天楼久那妓

「お前の力を見せてみろ!」


アリスソフトの地域制圧型エロSLG『大番長』の登場人物であり、京堂扇奈と並ぶメインヒロイン。
大番長を題材とした同人格闘ゲーム『BIGBANG BEAT』(BBB)にも参戦している。

主人公・斬真狼牙の許婚で幼馴染。学園編の途中で狼牙の兄・豪と共に狼牙軍団に合流する
その時は諸事情により白狼の姿に変化してしまっているが(別に狼人間というわけではない)、
闇崎から奪った「学聖ボタン」で本来の姿を取り戻す。
しかしパワー不足で完全な状態に戻れず、本来より数年ほど幼い姿になる。胸が小さくなったことを狼牙に嘆かれた。
(他のシーンでは「大きかろうが小さかろうが関係ない」といった態度なので、単なる冗談だと思われる。
 実際彼女との初××シーンでは真に受けた久那妓にこの発言を撤回し「お前がお前でさえあれば姿が化け物でも抱ける」とまで言った)。
まあ小さくなったといっても肉体年齢相応に幼くなっただけであり、
こちらの体でも79のDカップと、どちらかと言えば巨乳に分類される。
全国編に入ると、それまでの行動によって彼女もしくは扇奈のどちらかが仲間から抜けることになる。

狼牙が色々な女性にどんどん手を出しまくる中、男ならそれくらいの甲斐性が必要であると言う辺り一夫多妻制もOKらしい。
…と言葉では言っているが、夜(定期的に発生するHイベント選択)に彼女を訪問しないと許嫁と言うその立場と隠された過去故に、
1人で耐えても狼牙に甘えられない一面が垣間見える。
しかし本作のヒロイン格は合計6人いるので、間違いなく放ったらかしにされることの方が多い。不憫である。

スキルは「超回避」。実はスキル自体には特殊な効果は無いが、彼女の回避力が非常に高く設定されている。
具体的には、もっと後に参戦するキャラでも回避30%程度がほとんどなのに初期値が60%。しかも成長率も高い。
その能力でほとんどの攻撃を回避することが可能だが、
反撃率(被弾時に攻撃を続行出来る確率)が近距離型の割に25とかなり低いため、運悪く攻撃を受けてしまった時が辛い。
ダメージ覚悟で特攻する扇奈とは対極の戦闘スタイルである。
学園編の途中からという加入時期の早さと高い攻撃力・回避力のおかげで、
(上記の理由で離脱しなければ)序盤から終盤までお世話になる。
ゲームシステム上戦いっ放しというわけにはいかないが、戦う相手を間違えなければほとんど彼女の独壇場である
(魔族属性のため、魔族の対属性を持っている上に中距離攻撃で命中も高い鬼堂衆とは完全に相性が悪い。
 また、何の嫌がらせか久那妓ルート限定で戦う敵対勢力・ホーリーフレイムの主力雑魚も同様の性質を持っている)。

+原作ネタバレ
幼い頃に『堕天の蒼穹』という魔族に取り憑かれ、彼との融合を拒んだことで副作用として獣人化(本編初期で狼に変化している原因)が発生。
そして、獣人化を治すために兄の神威が取った行動が
本編の黒幕である魔族『邪悪なる混沌』を解き放つ原因、ひいては魔界孔が現れて日本が世紀末化する原因になった。
また、現在の久那妓は堕天の蒼穹と融合しているため、今の自分が狼牙の知る昔の自分とは異質の存在であることを気にしている
(狼牙は一連の出来事に関する記憶を封じられており、獣人化も魔界孔の影響だと認識していた)。
天楼の一族は2000年前に邪悪なる混沌に初めて接触された者を始祖とし、混沌を消滅させる手段を模索してきた一族だが、
年月を経る内にその知識と自覚は失われており、神威も獣人化への対策を講じた時に初めて自分のルーツを知ったようだ。

