特性解説


特性一覧

回復

対象の耐久値・アーマー値を回復させる。
戦闘中、自他回復手段を持つロールはサポートのみ。
回復された味方には【HEAL】が表示される。

スコープ

ブランキアルのみが持つ特性。
左トリガーホールドで、スコープを覗く。

氷結

発生すると機動力が低下する。

攻撃力上昇

文字通り、攻撃力を上昇させる。
フォルツァはヒット時に【BUFF ATK】と表示され、攻撃力アップの間は銃の様なアイコンが表示される。

シールド

一定量のダメージを防いでくれる。盾。
実弾に強く、ビームや爆発・格闘に弱い(格闘に至ってはシールド自体が存在しないかのように無視してくる)。
シールドを付与された味方には【SHIELD】が表示される。

ダウン特性

敵を一定時間行動不能にし、ポート内なら占拠数にも反映されなくなる。ある程度の高度とブーストゲージが残っていれば、受け身の様に復帰することが可能。
ダウン自体はすべての攻撃武器で発生する(各武器に設定されたダウン値がARに蓄積するとダウンする)が、この特性を持つ場合、一撃でダウンさせることができる。
(刃刀刃とブレードジップのようにコンボする格闘武器は最終段以外はダウン値がかなり低く、最終段がダウン値100%となっている。)
ただしダウン特性がなくても極端にダウン値が高い武器もそれなりにある。(ボンバルド等)
アンゼロイAは武器の与ダウン値を減らすが、ダウン特性は変わらずダウンさせる。
ARの武器以外にも、Sマグの範囲攻撃・グランデの範囲攻撃及び巨大レーザーもダウン特性を持っている。

怯み特性

命中時に敵を怯ませ、動きを一瞬止めることができる。
累積型の特性らしく、インパルスショットは1発だけなら当たっても怯まない。(ただし3点バーストのため高い確率で2発以上当たる)
その他、刃刀刃やブレードジップ等コンボ系格闘武器の最終段以外の攻撃も怯み効果を持つ。
ARの武器以外にも、タワー・Sマグ・グランデの攻撃も怯み特性を持っている。

攻撃不可

斬縛弾 月読が持つ特性。
被弾すると1st・2ndどちらの武器も数秒間使用不可となる。(リロードは進行する)
ヒット時に【BONDAGE ATK】と表示され、攻撃不能中は拳銃禁止の灰色マークが表示される。

炎上

被弾すると、アーマー値を無視され耐久値が削られる。
また、アップデートにより、残り僅かの(所謂ミリ残し)耐久値は撃破可能となった。
被弾した相手には【BARN】が表示され、炎上中は炎の様なアイコンが表示される。

痺れ

エレクトリット等が持つ特性。
展開した網に引っかかることで付与される。
麻痺状態の間は基本何もできず、高火力武器や格闘の格好の的となる。
ヒット時に【PALSY】と雷マークの様なアイコンが表示される。
アプデにて麻痺から痺れへと名称が変更された。

ジャミング

ジャメルが持つ特性。
被弾すると、一定時間ミニマップ画面と言った視覚情報を制限される。
ヒット時に【JAMMING】と表示され、ジャミング中のアイコンはレーダー(wifiの接続)禁止の灰色アイコンが表示される。

マルチロック

多連装導弾 大蛇が持つ特性。
トリガーをホールドすることで付近の敵機を数機ロックオンする。

ブーストアシスト

フォルツァ-Bレイスレイヴ Xt-Aが持つ特性。
ブースト消費量を軽減させる。

クリティカル範囲拡大

レイスレイヴ Xt-Vが持つ特性。
クリティカル範囲が拡大されるため、クリティカルで威力の上がるブリリオンと相性が良い。

防御力アップ

対象武器未実装。

リロード速度上昇

レイスレイヴシリーズ(AVS)共通の特性。
全ての武器のリロード速度が上昇する。



wikiオリジナル特性

解説の簡略化のために便宜的に特性として武器解説欄に表記したもの

爆発

名のごとく爆発する武器につけられる特性。
2019年3月27日のアップデート (youtubeリンク:19:07から)にて爆発系の攻撃を行う武器の対シールドへのダメージが増加するようになったため、特性とみなしwikiに記載することにした。

静止射撃

射撃時にその場で静止する武器につけられる特性。
この武器で攻撃するとき、動けなくなるだけではなく、ブーストもわずかながら消費してしまう。(翼によらず毎秒1%、パーツ特性・スキル効果で軽減可)
武器自体はオーバーヒート状態でも使用可能だがオーバーヒートでもゲージを消費する。

吹き飛ばし

この特性を持つ武器でダウンを取ると、本来即無敵状態となる所を攻撃可能な状態で吹っ飛ばすことができる。
追撃可能な時間及び最低ダメージはあまりないため、一撃で大ダメージを与えよう。