IVプロローグ)、実態は不明。 ただ、威圧を発するものと受け止める者の魔力差に応じてダメージ度合が変わると思われる。 甘んじて受けようと思って受け止めたものの、想定より強かった&過労でやや弱ってたからダメージを受けたというコメントをどっかで見たような?? どこだったっけ……。 (2021-06-12 23:39:40)
    • 魔力順列はそうだと思うよ?(当時のフェル>マイン)  当時のフェル>>>>当時のマイン と断絶レベルの差異があったらあそこまでダメージ受けなかったろうから、そこまでの差異はなかっただろうというだけの話……。 (2021-06-12 23:43:28)
    • 第1部や顔色の悪い王族会議でのローゼマインの威圧に魔術具が役立たずな様子から、強力な威圧に護身のお守り等の魔術具は反応しないと思われる。シュツェーリアの盾ならば防げたかもしれないが、反射させたときの危険を考えるとフェルディナンドにはできなかったのでは。 (2021-06-13 00:27:29)
  • エグって散々色々とロゼマに世話になってるのに、1年の時の大規模茶会の時以外でなんかロゼマのために動いたことあるっけ? (2021-06-13 02:26:07)
    • 王族側から見れば怪しさ満点なロゼマの言動をちょいちょいフォローしてたよ。三年生の教師就任はロゼマの監視も兼ねてたけど、監視がオルタンだけならもっと早くにラオブにイチャモン付けられ濡れ衣を着せられてたかも。一応頑張ってくれてたんですよ。まあロゼマ側から見えない事情だし、祠巡りで全部パァだけどね。 (2021-06-13 03:06:40)
      • 監視は別にいいんだけどさ。怪しまれるのもアナを始め王族の無茶振りが原因でもあるじゃん。すでに王族入りしてるエグがそれをフォローしたところでロゼマへの見返りにはならないと思うんだ。 (2021-06-13 03:47:24)
        • ロゼマは中央貴族じゃなく領主候補生だから、見返りはエーレンに支払われるから王族は過剰なレベルで見返りを与えてると思う。 (2021-06-13 15:20:05)
          • 具体的な描写の提示などどうぞ?エーレンの影響力を示し順位を上げるのだという立場の頃、釣り合う以上の物が与えられているなら毎度保護者が頭抱えることにはならないと思います (2021-06-13 20:16:45)
            • ロゼマやジルと同じテーブルについて王族はエーレンの要求をほぼ満額で応えてたし、実情に合わないから断ったけど順位やロゼマの輿入れに大量の側仕えを送る事を許可等様々な便宜を図ろうとしてたと記憶してるが。見返りがロゼマ個人に与えられるなら金粉に要求した本をジルが断る権利も無いんじゃね? (2021-06-14 01:32:03)
              • それは商人聖女の後だよね。その要求はロゼマをトラオの養女&金粉の第三夫人になる見返りであってエグからの見返りじゃないよ。その時点でロゼマはエグに見切りつけてるし。 (2021-06-14 04:02:17)
              • アナからの神殿長要請を止めるでもなく (2021-06-14 04:58:02)
    • 他領地がエーレンやロゼマへの不満を言ってきた際に、それを宥めておさえていたかもしれないし、そもそも一年時のお茶会でのお友達?紹介は、貴族社会的にはかなりの大盤振る舞いだった可能性も有る。 そのあたり、貴族院に長期滞在をしない&貴族社会の常識不足なロゼマ視点では見えないだけの可能性もそれなりにあるから、何とも言えないかと。 (2021-06-20 13:26:47)
      • ただ、エーレンフェスト側が「恩を受けた」と自覚してくれないとクラッセン出身の王族としては庇護した甲斐がない。エグとしては、①流行の後押しをしたこと②王族がエーレンを贔屓していると示していること、の2点だけでも十分に庇護したつもりでいるのでは? (2021-06-20 19:17:22)
        • 領主会議で行われる自身の星結びでエーレンの髪飾りつけて全領主にお披露目①後押し②贔屓に一応なってるのかな?あと、アナ王子から贈られた恋歌流行とか? (2021-06-20 22:25:08)
          • ①複数の流行品でエーレンは経済的に大いに潤ったよね? エグが先鞭を付けてなければ、そこまで大きな流れにはなってなかった。②エグがアナを後押ししたようで、1年の領地対抗戦でエーレンは盛況だったし翌年も翌々年も王族がエーレンに長居して贔屓してるっぽかった。アナ王子が助言した加護の共同研究に、王族が参加して栄誉になってる。元底辺領地が非常にありがたがって恩に着てる、ってエグは誤解してそうだ。ただ翌春以降の展開については、エグがフォローできる範囲を越えてる。友人のアドルが金粉の第一夫人になる時期を延期できなかったのと同様に。 (2021-06-21 09:30:29)
            • 加護の共同研究は良い助言だったかな。エグじゃなくてアナ王子だけど。さらに言えば助言に対してのロゼマの貢献は莫大なモノで王族は膨大な魔力を得ているんだよ。その後の底辺領地や勝ち組上位のアーレンスバッハからのロゼマの中央神殿入り要望を完全に突っぱねて守ることもしないでエーレンに打診するんだから貢献に対しての報酬が見合ってないでしょ。打診するだけでもエーレンを軽んじてる事がわかるのに。これをしたのはトラオだけど。 (2021-06-21 16:49:32)
              • 3年生の終了前後でエーレンに対する王族の動きが大きく変わっているから、その前後の出来事を混ぜて話すのは混乱の元かと。虎王はグル典持っていないため、王でありながら大領地のアウブに強く対応できない問題があるからねぇ。 (2021-06-22 13:12:07)
                • 強く対応できないのはグルい事を言い訳にトラオが弱気な面もあるかと。それでまた軽く見られる。ドレファンみたいに王族を立ててる領地もちゃんとあるんだし、基本勝ち組領地は自分達で祭り上げたツェントを蔑ろにはしてないよね。アウブ死後のアーレン除いて。 (2021-06-22 15:51:47)
                  • 脱字です。グルい事→グル典無い事、です。 (2021-06-22 15:52:40)
                  • 軽く見られるではなく、既に軽く見ている、だろ。勝ち組領地が王を軽く見ているから政変大粛正が要求され、更にはフェル婿取りを王が仲介させられるなどという小間使いをやらされる。 (2021-06-22 20:34:57)
                    • ああ、アーレンはアウブ生存時から軽んじてたか。エグの話からズレたしここまでにしようか。 (2021-06-22 20:51:07)
        • お友達紹介とD子から庇ってエーレンの味方しますアピールは上位貴族として庇護する意思は分かるよ。でも①はリンシャンと髪飾り気になるわー、欲しいわーってアピールしといて見返りに広告塔になって差し上げます、って事?かなり傲慢だと思うんだけど。エグがそのつもりならしゃーないな。 (2021-06-21 16:18:40)
          • ついでに流行歌はエグじゃなくてアナ王子だよ。それも作れって無茶振りして「買い取ってやる」だからね。それを流行発信したところでロゼマへの後押しにならなくない? (2021-06-21 16:36:49)
          • 流行は上から発信もので、下が流行を発信したら取り上げられたリ、潰されたりするリスクが高い社会のようだから、エグランが、エーレン発信の流行を、エーレン発信のものであると認めた上で、その流行は上位である自分が欲しがるような優れたものであるとアピールしたというのは、相当大きいことだと思うよ? この結果、エーレンより上の順位の領地が、潰したり取り上げたりすることも、下の順位の領地が貶すこともできなくなり、全ての領地が堂々と自分達も欲しいと手を伸ばす=交易として成立するようになったのだと思う。 (2021-06-21 22:00:29)
            • でもエーレンやロゼマはクラセンのエグの庇護下に入りたいとは一言も言ってないしアピールもしてない内から、すり寄ってきてる件。流行を持っているのはロゼマなのだから、それをどこの領地の傘下に入るための切り札にするか決めるのもロゼマ側であるべき。実はドレヴァンだったかもしれんしダンケルだったかもしれない。過去にエーレン領地と境界線でもめた経歴あるクラセンはマジ勘弁と言う可能性ゼロじゃなかったかもしれない。そうした事情を配慮せず、さも上位者の自分が関わるのだから名誉なことと言わんばかりに公言されるのはエーレン側からすると迷惑だよ (2021-06-21 23:55:06)
              • 1つ上に完全に同意。音楽の茶会でロゼマに会いたいから参加させてと音楽教師に打診したのはエグランティーヌ。あと2つ上の相当大きい事というのは理解した上でだけど、①特別扱いでリンシャン譲ってもらう② 自身が政争の種にならないと言う自分の悩みを100パーに近い形で解決切っ掛けでもあり、アナ王子との仲をとりもって貰った③リンシャンをさらにもう一つ融通してもらう④アナ王子経由で髪飾りの用意⑤アナ王子の無茶振り光の女神の歌販売少なくとも1年目だけでこれだけの事してるんですが、まだ流行発信とお友達紹介の方が上? (2021-06-22 00:15:45)
                • 脱字。解決切っ掛け→解決する切っ掛け (2021-06-22 00:16:44)
                • 読者視点で判ることが当事者視点では判らないし、情報交換が下火な世界で個人や領地の利害が絡むのだから公正とか対等とか考えるのは無駄。事実、ロゼマの1年生の功績を考慮し「次期アウブクラッセンの第2夫人(確か)に丁度いいよね(エーレンは感謝するに違いない)」ってのがクラッセン側の見解だった。 (2021-06-22 07:29:17)
                  • エグ個人としても明確に引き立ててるし、領地としても序列一位クラッセンブルクが万年底辺エーレンフェストを身内にしていいと判断したんだから第二とはいえ次期の嫁というのは破格の待遇。 狙って出した成果なら領主一族の姫として満点の活躍。 (2021-06-22 09:20:11)
                    • 次期アウブの第二夫人の件は忘れてたわ。あれ、一応善意だったんだっけか。エーレンサイドだと完全に取り込むつもりの政治取引にしか見えなかったからなぁ。 (2021-06-22 15:30:49)
                      • エーレン的にはクラッセン陣営に取り込まれるのは良い迷惑なんだけど、そんな事情はクラッセンにはわからないしね。頭角を示しつつある中立派を取り込むという派閥工作的観点でもクラッセンは理にかなってる。 むしろ理にかなってないのがエーレン、というかジルの日和見主義。 (2021-06-22 18:43:43)
                        • まあ、正直言うとロゼマの社交を非難できないくらいジルは王族や上位領地とのやり取りが下手だよね。教わってない&慣れてないってのもあるけど、出来ないって断ってるのがツェントには値上げ交渉と見られるし。 (2021-06-22 20:04:45)
                          • それでも王族や上位領地の攻撃を胃を痛めながら抑えていただろ。金粉が商人聖女に直接交渉に来たのは、ジルを落とせないなら子供なら簡単に言質とれるとみて来たんだぜ。結果、言い負かした気になってるが、目的のマインをエーレンから取り上げる言質取ってるわけで。ジルの苦労、マインの交渉によってヘイトだけ稼いですべて水の泡。 (2021-06-22 23:34:51)
