カード能力解説 > いさましいフレッド

いさましいフレッド

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 フィールド上のすべての色ぷよを紫ぷよにし、その後の盤面にプリズムボールを生成
Lスキル能力 体力を強化し、n個以上の同時消しで攻撃力も強化する
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2018年8月初旬のぷよフェスにて登場。
2020年7月7日に☆7が実装された。

ステータス

☆6MAXで体力4138、攻撃2548、回復265。
☆7MAXで体力6104、攻撃4077、回復325。

スキル

フィールド上のすべての色ぷよを紫ぷよにし、その後の盤面にプリズムボールをn個生成。
☆6で9個、☆7で13個。
必要ぷよ消し数は40個。

はれやかなウィンの紫属性版のスキル。
他の同系統のスキルと同様、
色ぷよ変換に伴う攻撃より、その後のプリズムボールの使い方が肝となる。

リーダースキル

味方全体の体力を強化し、n個以上の同時消しで攻撃力をm倍にする。

☆6で体力3.0倍、10個で攻撃力4.0倍、
☆7で体力3.5倍、8個で攻撃力5.2倍。

はりきるドラコの上位互換で、体力倍率・必要個数・倍率のすべてが同じか上回っている。
他の同レアリティのフェス限定キャラと比べても高い攻撃倍率を持つが、
☆6では10個消しを維持し続けるのは意外と難しく、盤面によってはいつまでも10個消しできなくなることも考えられるので、
ぷよ変換スキルやネクスト変換などで補う必要もあるだろう。

☆7では8個となり、通常時は2色同時消しでも達成できるので、だいぶ条件を満たしやすくはなるが、
レガムントおおきいポポイのように最低倍率がなく、
ぷよ消しを伴わないスキルでは等倍となってしまうなど、依然として使いづらさは残る。

コンビネーション

ボーイズ、海賊が乗る。

デッキ考察

リーダーとして使う場合、同時消しをしないと攻撃力がまったく上がらないので、常に意識して消す必要がある。

全消しなどの盤面を経由しないスキルも攻撃力が一切上がらないので、相性は悪い。
スキルもリーダースキルも、盤面全体を単色に変換して全消しするスキルとの相性が良いので、
旅の占い師フェーリオボロなどと併用すると良いだろう。
特にオボロは攻撃力を一時的に2.0倍にしつつプリズムボールを全消しするため、
サタン&カーバンクルやきらぼしのレムレスの2.4倍にはやや及ばないものの、なかなかのダメージが期待できる。

通常攻撃で常時攻撃アップを発動させたいならば、童話雅楽師の組み合わせが有効。

評価

リーダーとしては非常に高い攻撃倍率は魅力だが、条件を達成しづらく、達成できないと等倍になってしまうため、無条件のカードよりも扱いにくい。

リーダー以外として使う場合も、場合によっては厄介になるプリズムボールばらまきの使いづらさから、他のカードに取って代わられがち。
一時的に攻撃力を上げつつ全消しするスキルを持つオボロや、ぷよぷよテトリス2シリーズのスクエアスと組み合わせれば
かなりのダメージが期待できるのだが、現時点では前者は入手機会が少なく、後者は入手不可能。
また紫属性の全消し砲台としては、単体で高威力を出せるラフィソルという鉄板がおり、本カードとはスキルの連携もとれない。
オボロとの組み合わせだと、一応ダメージ自体はこちらが上回る。だがその差は微々たるもので、
ラフィソル+かがみのラフィソルの方がそれぞれのカード自体の汎用性も高く手軽に高いダメージを叩き出せる。

ただし、スクエアスをすでに持っているならば、少し話は変わってくる。
スクエアスは全消しでプリズムボールを4つ生成するリーダースキルを持ち、
いさフレのスキルで全消しすると、合計で17個のプリズムボールが盤面に残ることになる。
さらにスクエアスのスキルはきらぼしのレムレス・サタン&カーバンクルに並び、オボロ(2.0倍)を上回る倍率(2.4倍)を持つので
これでプリズムボールを全て消すことができれば、かなりのダメージを叩き出せる。
とはいえ、これはあくまでも「消すことができれば」の話で、盤面の1/3以上を占める17個が
一発で消えるかは運といってもいいレベル。非常に失敗しやすい不安定なものとなる。
失敗を減らすには、あえていさフレを☆6で止めておく、スクエアスをリーダーにしない、
プリズムボール生成後に1ターン使って整地するなどの必要が生じる。

これらから、現状ワイルドさんを使ってまで、このカードを☆7にしてプリズムボールを大量にばらまく必要があるかは正直微妙なところだろう。

余談

  • リーダースキルの条件である同時消し個数には、おじゃまぷよなども含まれる。
  • 「全消し+プリズムボール生成スキル」を持つフェス限定カードは各属性にいるが、本カードはその中でもっとも最後に☆7化されたカードである。その1つ前であるはれやかなウィンから7ヶ月強も遅れて実装されることとなった。
  • ラフィソル系がいる現在は二枠使う上に安定しないプリボばらまきフェスは育てる価値が非常に薄い。プリボが綺麗に整地されるような特訓スキル、または上方修正が来ない限り日の目を見ることはないだろう。
最終更新:2021年01月05日 11:18