……見ての通り、事件の元を辿ると何もかもが大体堕天の蒼穹のせいと言っても過言ではないのだが、
彼は善悪も何もない好奇心や興味の塊らしく、久那妓に取り憑いた理由も好奇心によるものとされる。
傍迷惑にもほどがある話だが(本編で説明された時にも狼牙にツッコまれている)、
その気まぐれから千年前に人類に味方し、その時の魔界孔の封印に大きく貢献したのもまた彼である。状況かき回しすぎと言わざるを得ない。

余談だが、命中が異常に高い(彼女でもまともに回避出来ないほど)上に彼女では先手も取れないラスボスとは非常に相性が悪い。
ラスボス戦には強制参加だが、アイテムで何らかの対策をしていないと攻撃しても先にダメージを受けて反撃も出来ずに沈黙し、
その上受けたダメージのせいでもう一度攻撃を仕掛けることさえ出来ない、という悲惨な状況になることも。
因縁も深いのにあんまりである。
ただし、回避200台まで鍛え上げて幻惑の学聖ボタンを付ければ、逆に中ボス・ラスボスの両方をまとめて久那妓1人で完封出来る。
(幻惑ボタンの命中&回避+20と対魔属性ボーナスの命中&回避&反撃+30で実質回避+50)
そのためには終盤の強化やデートによるステータス補正、キャラクリ達成が不可欠だが、彼女のENDを見るついでに行えばそれほど苦にはならない。

原作でのイベントシーン(ボイス付き)はこちら


BBBにおける天楼久那妓


原作通り高い機動力を持つスピードキャラ。
担当声優は蒼乃ヰ氏。

全体的な挙動が素早く、豊富な移動技を備えるため全キャラ屈指の機動力を誇る。
小柄ながら爪のエフェクトが伸びる技が多いため、リーチ・判定面においてもトップクラスに当たる高性能。
また、地上ダッシュがホバータイプでスピードがあるため、単純な高速中段による崩しが可能な上に、
設置技・表裏を迫る移動技の存在から起き攻めも非常に強力。
さらにワープ技やゲージ消費の無敵技など切り返しも完備と絵に描いたような万能キャラ だが
その代償として全キャラ最低クラスの紙装甲(一応このキャラより柔らかいキャラが2ほどいるが)。

立ち回りコンボ起き攻めと、出来ることだけを挙げるなら本当に万能であることは間違いない(強いて言えば最大火力が低い)のだが、
このゲームにおいて最大の問題となる「ゲージ効率の悪さ」という欠点がそれら全ての長所に重く圧し掛かる。
そしていかんせん紙であり、全体的に高火力なキャラばかりなこのゲームでは、
一回の読み負けやガス欠のリスクが他のキャラの比ではないため、かなり繊細かつ計画的な立ち回りが要求される。

ある意味『BIGBANG BEAT』というゲームのシステムの影響を最も受けたキャラの一人であると言える。
それ以上にこのゲームの環境の割を食っているという問題もある気もするが。

このキャラのビッグバンブレイク「蒼空の力・解放」は少々変わっていて、
他の技から派生する点は同じだが派生元はBパワーアーツ「忌むべき力・解放」という強化技。
「忌むべき力・解放」は使用するとゲージが減少し続ける代わりに効果中は各種技性能が変化
(爪を使った通常技から炎が出る、ダッシュが高速のランタイプになるなど)する強化技で、
ビッグバンブレイクの「蒼空の力・解放」はこの技の派生で効果時間中久那妓の周囲に攻撃判定を出す
しかし、忌むべき力・解放だけでもゲージがあっという間に消えていくので、
使おうとするなら実質的に後述のエンハンスを3回積まなければ使い物にならないため、かなり使い辛い。
エンハンス「蒼き力・集中」はゲージを0.5本増加させる他、3回使うと「忌むべき力・解放」のゲージ消費を低減する。