                            • ツェント候補になったから取り込まれるのは避けられないって認識をジルもロゼマ自身もしてる。その上で一年の猶予と図書館以外の要求通したのにヘイトだけ稼いだってことはないだろ (2021-06-22 23:55:39)
                              • ヘイト稼いだのは、ジルが下位者でありながら王族と上位領地の命令に徹底抗命したこと。養女くらい上位から要求されたら抗命せずさっさと渡せって事。 (2021-06-22 23:59:36)
                                • ヘイト集めたとすれば徹底抗命した事よりもその際に煽った事でしょ。ジルはヴィルの親だけあってストレス溜まると要所で煽り発言キツい皮肉発言するから。 (2021-06-23 00:16:23)
                                • 当初の王族と他領地の要求はロゼマを中央の神殿長にすること。金粉の言った見返りが恩を売れるだけ。ロゼマ抜けたエーレンが魔力不足で没落するのがわかってるのに恩売っても意味ないから断るに決まってる。順位制度は奴隷制度じゃないし、養女くらいっていうが逆でわざわざ養女にするくらい重要視してんのにさっさと差し出す訳がない。トラオも他領地から要求されたから質問しただけでエーレンが断った時に言い分がもっともだってすぐに引き下がってる (2021-06-23 08:43:47)
                                  • クラリッサによる他領視点解説「……王族と他領に恩を売る最大の好機だと思います。勝ち組領地と公表され、その扱いを受けるのに相応しいだけの貢献が他領にとって目に見える形で示されることになるでしょう。 たった一人の領主候補生でそれだけの恩を売れる機会はございません」「裏を返せば、ローゼマイン様を独占することで全領地の恨みや妬みを買います」けれど、ダンケルフェルガーにいた時分ならば、ローゼマイン様を独占して出し惜しみをするなんて、と思ったでしょう。 (2021-06-23 10:59:45)
                                    • 恩を売れるとか恨み妬みを避けられるとしても、それだけを理由にロゼマだしたら魔力不足と人材不足でエーレンが立ち行かなくなる、それはエーレン来てすぐのクラリッサですら理解してるのを同じ部分で書いてある。あと王族と他領が恩に感じるのは表面だけでしょ。ツェント候補なのにロゼマへ与える離宮の過去、次の親睦会でのムレンロイエの態度とか見ると負け組、順位を抜かれたもしくは抜かれそうな領地からすれば躍進の立役者を神殿なんかに引き抜かれてざまあみろって嘲笑うだけだよ。神殿への忌避がひどいなか神事の正しいやり方教えてくれるなんてって感謝する領地は少なくて結局エーレンの扱いは変わらないってことになりかねない (2021-06-23 13:08:56)
                                      • 「あと王族と他領が恩に感じるのは表面だけでしょ。」そんなのエーレンだけじゃ無くすべての領地だろ。恩を質に取り立てるんだろ。恩に報いるなんて甘い領地どっかありそうか?ああ、エーレンフェストって領地があるか。 (2021-06-23 21:04:31)
                                        • 表面だけの恩が質にならないから断ったのでは?仮に質になってもロゼマの穴埋め+見返りくらいのものを取り立てられるとは思えない (2021-06-24 13:35:59)
                                          • 断るのはロゼマを守る約束&フェルも居ないので苦しすぎるであって、恩だの質だのの問題では無い。恩が質にならない?貢献することで順位が上がる事、上位は下位から搾取できる事は作中で出てますよね?エーレンは順位を使いこなせてないけどw (2021-06-24 14:52:00)
                                            • エーレンが王族から搾取されてるだけであって上位は下位から搾取できる訳ではないよ。フェル取られたのはアーレンの根回しの上手さであって、最終的な命令はツェントが出してる。フェルの求めた見返りはトラオとフェルしか知らない事をいい事に反故にしてるし。使いこなせてないのは同意だけど、それを突いてひたすら王族が搾取するんだから上位としても勝ち組としても立ち回れ無いのはある意味当然。 (2021-06-24 18:09:39)
                                              • エーレンは王族に搾取された分、下位から搾取すればいいんだよ。警戒したり恨んだりしてるでしょ。そのくらい順位ってのは強いんだよ。よく読もう。上位領地だって王族に搾取されているんだよ。外れくじの粗品(アドル)とかね。 (2021-06-24 19:20:55)
                                                • 上位が下位から搾取なんてしてないって。アドルの件こそアウブドレヴァンの政治的駆け引きだろ。王族とアーレン以外の領地でハッキリと下から搾取してる領地なんて描写ないだろ。いつ、何処がどこから搾取してるのか出せよ。元上位で下位に転落したフレべがどこかから搾取されてる描写でもあったか? (2021-06-25 00:56:01)
                                                  • 身内や保護者ではないエグランティーヌに庇われたことで、初めてわたしは中級、下級貴族の立場を実感した。同時に、彼らが自分の派閥のトップに求めるものを身を以て知った。] (2021-06-25 03:29:08)
                                                    • 途中送信しちゃった。つまりどこにでもある理不尽で、それを避けるために派閥を構成するのですよってお話ですね (2021-06-25 03:31:03)
                                                  • 君にとって順位とは、派閥の下位者の庇護と言う負担だけが増える名誉職なんだね。 (2021-06-25 16:22:06)
                                                  • to (2021-06-25 16:27:41)
                                                  • と言うか、上位領地にロゼマを差し出せと言われてジル真っ青のこの状態がロゼマを搾取される直前でなくて何なんだろう? (2021-06-25 16:29:46)
                                                    • 上位領地でロゼマを取ろうとしたのはダンケルだけでしょうが。王族からの要求と上位領地からの要求を一緒にしてないか?で、直接搾取する描写についての質問の答えは?領地間の交易とかも真っ当な取引してますけど?クラッセンのカーリン置き去りについても下位のエーレンから不当な行為を咎めてますけど? (2021-06-25 16:36:01)
                                                      • しかもダンケルはレスティの独断と不意打ち。領地間同士での搾取に当てはまらないだろうよ。 (2021-06-25 16:37:34)
                                                    • その理屈だと王族にロゼマ取られるからエーレン以下の領地はエーレンに領主候補生を養子に出せって言えば意見通るって事だよね。 (2021-06-26 15:47:27)
                            • 商人聖女は完全にロゼマの勝ちだろ。想定してた全ての条件飲ませたんだから。あの時点ではもう王族入りは避けれなかったんだから打ち合わせしてるんだよ。あの辺りでの問題点は用意する離宮くらいかな。ロゼマもジルもアダル離宮なんて知らないから難しいかもしれないけど真っ当な離宮の準備と完成を条件に入れて完成後の確認をした上で養女入りする、と要項に入れとけばもう少し時間稼げたかもしれないくらい。メタ視点じゃないと厳しいのはわかってる。 (2021-06-23 00:23:41)
                              • 真の勝利であるエーレンフェストから出ないを諦めている時点で負けだろ。無条件降伏では無いから勝利ってか。 (2021-06-23 01:30:07)
                                • そこを勝利条件にするなら図書館奥の秘密が明らかになった時点で負けだろ。あの時点での金粉はジル相手だとエーレンに渡す対価がわからないからロゼマと接触したのであってロゼマの取り込みは確定事項なんだが。 (2021-06-23 11:01:43)
                                  • 金粉の行動は「養父様は自分達の話し合いが上手くいかなかった直後に、地下書庫でわたしから承諾を得ようと動いていた王族に腹を立て、決定権がないと主張したわたしを褒めてくれた。」 アナが言った、グルトリスハイトを王族に渡してエーレンに王女として降嫁するなど、戻ってくる道を交渉することもできなくは無かった。ロゼマがグル典得なければならないのはエグが妊娠で2年程度取得できないからで、ロゼマが王女になって魔術具グル典一度取得し、虎王の後ろに隠れて2年間グル典を使用して、その後エグに引き渡して金粉と婚姻せずに王族を離れる交渉だって選択肢として無いわけでは無い。 (2021-06-23 13:15:22)
                                    • それは地下書庫のグルが魔力似てれば譲渡可能って知ってる読者視点だからでる策では?エグに関してもロゼマが取るならエグ自身がグル取る気全く無いの無視してるし、金粉の権力欲も考慮に入ってない。グル取得=礎の場所知ることだから降嫁なんてできないでしょ。アナもエグ巻き込まないためにとんでもない案だすなとしか思わんかった (2021-06-23 14:18:42)
                                      • なんかいろいろ認識間違っていない?世間で判っているのは、グル典は前王が生きている間に虎王の兄の第2王子に譲られた(国境門開閉しているので確定)。 王はグル典を渡す事ができる、が一般認識で、「魔力が似ていれば」はメタ知識や取得後の知識では? エグが取る気無いって、書籍で妊娠後、もう取りたくないとか言う閑話でも追加された? 授乳ぎりぎりですら虎王に従って取得するとWEB版にあるが? 金粉王子の権力欲はいいけど、それ以前に虎王がエグにグル典を取らせると決定している訳で、妊娠で中断しているとはいえ、従来の方針に戻るだけ。 グル典に何が書いてあるのかすら判っていないので、礎の場所が書いてあるとは確定していないし、そもそも内容をロゼマが読まないと契約する事も考え得る。(ロゼマ的には許せないがww) (2021-06-23 15:03:05)
                                        • いや、エグに取らせるのはロゼマが行方不明になったから、だよ。いつ戻るか分からないのに流石に待てないからエグも取得にに動いただけであってロゼマが行方不明にならなければそれすらやったかどうか。あの時点でのアナエグは自分達ではやりたくないからロゼマを生贄にする決断してるんだよ。一番丸く収まる発言の本質はそこでしょ。 (2021-06-23 15:59:26)
