ハルティニ

早くこちらへ!ジュナザード様もあなた達の無駄死には望まぬはず!
初登場 48巻449話
所属 拳魔邪神の勢力闇の無手組
使用武術 プンチャック・シラット
武術タイプ
武道理念 殺人拳
師匠 シルクァッド・ジュナザード
武術位階 弟子級

【概要】
メナングの娘。
シルクァッド・ジュナザードの弟子であり、腹心の部下の一人。
主にジュナザードから申し付けられた雑務を担当している。

美羽の洗脳を目論むジュナザードに従い、家族の妹役として美羽の身の回りの世話を担当した。
しかし偽りとはいえ家族として過ごした美羽の事は強く慕っていた様で、ペングルサンカンとの死闘の中で彼女が記憶を取り戻した際には満面の笑顔で喜んでいた。
また、混乱した美羽とペングルサンカンの双方から痛め付けられる兼一の姿には「こんなの酷すぎる」と涙ながらに訴えており、ジュナザードの弟子ながらも優しい心の持ち主である事が窺える。

【戦闘力】
プンチャック・シラットの使い手。
幼いながらも極めて強い闘志を持った本物の武人で、達人級にも臆さずに立ち向かう。
実力は弟子級の域を出るものではないが、メナングがハルティニを戦力として数えている事から一定の実力はあると見られる。
達人級に蹴りを命中させたり、対決した達人が感嘆するほどの闘志を見せるなど、武術の素養は極めて高い。

とりわけ武術において重要とされる「見る力」は並の達人を上回る域に達しており、達人級であるバトゥアンが読み切れなかった本郷 晶とジュナザードの戦闘を正確に読み切って見せた。
その眼力は逆鬼からも認められるほどである。
『本郷晶の動きを正確に読み取るハルティニ』


【戦闘録】
ジュナザード配下の達人級数人 中断(砕牙により救出)


昨日 - 今日 - 合計 -
最終更新:2021年07月31日 22:00
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。