Republican Space Rangers

?plugin=ref&serial=662

概要

Republican Space Rangers(リパブリカン・スペース・レンジャーズ)はWEAZELで放送されているテレビアニメ。
このアニメは前作GTA4でも放送されており、今回は前作からの正式な続編である。
説明書等における公式の邦題は「宇宙戦隊リパブリカン」と、日本におけるスーパー戦隊シリーズを彷彿とさせる邦題*1
Impotent Rageがリベラル派のヒーローであるのに対して、Republican Space Rangersは保守派のヒーロー。
昨今のアメリカ合衆国政府を皮肉った内容で、アメリカの戦争好きや人種差別などを皮肉った風刺アニメ。
特にイラク戦争でのアメリカをコメディチックに描いている。


3人の主人公の衣装は、Haloシリーズに出てくる「マスターチーフ 」の装備をモデルとしている。
レーザーガンは主にコマンダーが使う両手持ちランチャーのウィドウメーカー、片手持ち型はヘルブリンガーというもの。
この主人公のコスプレはVinewood北部の映画館Oriental Theater前でよく見られる(小ネタ その2のコマンダーを参照)。
ミッションFriend Requestでレスターがこのフィギュアを持っていることがわかる。

オンラインでは「アリーナウォーズ・アップデート」にてそのスーツ一式に加え、作中で使われている武器までもプレイヤーが使用可能な物として実装された。
同作が好きなら揃えてコスプレを楽しんでみるのも悪くない。
また、リアータイッシースポーツスクラムジェットのボディーペイントにもこのアニメのキャラが描かれたものがある。

因みに、カーディーラーアップデートの車両倉庫のデザインを「アーバン」にすると、別のテレビ局CNTのアニメキャラ プリンセスロボットバブルガムとコマンダー(こちらはWEAZEL)がキスをしているウォールアートがある。
アリーナウォーズアップデートのアリーナワークショップのデザインにもスーツを着たガイコツが描かれている。

  • www.republicanspacerangers.com
    「アメリカについに、アザラシの子供を悩ましたり、トカゲを脅かしたり、いわゆる地球温暖化に対処するよりも重要なことがあると知っているヒーローが出現しました。」
  • GTAIV公式サイトRepublican Space Rangers


ストーリー

リーダーのCommander(コマンダー)、Dick(ディック)、Butch(ブッチ)の3人のアメリカ人レンジャーが主人公で、宇宙の危機からアメリカを守るため、アメリカに対するあらゆる脅威の排除を目的とするヒーローの活躍が主なストーリー。

登場人物

  • コマンダー
    • 葉巻を咥えたリーダーで、主人公の一人。
  • ディック
    • 主人公の一人で、立派な髭と赤いハチマキがトレードマークであるゲイ。
  • ブッチ
    • 喋る度に口から何かを撒き散らしている主人公の一人。
  • ルーク一等兵
    • 新たに入隊した新人隊員。数々の戦場で活躍したベテランと本人は語る。
  • バネッサ曹長
    • ルーク同様、新たに入隊した隊員。登場時以外にセリフが一切ないので影が薄い。
  • 上官
    • 三人に任務内容を説明する宇宙戦隊の隊員。コマンダーからは「ハゲ」と呼ばれる。


看板


車両倉庫のウォールアート



動画


*1 しかし、実際の所同じWeaselで放映されているKung Fu Rainbow Lazer Forceの方がスーパー戦隊シリーズのフォーマットを踏襲している。