                                          • 「其方を焚きつけるためにかなり挑発的に言ったが、私が今言った程度のこと、其方と違ってフェルディナンドは理解していると思うぞ」 「……其方を兄上の第三夫人というのは撤回する。王族でなければグルトリスハイトを手に入れられぬのであれば、其方の危険度も少しは下がるであろう。何より、グルトリスハイトを手に入れられぬ其方を王族で保護するための理由が見つけられぬ」 「え? 危険度に保護、ですか?」「アウブ・エーレンフェストには話をしているはずだ。聞いていないのか?」「グルトリスハイトがすぐに手に入り、其方か譲られた兄上が使えるのであれば、どのような手段を使っても其方を確保しなければならなかったが、其方にツェント候補の資格がないのであれば、一度考え直す必要があるようだ」 (2021-06-23 21:13:44)
                                            • そこはアナ個人の感想であり、血だらけになるまでロゼマを追い詰めた後ろめたさからの発言でしょ。考え直す発言の2日後に金粉登場からの商人聖女だからね。しかも正式な王族との話し合いは翌日予定の。つまりグル典の場所と取り方がわかったらほぼ即断でロゼマを取り込む段取りになってるんだけど。 (2021-06-24 13:51:48)
                                              • そもそも祠巡り強要自体がこの時点ではアナ王子夫妻の個人的発想なんですが (2021-06-24 14:38:49)
                                                • そうだよ。独断だから考え直す発言してるけど、結果報告したらトラオも金粉もロゼマを取り込む動きをしたしアナは止めもしなければロゼマの後々の交渉なんてしてないからね。グル典発見当日の報告で翌日にはトラオからジルへ召喚命令、その翌日は金粉がロゼマと接触、養女からの第三夫人打診。結果的には撤回どころか独断を確定させたんですが。 (2021-06-24 14:58:28)
                                                  • ロゼマ取り込む交渉はこれ以前から行っていただろ。取り込み先が上位領地か中央から王族に変わっただけで。 (2021-06-24 15:39:53)
                                                    • これ以前の交渉はまだジルがなんとか拒否できる状態ではあったからね。それと中央ではなくて中央神殿な。相当失礼な事命令してるからジルも拒否出来てるんだよ。エーレンを勝ち組として扱うなんて約束も守ってないから領主候補生でアウブの子と婚約までしてるロゼマを中央神殿に入れろなんて打診するんだよ。トラオは他の上位領地に同じ事言えないでしょ。まさに都合の悪いことは忘れ、王族という地位を笠に着て他者に自分の意を強要するトラオの言動。 (2021-06-24 18:18:38)
                                                      • 周囲は拒否していると受けていたのではなく、吊り上げていると受け取っていたんでしょ?交渉がまとまらなければ武力で奪えば良いと企んでいる領地も出ているからアナが護衛を増やせと言ってるんでしょ。更に中央神殿は方便な点も注意。俺の領地に魔力献げに来いと他領地が言うのに都合が良いから神殿と言っている。ロゼマで中央の農地が富んでも王族以外に利益は無い。 (2021-06-24 19:12:49)
                                                        • 中央神殿入りは中央神殿と結託して利益をせしめようとほぼ全領地が騒いでるて話。特に中央入りよりも酷い事を要求してる自覚あるからトラオもジルに無理強いできてないんだよ。その時点では王族に取り込んだら全領地からの非難が王族に向かうから積極的に王族に取り込もうとはしてない。 (2021-06-25 01:24:19)
                                                          • 不思議な意見だね。中央神殿の神官巫女は、各領地へ出向いて魔力供給するのが普通なの?中央神殿と結託でいいけど、中央神殿の為にロゼマを使うのが目的ではないし、シュタープ奪ったら価値が半減するので、貴族籍は当然残すよね?巫女でもある中央貴族になるのでは無いのかい? (2021-06-25 15:54:09)
                                                            • なんで巫女になるの?中央神殿の神殿長にって話でしょ。で、ロゼマ神殿長を各領地の神事復活をダシに各地で神事をやらせようって事。中央神殿は各領地への影響力が強くなるし、領地側は神事の情報を得るとともに膨大な魔力を獲れる。どちらにもメリットが大きいから結託してるんだよ。 (2021-06-25 16:55:59)
                                        • ロゼマからエグに引き渡すって案をだしてるからロゼマから子ではない他人にわたせるかはわかってないよねって意味で書いたんだが?だからアナは取り上げられない時は図書館に閉じこめておくって案もだしたわけだし。エグに関しては全く取る気無いは言いすぎたけど、ジギが取るのが最良、自分やヒルデが取るのは争いの元になるって嫌がってる、少なくとも早くグル手に入れてユルゲン安定させようという気はないでしょ、あったら妊娠するような行為はしないはず。ロゼマが取ってジギと結婚するから大丈夫って考えてたところをフェルに叱責されたわけだし、最低限の授乳期間終えたらすぐに祠巡れって命令受けたのもロゼマ失踪が原因。グルの内容はわかってないけど礎の場所載ってないって考えてる人いるかな?グル探す意義すら失われかねなくない?それとも王族は今魔力注いでるところにグル持ち込めば執務できるって考えてる?読まない契約は譲渡できなかった時にグル読まずに執務できるかもわからんのに結ぶのはありえない (2021-06-23 16:37:28)
                                          • 「他人にわたせるかはわかってないよねって意味で書いたんだが?だからアナは取り上げられない時は図書館に閉じこめておくって案もだしたわけだし。」そうだね判ってない、だから判る前から渡せないと諦める必要ないよね、って言ってるんだが。 (2021-06-23 21:20:47)
                                            • 色々考慮して交渉すべきだったってのは同意できるけど、グル典渡してロゼマをエーレンに返すってのは実現難しいでしょ。誰も同行できない地下書庫奥に一人で取りに行く時点でロゼマを解放できない。それにジギはツェントになるための重要な道具であるロゼマを自分の手から離すつもりはないと思うよ。エグかっさらわれたこと根に持ってるみたいだし、他の王族の手に落ちるような隙は作らないはず。譲渡に関しても複製可能なのかもしれないと疑えばグル典渡したのでエーレン帰りますとはいかない (2021-06-24 13:30:39)
                                              • 地下書庫に行く前に契約を交わしておけば良いし、王族の養女を解除すればもう地下書庫の奥にはいけない。君も書いている通り、金粉が奥に行けることを警戒するべき相手はロゼマじゃなくエグ。子供産んだら行ける様にいつかなる。 (2021-06-24 15:27:19)
                                                • 地下グル典の性質知らないのにすべての可能性と穴を塞ぐ契約は難しいでしょ。執務とか譲渡が不可能になるかもしれないし。かといって従属みたいな縛りの厳しい契約強要してロゼマ切れさしたら何されるかわからない、ジギは懐柔して手元から逃がさないのが必須だと思う。エグに関しては地下書庫奥の魔術具は1個だし写本用のマニュアルあっても写す用の器がないから警戒する必要なくなる。そもそも地下書庫独占して自分の妻子と側近以外は近付けないようにすれば済む話。ジギ(ロゼマ)が地下グル典取った後警戒すべきことは暗殺とかクーデターだよ (2021-06-24 17:57:48)
                                                  • 契約は細かくすればするほど穴が出るんだよ。まず最終的に決まった養女となる契約を書いて、こういった条件(グル典引き渡し・中身読まないなど)が成立した場合はエーレン降嫁とシンプルにするの。かっこ付けて難しい契約作ろうなんて考えちゃダメだよ。 (2021-06-24 18:57:50)
                                                    • すべての条件が成立したらって時点で全然シンプルじゃないし、逆に成立しなければ返さなくていいと成立の邪魔される可能性すらある。それに祠巡りの後ロゼマはシュバルツとヴァイスに地下書庫で「ひめさま、しゃほんする」って言われてるんだよ?写本=中身見るってのがあの段階での認識なのにその契約は成立しない (2021-06-24 21:37:02)
                                                      • どっちにしても金粉の性格も考えたらなんだかんだ言ってロゼマを返さないでしょ。アドルですら魔力タンク扱いなのに。グル典なくてもやりたい放題なのにグル典手に入れたら契約の反故なんて平気ですると思う。 (2021-06-25 01:31:01)
                                                        • 金粉の性格なんてこの頃のロゼマが知るわけ無いのに、その性格見込んで諦めろってすっごい暴論だね。まぁ既にエグアナに絶望して諦めているんですけど。 (2021-06-25 15:57:12)
                                          • エグが祠へ行ったのは妊娠前でしょ。でも秋出産なら領主会議の時すでに受胎してるのでは?とすると火の神の祠の時は、まだ神様に認識できないサイズだったとか? (2021-06-24 05:39:28)
                                            • 妊娠期間は1年420日のユルゲンならぎりぎりなんとか。 出産翌日に教壇に立つレベルになりそうだが。受精から着床完了して妊娠成立まで2週間だから、そっちの可能性もあるけど。 (2021-06-24 12:54:26)
                                              • 領主会議がいつ始まるのかわかればねえ。3月1日会議始まり、7日祠発見、その晩受胎10月末出産なら辻褄あうかな。それと受精まで72時間猶予があるから閨が6日以前か7日以降なのかで祠のことを知ってての妊娠かどうかのポイントになる(日にちは例えです)。実はユルゲンの妊娠期間は200日でした~で終わる話でもあるけどさ。 (2021-06-24 15:34:51)
