シュンエイ



「さぁて…

 イメージ通りに動けよ、俺……!」

格闘スタイル:八極幻影拳
出身地:中国
誕生日:10月10日
身長:181cm
体重:72kg
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞
大切なもの:親の形見
好きな食べ物:甘い物
嫌いなもの:苦い物
得意スポーツ:球技全般

THE KING OF FIGHTERS XIV』に登場するキャラクター。漢字表記は「瞬影」。
担当声優は『イナズマイレブンGO』の剣城京介や『ゼルダの伝説スカイウォードソード』のリンク等で有名な 大原崇
(過去には『零SP』の天草四郎時貞も演じていた)。

原作でのキャラクター

アッシュ編が完結したKOFにおいて『KOF14』以降の新章主人公を務めるキャラクター。
生まれながらにして幻影を操る能力を持っており、
その能力を忌避した両親に捨てられてタン・フー・ルーに拾われ育てられた経歴を持つ。
彼の元で八極聖拳を体得し、能力の制御にも成功しており、
兄弟弟子の明天君とともにタン最後の弟子としてKOFに参加する。
(なお、チーム名は主人公チームではなく 中国チーム である。サイコソルジャーチームェ…

詳しくはタンの項目に記載されているが、いくら悲惨な境遇とはいえギースの一件からテリー・ボガード以外の弟子を取らなかったタンが、
そうした方針を曲げてシュンエイを弟子にした事にはきな臭い部分が見られ、
エピローグの描写からも、シュンエイを門下に入れたのは単なる哀れみや慈善以上の事情がある事が示唆されているが、現時点でタンの思惑は不明。
幻影能力は彼以外の家族は所持していなかったらしく、本人もいかなる経緯で自分に能力が発現したのか把握していない模様。
ただ、ラスボスのバースはシュンエイに「我が欠片を見つけた」と奇妙な発言をしている他、
ククリはシュンエイの力を見て動揺する素振りを見せており、この2名とは何らかの関係がある模様。
特にククリはシュンエイに対して「アンプ……スペクター……」と意味深な言葉を呟いているが…?

MIシリーズを除き)KOF初の炎を使わない主人公。
シュンエイ自身は能力を持て余した経験から、八神庵レオナ・ハイデルンにシンパシーを感じている節が見られる。
コミック『THE KING OF FIGHTERS~A NEW BEGINNING~』でもメインキャラを務めている。


原作中の性能

主人公らしく、遠近揃ったオールラウンダーな性能をしている。
特に幻影の手のおかげで通常攻撃のリーチが総じて長く、ゲージの回収率も高め。
特に突進技であるスカーレットファントムの判定が強く、ヒット時は強制ダウンを奪えるため主力技となる。
ただし、素早い突進技やコマンド投げなどを持たず、ガード崩しを苦手としている。


MUGENにおけるシュンエイ

Emperor氏が製作したものが存在する。
defファイルにはMUGEN1.1用とあるが、WinMUGENやMUGEN1.0でも動作可能。
UNCLECATNVX氏の手掛けた美麗なスプライトが使用されており、『KOF XIV』からの取り込みではなく、『XIII』風のドット絵となっている。
そのクオリティはもはや「XIIIにシュンエイがいた」と錯覚しかねないほど。

飛び道具こそ控えめだが、やはり幻影の手を使用したリーチの長い通常技が強力で、コンボの繋がりやすいキャラとなっている。
超必殺技にはカットインも搭載されている。
カラーによる性能差もあり、
  • 1P~2P:凶下位
  • 7P~8P:凶中位-凶上位
  • 12P:狂下位
との事。
AIもデフォルトで搭載されているが、初期設定で常時起動となっているので注意。
対戦動画


2020年1月21日には、King227 && Unclecatnvx氏によって同じスプライトを用いて製作されたものが公開された。
こちらはMUGEN1.1専用で、AIは未搭載。


「苦しい展開でもどこかに必ずチャンスがある。
 じいさんの教えだ。」

出場大会

  • 「[大会] [シュンエイ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2020年11月17日 23:11
添付ファイル