真拳 涅槃滅界曼荼羅


【概要】
真拳 涅槃滅界曼荼羅(しんけん ねはんめっかいまんだら)とは、無敵超人108秘技の一つにして、無敵超人・風林寺 隼人の最終奥義。
殺意がない為、世戯 煌臥之助の最終奥義・真剣 涅槃滅界曼荼羅に一手劣る。
外見上は連続パンチ。威力は不明だが、煌臥之助に大きなダメージはなかった。
コマ上の表記が不親切で長らく「真拳 涅槃滅界」と思われていたが、公式によると「真拳 涅槃滅界曼荼羅」であるらしい。

実際に使用された表記である。
隼人の側に「涅槃滅界!!」、煌臥之助側に「曼荼羅!!」と記述されている。
エクスクラメーションマーク(!)の用法上、涅槃滅界曼荼羅と読めた読者はほとんどいなかったと思われる。
涅槃滅界曼荼羅と読むならば、涅槃滅界の後ろのエクスクラメーションマークは誤植の可能性が高い。

登場話 566話
武術 無敵超人108秘技
使用者 風林寺 隼人

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。