                                                • 7日に祠発見して、翌日エグがロゼマにお茶会願っているんだが、アナが反発してその夜「寝所でお話し合い」しているんだよね。翌朝、2日後の午前にお茶会に決まって、10日の午前にお茶会、午後に祠で妊娠発覚、11日に強要で良いはず。作者は妊娠を確定させるために2日開けたんだと思ってる。 (2021-06-24 15:46:36)
                                                  • 間違い 7日に祠発見 翌日8日お茶会願って夜「寝所でお話し合い」翌朝9日に2日後お茶会、11日の午前にお茶会、午後に祠 12日に強要 (2021-06-24 15:56:14)
                                                    • 今その辺り読み返してきた。ロゼマには言わなかっただけで火の神の祠で限界まで魔力奉納した際に妊娠を教えてもらったっぽいね。金粉の間話にそれらしい事が書いてあった。 (2021-06-25 01:36:58)
                                                      • 出産関連だから水の神の祠かと思った。 (2021-06-25 15:28:54)
                                            • 確かに日数が際どいな。神々の言うことだから胎児に魔力が必要な時期までの魔力奉納は問題無しと判断したとか?もし妊娠前ならロゼマにやらせるから子作りしても良いやって動いたって事だよね。 (2021-06-24 14:22:12)
                                              • すごいな、アナ王子は祠巡る前にロゼマはグル典とれると確信してエグ妊娠させたのか。 (2021-06-24 14:36:02)
                                        • 586話「グルトリスハイトへの道筋が見えている今、グルトリスハイトを得るのが王族にとっては最優先です。春になり、雪が解けてもローゼマインが戻らなかった場合は、負担であろうとも、最初から全属性を得ているエグランティーヌに頼むのが最も効率的なのです」 「ですが、エグランティーヌは出産直後です」と653話「いえ、それは……。ですが、ローゼマイン様が養子縁組をすることで王族にグルトリスハイトがもたらされることは決まっていましたから……」で、トラオ親子&エグの考え方が見えるね。結局春まではエグを動かす気も無かった、と。 (2021-06-25 01:44:30)
                                          • 妊娠して動かせないのを動かせとはすごいですね。ちなみに虎王と金粉は小さい祠を巡ってるらしいですけどね。 (2021-06-25 16:01:25)
                                            • エグは秋に出産してるからね。春から動くなら出産直後から半年ユルゲン歴だから200日前後経ってる。春の理由もロゼマが戻ってきたっら春に養女入りするから、と言う考えが透けて見える。ついでに言えばフェルの思考からしたら生まれたばかりの赤子よりもグル典取る方が重要だろ、と考えてもおかしくない。 (2021-06-25 17:01:04)
                                    • いや、アナの発言は後ろめたさからくる言い訳であって、王族入りした後にロゼマの魔力タンクぶりを見たら色々と難癖つけて返さないのは目に見えてる。アドルと違ってフェル製回復薬作れることまでバレてるんだからなおさらね。実際に王族とエーレンの間で決められた取り決めはまともに守られたものが殆どないからね。フェルの件も勝ち組扱いもロゼマの離宮も。 (2021-06-23 16:19:58)
                              • 商人聖女って、要求突きつけて王族どん引きさせたあげく、上司が相手に謝罪する事になって最重要要求項目を撤回させられた。ぶん殴って気分爽快!ではあっても勝利にはほど遠い。そもそも、領主候補生の代償に要求する物が少なく(本以外)て、まともに交渉すればもっと要求できたのではないか?ぼにちゃんが「たったそれだけか!?」と即答するレベル。本来なら人を送り込んで中央から領地に利益を誘導して長年に渡って利益を得るのだろ。 (2021-06-23 11:23:26)
                                • その本来の形で利益引き出せる有能な人材がいないからね。図書館に関してもロゼマさん的には絶望だけど財政的に不可能だからであって実現可能なものをとりそこねたわけじゃない。ロゼマ抜けに備える猶予、ロゼマ側近の自由な選択、フェルの連座回避と待遇改善、勝ち組扱い、ロゼマとフェルが抜けた分の魔力補填(魔術具、婚姻)とジルからすればまずまずの勝利と言っていいんじゃないの?ぬるく感じた魔力補填に関してはもっとぼったくって良かった気はするが。ボニが怒ったのはロゼマへの愛情の深さとフェル救済が重要じゃないからってのが大きいから普通の貴族より厳しい評価になってると思う (2021-06-23 13:39:23)
                                  • 本来の形で引き出せる人材が居ないのなら、本来の形で得られる利益と同等なだけの利益を得ようとしなければならない。安く売るのは、自分の立場を自分で下げる行為。ぼにちゃんのあの言葉は、領主候補生を他領に出す代価としての感覚だと思うな。自身の妹に姪二人を領外に出しているのだから、領主候補生の価格は十分把握している。 (2021-06-23 14:11:09)
                                    • 本来の利益なんてずっと底辺で王族に嫁がせたり中央に大勢の貴族送り込んだことがないエーレンでわかる人材いないでしょ他領に嫁だすのとは話が違う。ジルに聞かされてショック受けてるのに冷静に対価計算できるとも思えない。結局ジルからすれば要望通せたし勝利、ロゼマは図書館ないけどフェル助けられるから最低限の勝ち、ボニからしたらロゼマいなくなるから大失敗みたいに読者含め人によって評価変わるとしか言えない気がしてきた (2021-06-23 15:47:15)
                                      • いや、ボニちゃんの孫娘愛ならどれだけ利益積んでも第一声は「たったそれだけか!?」になりそうではあるが。てか、商人聖女での要求は全部ジルと打ち合わせして決めた要望だからロゼマやジルの考えからしたら吹っかけたのが全部通った形だよ。まあ、全部通った以上は魔術具の数とかはもっとボレた可能性はあるが。 (2021-06-23 16:08:28)
                                        • 結婚の制限なんてほぼコストゼロで、壊れかけで小金貨3枚程度の魔術具は新品でも大金貨2枚はしないのでは無いか?ダンケル本翻訳4回分程度の価格でマインちゃん売るって安すぎない? (2021-06-23 19:46:46)
                                          • 「先程も言ったであろう? 貴族を増やせるように五年間は結婚に制限を設けること、子供用の魔術具を得ることだ」「たったそれだけか!?」の時点であなたの言ってることは全部終了してるので本編のその後をお読みください (2021-06-23 20:13:25)
                                          • 魔術具に関しては金銭取引なら一つ小金貨5枚だね。エーレンにとっては作る為の時間的コストの方が重要な気がする。フィリーネの件で考えても子供用魔術具はエーレン下級貴族では作れないっぽい。少なくとも魔石は母親の死んだ際の魔石を使ってた。各家庭、子供の人数分しか使わないし親兄弟が使っていた物を使う事もあるだろうから値段が上がらない部分はあるだろうね。推測だけど完全受注生産な上、中級以上で作れるものは自作するし下級が中級以上の貴族に作ってくれと頼むのは金銭取引だけでは難しい。正直、やれるなら王族に貰うよりエーレン領内で作らせた方が良いとは思った事がある。何かやらない理由やれない理由があるんだろう。 (2021-06-24 14:41:30)
                                            • 魔力を溜めこむ魔術具を見た方が良いだろうけど、親族の魔石を使うのは吸収能力の為。今回は使用者を特定した物では無くいきなり12個送られて来ているので(563話)通常のコストで作成されているだろう。なお作成は上級以上が必要。 (2021-06-24 15:10:24)
                                              • 上級以上なのね。知らなかった。Q&Aかなにかの情報かな?上級以上の魔力が必要なら尚の事お金の為にわざわざ作らないだろうし、価値的には大金貨2枚分でもエーレン内で40個用意するのはお金積むだけじゃ難しそうだ。 (2021-06-24 18:23:18)
                    • 引き立ててもらう上位領地をどこにする決めるのは、エーレンアウブが判断することなのでは?現場の学生が勝手に決めることじゃない。善意の押し付けだよ (2021-06-22 20:53:17)
                      • 「庇護を求める先はアウブが決断」というのは正しい。けれどもジルは庇護先の候補さえ準備していなかったので、権利を放棄したも同然。ロゼマ貴族院デビューまで3年もあったのに。 (2021-06-23 08:08:57)
                        • そもそも庇護を求める気が無いから、自分の順位を上げて身を守るつもりだったのだろ。 (2021-06-23 10:54:24)
                        • ジルからすれば上位領地の庇護は望んでなかったしな。せいぜい望むとしたら、アーレンより影響力強い領地にしたい、くらいじゃないか。庇護してあげましょう的な上位領地のすり寄りは介入がどのくらいあるのか不明なだけにありがた迷惑でしかない。 (2021-06-23 21:51:40)
                    • ロゼマが普通の貴族なら政略結婚の駒として利用するのは普通だったかもしれんがそうじゃないし、普通の貴族だったらそもそも見向きもされないという悲しいお話。クラッセンはダンケルとかドレッヴァンに年頃の男がいるの知ってるし唾つけとこうとするのは貴族なら当然なのかもね (2021-06-22 21:56:38)
              • その辺はエーレンの常識(&現代日本の常識)ユルゲンの非常識って奴だろ。上位領地に搾取されないため、上位領地に庇護を求め、少ないみかじめ料で許してもらう。盗る物が何も無い最下位領地エーレンだったから、これまで上位の庇護が無くても誰も搾取しなかっただけで。 (2021-06-22 13:17:05)
              • ユルゲンの常識(貴族の婉曲表現)がどうなのか、ロゼマ視点だと良く分からないから……。<エーレンからは庇護を申し出ていない。 第313話のエグランとのお茶会で行われた、リンシャンをどの領地より先に渡す→追加提供の提案を自らする→エグランのこれからも仲良く発言を了承する(断らなかった)という段取りは、ユルゲン的には、庇護の申し出と了承と解釈される行為だったのかもよ? 実際、第316~317話で、エーレンの上層部は、ロゼマの行為は、エーレンがクラッセンブルクにつくと判断される可能性のある代物であると捉えているし。 社交ダメダメなエーレンですら、そうみられうると考えつく位なのだから、クラッセン側がそう判断するのはユルゲン常識的に妥当という可能性は十分ある気がする。。。 (2021-06-23 00:07:19)