余談だが、初期は紙防御だが素早い動きに高いゲージ回収率、受身不能時間の長いコンボによって、
ずっと久那妓のターン!といった感じでトップクラス(ジョインジョイントキィ的な意味で)のランクに置かれていた。
極端な紙装甲キャラはその評価も極端になりやすいというのは、格ゲーの調整における一種のお約束なのだろう。

物凄く聞き取り辛いがまんぼうに対して「か……可愛い……」と反応する特殊イントロがあったりする。可愛い。
さり気ない原作ネタだが(『大番長』にも特定キャラとの戦闘時にこの台詞がある)、本来の対象はまんぼうではない。



MUGENにおける天楼久那妓

MUGENではほとんどの久那妓がLIFE1000・DEF100で、低いながらも根性値が設定されているため、『BBB』と違って紙どころか逆に少し硬い。
にもかかわらず『BBB』のイメージが付いて回っているらしく、動画のコメントで紙呼ばわりされることも多々あるようだ。

原作再現・アレンジ系

+ゆーり氏製作
  • ゆーり氏製作
現在はフリーティケットシアター閉鎖により入手不可。
MELTY BLOOD』風アレンジ仕様の久那妓。ディスプレイネームは「kunagi_tenrou」。
エンハンスの効果は「ゲージ0.4本増加、3回使うと解放の継続時間倍」。
緋麿氏のAIが存在していたが、こちらも本体同様入手不可。

+kayui uma氏製作
  • kayui uma氏製作
2017年2月のJ:COMのWebSpace終了によるサイト消滅により、現在入手不可。
ディスプレイネームが「kunagi」となっている。
エンハンスの効果は「ゲージ0.5本増加、3回目で解放時のゲージ消費量減少」。
特殊カラーとしてブラックカラーとゴールドカラーを搭載している。
前者は常時ゲージMAX、後者は常時ゲージMAX、ライフ自動回復、根性値UP、ダッシュ中飛び道具無効、真影(必殺技)の強化と性能が上昇する。
J・J氏とfoolish owl氏のAIが存在するが、後者のAIは本体と同じサイトで公開されていたため入手不可。

また、改変キャラとして「Apogee Kunagi」というキャラが存在する。

+Songfu氏製作
  • Songfu氏製作
『BIGBANG BEAT Revolve』(BBBR)仕様の久那妓。
原作の仕様は一通り再現されており、非常に高い完成度を誇る。
AIもデフォルトで搭載済み。

+Ina氏製作
  • Ina氏製作
ディスプレイネームが「Kunagi Tenrou」であり、Pゲージを持っている。
エンハンスの効果は「ゲージ0.5本増加、3回目で解放時のゲージ消費量減少」。
旧版では、CPU専用のボスモードが搭載されており、このモードでは一部の技の性能が変化し、専用の超必殺技を使ってくる。
同時に体力自動回復の効果も付くため、タッグ戦では死んだのに回復し続けるという妙な事態に陥ることも。
8段階にレベル設定が可能なAIを搭載しているが、初期設定ではOFFになっているので注意。
コンフィグではカットインの変更、ボスモードの仕様の変更が可能。セッカッコー!はぁぁぁん!
超必殺技のカットインには『大番長』のOPムービーに加え、原作のイベントCGが搭載されているのが特徴。
また、2012年8月にリメイク版が公開され、『BBBR』の必殺技が搭載された。オリジナルの新技も追加されているので、一度触ってみるといいだろう。
リメイク版への更新に伴い、旧版のボスモードは削除。コンフィグでもカットインの変更、Pゲージ仕様の調整、処刑用BGMの変更となっている。
デフォルトのAIは未搭載。

