カード能力解説 > あかきウィッチ

あかきウィッチ

レア度 ☆6
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 フィールド上の色ぷよ、ハートBOX、おじゃまぷよ、かたぷよをランダムで10個プリズムボールに変え、
その後すべての色ぷよを赤ぷよにする。
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 全体の攻撃力を3倍、体力を3.2倍にし、
3属性以上の同時攻撃でさらに攻撃力を1.4倍にする
コスト量 48

解説

2019年の初売りガチャにて登場。
ウィッチ初の赤属性でもあるカード。


ステータス

体力4218:攻撃2551:回復300


スキル

フィールド上の色ぷよ・ハートBOX・おじゃまぷよ・かたぷよをランダムで10個プリズムボールに変えその後すべての色ぷよを赤ぷよにする。
必要ぷよ消し40個。

かたぷよまでプリズムボール化の対象となるスキルは初となる。

説明文だと解らないが、色ぷよ以外を優先的にプリズムボールに変える。
たとえば、フィールド上にハートBOXがちょうど10個あった場合はそれが全てプリズムボールになる。
ハートBOXを優先して消すということは、スキルでの回復しづらいということだが、プリズムボールが全部消えず残る事態は比較的起こりにくい。

うるわしのルルーや戦乙女ダークアルルなどと違い、プリズムボールを生成してから色ぷよを変換するため、自身のスキルのみで高い火力が出せるのが特徴。
赤属性に44.2倍もの大きな攻撃力をもたらすが、それ以外の属性でも30倍の攻撃力となり、ラフィソルの威力にはやや及ばないものの、多色デッキでも強力。
3属性以上入れてプリズムボールが1つでも消えれば発動するリーダースキルとの相性も抜群に良い。

リーダースキル

全体の攻撃力を3倍、体力を3.2倍にし、
3属性以上の同時攻撃でさらに攻撃力を1.4倍(合計4.2倍)にする

攻撃、体力共に充分な倍率のうえ、3属性同時攻撃なら多くの☆7フェスカードにも迫る倍率となる。
ただしチャンス生成やネクスト変換などの追加効果は持たないので注意。

☆6同士であればかがみのラフィソルと効果は同じ。☆7実装後も似たものになる可能性は高い。

コンビネーション

「初代メンバー」「ガールズ」「あっちっち」
初代メンバーだけでなく、本家と違い初代コンビよりもさらに倍率が高くなる「あっちっち」が乗るためおうえんデッキ要員としても非常に強力。

デッキ考察

リーダースキルは単色でも多色でも使えるが、スキルは最大限の威力を発揮するには赤単色が必要。
リーダーにする場合、最大火力にはデッキ内に3属性必要なので、主に赤の疑似単色で使うことになるだろう。
デッキ編成に3属性以下が求められる蒸気都市のアミティ(orラフィーナ)とも最大倍率を両方維持したまま運用することも可能。この場合はデッキの属性数が主副あわせて3属性ちょうどである必要があるが。

しかし多色デッキでも、最大ではないがかなりのダメージを出せるので、多色デッキの要としても問題ないだろう。

評価

リーダースキルもスキルも、☆6のフェス限定カードの中では最強クラスの威力を持ち、☆7に迫る勢い。
弱点が少なく安定しており、多色デッキでも活躍できる汎用性も魅力。
まだ☆7が実装されていないが、☆7次第ではさらに化ける可能性がある。
最終更新:2020年11月20日 11:58