                • ユルゲンの常識だけでなく、へっぽこ領地が話題性を作る為に仕立て上げた聖女とか、あの健康不良児を聖女に仕立て上げなければならない程困窮しているとか、エーレンは擦り寄る相手を探してると見られてた気がする。 (2021-06-23 08:40:13)
                  • まあ、実際順位を上げていこうと思うと上位の庇護は必要ではあったんだよね。だからと言うかクラッセン時代のエグはまだエーレンやロゼマに恩恵を与えようと動いてる節はあるしロゼマ視点でも良い関係になってた気がする。問題は王族入り後の言動がロゼマに対しての配慮が無くなって行った事であって。いくらロゼマがエグの味方発言したからって他領の領主候補生であるロゼマに何しても何させても良いわけじゃないんだから。 (2021-06-23 11:18:01)
                    • 話の都合上とはいえ、本来トラオ主体で対応すべきグリ典探索を学生主体でやらせりゃねぇ。 (2021-06-23 14:53:17)
                      • あの変は大分おかしかったよな。まあトラオの方はトルークに汚染されてたからで良いとして、何でエグの方も王族入りした後は負担ばかり押し付けるようになったんだろうね。 (2021-06-23 23:44:45)
                        • 確かエグランの側仕えでネームドは居なかったと思うから、王族入りした事でエグランにミスを指摘したり意見出来る側仕えはクラッセンに帰ってしまったからとか?アナはエグランの「相談」を「お願い事」と捉えかねないし。 (2021-06-24 01:40:56)
                          • エグの考え方は王族&クラッセン的な強者の論理であり、風見鶏的なエーレンの事情を全く知らないまま。側仕えだってユルゲン常識的な上位領地の考え方しかしてないだろうから、期待するのは無駄。改善のためにはエーレンとローゼマインの話に耳を傾けるべきなのだが、そうするとエーレンに過度に譲歩しているように見られるのでやらなかったというのが王族事情。 (2021-06-24 05:55:24)
                          • 旦那の影響が強いんじゃないかとは思う。エグにとっての王族の振る舞いは金粉とアナが見本みたいなものだからね。王族入りした後はだんだんアナの振る舞いに似せていったようには思えた。 (2021-06-24 13:32:22)
                        • エーレン上層部と王族とでエーレンに対する認識が致命的にずれてる感ある。エーレン上層部にとってはエーレンはまだまだ下位領地で魔力も人員も少ない貧乏領地だが、王族にしてみれば成績優秀、流行も発信できるほどに富み、回復薬を大盤振る舞い出来るほどに魔力も余っているという認識。そのため、正当に評価して順位も上げたのだから (2021-06-24 17:22:37)
                          • 続き、王族に貢献するのは当然じゃないか、という認識があるのだと思う。その観点からするとエグは早くからロゼマの庇護者となり流行の発信に協力しているし仲も良いのだから、見返りに多少に無理は聞いてくれるだろうという甘えがあるように思える。基本王族や上位領地と下位領地は対等では無いのだし、多少の理不尽や無理は聞くのが当たり前。その認識と甘えが重なるとああいう態度になるのだと思う。ロゼマにアナが「エグは友人だろう」と言った時に突き放されて愕然としていたのはこの辺の致命的なすれ違いのせいだろうね。 (2021-06-24 17:31:01)
                            • このコメント見て今頃ふと気が付いた。そういえばエグってアドル以外の友達が上位に居なかったんだ。あないがいはエグにとっての友達=何でも自分の言う事を聞いてくれる存在だったのかもね。 (2021-06-24 18:27:01)
                              • このコメント見て今頃ふと気が付いた。そういえばエグってアドル以外の友達が上位に居なかったんだ。アドル以外は全部中位から下位領地にしか友達が居なかったエグにとっての友達=何でも自分の言う事を聞いてくれる存在だったのかもね。ただでさえ1位クラッセンの領主候補生だった訳だし。 (2021-06-24 18:29:13)
                              • エグは第一領地の領主候補生だし、アナは王族で二人とも対等の友人を持ったことが無い。なので友人と思っていた人間も常に彼らを立て譲っていたと思われる。だからロゼマに甘えている自覚が無くてもある意味仕方が無い。アナが「大事なものを人質にとって選択を迫るのが王族のやり方なんでしょう?」と言われて愕然としたのは、自分たちが友人に頼みごとをする=上位からの命令になってしまうを理解しておらず、遠慮の無くなったロゼマに指摘されて初めて気が付いたからなんだろうね。 (2021-06-24 19:42:44)
                                • アナエグは2人してはっきり断っても聞く耳持ってなかったからね。それで全て丸く収まるのです、とかエーレンの事はエーレンで考えれば、とかね。アナが愕然とした理由はロゼマの口からエグを人質にしてるんだよって意味の発言が出てくると思ってなかったって解釈してた。言われるまで人質に取られてると認識してなかったとも言えるかな。 (2021-06-25 02:13:31)
                                  • そりゃまぁ武装蜂起してエーレン襲撃してロゼマ誘拐すれば良いなんて考えている領地が出かねないなら、最上位(次期王)がかっさらえば戦争が起きないと言うのは、強者の立場での丸く収まるだよねぇ。でも2章の最後も同じでしょ。ヒキガエルが奪いに来たのでアウブが横からかっさらった。 (2021-06-25 16:09:05)
                                    • それはちょっと違う気がする。ロゼマの進退が戦争の引き金になる訳じゃないし、2章最後もジルフェルがもっと早く取り込めるのをマインの希望をギリギリまで叶える為に時間置いてただけだからね。 (2021-06-25 16:46:56)
                    • 上位の庇護が欲しいのではなく、アーレンのような上位に好き勝手されない順位が望ましいのだから、エグが上位領地として庇護してやろうとするふるまいはエーレンにとって欲してない。 (2021-06-24 05:55:44)
                      • 第317話を読む限り、クラッセンがエーレンの流行を使うことによる宣伝効果や、次期王位争いにおいてクラッセンについておくことは、エーレンにとって利になることと考えてるので、クラッセンの庇護を欲していないとまでは言えないかと。 ついでに言えば、第285話や第332話でロゼマが考えている事情から、そもそも上位の庇護がないとエーレンが順位をあげるのも厳しいと思う(順位Upには成績だけではなく、中央や他領への影響力が必要だし(第358話)) (2021-06-24 07:45:00)
                      • 頭の痛い保護者だと王族第1夫人の庇護下ならアリじゃね?みたいな事フェルが言ってたから、上位領地に隷従は避けたいが庇護自体は否定してない様に感じるが。 (2021-06-24 08:20:00)
                        • 結果論として王族第一夫人の庇護得られそうならまあいいかという妥協はしたけど、エーレンはどこかの庇護下に入ることは望んでなかった、というか想定していなかった。エーレンが庇護を望んでいる打診をうけたら、エグはクラセンにその意図を持ち帰り、その後に領地の許可を得たら庇護下に置く。この流れなら問題ないんだけどね。 (2021-06-24 20:16:03)
                          • そこは単に、貴族社会の婉曲表現をモットーとする文化と、現代社会の文化の差異かと。 直接的に、そのものずばりの言い方で、「庇護してください」というケースは非常にレアで、やりとりを通じて、遠回しに庇護してくださいと訴え、そのやりとりで庇護を望んでいるんだなと判断し、それに応じるというのが、ユルゲン貴族社会の王道的なやり方だんだと思うよ? なので、エーレンからの庇護打診と判断して、庇護の手を伸べたクラッセンは、ユルゲン社会的には問題はないと思う。あと、ダンケルの様子を見ても、領主候補生が領主と定期連絡するのは普通っぽいから、エグはクラッセンの許可を得ている可能性の方が高い気がするし、ロゼマに至っては領地に戻っているのにその後も態度を変えていないから、ロゼマの振舞いはエーレン領主公認とクラッセンに判断されても仕方ないかと。 (2021-06-25 09:45:47)
                          • 保護者達が抱えてた様に、ロゼマが王族の後継問題にまで首突っ込んでエーレンは中立を望むは流石に無いかなぁ。ミスはロゼマで、エグラン・クラッセン・王族に求めるのは無理があると思う。 (2021-06-25 17:10:05)
  • エグランティーヌは祠で魔力奉納している時に神様から妊娠してると告げられて、魔力を返却された。つまり神々と近い貴族院で魔力奉納(奉納式)した女性は妊娠を知らされる?祠で奉納した人のみかな。 (2021-07-24 11:09:38)
    • 神々により近く祈れて間接的にでも対話出来る誇らしさだけでしょう。ところで、エグランティーヌが妊娠を告げられたのはロゼマが祠巡りやる前というのが一般的な解釈なの?ロゼマが失敗したからそのフォローのために祠巡りやろうとしたら発覚した可能性は無いのかな。理由はエグが語った事と違うし、エグの妊娠が発覚した後にロゼマの祠巡りに付き合わせるような事をアナ王子がするかな?と疑問に思うので。明確な判断理由があるなら知りたい。 (2021-07-24 12:02:57)
      • あ、誤変換。誇らしさでなく祠。 (2021-07-24 12:03:49)
        • ロゼマが祠巡りした後じゃないかな。最初の顔色が悪くなったというのは、単なる祈り過ぎ+回復薬の過剰摂取なのかなと。 その後、ロゼマが地下書庫の奥に行けなかったから、エグ以外の王族は必死に祈って、後天的に全属性になった。 領主会議は春の終わりの月の二週間、でエグランティーヌが第一子出産したのが秋の終わり頃だから、あの時点で妊娠三ヶ月に差し掛かる頃と考えられるので、領主会議後にわかったのかなと。ただ神様だから、早々に告げたという可能性もなくはないかな。 (2021-07-24 12:33:36)
          • 多少微妙なんですよ。エグは自分がツェントになるわけにいかないと思ってるから、祠巡りがツェントになるための行動と知ったらもうやらない気もするし。 (2021-07-24 13:05:51)
            • アナエグが、ツェントになれる手段がわかっていたとして、何故地下書庫に王族登録があり、かつ恐らくトラオクヴァールと同じく全属性になったジギスヴァルトを誘導しなかったのかと、疑問が残る。 (2021-07-24 14:04:19)
              • 図書館のメスティオノーラの神像で聖典の形を得るか祠巡りやらんと王族の書庫が開かないんじゃ無かったかな? (2021-07-24 14:10:19)