+⑨氏製作
  • ⑨氏製作
ディスプレイネームがkayui uma氏製と同じく「kunagi」。キャラ登録の際は注意されたし。
原作再現タイプで、Bストーン以外のシステムはほぼ実装している。
「忌むべき力・解放」中の技性能の変化が再現されず長らくβ版となっていたが、更新により性能変化も搭載され、完成となった。
Pゲージもちゃんと再現されている他、『BBB』と同じように勝利後体力が引き継がれる仕様となっている。
configで引継ぎの有無を選択出来るようになっているので、気になるならば引継ぎ無しにしておこう。
最新版はMugen1.1専用となっているので注意。Win版対応は既に公開停止&動画使用禁止。MUGEN1.0専用版は2016年12月31日を以て公開終了。

shao氏によるAIが公開されている。
WinMUGEN版用にはTizona氏による11段階設定のAIや、syuri氏によるAIパッチが製作されていたが、
前者は本体のMUGEN1.0専用化と共に、後者はniftyのアットホームページ終了によるサイト消滅と共に公開終了している。
Tizona氏版はリーチを生かした牽制からのコンボ、syuri氏版は積極的に飛び込み、接近戦に持ち込むスタイル。
また、エス氏による『大番長』でのボイスを適用するパッチが無限ロダにて公開されていたが、同所の閉鎖により現在入手不可。

+kagetsu yuki氏製作
  • kagetsu yuki氏製作
神威月読きなこを製作したkagetsu yuki氏による久那妓。
氏の他の『BBB』キャラと同様、独自のアレンジが加えられている。
氏の狼牙やブラック狼牙と比べると火力は低めだが、どこからでも画面端に吹き飛ばして攻めを続行出来るため、攻めの能力は高い。
ゲージストックは5だが、ゲージ効率がやや悪いので積極的にゲージ溜めを使っていきたい。
必殺技の構成は『BBB』1stと『BBBR』の混合仕様で、BPA、BBBにオリジナル技がそれぞれ追加されている。
また、本体はWinMUGEN用だが、新MUGEN用のSFFも公開されている。

2019年9月20日に最新版のVer2が公開された。
旧版には搭載されていなかったBダッシュやBインパルス、ダッシュキャンセルやコンボ補正など、同氏のアレンジキャラ共通のシステムが搭載された。
全体的に作り直されており、一部のエフェクト画像も綺麗なものに差し替えられている。
エンハンスも搭載され、達成毎に技やコンボルートの解放とゲージ効率が上昇する。
新技として空中投げ、設置型飛び道具の「切り裂く者・旋」と、自己強化技のファイナルアタック「忌むべき力・開放」が追加された。
この「忌むべき力・開放」はフルエンハンスで解禁される技で、発動中はゲージが徐々に減っていく代わりに移動速度上昇、
juggle制限の解除、ゲージを消費する行動を消費無しで使用出来るようになるというもの。
ゲージが0になるか、Bインパルス、BBB、ファイナルアタックの使用で強化が解除されるのだが、
一度解除されると「試合中永続でゲージが使用不可能になってしまう」という大きなデメリットもあり、正に諸刃の剣と言うべき技となっている。
12Pの特殊カラーモードも追加され、常時「忌むべき力・開放」状態、ゲジマユ、最初からフルエンハンスの覚醒モードが使用出来る。
また、攻め能力が大幅に強化された分、初期ライフが880に下方修正されており、耐久面では紙となっている。
AIは搭載されていない。

凶悪キャラ

+qwerty氏製作 天狼
  • qwerty氏製作 天狼
現在は入手不可。
神キャラアレンジ。格ゲーに見えるが全画面判定になっている。

+熄癈人氏製作 羅刹
  • 熄癈人氏製作 羅刹
こちらも神キャラアレンジ。
氏の改変キャラの例に漏れず、覚醒システム等の凝った仕様が光る。

+macbeth氏製作 神代久那妓
  • macbeth氏製作 神代久那妓
現在は公開停止。
疾走する紅の狼。ゆーり氏の天楼久那妓をベースとしており、炎系のエフェクトが特徴的。
軽量化版defファイルが存在する。

