カード能力解説 > かがみのラフィソル

かがみのラフィソル

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 フィールド上のぷよ類をn個までプリズムボールにぬりかえ、
さらにこのターン1回のみ直後に発動した味方1体のスキルを再度発動可能にする
Lスキル能力 味方全体の攻撃力を強化し、
3属性以上の同時攻撃で味方全体の攻撃力をさらにn倍にする
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2020年6月の2200万DL記念ガチャにて登場。
ぷよフェス枠のキャラクターの亜種カードがぷよフェス枠に登場するのは初のパターン。
本家のラフィソルとは別キャラ扱いとなっている。
コンビネーションに組んだり、テクニカルに同行したりは可能だが、お互いのカードでのスキル上げはできない。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
かがみのラフィソル(☆6 Lv99) 4140 2570 230
かがみのラフィソル(☆7 Lv120) 6106 4112 281

リーダースキル

味方全体の攻撃力と体力を強化し、
3属性以上の同時攻撃で味方全体の攻撃力をさらにn倍にする

☆6で攻撃力3.0倍、体力3.2倍。3属性以上で攻撃力をさらに1.4倍(計4.2倍)。
☆7で攻撃力3.5倍、体力3.5倍。3属性以上で攻撃力をさらに1.5倍(計5.25倍)。

あかきウィッチと同じリーダースキル。
こちらは☆7が解放されており3属性以上での攻撃時は数あるリーダースキルの中でも最高クラスの攻撃倍率となる。

ただし同時攻撃を考慮しない基本倍率は☆6→☆7でやや伸び悩み、☆7になっても
体力が0.3倍、攻撃力も0.5倍の上昇にとどまる。素の状態では追加効果がない分そのままでは☆6フェスカードとほぼ同等とやや心もとない。
☆7フェスカードの基準はクリアしている体力はともかく、攻撃は3属性以上同時攻撃をすること前提に設定されている模様。
(参考……多くのフェスカードは☆7になると(実質上昇系を含め)攻撃力が1~1.2倍増加となる
例として目覚めし力シリーズの場合、攻撃力が3倍から4.2倍になっている
かがみのラフィソルの場合は条件を満たした時にこの倍率になるため、基本倍率があえて抑えられているのだろう)

スキル

フィールド上の「色ぷよ、ハートBOX、おじゃまぷよ、かたぷよ」をn個までプリズムボールにぬりかえ、
さらにこのターン1回のみ直後に発動した味方1体のスキルを再度発動可能にする。

☆6で5個、必要ぷよ消し数は40個。
☆7で8個、必要ぷよ消し数は35個。

このスキルを発動したあと、なぞり消しせず、そのターンのうちに別のカードのスキルを発動すると、
その発動が終了したあと、同じスキルをすぐに再度発動できる状態になる。
フルパワースキルにこのスキルを使用すると、再びフルパワーで発動できる状態となる。
もちろん、このスキルよりも前に発動したスキルは再発動の対象とならないので、順序を間違えないように注意。
また、「このスキルを再度発動できるようにする効果」は同一ターン内において連続で発動しない。
連続の効果は同一ターンにほかのスキルを挟んで使用しても継続するので注意。
例:スキル使用順がかがみのラフィソル→ラフィソル→(再発動可能になる)→ラフィソル→かがみのラフィソル→シェゾ(再発動可能にならない)

同キャラを2体入れるのと比較すると、コンビネーションを発動できる点や、
プリズムボールを生成する分ダメージを上乗せできる点、
どのスキルを再発動するかを臨機応変に変更できるデッキを組める点がメリットとなる。

再チャージされたスキルはすぐに使う必要は無い。
例えば必要ぷよ消し数50等の重いスキルも本スキルを併用することで、
実質40(35)個のぷよ消しで再チャージする、と言う使い方もある。

ちなみに、かがみのラフィソルを2枚以上用意すると、一方のスキルでもう一方を再度発動させられる。
同一カードが再発動効果を使えるのは1ターン内につき1回までのため、再発動させた本スキル、
つまり2枚用意した場合の3回目はプリズムボールぬりかえだけが発動し、再発動の効果は起こらない。
これによって、2枚で相互に再発動を行った場合は、プリズムボールをぬりかえ3回行えることになる。
あまり幅の広くない戦略となるが、☆7が2枚の場合24個のプリズムボールを任意の位置に生成できるので、
リーダー・サポートの両方を本カードにして、オボロスクエアスでプリズムボールをまとめ消しすると
本カードのリーダースキルの強力さもあいまって、なかなか強力な威力となる。

コンビネーション

「ガールズ」「ボス!?」「ナゾ多き」

デッキ考察

スキルの有効な使い方はいろいろと考えられる。
もっともシンプルなのは、本家のラフィソル等の盤面攻撃スキルを2回発動させる使い方。
プリズムボールのぬりかえがある分、大きくダメージを上げられる。
また、戦乙女ダークアルル等、盤面攻撃後にプリズムボールを生成するスキルと組み合わせることで、
2回目のダメージを(プリズムボールがある分)上げる事が可能。
そのほかには、ペルヴィスなどのターン遅延スキルを2回発動する使い方もある。
キノコシリーズ伝説聖獣シリーズのように
スキル中にぷよ消し数を貯める事ができるスキルでブーストをかける、と言う使い方もある。
(スキルブーストをかけるだけであれば他スキルの方が有効ではあるだろうが・・・)

本カードのスキルの特殊な組み合わせとしては・・・
  • 蒸気初代シリーズなどでフルパワースキルに使用した場合は、「フルパワー」の状態で再発動可能となる。
  • チャーミードラコの場合、「チャーミードラコ(攻撃及び盤面リセット)→連鎖のタネ状態」で再待機となる。
  • きいろいサタン(アセンショ~ン!(+))やかどめくデーモンサーバントの場合、自身ではスキルチャージが出来ない分を補える。
    • 2ターンで40個(もしくは35個)のぷよを消せば、再度かがみのラフィソルのスキルが使用できループが成立する。
      ただし、すべての攻撃・スキルが封印されており、ダメージを与えることがほとんどできない上せっかく生成したプリズムボールが意味をなさないため、まったく実用的ではないが・・・
      現在ではめくるめくアリィが実装され、プリズムボールの置き方さえ気をつければ封印デメリットを緩和できるようになっている。アリィの主属性が誰とも重ならないため必然的に多色になり、プリズムボールを生かす場合それを維持しつつぷよを消す必要があるため、チャンスぷよ生成スキルを持つキャラとの併用が推奨される。


評価

プリズムボールをなぞり生成する効果がかたぷよまで及ぶことと、その直後に使用したキャラのスキルリチャージができる点から、組み合わせ次第でどこまでも応用が効くスキルを持つカードである。
単にプリズムボールを生成するカードとして採用するのもありだが、後半の効果が非常に独自性が高く、かつ強力。
効果が効果なので使いこなすのはやや難しいが、入手できたなら重宝するカードになるので、是非とも育てておきたい。

また、なぞり増などの追加効果がない分倍率の高いリーダースキルなのでバトルのリーダーとしても優秀。腕に自信があるなら採用してみてもいいだろう。
最終更新:2021年08月24日 14:41