ヘクトル(FE)

登録日:2010/02/12 (金) 17:42:03
更新日:2020/05/10 Sun 17:37:03
所要時間:約 10 分で読めます





これからも、あの日の誓いを破る気はないぜ。



出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、2017年2月2日配信開始
(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

ファイアーエムブレム 烈火の剣』の主人公の一人であり、
封印の剣』のヒロイン、リリーナの父。
『烈火』時代の公式年齢は18歳。
エレブ大陸の諸公連合であるリキア同盟の盟主オスティア候家の生まれで、当主ウーゼルの実弟。


クラスは、
ロード】→【グレートロード】
封印の剣トライアルマップではジェネラル

烈火の剣ではエリウッド編クリア後に主人公として選択できる。
そのハードモードの鬼難度は有名で、トラキア776に相当するともいわれるほど。

これまでのFE主人公の優等生な王子様気質の殻を木っ端微塵にした、いわゆるイケイケ気質主人公の筆頭。
教師を脅して学問所を抜け出しては闘技場通いをして腕を磨いたりと貴族らしからぬ破天荒な行動が目立つ。
言葉遣いも悪く、がさつだが、内には優しい心を秘めており、仲間の危機には誰の静止も聞かずにいの一番に駆け付ける。
臣下であるオズイン曰く、エリウッドが「人々の心と共に正しき理想の道を歩む者」だとするなら、ヘクトルは「人を寄せ付けない未踏の地を踏み鳴らし新たな道にしてしまう」との事である。
仮にも主君にしれっと荷物運びをさせる密偵のマシュー、事あるごとに小言ばかり言ってくるオズイン、奔放で自分勝手なセーラ…と個性派揃いの臣下に口では辟易してはいるが、その奥底では彼らの実力を認めて強く信頼している。

体が頑丈で、空から降ってきたフロリーナとペガサスが直撃しても無傷だった。

エリウッドとは心の友で、幼少のころ交わした「相手が危機に陥れば、命を賭けて守る」という約束から兄ウーゼルの制止を振り切り出奔、彼の旅に加わる。
だがウーゼルも口では止めつつそれは承知していたようで、マシューやオズインを同行させた。


ヘクトル
初期値(成長率)CCボーナス
LV1
HP19(90%)+3
力7(60%)
技4(45%)+2
速さ5(35%)+3
幸運3(30%)
守備8(50%)+1
魔防0(30%)+5
体格13(0%)+2
移動5(0%)

ユニットとしてはHP・力・守備・体格がずば抜けて高い重騎士タイプ。
それでいて速さも技もそこそこ伸びるので非常に扱いやすい。
一見伸びなさそうな魔防も成長率は(物理キャラとしては)悪くはなく、+5というCC補正もあって最終的には10台前半くらいまでは期待できる。

優秀な斧使いで、序盤からラストまで最前線で活躍できる。
専用武器ヴォルフバイルは槍使いが多いアーマー騎兵系ユニットに特効の斧であるため強力。
神将器アルマーズも、重さに悩まされる他二人の専用武器と違って高い体格のおかげで十分使いこなせる。
またCCボーナスもロードの中では一番恵まれており、微妙に低い速さ・魔防もCCボーナスで大きく上がるので隙がない。
手斧ももちろん使用できるため、CC後に弓や槍が使えるようになる他ロード二人と違いゲームを通じて間接攻撃を使用可能。
弓やてやり・ておの持ちの敵をバッタバッタと返り討つ姿はまさに猛将。

エリなんとかとはえらい待遇の差を感じる……。
ついでにヘクトルが強すぎるせいで他の斧使いの立場も微妙になっている感がある。
アルマーズに加えてバシリコスも若様のものになるのはよくあること。

欠点としては幸運がやや上がりづらいことと、CC後はアーマー扱いのためか移動力が伸びず、リンやエリウッド達と足並みを揃えにくいくらいか。
下級職のうちはサンダー持ちの魔道士の必殺で呆気なく急逝したり、ヘクトル編では微妙に必殺率の付くバスター系持ちの敵が多いので、スペックに気をとられ考えなしに前線に出させるのは考えもの。
CC後はアーマーキラーなどでの特効対象にもなるので一応注意。
移動力の高い支援相手も多いので、ブーツを使って補いたい。
が、支援相手の同じく鈍足なオズインと並べると回避と共に更に守備も上がり2人とも要塞のような強さとなり、
簡単には落ちなくなるので彼と足並みを揃えたい場合は使わないのも手。