これら以外に神キャラの神速久那妓が存在。
「神速」の名に相応しく、人操作では手に余る代物である。

+また、原作設定上の余談ながら
ニコニコMUGENでは何かと「和」であることが強調されやすい彼女だが、
実際の所、服飾周りのデザインはどちらかと言えば大陸系のそれであり、
また設定上でも天楼の一族はルーツを北欧に持ち、
世界中の様々な人種との混血を繰り返してきた一族という背景があるので、言うほど「和」の人と言うわけではない。
とことん日本的なキャラ造詣なのはむしろ扇奈の方だったりする。

もっとも(少なくとも『BBB』に出演している分には)現代の学生風のデザインとなっている同作品の登場人物の中で、
一人オリエンタルな空気を醸し出しているのが効いているのかもしれないが…。

大会動画でも好成績を残してすっかり常連組となっており、ストーリー動画の出演も少なくない。
そして腰つきがエロい。どこを見ている
狼牙もしくは後述の理由で刹那との共演が多い。

+大会&動画でのタッグ(※二次ネタ注意)
SNKの幕末剣客格ゲー『月華の剣士』に登場する刹那とタッグを組むことが多い。
その名もズバリ「和風銀髪」。
久那妓の連撃で相手を封殺し、そこへ刹那の「無銘」による高火力が追い打ちをかけるという、息の合った良タッグである。
見た目が和装(両方とも正確には違うが)、銀髪、なにより勝利ポーズが一致ということから人気を獲得している。

有志による夫婦AIも存在するが、当然ながら原作とは何の関係もない。
もちろん、原作通りに狼牙や扇奈と出演することも多いが、それに匹敵する勢いで刹那との共演動画も多い。
この動画では刹那と共に食堂を経営していたり、この動画では二人で主演を張っている。

夫婦ネタはあくまでニコMUGENネタであり、他の場所では自重するよう注意すべし!!
特に原作およびBBBとは無関係の言い掛かりの完全なネタなので、所構わず言わないように。

……そして本物の兄貴が参戦したため、今後のストーリー動画に兄妹が揃う日は近いかもしれない。


「その程度か!」



出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
天狼
羅刹

出演ストーリー

+...
Chain Of Hearts(草薙京の彼女?)
Determination苦手…)
DragonXross
F.K.B. ~炎とナイフとバーグマンの事情~
K&K
MUGEN Fighters History
MUGEN STORIES INFINITY
MRSバトル
MUGEN学園カラス部(番外編にて登場)
MUGEN商店街の人々
MUGENの住人~無限剣客浪漫譚~
~Restaurant Dolls~
Revelations
Reverse Night(名字が 十六夜 、第一種危険物の錬金術師)
Transfer Avengers
明日への道標
カンフー美鈴の修行
鬼神無双!(萃香を溺愛)
空条承太郎~その青春~
クロス・イン・ワンダーランド~夢幻武闘劇~(モザイク除去機枠)
木の葉隠れ半蔵
志貴と無限市物語(ヒロイン<空気>)
ししらぐ日は(第二章~)
シンクロナイズド・ストーリーズ(無限市物語枠)
セルハラ訴訟勝訴争奪男女対抗団体戦
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-(スターダスト美鈴枠)
血が嫌いな吸血鬼
月宮あゆの幸せな毎日。
とある無限の物語
ドラコ!!
とらいあんぐるデスティニー(名字が 斬真 、狼牙の姉)
ナイトメア・ハンターズ
七夜が往く
七夜月風(神速生徒会長)
春香さんの学園天国!
ヒナナイの剣
楓流メイフィールド(名字が 御名方 、解説役)
ブランドー一家
新約ブランドー一家
プロジェクトB
宝石少女とツギハギのカミサマ
無限の果てに。
夜風物語(性的(近親相姦的な意味で)に自重しないクナーダム)
モザイク除去機(変態)
ランダムセレクトストーリー
女神異聞録アルカナ