記事下書き

ゲーム記事や用語集項目など、Wikiコンテンツ作成時の下書き用ページです。ここにある記事は正式作成前の扱いのため、リンクの作成や修正依頼・要強化依頼の添付は禁止です。
また、表示負担軽減のため動画はコメントアウト状態で記載してください。

メンバー権限がない人は新規ページ作成ができないため、記事の作成は下書きページを経由する必要があります。
権限がある人は下書きを経由せず直接ページを作成して構いませんが、以下の場合は下書きページの利用が推奨されます。

  • 記事内容の質に自信がない場合や、第三者によるチェックが欲しい場合
  • 有名作・話題作で編集合戦が頻発することが予想される、判定について揉める可能性が高い場合

加筆、修正、下書きを元にした新規記事の作成は自由です。ただし、 自分がプレイしたことのない作品の記事化は禁止 とします。
また「このWikiで扱う作品」及び「記事作成のガイドライン」を参照の上でお願いします。記事作成相談スレも活用してください。


「記事下書き」は用途別にページが分かれています。

利用法

  • 1. 記事を載せる。
    • 下書きは縦に並んでいますが、新しく下書きを載せるときは必ず最下部に追記してください。(下書き作成日が古いものが下部に行くと削除期限日がわかり難くなるため)
      また、編集が楽になるので記事の最初と最後にareaeditプラグインを付けることをお勧めします。
    • ここに載せた下書きは、初稿作成から1ヶ月が経過すると基本的に削除されます*1 記事の投稿時には、必ず記事冒頭に初稿作成日を記述して下さい。記述の無い場合、1か月より早く削除されてしまう可能性があります。
      事情により長期間更新できない場合、個人でバックアップを取る事をお勧めします。
      • その場合、初稿執筆者が不在の際に第三者が下書きに直接手を加えることもありますので、執筆に復帰する際は下書きの確認とスレでの相談を忘れずに行いましょう。
    • 新規記事の判定については基本的に初稿執筆者自身の判断に委ねられています。記事作成のガイドラインに則る限りは自由に付けて構いません。ただし記事作成後に異論が生じた場合、判定変更議論依頼が提出されることがあります
  • 2. 記事を完成させる。
    • 基本的に初稿執筆者が記事の完成に責任を持つようにしてください。 記事は大勢の手で完成させるものですが、下書きに投稿したからといって必ずしも他のユーザーの手が加わるとは限りません。未完成の記事を長期間放置するのは迷惑行為です。
    • もちろん一般記事同様に初稿作成者以外が編集を行うことも可能です。ただし、第三者が以下の事項を行う際は必ず記事作成相談スレに報告を入れてください。悪質な場合は規制されることがあります。
      • 下書きを削除もしくは移動する場合。
      • ゲーム記事の判定を変更する場合(未定のものに付与することも含む)。
      • 下書きを記事として作成する、もしくは作成依頼を出す場合。
      • その他、記事のニュアンスに大きく変更が生じる編集をする場合。
  • 3. 記事を作成する。
    • 記事が完成したと判断したら、好きなタイミングで記事を作成して構いません。新規記事作成は管理者とメンバーのみ行えるため、ログインIDを持ってない人は、記事にする際に『依頼所』で依頼してください。
    • 下書きの記事だから作成基準が緩い、ということはありません。一通り完成している記事でも「文章が簡素で内容が薄い」「文章が支離滅裂でわかりにくい」「他のサイト・Wikiからの引用」などの不備がある場合、 記事化後すぐに修正依頼や要強化依頼が出されたり、記事化自体が見合わせとなる場合があります。 依頼を出す前に内容を一読して不備の有無を確認し、不安な場合は記事作成相談スレに記事化の是非について相談してください。
    • 記事内容によっては、単独記事として作成するよりも既存の記事への追記の方が良いと判断される場合もあります。
      なお、追記の場合はログインなしでも作業可能です。
      • 追記を想定して記事を作成する場合、下書きの冒頭に追記先の記事名を表記しておくのもいいでしょう。