戦闘画面では自慢の「重騎士並みの鎧」を身に纏ったまま大ジャンプやダッシュを見せてくれる。鎧なしならさぞや素早いことだろう。
グレートロードにクラスチェンジすると剣も使えるようになり、技が低いヘクトルの命中率を補える。
通信闘技場向けに育てるならアルマーズとリガルブレイドどちらも使えるようにしておくのも面白い。
ちなみに普通にプレイしていると重いはがねの大剣を攻速落ちせずに使いこなせるのはヘクトルぐらいである。
しかし20年後の未来である前作『封印の剣』ではジェネラルなので剣は使えない。そして槍使い。
まぁ、こちらが後付けなのだが。


兄の死後オスティア候の地位に就き、同じく主人公のリン、ペガサス三姉妹の次女、三女のうち誰かを食うというリア充ぶりを見せる。
しかしアルマーズを入手した際に安らかな人生は送れないと告げられた通り、封印の剣ではベルン軍の侵略により非業の死を遂げる。
それだけに、封印→烈火ヘクトル編の順でプレイすると、エピローグでの彼の「また会おうぜ、きっとな!」という言葉は悲しく響く。
あんた、20年後にはもう……。

ちなみに『封印の剣』では、まだ30代のはずなのに一人称「わし」。
ものすごいヒゲ面なのもあっていくら何でも老けすぎである。
烈火の剣が仮に完全な後付けとしても、親友はせいぜい中年の顔つきで、年頃の一人娘がいる以上、老人設定だったとは考え難いのだが……
ただ、ウーゼルも(おそらくこのヘクトル以上に若いはずなのに)「わし」だったので、爵位を継ぐに伴って尊敬する兄を真似るようになったということなのかもしれない。

『封印』でも本編を3周クリアするとトライアルマップで使用可能となる。
しかし、肝心のステータスは…

LV20 HP43 力18 技20 速さ10 幸運15 守備30 魔防15 体格20 移動5 槍A斧A

…もはや全盛期の強さは見る影もない。
守備こそカンストしてるものの、速さも力もてんでダメ。
三竜将マムクートに負けるのも無理はないと言える。
特に守備と技以外は病人のはずのエリウッドに負けている。何があったというのか。
しかし、かつての力の高さは魔力の成長率という形でリリーナに受け継がれたようだ。

性格、強さがプレイヤーに好評だったのか、以降の作品の主人公は彼に近いタイプが主流となる。
(聖魔の光石エフラム蒼炎の軌跡暁の女神アイク覚醒クロム)






出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、2017年2月2日配信開始
(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

スマホゲーにも参戦。CVは鳥海浩輔。イラストはAKIRA氏。
属性は緑属性の斧使い。そして兵種は重装。

ヒーローズ初期から最強キャラ議論で毎回名前が挙がる強キャラ。
その理由は全キャラトップクラスの総合ステータスの高さと、専用武器と初期スキルがガッチリとかみ合っていることである。

まずステータスであるが、速さと魔防が低い代わりに、攻撃力と防御力が恐ろしく高い。
専用武器アルマーズはHPが80%以上の時、敵から攻撃された戦闘では確定追撃を行うという効果を持つため、
高い攻撃力も相まって、よほど守備が高いか、あるいは魔法アタッカーで一撃で仕留めるかしないと、まず返り討ちに遭う。
その上、初期スキルとして持って来る『遠距離反撃』により、弓や魔法などの遠距離攻撃に対しても反撃できるため、
これらのスキルとステータスにより、HPが80%以上あればどこから攻撃されても生き残れば強烈な2回攻撃で反撃する、
鬼のようなカウンター性能を誇るユニットに仕上がっている。
本来魔防が低いヘクトルが苦手とする魔法ユニットも、一撃で倒されない限りは返す刃で返り討ちにできるため、
初期の闘技場では重装特効武器+相性激化でヘクトルに対し非常に有利なセ…ルーナなどの対策キャラを入れていない場合、
ヘクトル一人に全滅させられることもあった。ヘクトル4人なんて地雷パーティーに遭った日にはもはや悪夢である。

