カード能力解説 > 医者シリーズ

リタ マルテ シンディ フェリックス アガーテ

レア度 ☆4~7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル能力 1ターンの間、味方の自属性カードの攻撃力と回復力UP、及び3ターンの間、自属性カードを自動回復
Lスキル能力 自属性カードと回復タイプの攻撃力、回復力UP
コスト量 14,20,30,42
変身合成 ☆5→☆6:ぷよチョコ、☆3、☆3、☆4、☆5、魔導書☆5
☆5→☆6:ぷよチョコ、☆5、☆5、☆6、☆6、100点テスト

概要

★7解放記念!魔獣ラッシュ」以降、一部イベントでのスペシャル特攻カードとして登場。
2019年2月8日にボイスが追加された。
通常の魔導石ガチャからは2019年10月より出現するようになり、まぜまぜ召喚からは2020年8月より出現するようになった。
2021年4月16日に☆7が実装された。

ステータス

☆6 Lv99 たいりょく こうげき かいふく
リタ 4079 1401 1581
マルテ 3997 1373 1644
シンディ 4160 1345 1612
フェリックス 4079 1345 1644
アガーテ 3997 1401 1612
☆7 Lv120 たいりょく こうげき かいふく
リタ 6526 1961 2530
マルテ 6395 1922 2630
シンディ 6656 1883 2579
フェリックス 6526 1883 2630
アガーテ 6395 1961 2579

回復タイプなので攻撃力がスペシャル特攻としては低いものの、回復タイプとして必要な水準の能力は揃えている。
耐久力も必要十分な水準があり、不足になる場面は少ないだろう。

スキル

mターンの間、味方の自属性カード (☆7は回復タイプも対象) の攻撃力と回復力をn倍、
さらにoターンの間、自属性カードにこのカードの「かいふく」×1.5の自動回復。
ぷよ消し数40個。
☆4で1ターン攻撃力と回復力が2倍、1ターン自動回復。
☆5で1ターン攻撃力と回復力が2.5倍、2ターン自動回復。
☆6で1ターン攻撃力と回復力が3倍、3ターン自動回復。
☆7で2ターン攻撃力と回復力が3.6倍、3ターン自動回復。

リーダースキルはレアリティにかかわらず自属性とかいふくタイプが対象だが、☆4~☆6のスキルは自属性のみ対象となっている。ただし、☆7の場合、スキルの効果も自属性とかいふくタイプ対象になる。

スキルの自動回復は、一度発動すると回復力アップが切れても回復量は落ちない。
発動した時点で上がった回復力を参照するものと思われる。

赤属性にはゼノンが倍率が並びよりターン数が多い代わりに自動回復を持たないスキルを持ち、
青属性にはしおかぜのアルルが発動数が早く倍率も上回る代わりにエンハンスが持続しないスキルを持つ。
緑属性にはフォンダンなイスティオが倍率、ターン数がともに上回る上位互換枠だが、効果範囲が回復タイプ限定となるスキルを持つ。
紫属性には同様の効果を持ち効果対象を選ばないサビクが☆6までであれば上位互換として存在する。ただし、☆7同士では、このシリーズの上昇倍率が上になる。

現在は明確な相互互換及び上位互換スキルがいない黄属性(自属性の攻撃力と回復力アップ持ちならロコ Ver.テイルスがいるが)を除き競合相手が存在する形だが、副属性の有無、スキル内容などでいずれも使い分けは可能。

このスキルを運用するにあたって、考えられる手段は以下の通り。

1.単純に耐久力がある通常エンハンスとして運用する。
☆7であれば2ターン持続するため、シンプルながら強力。

2.回復力アップ(逆転運用の場合は攻撃力アップ)を使い、闇の天使シリーズと組み合わせる。
単色前提だが回復力参照のためこちらも好相性。主にギルイベで使う。

3.自動回復を生かし、持久戦に持ち込む。
素の回復力が高いため自動回復量もすごいことになる。
熱砂の旅シリーズをリーダーにしてタフネスを維持する運用の他、回復量が多いため☆7であればタフネスに頼らずとも無理やり何度も耐えることもできてしまう。
回復力を下げられてしまうと雀の涙な回復量にしかならなくなるため、その点は注意。

