静動轟一


【概要】
静動轟一(せいどうごういつ)とは、気の運用の絶対タブーとされる、の気の同時開放を意図的に行う技である。
具体的には、動タイプの爆発的な気を静タイプの凝縮する気の中へ入れる事で発動する。
静と動、両方の気を開放する事が条件である為、二種類の気の素養がそれなりの水準に達する必要がある。
タブー故に、この技に手を出す武人はほとんど存在しないが、の気を苦手とする小頃音 リミが使用できている為、気の開放さえできれば難易度の高い技ではない。
『気の運用におけるタブーを意図的に侵す』


発動中は白目が黒く染まり、気の昂ぶりから普段は冷静な人間も凶暴性が増す。
パワー、スピード、テクニック、あらゆる能力が劇的に上昇するが、激しい気の乱れにより発動から1分と待たずに身体、精神共に致命的なダメージを受け、数分で廃人に至る。
気の乱れを元の均衡状態に引き戻せるタイムリミットは発動から30秒以内。

多くの場合はタイムリミットの短さから、リターンよりもリスクの方が大きい技として描かれている。
緒方 一神斎田中 勤は首周辺を刺激することで相手の静動轟一を強制的に静める事ができる。
龍斗とリミは左手を上に、緒方と翔は右手を上で構える。

緒方 一神斎はこの技を研究する為に、弟子による実験を繰り返している。
朝宮 龍斗の失敗を経て、叶 翔にこの技を教えた緒方は、翔が静動轟一を使いつつ平静を保っていた点に着目し
次の実験では、弟子に平常心を鍛える訓練を積ませる事を考えていた。

久遠の落日に際して緒方は自らこの技を発動している。
しかし、発動時にはアーガード・ジャム・サイセロ・ラフマンを圧倒したが、次の場面では剣星と拮抗した戦闘を行っているため、発動による強化は長続きしないか、ごく短い時間で静動轟一を停止しなければならないデメリットがあるようである。


登場話 16巻(140話)、29巻(259話)、54巻(513話)、578話
武術 その他
使用者 朝宮 龍斗叶 翔小頃音 リミ緒方 一神斎

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。