注意点

  • 発売直後のゲームの記事を執筆したい場合、発売日から3か月経過していることが条件となります(3か月ルール)。
    • 移植版や、海外で先行発売された後に国内で発売された作品も、その発売日から3か月の経過を待つ必要があります。
+ 下書き用テンプレート。書き方の詳細はテンプレのページを参照

contentsプラグイン(19行目)は必ずコメントアウト状態で記載してください (記事作成時にコメントを外す)。全下書き項目の見出しが目次化されてしまいます。
また、areaeditプラグインは動作上の問題の対策のためコメントアウト状態で記載しています。使用時にはコメントアウトを外してください。

----
初稿投稿日: yyyy/mm/dd 追記修正歓迎
//#areaedit
*タイトル
【読み】
|ジャンル||~|
|対応機種||~|
|発売元||~|
|開発元||~|
|発売日| 年 月 日|~|
|定価|, 円|~|
|プレイ人数|1人|~|
|レーティング|CERO: ()|~|
|廉価版| : 年 月 日/, 円|~|
|配信| : 年 月 日/ |~|
|備考| |~|
|判定| |~|
|ポイント| |~|
//#contents(fromhere)
----
**概要
**評価点
**賛否両論点
**問題点
**総評
**余談
//#areaedit(end)

一般的な編集の練習などは「サンドボックス」へどうぞ。



最終更新日: 2021/10/10 以前の下書きを加筆訂正して再掲載、追記修正歓迎

GITADORA HIGH-VOLTAGE GuitarFreaks / DrumMania

【ぎたどら はいぼるてーじ ぎたーふりーくす/どらむまにあ】

ジャンル 音楽ゲーム
対応機種 アーケード
販売・開発元 コナミアミューズメント
稼動開始日 2021年4月21日
判定 なし
GuitarFreaks & DrumManiaシリーズ

概要

GITADORAシリーズにモデルチェンジしてから7回目となるオンラインリニューアルアップデート。
今回はMUSICIAN'S ROADという長期イベントが軸となっている。

開催イベント

MUSICIAN'S ROAD

  • 今作のメインイベント。クレジットが終わる度にプレイできる双六のようなゲームで、ルーレットを回して出た数字の分だけ移動する*2
  • 止まったマスには色に応じてパラメータ上昇(ファン数)やイベントが発生する。
    • パラメータは技術(青)、知名度(黄)、人脈(緑)に分かれている。また、イベントマスは次回のクレジット時にミッションが発生するもので、過去のプレイヤーボードのパーツや未解禁の隠し楽曲を解禁する事ができる。
  • そしてファン数が一定以上に溜まると、新たな隠し楽曲やプレイヤーボードのスキンが解禁できる。

曲つく!!チャレンジ

  • NEX+AGEで解禁できなかった隠し曲の救済イベント。オトベア達が曲を作っていく設定となっている。
    • 前作と違いクリア対象曲の指定が無く、選曲の自由度が上がった。

評価点

  • G.O.D.の再登場
    • 2021年6月にはギター演奏ユニットであるG.O.D.(Guitarist On Demand)がTri-Boost Re:EVOLVE以来の参加となった。
      • 特に解禁曲である「Xenocross」は全曲屈指のブラストビート地帯*3が襲いかかり、ギタードラム共にクリアでさえ苦しめられる程の熾烈さとなっている。

問題点

フレンド機能の廃止

  • 前作まではフレンド同士で未解禁楽曲をシェアする事や、解禁イベントの進行ペースを促進できる事が可能だったが、今作でいきなり廃止となってしまった。
  • NEX+AGEからはフレンド登録できない隠し楽曲も徐々に増えつつあり、イベント促進が適用されない解禁イベントが増えた事も廃止に至った経緯として考えられるのだが…
    • 未解禁曲の救済を兼ねてた利便性もあって、今回で切り捨てられた件に関しては多くの批判が集まった。
  • その代わり定期開催の「VOLTAGE Quest」では、フレンドボーナスの廃止によって目標値が下がっている。