4.癒しの天使ガールズとの併用。
この使い方が非常に強力。
このカードで攻撃と回復の両方を上げ、癒しの天使で上がった回復を上乗せすることで恐ろしい火力を生み出すことが可能。
☆6だと単色運用前提となるが、☆7では回復タイプも対象のため多色回復タイプデッキのエンハンスとしても使用可能。


リーダースキル

自属性カードと回復タイプの攻撃力、回復力UP
☆4で攻撃力1.5倍、回復力1.6倍。
☆5で攻撃力2倍、回復力2.2倍。
☆6で攻撃力2.5倍、回復力2.8倍。
☆7で攻撃力3倍、回復力4.2倍。

回復4.2倍というのは非常に高い水準である。(癒し天使でも3.2倍。この水準に並ぶのはゴーストロリータのみ)
体力が上がらないため通常のクエストには向かないものの、
熱砂の旅シリーズと合わせて無限タフネスしたり、
スライド後に高い回復力を生かして逆転ステージで攻撃したりするのに使うことができる。

コンビネーション

各カード詳細を参照。

デッキ考察


評価

全属性がそろった単色エンハンススキル持ちは、これまで報酬カードであるすずらん+αシリーズ狩猟民シリーズが主流だった。
本シリーズも比較的入手の機会が多いカードとして、選択肢のひとつとなっている。
シンプルな高倍率エンハンスであるすずらんに対して、こちら倍率は少し下がるが、回復タイプも対象となり、
回復力上昇と自動回復もついているので、エンハンスしつつ耐久できる優秀なシリーズといえよう。
(例外として、ローゼマの挑戦状のようにハートボックスでダメージを受けるクエストは、回復エンハンスによってダメージが増幅してしまうため、このシリーズは不利)
リーダースキル・スキルともに、回復タイプであるという特徴を引き出せる懐が広いものとなっている。
ガチャから常設で出るようになったこともあり、入手機会も増えている。
手に入れたら、主力のエンハンス要員としていろいろな場面で活躍していきたいところ。

備考

本カードはワイルドさん(30)でへんしんでき、
スキルレベルを上げるとぷよ消し35個のスキルと合わせられるようになって活躍の幅がさらに広がる。
☆7へんしんボードにはワイルドさんを優先して使い、
本体がだぶったらスキル上げのために☆6にしてパワーアップ合成に回すとよいだろう。

各カード詳細

リタ
2019年1月19日に「★7解放記念!どくりんごラッシュ」のスペシャル特攻カードとして登場。
コンビネーションは「ガールズ」のみ。
人形の医者。スキル名の「シュトフティーア」はドイツ語で「ぬいぐるみ」という意味。

マルテ
2019年1月9日に「サボテン収集祭り」のスペシャル特攻カードとして登場。
コンビネーションは「ボーイズ」「めがね」「つの」。
なぜか、頭についている触角のようなものも「つの」に該当するらしい。
ムシの医者。スキル名の「ビーネンヴァーベ」はドイツ語で「蜂の巣」という意味。

シンディ
2018年10月9日に「第2回★7解放記念!魔獣ラッシュ」のスペシャル特攻カードとして登場。
「ガールズ」と「しょくぶつ」のコンビネーションを持つ。
植物の医者。スキル名の「ヴァルドゥング」はドイツ語で「森」という意味。

フェリックス
2018年4月18日に「★7解放記念!魔獣ラッシュ」のスペシャル特攻カードとして登場。
「ボーイズ」と「どうぶつ」のコンビネーションを持つ。
連れている動物もコンビネーションの対象になっているためと思われる。
動物の医者。スキル名の「プフォーテ」はドイツ語で「(動物の)足」という意味。

アガーテ
2019年2月8日に「第6回チョコレート収集祭り」のスペシャル特攻カードとして登場。
「ガールズ」「おばけ」「ナゾ多き」のコンビネーションを持つ。
おばけの医者。スキル名の「フェアボーテネ」はドイツ語で「禁断」という意味。
最終更新:2022年05月07日 22:42