ウルトラマンロッソ&ウルトラマンブル

これは俺たち兄弟の物語。
ウルトラマン、はじめます。


「俺色に染め上げろ!ルーブ!!」

円谷プロの特撮作品『ウルトラマンR/B』に登場するウルトラ戦士。
シリーズでは珍しい二人組の主人公であり、タイトルの名を冠していないウルトラマンである。

湊カツミ・イサミ兄弟がルーブジャイロとルーブクリスタルを用いて変身する。
基本フォームはロッソがフレイムでブルがアクアだが、
兄弟間で共有しているお互いのクリスタルを交換して別の形態にチェンジすることも可能。
また、共通して「ルーブスラッガー」という武器を持つ。
変身前にはピシガシグッグッお互いの拳を打ち合わせるのが通例。

湊兄弟は普通の地球人であり特別な出自はなく、ルーブジャイロに変身者と見定められた存在である。
ロッソとブルは1300年前に地球に飛来した存在として断片的に伝承が残っており、
ルーブジャイロを入手した時、湊兄弟はロッソとブルに加えて怪獣グルジオボーンが、
全員ボロボロの状態で落下してきた、先代変身者の記憶と思わしきヴィジョンを見ている。

+ 出自(ネタバレ注意)
ロッソとブルは『R/B』の宇宙とは別にあるO-50ワールドの宇宙を起源とするウルトラマンである。
カラータイマーの形がウルトラマンオーブと酷似していることやオーブリングNEOと互換性があるなどの伏線が見られる。
先代変身者はロッソ・ブルという名前の戦災孤児の兄弟で、ヒューマノイドタイプの異星人だったらしい。
彼らは犯罪者を追剥ぎ目的で殺すことで孤児院の生計を立ててており、その境遇故に悪人を殺すことに躊躇は無かったが、
弱者を見下して食い物にしない、弱肉強食が蔓延したO-50ワールド出身者にあるまじき善性を備えていた人物であった。
しかし、幹部を殺された宇宙ギャングのボスであるバルサスが落とし前をつけるべく兄弟達を狙い、
兄弟は唯一の妹と共に孤児院を出奔して逃亡生活を送り、逃亡先で人助けをしては居場所を捕捉されるという出来事を繰り返した末に、
この時期は辺境惑星と化していた惑星O-50に落ち伸びた。

戦士の頂の伝説を聞きウルトラマンになることを望む妹とは対照的に、兄弟は伝承を御伽噺とみなして信じていなかったものの、
過酷な戦士の頂の道のりならばバルサスの部下の監視もないだろうと山越えを決めたのだが、
バルサスはマーゴドンで星ごと兄弟を始末しようとし、さらに直前に接触した少女フラウが人質に捕らわれる。
無関係な者を捨て石にできない兄弟達が腹を括って投降を選ぼうとした時、
その行為を認めた「光の輪」が力を授け、兄弟達は窮地を脱した。

しかし、兄弟がここに来る以前にあったガイとジャグラスジャグラーの時と同じように、
ウルトラマンの力を授かったのは伝承を信じていなかった(ガイと同様にウルトラマンに成る気はなかった)ロッソとブルのみであり、
妹が授かったのは怪獣グルジオボーンに変身する力だった。

変身形態

  • ウルトラマンロッソ
「纏うは火! 紅蓮の炎!」

ツノが二本ある方。湊カツミが変身する。基本形態はロッソフレイム。
ブルと比較して慎重で冷静な戦闘スタイルをとる。
また、カツミが野球経験者なためか、球体状の光線を用いる傾向にある。
主に「フレイムスフィアシュート」と、各形態共通の「ストライクスフィア」が必殺技として扱われる。
なお、先代はこれとは別のスペシウム光線風の放射状の光線を使用している。

  • ウルトラマンブル
「纏うは水! 紺碧の海!」

ツノが一本の方。湊イサミが変身する。基本形態はブルアクア。
ロッソと比較して直情的で前のめりな戦闘スタイルをとる。
放射状の光線を用いる傾向にあり、ロッソが敵を拘束した所でブルがフィニッシュするのがセオリーとなっている。
主に「アクアストリューム」が必殺技として扱われる。

+ ネタバレ
  • ウルトラマンルーブ

「纏うは極! 金色の宇宙!」

ロッソとブルがクリスタルを融合させた「キワミクリスタル」を用いて合体変身した形態。
専用武器「ルーブコウリン」を用いて戦う。必殺技は「ルービウム光線」と、
ルーブコウリンを使用した「ルーブボルテックバスター」。
先代達は必要なクリスタルを収集しながらもこの形態に至っておらず、
湊兄弟が先代達を超えた証の形態でもある。
ただし、考え方の違いなどで兄弟の意思が合致していない場合は変身は不可能。

あくまで強化形態であり、この形態が本来の姿ではない
(プロットではルーブが真の姿でロッソとブルは分割形態だった)。

作品概要

本作は主役が最初から二人一組というダブル主人公構成もさることながら、物語もコメディタッチ強めな異色作となっている。
これは、シリアス強めの作風だった『ウルトラマンジード』との差別化と、
戦闘シーンでウルトラマンが2人がかりで攻撃するのをリンチに見えないようにするための意図があったとのこと。
また新世代の作品では珍しく、本編内で過去作のゲスト出演はなく、劇場版まで客演がなかったことが挙げられる
(一応回想ではウルトラマンオーブは登場している)。

コメディ路線に対して視聴者からは批判的な意見もあったが、現場からは路線変更しない方がいいとの声が挙がり、
キャストや制作陣の尽力で作風は一貫され続けたという。
また、この時期から密かにプロジェクトが進められていた『ウルトラギャラクシーファイト』シリーズの影響で、
予算やスケジュールがカツカツで世界観をコンパクトにする必要性があったこともコメディ路線の理由の一つだったらしい。
何にせよ、批評サイトなどでは王道作寄りの『エックス』、『オーブ』、『ジード』の盛り上がりと比較した声や、
これらの歴代作品のようなカタルシスを求めるファン層からの肯定的でない意見も少なくなく、
実際シリーズのセオリーから外れた作風なのは事実だが、ストーリーはテーマや起承転結もはっきりしており、
ブースカの登場など古参ファンには嬉しいファンサービス回もあり、最終的に異色作だが一定の評価を得ているという方向で落ち着いている。


MUGENにおけるウルトラマンロッソ&ウルトラマンブル

     
ガ・タキリ・バ氏の製作したキャラが公開中。
スプライトはコンパチヒーローシリーズ風に作られている。
バトルドッジボールベースのドット絵でロッソをメインに操作し、ブルが追従する挙動となっている。
コンボは苦手だが単発の飛び道具が強く、これらが主力技となる。
超必殺技は「ストライクスフィア」と「アクアジェットブラスト」。
AIは未搭載。

出場大会

  • 「[大会] [ウルトラマンロッソ&ウルトラマンブル]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年11月27日 20:48