MUSICIAN'S ROADに関して

  • 獲得したパラメータに偏りが出ると、ファン数の獲得量が鈍くなる仕様となっている。その上技術マスが大半を占めており、殆どのユーザーは技術(青)が突出して偏りやすく、前述の仕様も含めて相性が悪い。
    • ルーレット以外で技術パラメータを稼ぐには1日1回のログインボーナス(知名度)やセッション、バトルプレー(人脈)しか方法が無い。
  • イベントに対する必要クレジット数もかなり多く、序盤の2曲+プレイヤーボード2枚までは比較的すんなりと解禁できるが、3曲目以降はかなりのクレジット数が要求される。
    • 特に最終解禁楽曲に至っては最低でも70クレ前後が必要となっており、近年のギタドラでは相当な貢ぎ具合となっている。
  • 他にもファンの増加演出はテンポが悪い上スキップが出来ない仕様となっていたが、第2回開催分よりスキップが可能になった。

GITADORAオリジナル楽曲追加のスパンについて

  • 今作のGITADORAオリジナル楽曲はデフォルト曲を除いて、MUSICIAN'S ROADでしか追加されておらず、その他は連動イベント曲や移植曲の追加となっている。
  • およそ3ヶ月に渡る長期イベントで4曲は賛否両論分かれる所だが、開催期間中は他のGITADORAオリジナル曲が追加されない為、前作のスパンに慣れていると間延びを感じてしまうだろう。

賛否両論点

  • PREMIUM ENCORE演出の汎用化
    • EXCHAINから専用ムービーが廃止されたとは言え、プレアン進出時の一枚絵は残っていたが、今作ではそれさえも汎用演出になってしまった。
  • 旧作からの復活曲が無い
    • イベントの参加数によってVシリーズからの復活曲が解禁されるイベント熟練度というシステムが存在していたが、今作ではフレンド機能と共に廃止されてしまった。
      • しかし、今後のイベントの内容によっては復活曲が解禁できるイベントが開催される可能性もある。
  • 前作の分岐プレアンの扱いについて
    • 前作では通常プレアンの他にイベント解禁要素である分岐プレアン*4が存在していたが、今作稼働と共にプレイする手段が無くなってしまった。
    • VOLTAGE Quest第6弾にて一斉に解禁できるようになったが、『前作での扱いの割に解禁条件が雑』との意見も。

総評

メイン企画であるMUSICIAN'S ROADはブラッシュアップの甘さが現れる結果となったが、 致命的な不具合も無く音楽ゲームとしては一定数の支持を受けている。

しかし、前作まで好評だった要素を削ぎ落とした結果、さらなるボリューム不足に至ってしまったのは否めない。


余談

  • Yvya氏の活躍
    • EXCHAINから加入したYvya氏だが、今作序盤の時点で4曲*5を担当している。
    • この活躍っぷりにはユーザーからも熱い支持を集める一方、働きすぎじゃないかと逆に心配する声も。
  • アップデートで判明した新作フラグ
    • NEX+AGE稼働末期のアップデートにて、フレーズ成功時の演出が従来と違うデザインに変更されていた。
    • これを見たユーザーは新作稼働フラグではないかと予測していたが、実際的中しており、後日公式から新作へのバージョンアップが発表された。
      • また今作のサブタイトルであるHIGH-VOLTAGEも、新デザインの縮小された文字から判明された。
  • 相変わらずブレの激しい難易度査定
    • GITADORAでは難易度表記のブレが大きく、それによって詐称曲や逆詐称曲が多く生み出されているが…
    • 特に今作では版権曲である夜に駆ける*6のドラム譜面の難易度が8.50になっており、版権曲だから低難易度だろうと思っていたユーザーを驚愕させた。
    • 譜面を見ても8.50たる要素は微塵も無く、『7.50の間違いではないか?』や『次回作で6.50に下がっても違和感は無い』と難易度に対する意見が非常に多く出回った。
      • 過去にもGuitarFreaksV~V2までのCARNIVAL DAY(ADV-B)がレベル87*7と、これに匹敵する位の逆詐称曲もあった事もあり、ユーザーからは相変わらずのコンマイクオリティかと嘲笑された。

初稿投稿日: 2021/10/15 追記修正歓迎

Cyber Ops

【さいばー おぷす】

ジャンル RTS
対応機種 Windows 8.1/10
MacOSX(IntelMacのみ)
発売元 Games Operators
開発元 Octeto Studios
発売日 2020年5月21日
定価 1,520 円
プレイ人数 1人
メディア ダウンロード販売のみ
セーブデータ 1個
備考
判定 なし
ポイント 日本語はあるが、たどたどしい