                • その聖典の形自体も大神全属性じゃないと取れないと推定される。図書館の礎に魔力を供給した際にオルタの魔力ではダメだったという発言とその後「爺様大喜び」とロゼマが姫様に戻った事から図書館の礎とメスティオノーラの神像は繋がりがあると考えられる。 (2021-07-24 14:18:22)
              • 「いのりたりない」から案内されない。全属性になるだけでいいならエグはすぐ案内されるが、「いのりたりない」なのは確認済み。大神にも奉納しまくらなければいけない。 (2021-07-24 14:18:39)
            • エグの女児妊娠を神から告げられたというのがアナエグの嘘ということはないのかな?妊娠自体はエグが自覚していてツェントになりたくないので神に祠周りを止められたことにする。女児が生まれれば問題ないし、危険はあるかもしれなけど男児だったなら流産ということにして秘密裏に里子に出すとか、女児と交換、双子ということで女児をもらい受けるとか。何か策を講じるのではないだろうかと思ってしまう (2021-08-17 12:47:30)
              • そうまでする理由がない。「赤子がいると告げられた」と伝えるだけでいいのに、女児だと性別まで伝える必要はなかった。ジギ対策ならば、妊娠してること自体を秘し「祠には入れたけれどなぜか魔力奉納はできませんでした」で済む。 (2021-08-17 13:34:12)
      • 586話で金粉が領主会議の最中に妊娠が発覚したと言っているのでロゼマが祠巡りする前だと思います。ロゼマに妊娠について話さないのはユルゲン貴族として当たり前の行動なので誤魔化したのかと。ただ、確定かと言われるとロゼマが廻った後でもう一回自分でも廻ってる可能性はあるのでその後の王族の動きからの推測が入ります。 (2021-07-25 18:19:10)
    • 祠での奉納はある意味神(神像)と対面する場だけれど、奉納式は神具に注ぐだけで神と対話出来る場じゃないから無理じゃね (2021-07-24 13:07:37)
    • 大神の祠は思考誘導により魔力も回復薬も使い切るまで奉納を強要される。当然妊婦には大きな負担になり流産の危険も増大するので、大神の祠だけ安全装置としての受胎告知機能があるのだろう。せっかく奉納した魔力を祝福として返されてしまうのは、流産などの危険度を下げる効果があるのかも。胎児の性別まで教えてくれるのはオマケかな、一からやり直しになるので少しくらいメリットがないと。 (2021-07-25 21:13:47)
  • 物語上あり得ないけど、エグラが神との契約を行ったように、フェルもロゼマも光の神との契約でエーレンから出れないって事にしてしまえば良かったのでは?と思わずにいられない。その代わりにエーレンの立場がヤバいことになるだろうけど、流石に王族も無理難題を言ってこなくなるのでは? (2021-07-25 19:59:53)
    • その契約じゃ貴族院へ行ったら死んでしまう…… (2021-07-25 21:16:14)
    • エーレンの立場がヤバくなる時点でダメじゃん。フェはエーレンを守る為、ロゼマはフェとエーレンを守る為に人身御供を受け入れたのに、「光の女神に誓ったからエーレンから出ませーん」なんてすりゃ只でさえ棚ぼた中立で他領から良く思われてないエーレンの評価が地に落ちる。身勝手な理由で王族の命令拒否とか反意ありと看做されるぞ。 (2021-07-25 21:57:45)
  • エグは自力でメス書取ろうとしてるけど、国家運営に必要な知識そのものはすでに魔術具グル典で入手済みのため、女神図書館の入り口である望みを映し出す暗闇の部屋で、知識を得ようとしていないと判断されて突破できない可能性があるかも。 (2021-08-15 19:47:01)
    • ? (2021-08-15 23:07:41)
    • 黄金シュミルの面接の事ですか?今の所事例がロゼマだけなので何とも言えないけど、過去のメス書取得者全員が“本の山”を想像したとは思えないし、メス書を望む理由→ツエントになりたい→ツエントになって作りたい未来のユルゲン、とかでも十分合格になりうるのではないでしょうか。憶測ですが。 (2021-08-17 15:25:48)
      • 女神の英知を望むのが条件だと思うが、単にメス書が欲しいでもOKな気がする。 (2021-08-17 18:02:36)
      • 「自分の望むモノを映し出す部屋」で両親他家族が映し出され、ローゼマイン様同様壁に突進して、「本を取り出そうと立ち止まる」のではなくそのまま抱き付こうとして頭を打ち付けかねん……黄金シュミル「きぜつしてる、えいちをえるしかく、ない」 (2021-08-17 18:42:24)
  • エグを人質にって考え方になったのは記憶をなくしたからで本来のロゼマではそんなこと言わなかった可能性はありますか? (2021-09-06 23:05:59)
    • 記憶なくす前にもアナに大事な人を脅迫材料にするのが王族のやり方だろうがっていってたからたぶん違う。 (2021-09-06 23:15:16)
    • ロゼマが失ってた記憶に「フェルディナンドの助命条件」が入ってるんで、記憶取り戻したら人質どころじゃなかった可能性はあるね (2021-09-13 02:00:28)
  • エグランティーヌって自身の任期をどう考えているんだろう?まあ<顔色の悪い王族>でロゼマが「エグランティーヌの娘なら次期ツェントとして適正高いんじゃない?」的なこと言ってて、その後トラオクヴァールも「領主候補生は次期ツェント候補なんだからツェント任命式に呼んだ方がいい」と言ってるしその場にいる人間の共通認識としてそれぐらいの間はやることを想定してそうだけど、メス書の取得法は公表されることになったわけで最悪ディートリンデみたいに公表即ツェント目指す奴は出てくるよね? (2021-10-30 22:09:10)
    • 領地の礎が神殿にあるってだけで、メス書の取得方法は公表されてないはず。ロゼマとフェルが今まで努力してこなかった者達に易々と教えるわけがない。 (2021-10-30 22:19:50)
      • 「顔色の悪い王族その2」でメス書の取得方法は公開するって宣言してるセリフあるよ。いつ公開するかはわからないけど、そもそも古語が読めなきゃメス書も読めないということで地下書庫開放が先になっているだけだと思う。早く真のツェント出て続いていってもらわなきゃ困るのに、神事もできなきゃ古語も読めない連中を「ツェントになれますよ」って焚きつけなきゃいけないだろ。 (2021-10-30 22:43:49)
        • なるほど見落としてたわ (2021-10-30 22:49:19)
    • ハンネ五4話で地下書庫の存在は周知されたから、自力で解読して目指せる領主候補生すでに目指せる。ただ、加護取得の儀式で始まりの庭への道を開けるくらいの領主候補生は現時点でとても希少(作中で全属性確定はフェル、ロゼマ、ジェル、エグ)。古語を読める者も希少となれば自力ですぐにメス書を手に入れられる者はしばらく出てこない。それに誰かがメス書取得即退位して交代ってわけじゃないだろうから、国が安定して、本来の王選出方法を周知して戻すまで10~20年くらいを想定してるんじゃない? (2021-10-30 23:12:51)
      • ミス、ハンネ五4話で地下書庫の存在は周知されていることが明らかになったから (2021-10-30 23:13:50)
    • 目指す者が出てくること自体は悪いことではないというか喜ぶべきことだろう。しかし、上でも書かれている通り取得する道は困難。取得できる者を増やすためにも神事の重要性を説いて加護の取得を推進して地下書庫の魔力圧縮などで魔力を増やしてシュタープ取得時に全属性になる者を増やす。ロゼマと一緒に神事やってて地下書庫よりも良い圧縮を習ったヴィルやシャルですら全属性ではない(5年生時点で加護再取得したら全属性なってるかも知れないが)こと考えると王族もしくは大領地領主候補生レベルじゃないと到達し得ない。世代交代(親の魔力<子の魔力)を進めて到達するなら今の貴族院1年生が成人して子供作ってその子供が成人するまでだから25年くらいかなぁ。 (2021-10-31 06:42:59)
      • 一応コメントするけど、魔力量が多い=属性が多いわけではない。見食いは魔力量に関わらず、薄いけど全属性持ちとして生まれるからね。 (2021-10-31 07:24:59)
        • 「魔力量が多い=属性が多いわけではない」のは正しいけど、「身食いは薄い全属性で、生まれた土地の属性をわずかに帯びている」(585話)程度で「全属性持ち」とは呼ばないのでは?  (2021-10-31 10:00:43)
          • 適性って有/無の二択なのに身食いに関しては薄い濃いというファジー評価なので、どこかに閾値があるのか、それとも別の理屈なのか未だによくわかんないよね。「薄い全属性」が身食い特有だとするとツェント云々に関わることについて一般化するのは無駄だろうけど。 ロゼマは転生由来の大人の精神力を以て自力圧縮した身食いにしてエヴェ印持ちというガチチートなので考えるだけ無駄。 (2021-10-31 13:06:43)
          • 全属性持ちだよ。色に関しては普通はその中で一番強い属性の色が影響するだけ (2021-10-31 18:31:14)
          • 君の言う全属性は大神の加護を取得した全属性の話では?少なくとも、マインは生まれながら全属性と言われているので、「全属性持ち」とは呼ばない、というのは間違い。 (2021-10-31 18:33:12)
        • 一応コメントするけど、魔力量が多い者程属性多い傾向があるんだから全属性の者を増やすために魔力量を増やそうと考えるのが普通じゃないの? 全属性の下級貴族なんて出来てもグルトリスハイト取得できないんだけど? あとはユルゲン全体が魔力不足というのもあるし魔力多い方が加護取りやすいなどもある。 (2021-10-31 13:34:34)
          • 下級貴族程度の魔力しか持たずに生まれたマインが入手出来たんだから、頑張ればいけるでしょ。普通の貴族には想像もできないくらい、果てしなく険しい道程だろうけど。 (2021-10-31 18:35:54)
            • マインは前世由来の大人の精神力というガチチートがある。がんばれはどうにかなる話じゃない (2021-10-31 20:17:52)
              • 極めてレアケースだが体内での魔力魔石化を意味する「エーヴィリーベの印を持つ子」という用語がある程度には死にかけでも生存を繰り返す子供はいる。まあその状況って要するに吸い取れる魔道具が用意できない貧乏or虐待家庭ってことでそれからユレーヴェ解凍できる環境に移行できたのはそれこそロゼマぐらいじゃないかというぐらい超レアケースなんだろうけど (2021-11-01 06:17:36)
              • 魔力圧縮は親の教育次第だよ。勿論マインが忌避していたように、薦められるものではないけど。 (2021-11-01 09:02:11)
            • 下級貴族の生まれで魔力がロゼマ並かつ全属性はロゼマ並に頑張ればいけるかもしれないけど、ここで書いたのは下級貴族並の魔力量の全属性がいてツェントなってもしょうがないでしょってこと。あと下級貴族は地下書庫行けないからグルトリスハイト手に入れる情報がそもそも手に入らないかも知れない。 (2021-11-01 14:17:27)
              • 書籍の祠巡りで、領主候補生コースで最高神の名を得られなければメス書手に入れることはできないとはっきりしたよ。名を得る儀式は必須。儀式をやるのにメダルの階級変更が必要かはわからないけど(部屋入れる、魔法陣使えるのが領主候補生オンリーって地下書庫みたいな制限あるかも?)。 (2021-11-01 17:37:01)