そんな中導入された新システム・スキル継承により、闘技場の環境が大きく変化。
近距離反撃で猛威を振るっていたタクミは徹底的にスキル継承等でメタられ、他にも強力な弓ユニットが参入してきたことにより、瞬く間に姿を消した。

ヘクトルもその波には逆らえず姿を……消すどころか、さらなる進化を遂げて奴は帰って来た。
空いているB枠に、HPが一定量以下になると先制反撃する『待ち伏せ』を継承することで、より強烈なカウンターユニットになったのである。

元々高いHPとアルマーズの効果を生かした地雷戦法を得意とするヘクトルだが、さすがに攻撃を受け続けるにも限界はあるため、
スキル継承前は総力を結集して確定圏内まで押し込めばなんとか突破は可能であった。
だが、ヘクトルの一撃は有利属性の赤にすら致命傷を与えるほど重いため、
お互いに消耗した終盤戦に『待ち伏せ』を発動されたらその瞬間に負けが確定するという悪夢のような展開が繰り広げられる。
このように『待ち伏せ』を継承していた場合、中途半端にヘクトルを削るという行為そのものに危険が付きまとうという恐ろしい事態になったのだ。

対策としては低い魔防を衝き、『待ち伏せ』発動前に一撃で沈めてしまうのが一番簡単。愛娘のリリーナなどは適任である。
『相性激化』を持たせた重装特効武器持ちをぶつけても比較的安全に仕留められる。
遠距離反撃を封殺する『サカの加護』を持つ総選挙リンをぶつけるのも良いだろう。
ただしそのままではダメージが通りにくいため、奥義の発動や他のユニットで削った上で最後の一押しを任せるといった補助が必要。

スキル継承素材としては、貴重な『遠距離反撃』のスキルを持つという特徴がある。
他にもラグネルエタルドジークフリート雷神刀と遠距離反撃可能な武器はあるが、それらは武器に内蔵されている上に継承不可。
対してこの遠距離反撃は近接攻撃キャラであれば継承できるため、これを継承させられるかどうかで特に重装パは使い勝手が変わるので素材としてもかなり重宝されている。

2018年には切り返し聖印が実装されたことで、アルマーズの切り返し能力と聖印でダブル切り返しが可能になった。
B枠に守備隊形を装備させることで、相手の追撃は封じつつ、自分は切り返しの効果で二回攻撃の反撃を行うという、理不尽なカウンターができる。
どこまで進化するんだ、こいつ……。


2018年2月にはバレンタイン版が実装。絵師はスエカネクミコ氏。兵種は重装。
他の面子がプレゼントとかを装備する中、一人だけアルマーズを持ち込んでおり全然空気を読んでない。
ストーリーモードでは本来青年期には会うことがない娘との邂逅を果たすという封印烈火ファンには必見のストーリーとなっている。

こちらでの武器名は「狂斧アルマーズ」という名称になっており、切り返しがなくなった代わりに、
奥義カウントが-1、HPが75%以下で攻撃時発動奥義カウントが-1、奥義のダメージが+10と錬成オートクレールに怒りを合体させた性能となっている。
『遠距離反撃』も相変わらず持っているので敵陣に放り込んで反撃して減らすことも可能だが、
基本構成としては『守備隊形』で敵の攻撃を凌ぎながらカウントを溜め、大ダメージの奥義を叩きこむという戦法がメインとなる。
なので一気に接近できるように行軍持ちと行動を共にしたい。

2018年後半、今度は彼のアイデンティティの一つであるアルマーズを同じく神将器の一つ『氷雪の槍』マルテに持ち替え、槍使いとなった総選挙ヘクトルが参戦。兵種はやはりというべきか重装。
「マルテ」は奥義カウント-1な上に、HP50%以上なら反撃時に絶対追撃を行う。
専用スキル『オスティアの反撃』は距離関係なく反撃できる上に、反撃時には攻撃と守備が+4されるという、彼の代名詞である『遠距離反撃』をさらに強化したものである。
さらに『攻撃隊形3』により、自分からの攻撃時には絶対に追撃する上に奥義カウント変動量+1。
つまり、ヘクトルのHPを50%以下にされない限り、攻撃時にも反撃時にも絶対追撃するということである。
パラメータも鬼のように高く、魔法防御も28あるので相手が緑魔以外では致命傷も受けにくいといたせりつくせりであり。
素早さが低い以外、弱点はないといっても過言ではないだろう。


追記、修正お願い致します。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/