ストーリー

バルティア国臨時内閣は未来的な有事に向けてサイバーテロ対応戦闘部隊「ガイスト師団」を設立した。
しかし、ガイスト師団設立直後にバルティア国を訪問していた統一王国首相が滞在中のホテルでテロ集団に襲われるインシデントが発生。
新兵ばかりのガイスト師団突入部隊へ着任したばかりのオペレーターが指示を出してこの危機に対処しなければならない。

概要

  • テロ対策部隊のオペレーターとなり、突入部隊への指示やハッキングを行うRTTである。
  • 開発の Octeto Studios はブラウザゲームの開発が主であり、PCゲームは本作が初となる。
    • 本作公開から11日前の2020年5月10日に無料版の『Cyber Ops Prologue』がリリースされている。
      • 製品版『Cyber Ops』の最初のミッションがまるまる遊べる無料体験版的位置付けとなっている。現在のバージョンは慣れれば20分弱でクリア可能である。
        以前は本編同様にチュートリアルが説明不足で、何度プレイしてもクリアできずに全滅するプレイヤーが続出し、販促のはずが逆効果になっていた。
      • しかし、苦労して『Prologue』をクリアしても製品版には進行状況は引き継がれず、再び最初のミッションから新兵でのプレイとなる。

システム

  • ミッション前に突入部隊のメンバーを選定する。
    • 隊員はサイボーグであり、ミッションクリア特典で得られた"ギア"を装着することで能力を向上させることが出来る。
    • 隊員には経験値があり、ミッションから無事帰還するとレベルアップすることがある。
    • 逆に、ミッション失敗で死ぬこともある。死んだ場合は新人隊員が補充される。
  • ミッション中
    • ミッション中は隊員に進路と、進行及び停止の指示を出す。
    • 部隊員へ「ステル ()*8」「攻撃的」「スプリント」のコンディションの指示を出せる。
      • ステルスの場合、部隊員は敵との接触を避け、敵の気配がすると立ち止まる。敵の戦闘員にタグ付けされている場合はステルス殺を試みる。
      • 攻撃的を指示している場合は、敵と遭遇した場合は銃器で交戦する。
      • スプリントの指示を出すとダッシュする。物音で敵に見つかる可能性がある。
    • 部隊員はハッキング可能なモノ(端末、サイボーグ兵士)にこちらからの指示がなくともリモートアクセス可能なデバイスを取り付ける。
      • プレイヤーはそれらのハッキング可能なモノにハッキングを試みる事が出来る。
      • ハッキングにはレベルがあり、そのハッキングレベルを維持するためにはリアルタイムのミニアアクションゲームを失敗せずに継続させる必要がある。ハッキングレベル3なら、3つのレベルのリアルタイムなミニゲームをずっと同時に成功させ続ける必要がある。
        もちろんその合間に部隊員への指示や、ハッキング中の機器の制御を行う必要がある。このため、非常にてんてこ舞いな状態となる。
  • 白の矢印が味方である。このステージと更に次のステージが有るのに、既に半数の2名がお亡くなりになっている。
    • そこから伸びている白い線が現在設定されている進行ルートである。その行き先には人質がいる。進行ルートはプレイヤーが再設定可能。
  • 赤の矢印が敵である。
  • 黄色の矢印は民間人である。このステージのこの人物は統一王国首相。
  • 黄色の矢印の下のウインドウは"SYS-B"というターミナルの「操作卓(コンソール)」画面である。ここで"[A]ffect.L3.possess.B2"とコマンドを実行すれば、B2のタレットが攻撃範囲内(黄色の扇形の部分)にいる敵を攻撃する。
    • また、"[A]ffect.L2.destroy.B3"を実行すればB3タレットが自爆する。
      "[A]ffect.L2.destroy[SYS-B]"を実行するとタレットを操作できなくなり、詰んだも同然である。
  • ゲーム画面中、赤くなっているウインドウがハッキングレベル1のミニゲームで、ウインドウの上の方で示された文字列"AYX"をその下の文字列から緑色のカーソルで選ぶ必要がある。
  • その下のウインドウはハッキングレベル2のミニゲームで、緑のを操作して赤い ■■■ を避け続けなければならない。
  • その下のウインドウがハッキングレベル3のミニゲームで、緑のを操作して『パックマン』よろしく追いかけてくる赤いから逃げ続ける必要がある。
  • 民間人がいるエリアに突入部隊が行くには"A1"のドアのロックを解除する必要があり、そのための"SYS-A"ターミナルが何処かにあるはずである。