                • そういえばそれもあったか。指摘ありがとう。結局5個上は魔力量多い=属性が多いわけでないって伝えたかっただけなんだろうか……。 (2021-11-01 17:50:45)
                  • それだけしか書いてないんだからそうだと思うけど。わざわざ意趣返しみたいに「一応コメント」なんて付けるからヒートアップするんだよ。 (2021-11-01 19:08:44)
          • この書き込みで俺が伝えたかったことは「魔力量が多い=属性が多いわけではない」は確かに正しいけど特殊例だから、一般的というか普通は魔力量増やして属性増やすよねってこと。身喰いで生まれつき薄い全属性とか全属性の人に名捧げするとか加護貰って全属性にするとか属性を増やす方法は色々あるけど、身喰いと名捧げは公表してないんだから一般的じゃない。それにロゼマはフェルに染められた全属性でシュタープ取得してるから薄い全属性の身喰いが始まりの庭でシュタープ取得できるかわからん。個人的には無理じゃないかと思ってるし、魔力量が少なくてもやはり無理じゃないかと思ってる。まぁ特に根拠ないけどね。 (2021-11-01 14:06:40)
            • メダル破棄するとシュタープが消えるってことは、メダルがないと神の意志が取れないってことだよね? 平民登録してない身食いならば、無理ってことだね。 (2021-11-01 19:37:29)
              • そもそもメダル登録しないとシュタープもらえないから、ジェルを除くランツェ勢も貴族登録したって話だったはず。 (2021-11-01 20:00:49)
            • 薄い全属性でもいいなら、ローデリヒも467話で高みに登ってる。 (2021-11-01 21:03:35)
              • ローデリヒが入口あけれたのは忘れてたわ。名捧げの全属性でも入口開くなら始まりの庭行けそうだね。入口空けといて魔力少ないからいけませんは流石にどうかと思うから魔力量は関係なく属性のみで判断してるのか。身喰いじゃ無理っぽいと思ったのは判断ミスか。 (2021-11-01 22:11:53)
                • ローデリヒの時は開いてないよ。加護の光が全部立っただけ。名捧げで全属性になったと認識したなら、あんな不思議なとこ行ったことをロゼマに報告するに決まっているけど、そんな話は一切ない。光の高さが足りないし自分の魔力じゃないから駄目なんでしょ。 (2021-11-01 22:17:43)
                  • 上の書き込みってシュタープ取得の入口開いたという意味で受け取ったけど、ローデリヒから報告がないからおそらく開いてないって意味だったのか。さらっとWeb版読み返したけど確かに報告などはしてないね。名捧げによる全属性ではいけないのか。 (2021-11-02 00:59:22)
                    • OKならいくらでもツェントを即席で量産できるセキュリティーホールだからな。流石にふさがってないと困る穴だわ (2021-11-02 07:06:28)
                      • そもそもあれは大神全属性だけが開ける道だから、名捧げでの全属性ではだめだと思う。そういう意味だと、ロゼマさんもフェルディナンドに染められたから全属性シュタープ取得できたわけではないんだろうね。 (2021-11-02 08:21:50)
                        • いや、逆にこれ読んでロゼマは染められたお陰だと思ったよ。身喰いでは誕生時の属性だか土地のだかしか属性値高くないから大神全属性じゃない。ロゼマはエーヴィリーベの印持ちだったからフェルに完全に染められて大神全属性なって、始まりの庭に行けたと解釈できる。 (2021-11-02 09:12:58)
                          • 染めただけで大神の加護が得られるとは思わないけどね。それだと夫婦生活で加護を得たり失ったりと変なことが起こると思うぞ。 (2021-11-02 18:07:19)
                            • ほぼ色のないロゼマの魔石をフェルが染めて、その魔石を全身に戻したからフェルそっくりの色になったってだけじゃね?命の神印の身食いで再現できるんじゃないかな (2021-11-02 19:20:48)
                              • 魔力の色は「属性による色が反映される。しかし、同じ属性持ちでも偏りなどで個性がでるらしく属性そのものを指すわけではない」とあるので、大神全属性自体はロゼマが持っていたもの、であってるはず。これ以上はここで話すことではないと思うから、自分はこれで打ち切るね。 (2021-11-02 21:19:36)
                                • わかりやすく例示するなら同じく赤青の二色を持つ者がいても赤7:青3の紫と赤3:青7の紫は異なる色だと言っているものだと思います。フェルロゼマの場合限りなく同色に近いものを比較しているのですから反論として不適切でしょう (2021-11-02 22:02:43)
                                  • 単なる色の話なら、フェルは全部均等なので白、ロゼマは風と光が強いのでちょっと黄色いので、そっくりな色ではないことになるよ。騎獣の色が違うんだから明らかだよね? (2021-11-03 00:11:06)
                        • あれ開けれるのは大神全属性+高魔力量の持ち主じゃないと無理なんじゃね?他にも条件あるかもしれないけど。 (2021-11-02 09:18:39)
                          • エグがエア爺に「道を開くには心許ない」って言われてるから、魔力量も相当ないとダメっぽいな (2021-11-02 12:03:07)
                            • エグランティーヌは保険王子のために魔力薄めてるから、本気で圧縮した状態ならなんとか足りるんじゃないかな? (2021-11-02 18:04:47)
                              • 薄めているってどこかで描写されてたっけ?エグはロゼマみたいな規格外ではないからそこまでの差はないと思ってたけど。 (2021-11-03 07:13:35)
                                • 保険と金粉のどちらかと結婚することは決まっていたから、対象外にならないように魔力圧縮を調整していたってどこかで書かれていたと思う。ちょっと思い出せないけど、在学時点でトラオより魔力があり、そのトラオに光の帯で捕縛された金粉は下手をすると対象外となっていたとしてもおかしくはない。 (2021-11-03 08:58:38)
                                  • 成人直前のアナと、金粉に差はほとんどないと本編にある。釣り合いがそんなに狭かったら結婚相手限られすぎだし対象外までは行かないと思うよ。 (2021-11-03 09:08:48)
                                    • 調整しなければいけない時点で対象外になる可能性があると言ってるようなものだけどね。心配ないならそんな調整不要だもんね。魔力はたくさんあったほうがいいんだし。 (2021-11-03 19:26:46)
                                      • じゃなくて、アナに合わせて子供ができてるなら金粉にも合うって話だよ…両方外れる可能性がある調整じゃ意味ないだろ?調整しなかったら外れる可能性大なのはわかってるよ。調整している現状では、アナが成人後に金粉を引き離さない限り、2人とも範囲内だろってこと。(エグツェントに決まるまでは加護取得とか押さえてたんだしできるかもしれないけど) (2021-11-03 19:40:49)
                                  • 私も見たことがあります。Q&Aかな… (2021-11-03 16:34:35)
                                    • このページの作者コメントのところに「ジギスヴァルトやアナスタージウスと結婚できる程度に調節」と書いてありますね… (2021-11-03 16:37:08)
                        • 王族なり領主一族の身分も必要なんじゃないかな。 領主一族じゃないと光闇神の名を賜る儀式ができないことも含めて (2021-11-02 11:43:37)
    • 居座れって意味じゃないけど、30年くらいは馬車馬のように働けって思いが浮かびます。個人意見失礼。 (2021-11-02 12:01:51)
      • 現在のエグラン女王の正当性は、いにしえの方法でメス書を入手したツェントへの中継ぎ。30年女王をやるには、エグラン自身がメス書を得る必要がある。エグランの娘に王位を引き継ぐ時間を稼ぐ目的もあって、エグランはメス書取得を目指しているのだろう。 (2021-11-02 12:18:55)
        • エグさんが我が子に王位継がせるつもりだなんて描写あるか? アナがいろいろ頑張って正当なツェント選出がされるようにするだろうと、ロゼマが考えている程度だよね (2021-11-02 19:47:48)
          • しかし、子供に王位を継がせないと降りた後の地位がかなり微妙というか危険だぞ。現アウブ・クラッセンとは元々大して親交ない上にダンケルとの契約で下に置かれるようになって関係良くないだろうしな。 (2021-11-02 22:26:23)
            • ツェントを退いた後のことが不明なんだからやきもきしてもしょうがあんめぇ。 でも引退後もグル典を保持するわけだから、ツェント候補者として国境門開閉を手伝ったりはするんかな (2021-11-03 00:29:54)
              • 要は、今後の進退も考えるとわが子をツェントにしないとエグやアナ達はもちろん、子供も危険になるから継がせようとするだろうってことだよ。自分たちを守ってくれる可能性があるのはよくてトラオぐらいで、それでも元々激務で老い先短そうだからな。 (2021-11-03 07:09:15)
              • 前ツェントの引退後は、後任ツェントの意向に左右されるところが大きい。負け領地からツェントが出ようものなら、エグは敬遠される程度ならまだしも家族の命さえ危ない。ま、大領地の方が次期ツェントが出やすいと思うけどね。 (2021-11-03 18:36:39)
                • なんでそう思うんだ? エグ以降の王は貴族院(聖地)しか治めない象徴君主制みたいなことになるんだぞ。出身地を贔屓するにも実権無いから配る利が無い。 (2021-11-04 07:39:35)
                  • 大領地の方が次期ツェントが出やすい理由 ①貴族の数・領主候補生の数が比較的多く、神々に奉納できる魔力量に余裕がある②大領地(中央にも)には効果的な魔力圧縮法が伝わっているらしい③大領地は教育にある程度力を入れているので、古語を読めるなどアドバンテージになる知識が領地に蓄積されている可能性がある。④「ツェントは各領地の意見をまとめ神々に話を上げるフィクサー的役割」と考えれば、実権はなくとも実利は存在する。まあ、商人ツェントになれるかどうかは別だけど。 (2021-11-04 08:07:27)
                    • いや、大領地云々じゃなくて、命の危険はなんでだ? という話なんだ。 グル典は殺せば奪えるようなもんでもないし、殺して奪うほどの実権は無いと思うんだが (2021-11-04 17:20:26)
