ケロン軍

登録日:2020/03/28 (土曜日) 17:19:16
更新日:2020/05/11 Mon 22:17:52
所要時間:約 6 分で読めます





ケロン軍とは、『ケロロ軍曹』に登場する軍事組織。正式名称は『ガマ星雲第58番惑星宇宙侵攻軍』。その名の通り他の星を侵略することを目的とする。
起源及び規模は不明。少なくとも地球が中生代だった頃には大々的な宇宙進出を果たしていた。
その軍事力は地球とは比べ物にならないくらい高いのだが、現在*1は少子化に悩まされているという。

部隊の編成や階級については実力・才能主義、報酬については成果主義な面が強い。
その一方で非常に軍規が厳しいらしく、一度解散された部隊のメンバーは最悪二度と会えなくなるばかりか、軍法会議にかけられようものなら死刑もありえるという。
これ以外にもケロン人たちのギャグっぷりが嘘のような黒い面を多数見せており、
  • 全宇宙規模の影響力を持つ生物兵器、キルルを創造*2
  • その才能で少佐まで上り詰めたクルルを、「性格が悪いから」という理由で曹長まで降格させる*3
  • 原作・アニメともに多数関係者が登場している暗殺兵(アサシン)だが、その中で100%現役と言えるのがゾルルしかいない*4

更にアニメ等では、
  • ケロロ小隊の侵略遅延に伴い、上記のキルルの改良品を地球に送りつける。
  • ギルル&ドククの兄弟を、人体実験によって液体ケロン人とガスケロン人にしておきながら不採用*5
  • 最強の暗殺部隊「X1」を設立し、「静かなる殺戮者」と呼ばれる程にまで恐れられると同時に組織に貢献したであろうジララが脱走兵と化す*6
  • 古参兵とは言え、少尉というあまり高くない地位のオノノにキルルのプロトタイプを所持させる*7
  • 以前に地球侵略のために派遣したゲムムの存在をケロロ小隊に伝えない。
等々、その運営方針には謎が多い。

またケロン星には彼らが運営しているらしき訓練所が存在する。
ケロロは過酷な訓練がトラウマで、学校の話題が出た際、若い頃を懐かしむを尻目に尋常じゃない震え方をしたこともあった。
ここでの在籍中に悪さをした場合、軍と同じく処罰の対象となる。
これとは別に日本の小学校に相当する幼年訓練所もあるが、こちらはプルルの例を見るに軍人志望でなくとも通う模様。

なお、原作・アニメ共に作中では「ケロン軍には属していないが、独自に侵略行為を行っているケロン人」も何人か登場している。組織に貢献しているのかどうかは不明。


■構成員

□現役

○ケロロ軍曹
○ギロロ伍長
○ドロロ兵長
○クルル曹長
○タママ二等兵
地球侵略のために派遣された本編のレギュラーたち。詳細はケロロ小隊を参照。

○ガルル中尉
○ゾルル兵長
○プルル看護長
○タルル上等兵
○トロロ新兵
詳細はガルル小隊を参照。全員ケロロ小隊と何かしらの縁がある。

ケロロ(新)/新ケロロ
詳細は当人項目を参照。単騎で一個小隊分の能力を備える。

○大佐
CV.島田敏
本名不明。シルエットのみの登場で、マントを羽織っている他、軍帽にザクの隊長機のような角が生えている。また、常に宙に浮いている。
作中では母艦に控え、複数の部隊の統括者であることが示唆されている。
全然侵略を達成できないケロロ小隊が地球にいられるのも、彼の采配によるところが大きいと思われる。
女性による世界統治を掲げたりはしない。


□退役・離反者

○ケロロの父
CV.緒方賢一
ちょび髭と半開きの目が特徴的なケロロの父親。博多弁*8で話す。
現役時代は伝説の鬼軍曹だったらしく、その実力はケロン人の天敵であるヴァイパーですら恐れをなすほど。
ケロロが軍人、及び軍曹になろうと思ったきっかけとなった人物であり、彼の軍人及び軍曹としてのあり方は全て父親の影響である。
サンタクロースと友達で一緒に温泉に行くらしい。


○ナムム特務曹長
規格外の力を持つケロン人「ノンケロン」の一人。
もともとはケロロ小隊が地球に派遣された際に母艦で待機していたが、ケロロが日向家の捕虜になってしまったことをきっかけに自分の記録を全て抹消して地球に潜伏することを選ぶ。
その後、ケロロ小隊を観察した結果「やる気がない」と判断し、ならば自分が地球を侵略してやろうかと考えたが、クルルとの対話により考えを改めた。
現在は解体された忍庁*9のメンバーで構成された反政府組織「泰連」の頭領をつとめる。
なお、彼が初登場した修学旅行編、及び彼が語った「GR計画」は今川版ジャイアントロボのパロディなので、おそらく伏線が回収されることはないと思われる。
日向家に取り憑いている幽霊、お観世が生前に出会った「カッパさん」と関わりがあるようだが…?

