ソランジュ

名前の初出:第288話
初出:第292話

声(ドラマCD第2弾):長谷川 暖
声(ドラマCD第3弾/第4弾):宮沢きよこ

容姿

髪の色:薄い紫
000000000
瞳の色:青
000000000

地位

階級:中級貴族
職種:文官・貴族院の司書教諭

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+48*1
  • 誕生季:冬*2
  • 属性:光または闇を持っていないことが作中で推測されている*3

ソランジュ視点の回

書籍第十四巻 プロローグ
書籍版 貴族院外伝 一年生「ソランジュ視点 プロローグ」
書籍版 貴族院外伝 一年生「ソランジュ視点 閉架書庫と古い日誌」

作中での活躍

クラッセンブルク出身*4。中央の中級貴族で、貴族院の図書館の司書で、知識の番人*5
政変後の粛清で同僚だった上級貴族達が亡くなった後、一人で図書館を守ってきた。
シュバルツとヴァイスの主になるには属性が足りず、図書館を維持するための魔力も足りなかったため、重要な魔術具もいくつか止まっていた。
ローゼマインによってシュバルツとヴァイスが再び動くようになった時は感動して涙を流した。
エーレンフェストの学生達が、他の生徒が借りない本に興味を示して写本しているのを不思議に思う。
貴族院において、ローゼマインの初めてのお茶会の相手になった。
おっとりおばあちゃま*6

地下書庫に王族や領主候補生が出入りしていることを自身の経験で知っていたことから、政変後にに対し、領主会議の時に訪れて欲しいと願い出ていたが、図書館に立ち寄る時間などないと断られ続けた為、3年で諦めた。*7
第三閉架書庫の資料の閲覧を望む者が訪れる度に、第三閉架書庫への入室に必要なシュバルツとヴァイスを起動させるためにも上級司書の配属を王族に掛け合って欲しいと頼んでいたが、王族から怒りを買うことを恐れ誰も請け負ってくれなかった。*8
ヒルデブラントが参加した本好きのお茶会で、図書館の窮状と上級司書配属の希望を、直接王族に訴えることができ*9、その翌年、オルタンシアが上級司書として配属されたことで要求が通ったと喜んだ。(実際にはラオブルートの疑惑により配属が決定した)*10

オルタンシアに対し、ローゼマインが開かずの書庫に関してヒルデブラントに尋ねた経緯を説明して疑惑を解き、更に中央騎士ではなく貴族院の司書なのだと諭して、学生であるローゼマインを疑いの目で見たり調べたりすることを控えさせた。*11

経歴

11年冬 貴族院でローゼマインとお茶会をする*12
    アナスタージウス王子に、シュバルツ達の情報、上級司書が3人がかりで魔力を込めていたことを伝える。
    ローゼマインとフェルディナンドの協力(契約付き)により、次の冬までの魔力供給用の魔石を得、未返却の本を取り返した。
12年冬 ローゼマインに図書館にどのような魔術具があるか教え、「じじさま」のことは知らないが古い魔術具ではないかと推測する。*13
    本好きのお茶会で、シュバルツ達が動かないと本が未返却になったりすること、上級司書3人がいなくては開けられない書庫が3カ所あることを伝える。
    ローゼマインに司書の報告書を貸し出す。*14*15
    中央騎士団長の質問に答え、昔の司書の報告書を貸し出した。*16
13年冬 王子達とローゼマイン達を地下書庫へ案内する(魔力制限で途中まで)*17
15年春 図書館を訪れたラオブルートによって鍵を奪われ拘束された。
    継承式後、「春の訪れに対する振る舞い」を心得ていることを述べる。*18



コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 仲良くなると重要情報を提供してくる司書の鑑。ゲーム的お助けキャラ - 2016-07-02 15:16:57
  • 貴族院時代のフェルディナンドの知己。(335話) - 2016-07-02 15:27:23
  • ロゼマ相手だと結果的にトラブルの原因になるような微妙な行動ばかりしてるよねこの人。物語の局面を動かすキーマンという役割を不幸にも(作者に)与えられた(作中の)普通の人… (2018-10-12 05:13:01)
    • まあ国にとってとても重要な場所を、そうとは知らずに管理させられてるからねえ (2018-10-14 18:51:46)
  • 個人的に眼鏡かけてるイメージが強いが、ユルゲンシュミットでは眼鏡が普及してないのでかけてないんだろうなぁ (2019-12-21 01:38:36)
    • 書籍にカラー口絵やモノクロ本編挿絵いくつもあるので買って読みましょう 答えとしてはかけてません (2019-12-21 02:00:31)
  • 「知識の番人」なのに、ラオブルート達に脅されて鍵を提供しちゃった。女神との契約に抵触しないのだろうか? それとも権力や脅しに屈したのには当たらない? もしかしたら、契約なく鍵を手にすると罰が下されるのを期待したとか? (2020-05-02 09:03:42)
    • ツェントが任命した上級司書(制度上正しい有資格者)に対して、女神との契約の危険性(前任者がどうなったかまで含む)を説明した上で仲介する事に何の問題があるというのか?ちょっと何言ってるか分かりません (2020-05-02 10:36:39)
    • 第641話のソランジュの説明にある鍵渡しのこと? 保管してある知識を破壊をしようしている権力者に屈したのなら契約違反だけど、知識を得ようとしている権力者に保管場所に至る鍵を渡すのは違反にならないと思うが。 何が何でも権力に屈するなではなく、「英知を求め集め守り奉納する」ことを権力に屈せず行うことが契約内容なのだから。 (2020-05-02 12:17:22)