Mirror

【みらー】

ジャンル パズル
対応機種 Windows/Mac(Steam)
発売元 Paradise Project*1
開発元 KAGAMI WORKs
発売日 2018年4月19日
定価 205円
レーティング アダルトゲーム
判定 なし
ポイント 中国産のアダルトゲーム
圧倒的コスパの良さ
雑な日本語翻訳


概要

Steamで配信された中国産のアダルトゲーム。

伝説に伝わる、不思議な魔法の鏡があり。
その鏡は、無数の美しい女性の運命と結びつきがある。
もしあなたがその鏡を手に入れたなら、その美しい女性たちの世界に入り、
不思議な旅を体験することができる。
高貴な家に生まれ、生まれつき反抗的な性格を持ち、
金持ちから金品を盗んで貧民に分け与える義侠的な、
正義を広める、闇の魂を持つ盗賊ダークエルフがいる、一族の使命を受け、妖怪や悪魔 を追い払い、
一生神に仕える巫女もいるし、道教の寺院の裏山に百年の間封印された美女のゾンビもいる
(Steamストアページより抜粋)

特徴

  • 基本はよくあるマッチ3パズルゲームである。
    • 1つの宝石を隣の宝石と交換して、同じ柄の宝石を3つ以上縦か横に並べることで消すことができる。
    • 4つ並べて消すと2連続同じ効果が発生、L字やT字に5つ並べて消すことで3連続効果が発生となり、更に1つの宝石が「スキル宝石」へと変化する。
      • スキル宝石は消すと、宝石ごとに決まったスキルが発動する。
    • 5つ一列に並べて消すと、4連続効果が発生し、1つの宝石が「S級宝石」へと変化する。
    • 2連続以上で攻撃宝石を消すと相手の服が破れる。
  • 宝石の種類
    • 物理の攻撃宝石
      • 消すと物理攻撃を与える宝石。相手のHPを減らせる。
    • 魔法の攻撃宝石
      • 消すと魔法攻撃を与える宝石。相手のHPを減らせる。
    • 回復の宝石
      • 消すと自分のHPを回復する宝石。
    • 怒りの宝石
      • 消すと怒りゲージが溜まる宝石。怒りゲージが上がると、攻撃力や回復力が上昇する。
    • S級宝石
      • 5つ一列に並べることで手に入る宝石。右クリックで発動することができ、3つ並べれば強力な効果が発生する。

評価点

  • コストパフォーマンスの良さ
    • 定価205円という値段の安さはアダルトゲームはもとい、一般ゲームと比べて見ても非常に安い部類に入る。
    • 更にSteamでは定期的に大幅なセールがされることがあるので、もっと安く買えることもある。
  • それでいてCGの数も中々多く、質も良い。キャラクターもLive2Dで動きがあり、エロ部分のクオリティーは他のアダルトゲームと比べても、引けを取らないレベルである。
    • 攻略キャラクターもDLC抜きで8人、更にそれぞれ結末が2つ用意されているので、価格を考えれば十分なボリュームと言えよう。
    • CGやイベントの回想モードもしっかりと用意されている。
    • BGMも全ヒロインに専用曲があり、曲調もそれぞれの世界観に合わせてバラエティに富んでいて、なかなかの品質。

賛否両論点

  • デフォルトでは花や動物のイラストで大事な部分が隠されてしまっている。
    • ……が、実は公式が別の場所で配布しているパッチを当てると、それらが外れてモザイク一切無しの無修正になる。
      • エロ目的のプレイヤーからしてみれば評価点かもしれないが、やり方としてはグレーゾーンであり、手放しで評価できるものではない。
    • 因みに修正したアダルトゲームをSteamで配信し、別の場所で無修正パッチを配布するというやり口は本作に限った話ではなく、『ネコぱら』など他のゲームでも行われている。

問題点

  • 日本語訳の質が低い
    • 日本語訳がされているが、はっきり言って質は悪い。プレイしていて違和感を感じる部分がかなり多い。
    • 幸い女性キャラの台詞は日本人の声優が日本語で声を当てており、上手いこと演技してくれているおかげで、あまり不自然な台詞に感じづらい。
  • CGの回収条件がわかりづらい。
    • キャラごとに結末が2つ用意されていることは説明したが、その分岐条件に関する説明がない。
  • 終盤の攻略が単調になりがち。
    • CGコンプを目指そうとすると、敵の強さの関係でゲーム内通貨でこちらのスキルなどを強化しなくてはならない。
    • 当然お金稼ぎが必要となってくるのだが、宝石強化の値段が高めに設定されている。そのため、何度も同じキャラと戦う必要があり面倒くさい。

総評

定価205円でDLC諸々を加えても1,000円前後と値段の安さが一番のメリットとなっている一作。
パズルゲームとして見た場合は、よくあるマッチ3パズルのシステムを使用しているので、良くも悪くも手堅くまとまった出来となっている。
お安くエロゲーを遊びたいのなら、購入してみてはいかがだろうか。

その後の展開

  • スマホ版がリリースされている。
    • 価格は無料で、課金で広告を無くしたり、要素を開放することができる。当然ながらエロ要素は控えめになっている。
  • 2019年12月23日にNintendo Switch版が税込み1,000円で発売。レーティングはCERO:C(15歳以上対象)で、上記スマホ版基準の移植と思われる。