○シヴァヴァ
CV.高山みなみ
『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』のオリジナルキャラクター。西遊記の青天大聖孫悟空をモチーフとしていて「仰天大聖」を名乗るが、口調や仕草はどっちかっていうとカカロット
後に原作に逆輸入を果たし、ノンケロンの一人でありかつてケロン軍に在籍していたことが発覚した。在籍時代の階級は不明。
しかし、原作での扱いは新キャラのかませ犬という残念なものであった…。

ちなみに、アニメオリジナルキャラクターにはオララ(CV.野沢雅子)というカカロットそのまんまなケロン人もいる。


□詳細不明

○ギロロとガルルの父
CV.中田譲治
息子二人の存在やケロロの父の友人ということから軍人であることは間違いないが、現役なのか退役しているのかは不明。厳しい性格らしい。
外見はギロロ寄りだがガルルの要素もちゃんとある。
ギロロ曰く「二重顎」。

ジララ大尉
CV.池田勝/矢田耕司
アニメでの設定は当人項目を参照。
後に原作に逆輸入を果たすが、ドロロの師ということ以外、どの程度設定が受け継がれたのかは不明。
また、ドロロの回想のみの登場であるため、現在どうなっているのかも不明である。
基本的に映画からしか逆輸入を行わない本作において、アニメから逆輸入された珍しいキャラ*10


□その他、原作未登場

○バリリ准尉
CV.成田剣
バリリ中隊を率いるエリート軍人。初登場回では准将だったが、誤植だったのか後に准尉で統一されている。よくも悪くもエリートらしい性格。
アニメではプルルのお見合い相手として何度か登場しているが、結局うまくいかなかった上に、プルル絡みで地球に滞在しすぎて侵略活動に支障をきたしたため惑星チチーブに左遷されてしまった。
ケロン星ではなく惑星ミヤサギーノに自宅があるらしい。

○ベタタ
ベタタ小隊を率いて惑星ネガントを侵略していたが、隊員全員が食中毒になってしまったため帰国した。
それ以外は詳細不明。

○シュララ
CV.若本規夫
○カゲゲ
CV.古川登志夫
ドロロと同じく元アサシンのケロン人。詳細はシュララ軍団を参照。

○女性教官
CV.小山茉美
ケロロの回想に登場。キシリア・ザビをそのままケロン人にしたかのような外見・性格の持ち主で、声優も同じ。

○ムシシ
CV.飯塚昭三
「蟲使いのムシシ」と呼ばれる伝説のアサシン。ドロロが憧れる程の人物。
既に退役しており、現在は宇宙中の虫を集めながら余生を過ごしているという。

○オババ
CV.中谷ゆみ
ケロロ小隊が地球にやってきた時に搭乗していた母艦「グランドスター」の総司令官。
現在はグランドスター内部に地球の建築様式を真似た農園を作り、そこで生活している。
以前にも同じ名前のケロン人がケロロの母の口から語られているが、関連性は不明。

○ゲリリ少佐
CV.堀川りょう
官僚出身のエリート。頭脳派であり最前線には出ない。
自分の出世のことしか考えていない自己中心的な性格の持ち主で、地球侵略達成のために本部から派遣されるが、隊員の犠牲を省みない姿勢を問題視され更迭された。
大佐にお仕置きとして岩盤叩きつけられたりはしない。

○オノノ少尉
CV.小山力也
ケロン軍特務部の単独侵略行動班に属していた古参兵。
ケロロたちが生まれる遥か昔から活動しており、軍内でも有名な人物であるようで、ギロロ曰く「隊を持たずに優秀な侵略活動を一人で続けた伝説の少尉」。
性格は非常に真面目であり、昔から不真面目な部下とは衝突してきたため、単独侵略行動班に配属されたという。また、「侵略に際しては無駄な破壊活動をしてはいけない」という哲学を持っている。
その昔に任務に出た際、燃料切れの宇宙船の中で人工睡眠し続けており、宇宙船が不時着した地球で目覚めた。そのため、ケロロたちとの間には時代の差による考え方や知識の差がある。