                      • 新ツェントと前ツェントが協力し合うためには、仲が良くないと。エグは第三王子の娘で、粛清を先導したクラッセンの孫娘。粛清されて弾圧された負け領地が、素直に仲良くできると思ったら大きな間違いだよ。油断してると新ツェントが前ツェントを監禁したり家族を人質に取ったりする可能性も。エグの魔力は魅力的だろうから、殺すとは限らないけど。グル典を持っていようといまいと、前ツェントがいつまでも大きな顔してたら新ツェントはいい気がしないもんだよ。 (2021-11-04 18:03:17)
                        • どんな世の中になってもどうせ人は争うんだからそれぞれでヨロシクやれよ、というのがエア爺やロゼマさんあたりのスタンスでしょ。 あるかどうかもわからない引退後の危険性を理由に、エグさんが我が子にツェントを継がせたがってるかのような物言いは想像だよね? という話 (2021-11-05 11:25:59)
                          • 引退後に危険がない、と思ってるなら甘いよ。「騒乱が起こることを何よりも忌避したいエグランティーヌ」と評されているので、騒乱を避けるため「自分の子が次期ツェントか次期ツェント夫人になってくれたらいい」と彼女が願うのは不自然ではない。ただ子が次期ツェント(またはその妻)にならない場合に備えて、発言力を高めるために自分がメス書取得を目指すのもあり。要するにエグには将来に備えていろいろと考えがあって、中の一つは「娘がツェント」だということ。現代だって、「子供が後を継いでくれたらいいな」と密かに期待する経営者は多いのだ。 (2021-11-05 19:10:52)
                            • sou (2021-11-05 19:11:53)
                              • 失敬。そう考えてる描写はどこにもないよね。勝手な想像はいけないよ。 (2021-11-05 19:13:10)
                                • ツェント候補が複数出てた時代は代替わりごとに争いが起こってて、それを防ぐために王族が誕生した。世襲の廃止はその時代に戻る危険性があると言うことはエグもフェルも作中で言及してる。 エグの望みは終始一貫して国が乱れないことで、ツェントに立候補した目的もそれ。そのためならどんな事でもやる人だとロゼマは考えてる。 嫁盗りディッターで死人が出ないように介入することを決めてるし、次代のツェントが権力使って先代ツェントや敵対者を殺して回る様なことが可能なまま放置するとは思えない。 ただしその方法が自分の子供に継がせる事だとする根拠はない。他にも方法はあるし、どうするかは決まってない。 (2021-11-05 20:51:11)
                                  • 次のツェントが血縁とかない場合引退したツェントをどう扱うかは決まってないし、王族という制度が無くなるのなら扶養や保護の義務はない。上記コメント通り、実はエグとアナって支援・保護してくれる者(先代クラッセン、トラオ)が二十年もしたら亡くなるから引退後の危険性が高い。次のツェントが自分の子供に地位を継がせたいと思ったらエグ・アナ親子は邪魔になるし、領主一族に迎えるにも引退して権力が無くなったツェントとその家族にどこまで利益があるだろうか?精々魔力量だけど、ロゼマの発表によって実際の格差はなくなりそうだし。 (2021-11-06 07:36:11)
                                    • 引退後のエグ一家はどこにいくんだろうね。エグはツェントだったけどあくまでアナの嫁なので、トラの息子夫婦としてブルーメ民になり、アナエグの子はブルーメの領主一族扱いになるのか、それともクラッセンの領主一族になるのか。 (2021-11-06 21:28:45)
                                      • ツェントが得た秘密を特定の領地に持ち帰ることになるので、難しいよねえ。準王族?として中央に残ると考えてた。中央神殿長はツェントだから、上皇や法王的立場を保ちたいなら、貴族院図書館の館長として残るのはどう? (2021-11-06 21:51:25)
                                        • 元ツェントとなったエグが王族または准王族として中央所属になるのも、クラッセンないしブルーメの領主候補生になるのも、エグをツェントに任命したロゼマが庇護するのも、それぞれ道理が通るので、結局は政治状況次第だろう。政治状況を整えるのがエグなのか、フェルディナンドなのかの場合分けもあるしね。 (2021-11-06 22:01:13)
                                        • メス書持つ人はツェントにならなくても知る情報だろ。前ツェントが情報持っててなんの問題がある?あとエグ娘とかは「ツェントになれるかどうかわからないのに順位関係なく全領地が上位対応必須」の立場にするのおかしいと思う。ツェントにならないならどこかの領地に引っ込むべきだろ。 (2021-11-06 22:04:28)
                                          • 元ツェントだけでなく、これから現れるであろうツェント候補も同じ情報を持てる。元ツェントとなったエグが中央に残るのなら、候補も中央神殿あたりに召し上げとなると、領主候補を取り上げられることになるアウブ層からするといい迷惑になる。 中央貴族の子息は出身領地所属、ということから考えるとやっぱ出身地に帰るのが妥当かな。エグアナ夫妻の場合がそれがクラッセンなのかブルーメなのかはわからないけど、エグがアナの嫁とすればブルーメなのかな (2021-11-06 23:31:18)
                                            • ツェント引退後のエグがブルーメ民とすると、現状では王命の扱い如何で婿に行くかもしれない唯一の跡継ぎたるヒルデの身の振りに自由度が増えるね。アナはツェント配の後ブルーメのアウブをやることになるのか。 (2021-11-07 14:52:46)
                                        • 元ツェントは貴族院図書館司書にして、メスティオノーラとの契約で縛るというのは、平和で良い案と思う。 (2021-11-06 22:11:34)
                                          • 本人、配偶者と子供それぞれに側近つくからでかい住居必要で司書寮だと厳しい、離宮か大きい屋敷作るのは貴族院の魔力無駄遣いになること考えると出身領地に帰ってもらうのが妥当じゃない? (2021-11-06 22:50:41)
                                            • 貴族院図書館司書の部屋は単身赴任者用と思われる。家族連れの貴族院教諭の住居は、物語中で未描写と思う。 (2021-11-06 23:00:14)
                                              • 領主候補生コース担当教諭としてのエグは、アナエグ用の離宮住まいだったよ。 (2021-11-06 23:11:44)
                                                • その離宮って貴族院にはないよね?貴族院で人が滞在できるのってアダ離宮、司書寮、教師寮、各領地の寮くらいしかない気がするんだけど、前ツェント一家だと普通の家族連れ貴族と動員する人数違うからどちらにしろ専用住居が必要っぽいよね。短期でツェント交代が続いてツェント経験者は貴族院に留まらないといけないとなると離宮か屋敷を建てて維持しなきゃいけなくなっちゃって魔力無駄じゃない? (2021-11-06 23:37:02)
                                        • アウブは引退した後に暮らす離れがあるけど、ツェントにも離れ、もしくは離宮があるのかな?昔のツェントが世襲制じゃなかった頃はどうしてたんだろうね。 (2021-11-06 23:11:50)
                                          • 王族という制度自体がなかったから出身領地があったはずだし、そこに戻ってたんじゃないかな。穴はそんなものないし、エグは自業自得と祖父のおかげで次世代クラッセンとは疎遠あるいは関係が悪いからな。 (2021-11-07 02:08:39)
                      • 利(大領地アーレンスバッハの実質的なアウブの地位)を捨ててまでゲオルギーネは何をやったよ?怨恨というのは理性的判断全く効かないから怖いんだぞ (2021-11-05 07:16:22)
                        • 常に暗殺の危険性があるのは貴族なら当然じゃろ。ツェント引退後のエグに、ツェント引退後特有の危険性があるという話じゃないの? (2021-11-05 11:19:20)
          • 現在の王族の罪を隠す方向、の延長線で考えると、現在の王族から次世代のツェントを出すのが望ましいだろうとの想像において、エグ女王がなるべく早くツェントを降りるには、王族から降嫁した元王女子供などの傍系からエグ女王が養子を取れば10年弱で次期ツェント候補を促成出来るだろうに、それはハンネ5年の時点でやっておらず、エグ女王自身がメスティン書取得に動いていることからの想像で、エグ娘に継がせるつもりと思った。 (2021-11-02 22:32:51)
            • 描写無いんじゃん、想像じゃん。 エグが正規にメス書を得ようとしているのはフェル製偽聖典による仮初のツェントではなく、正規にツェントをしようという責任感の発露だと読み取ったが。 (2021-11-03 00:32:13)
          • 元々全属性のエグの子供ならグル典取得も問題なさそうだね、とロゼマが発言してるぐらいだね。 (2021-11-02 22:34:37)
            • 父親であるアナが欠けてたら全属性の確率落ちそうだけど (2021-11-07 10:50:57)
最終更新:2021年11月16日 02:52

*1 名前不詳 光の女神に祈りを捧げる女子生徒

*2 書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*3 書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*4 第378話 親睦会(二年生)

*5 ローゼマイン1年生時に最高学年 第305話

*6 卒業式の衣装の色が赤 第315話/指輪が赤 書籍4部Ⅱの口絵

*7 第545話

*8 書籍版第四部Ⅲ書下ろし

*9 書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*10 書籍版第四部VII エピローグ

*11 書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*12 第313話 エグランティーヌとのお茶会 第三王子は一度勝利したものの、第一王子の放った暗殺者に殺される。

*13 358話 領主会議の報告会

*14 434話 領主会議の報告会(二年)

*15 第586話 閑話ジギスヴァルト視点 ローゼマインの失踪と帰還

*16 655話 顔色の悪い王族 その4

*17 668話 魔力散布記念式