無拍子

【概要】
無拍子は白浜 兼一が編み出したオリジナル技の一つ。
空手の突きに柔術の体捌きと中国拳法の気の運用、そしてムエタイのパンチの要訣が合わさった全く異質の突きであり、多数の武術を扱う兼一ならではの技と言える。

その破壊力は凄まじく、ジークフリート叶 翔鍛冶摩 里巳といった多くの強敵達との戦いで決め手となっており、最後まで名実共に兼一を象徴する奥義であり続けた。
また威力以上に特筆すべきなのがその発動速度であり、構えからノーアクション・ノータイムで相手を射抜くため、弟子級相手なら発動さえすればまず回避は出来ない程。
作中においてはオーディーン観の目を用いた防御で防いでいるが、それでも回避までは出来ず、両手で受け止めるのがやっとであった。

ただし、気の運用も含まれるという性質上かなりの集中を要し、なおかつ突きが完全に入るだけの超近距離まで詰める必要がある等、使用条件は非常に厳しい。
そのため、覚えたての頃は10回やって1回成功するかどうかという精度の低さも大きな弱点となっていた。

物語の後半では兼一の成長と共に精度も安定し、課題であったレンジの問題も、流水制空圏で相手の動きと一体化する事で懐に潜り込む等の方法で克服している。

なお武田 一基もノータイム・ノーアクションで繰り出す突きを開発しており、初めて使用した際には「無拍子(オートゥリズム)」と表記されていた。
しかし秋雨の分析によれば武田の突きは背筋の力を上手く使った似て非なる技であるとされる。
また、兼一の無拍子に比べて威力が大きく劣る一方、気の運用が不要であるため連射が可能という長所もある。


使用者 白浜 兼一武田 一基

最終更新:2020年09月07日 15:48
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。