評価点

  • 洗練されたグラフィック
    • UIも含めて、サイバーものである本作にマッチしたグラフィックに統一されており、世界観を補強している。
  • 斬新な設定
    • テロ対策のRTTと言えば『Door Kickers』『Breach & Clear』などがあるが、ハッキングにより活路を開くというのは本作独自の要素である。
      • 『Door Kickers』『Breach & Clear』に比べ、本作の部隊移動ルートの作成のUIは使いやすい。
      • コンソールコマンドは選択制のUIとなっており、手打ちが必要な『Hacknet』より使いやすい。
      • ただし、ハッキングで活路を開くRTTと言えば既に『Satellite Reign』があり、本作と『Satellite Reign』を比較すると何もかもが見劣りする。
    • そもそもRTTはプレイヤーが部隊員へ指示を出しているのだから、プレイヤーの立場を"オペレーター"と設定することでその役割がしっくり来る。

問題点

  • 日本語が怪しい
    • そもそもリリース直後は日本語はいわゆる豆腐型"□"の文字化けが多く、ほぼプレイ不可の状態だった。が、リリースから1週間以内にそれらのバグは対処されている。
    • チュートリアルの「 () () ()ズームインする」など、言いたいことは分かるが微妙な言い回しが多く、もどかしい。
  • やや難しめである。
    • 難しめである最大の原因は、時間が止まらないことにある。『Door Kickers』『Breach & Clear』『Frozen Synapse』のいずれもが時間を停止してじっくり考えることが出来るが、本作は時間が止まらない上に「30分以内になんとかせよ」と()かされたりする。
    • ハッキング状態を維持するためのミニゲームが煩雑である。
      • 部隊員の進行に合わせて監視カメラをハッキングしたり、敵の動きを見て突入の指示を出したりしなければならないのだが、そういう指示を出すタイミングでミニゲームの方にも危機が迫ったりすると、折角の機会を失ったり、味方を危険に晒したりする。

改善された問題点

  • 不親切なチュートリアル
    • チュートリアルが不親切で、最初のミッションの最終ステージで全滅するというコメントが多かったが、2021年1月のアップデートでその部分のチュートリアルが強化され、敵のサイボーグ兵士を物理的に攻撃してスタン状態にしてからサイボーグ兵士をハッキングして電子脳を焼いて殺す。
      もしくは、設置されているタレットのコントロールを奪ってタレットでサイボーグ兵士を殺す、という方法があるという説明が付き、かつ、その前のステージにてタレットのコントロールの奪い方のチュートリアルも付いたため、何をどうすれば良いのかがようやく明確となった。

総評

テロ対策部隊のRTTは既にいくつか存在するが、それらにハッキングという要素が加わっており、ハッキングによって活路を開くというゲーム性は新しい。
2021年のアップデート前はチュートリアルの説明不足により、最初のミッションの最終ステージで攻撃ヘリやサイボーグ兵士に蹂躙されて心が折れた人が続出した。 現在は落ち着いてタレットのハッキングに専念すればクリアできるはずではあるが、それでも簡単とは言えない難易度ではある。

最終更新:2021年10月21日 07:31

*1 判定や記事内容について記事作成相談スレで議論中の場合と、避難所にある記事の場合はこの限りではありません。ただし避難所の利用には相談スレへの報告が必要です。

*2 ルーレットに並ぶ数字はランダムになっているが、一応目押しは可能である

*3 シンバル(ハイハット)、スネア、バスドラムを合わせた激しいビート。REALIZEの終盤や今作で追加されたBereavement等が該当する。

*4 MODEL DD13、天泣、Stargazerの3曲が該当

*5 Cajuput、Saiph(今作初期のPREMIUM ENCORE楽曲)、Get There、Devil's rule

*6 原曲:YOASOBI、ノスタルジアと同じくカバー版

*7 実質レベルは87も無く、V3以降はレベル50にまで下げられた

*8 おそらく"ステルス"の誤り