カード能力解説 > 戦乙女シリーズ

ヒヨルム スケルド フィヨラ リヴル レルル

レア度 ☆3~6
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 nターンの間、味方の攻撃タイプカードの攻撃力アップ
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 味方全体の攻撃タイプの攻撃力及び、自属性カードの回復力アップ
コスト量 特大(10,16,22,36)
変身合成 ☆3→☆4:ぷよゼリー☆3、☆3、☆4、☆4、☆5
☆4→☆5:ぷよゼリー☆4、☆4、☆5、☆5、☆5魔導書
☆5→☆6:ぷよゼリー☆5、☆6魔導書、☆6魔導書、100点テスト、100点テスト
CV

解説

チケットガチャ限定キャラとして登場する。
全てのチケットガチャ(シルバーチケット以上)で入手可能。
ぷよクエアーケード出身。
戦乙女シリーズと書いて、「ヴァルキュリアシリーズ」と読むらしい。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ヒヨルム 3315 1891 254
スケルド 3282 1853 264
フィヨラ 3348 1815 259
リヴル 3315 1815 264
レルル 3282 1891 259
☆6レベルMAXで、たいりょく3315(±33)、こうげき1853(±38)、かいふく259(±5)。
こうげきタイプとしてはいたって平均的なステータスで、魔導学校シリーズと大きな差は無い。
一方、コストは☆6で36と、魔導剣士シリーズ戦乙女アルルを超え、一部の副属性ありカード(キノコシリーズなど)に並ぶ。
これは後述の強力なスキル・リーダースキルにあわせたものだろう。

スキル

nターンの間、味方の攻撃タイプカードの攻撃力アップ。
☆6で3ターン、2.5倍。必要ぷよ消し数は40個。
剣士クルークのスキル対象をこうげきタイプに限定した下位互換。
とはいえ、こうげきタイプの強力な攻撃力を複数ターン強化できるのは非常に魅力的。
多色デッキでも充分運用可能で、剣士クルーク同様に童話シリーズとの相性がとてもよい。

リーダースキル

味方全体の攻撃タイプの攻撃力がn倍、味方自属性カードの回復力がm倍になる。
☆6で攻撃力3.6倍、回復2倍。
常時攻撃3.6倍という倍率は、☆6では召喚士シリーズに次ぐ威力。
デメリット効果や特殊な発動条件がない中では、このカードの登場時点でもっとも強化倍率が高い。
回復力を同時にアップしてくれるのも心強いが、カードの性質上こうげきタイプでデッキを固めることになるため、
元々の回復が低いこうげきタイプでの回復2倍は、その倍率から受けるインパクトほどの効果でもない。
こうげきタイプの回復の弱さを補う一定の効果はあるが、回復アップのために無理して同属性で固めるほど重要ではないだろう。

しかしその一方、バトルではこの高い攻撃倍率を持つ意義は極めて大きい。
現在でこそ☆7化や、新規のフェスカードで攻撃に4倍以上の倍率が掛かるカードが増えたものの3.6倍も依然として高い倍率で
ある事に違いは無く、更にバトルでは攻撃面が重要視される為攻撃タイプの攻撃に色を問わず倍率を掛けられるのは大きな利点。
体力に補正が掛からない点も、バトルに於いては火力面を重視する事になる為気にしなくて良いのも有難い所。

コンビネーション

共通で「ガールズ」「はばたき」を持つ。

デッキ考察

このカードのスキル、リーダースキルの性質上、必然的に「こうげきタイプ」でデッキを固めることになる。
初代シリーズ聖獣拳士シリーズ童話シリーズ星の魔導師シリーズなど主要のこうげきタイプでデッキを構成すると良いだろう。
単色で固めてももちろん良いが、混色で構成することも十分に可能。
多色で構成し、サポートにはくろいシグ系で構成すると、非常に強力な攻撃とある程度の耐久を兼ね備えたデッキになる。
アルル&カーバンクルをサポートにすると、属性に縛られないより自由なデッキ構成が組める。
しかしレガムントレガムントしろいフェーリかわったエコロ賢者シリーズなどはバランスタイプのため、本カードのリーダースキルが適用されず完ぺきなデッキにはならない。

バトルにおいてもグループのリーダーとして活躍させることが可能。
あかいアミティ・くろいシグをリーダーにして無理に5色集めるよりも、強力なグループを組める可能性を秘めている。

評価

体力アップ効果こそない+タイプに縛りは出るものの、火力を重視する上では非常に有用性の高いカード。
課金さえすれば手に入られるものではなく、入手はまさに運次第だが、運良く入手できたなら是非とも育成しておきたい。
特に火力面を重視する必要があるクエストや、バトル等ではぷよフェス限定カードにも劣らない活躍が見込める為入手出来れば
大切に育成したい。☆6へのへんしんには100点テストと☆6魔導書が2つずつとかなりの労力が必要となるがそれだけの価値は
十分にあると言える。

備考

出現確率は非常に低く、プレミアムチケットガチャ100回に1回程度、ゴールドチケットガチャ150回に1回程度という報告もある。さらにいうと、チケットガチャの仕様上このシリーズの☆3はシルバーチケット以外の入手先が存在しない。入手はもちろん、図鑑埋めの大きな障害になってくるシリーズといえる。
チケットガチャは、課金ではどうにもできないので、ぷよフェス限定キャラよりも希少と思われる。

各カード考察

ヒヨルム
☆4から「剣士」のコンビネーションにも対応する。剣士持ちはメジャーどころにこうげきタイプが多く、コンビ先には困らないだろう。
名前の由来はヒヨルスリムル(Hjǫrþrimul、「剣の女戦士」の意)。

スケルド
2019年7月より「ひえひえ」コンビネーションが追加された。
名前の由来はスケッギョルド。


フィヨラ
名前の由来はヘルフィヨトル (Herfiötur)。


リヴル
名前の由来はゲイルドリヴム(Geirdriful、「槍を投げる者」の意)。


レルル
ギルイベでは同じ攻撃タイプの吸収スキルを3ターン強化できる点は大きい。剣士クルークと違い編成上エンハンスが乗らないカードも出てくるだろうが、使うときは基本全盾相手だろうから気にする必要はない。
名前の由来はゲイレルル (Geirölul、「槍を持って進む者」の意)。