○ダレレ
CV.うえだゆうじ
ケロン軍特殊部隊に所属していたが、立場がより上である宇宙警察の特殊捜査官たちによる汚い作戦に利用されたことに嫌気がさして脱走した。そのため指名手配犯として特殊捜査官に追われている。
変身の達人で、体格の異なる異種族にも簡単に変身することができる。

○最高司令官
CV.銀河万丈
大佐同様、シルエットでしか登場していない。
地球人抹殺計画を立てた過激派であり、古代ケロン軍の負の遺産をカスタマイズしたプログラム「DK666」をケロロ小隊に送った。
しかしケロロと冬樹の説得により、地球侵略をケロロ小隊に引き続き任せることにする。
弟の戦死をプロパガンダとして利用したりはしない。

○ドルル
CV.ルー大柴
『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』のオリジナルキャラクター。
全身を火器銃器で武装した冷酷な性格の持ち主。人呼んで「狂気の重装備兵」。短い単語だけを口にする。
元ケロン軍訓練兵であり当時純粋なる破壊とも言える行動をとっていたため、その後すぐに除隊されたらしい。その際の事でギロロと因縁があり、彼曰く「俺が唯一恐れた、最凶最悪の重装備兵」。
ダークケロロが「ケロロの一側面」という形で原作に逆輸入され、同僚のシヴァヴァも上記の通り逆輸入されたため、三人の中ではドルルのみ省かれた形となってしまった。

○ドララ特務兵
CV.小西克幸
DS版ゲーム『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』のオリジナルキャラクター。映画と同時上映された短編のケロ0にも出演している。
竜のしっぽの調査員として地球にやってきた。普段は軍人らしく喋っているが、気を抜いたり高ぶったりすると田舎くさい口調になる。
その正体は宇宙の辺境で古代ケロン軍の事後処理、記録改竄などを行う特別指定危険種監視部隊であるドララ小隊の隊長であった。
しかし彼自身はその任務に強い不満を抱いていおり、はじめから地球竜の正体を知っていたため、地球竜のエネルギーを自らの体に吸収し地球侵略を行うのが真の目的であったが、最終的にケロロ小隊に敗北し、潔くケロン軍本部へと帰還した。
ドララは厳罰を覚悟していたが、ケロロの計らいにより報告レポート上では「ドララ小隊そのものが地球竜事件に関与していない」ということになっている*11

○ゲムム
CV.置鮎龍太郎
ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊』のオリジナルキャラクター。ケロロ小隊よりも先に地球侵略のために派遣されたケロン人。
詳細は魔王アゴンを参照。




追記・修正はケロン軍に入隊してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/


*1 ケロン星と地球は時間の流れ方が異なる。22巻で初登場の新ケロロはケロロ小隊が使う利器より遥かに性能が上がった次世代機を当然のように使っており、1巻時点から地球換算で最低15年程度は時代が進んでることが示唆されている

*2 あまりにも危険すぎるのでオリジナルは宇宙規模の法律で使用禁止に。

*3 本部にはクルルのことを今でも少佐と呼んでいるケロン人が確認されているため、彼にも人望があったものと思われる。本当に性格だけが原因なのだろうか?

*4 ドロロは事実上地球に寝返り。シュララは自分の軍団を作ってカゲゲはそれに同行。ジララはアニメでは脱走兵、原作では詳細不明。ムシシは退役している。

*5 当人たちはあまり気にしていないが…。

*6 上記の注釈の通り、同じ「老人のアサシン」であるムシシは普通に退役できている。アニメにおいてジララの目的は「自由を手に入れること」なので、脱走兵になることはデメリットでしかないはずだが…。

*7 案の定ケロロ小隊がキルルシステムに操られて暴走してしまう。

*8 アニメでは宇宙熊本弁。

*9 日本政府配下の忍者組織。小雪も元はここの所属。

*10 『ケロロ軍曹』は原作、アニメ、映画がそれぞれ別世界扱いされている。

*11 映画本編のストーリーがこの改竄レポートであり、ゲームのシナリオが実際にあった事というような描写になっている。