黛冬優子




「ふゆ、みんなを笑顔にしたいです!
 ──とか言っとけば、好感度上がるでしょ?」

アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズの『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の登場人物。
名前の読みは「まゆずみ ふゆこ」。『女神異聞録ペルソナ』の仲間キャラではない。
ゲーム内ではアイドル事務所「283プロダクション」に所属しており、
芹沢あさひ、ならびに和泉愛依と共に3人組ユニット「Straylight」として活動している。

素の性格は負けず嫌いで感情的だが、中学生頃から処世術として控えめで清楚な「ふゆ」という猫を被るようになる
公式サイトのプロフィール欄も当初は「ふゆ、みんなを笑顔にできるような、キラキラしたアイドルになりたいです!」
と本来の冬優子を隠した表現になっていた(現在は最上段のコメントに変更されている)。
スカウト時も「ふゆ」としてプロデューサーと接していたものの、ある事件を切っ掛けに素の自分を晒してしまったため、
一時は失踪、音信不通になるほどだった。
最終的には「『ふゆ』こそが本当の自分」であると胸を張れるよう、決意を新たにアイドル活動を再開する事となる。

一見すると「裏表のある黒い性格」のようであり、冬優子自身も悪い性格と自認している面があるのだが、
実際の所そのような言動は本当の自分に対する自信の無さや周囲からの評価への過敏さの裏返しでもある。
この為、当初は素の自分を晒す事への恐怖や好かれるような振る舞いをする事に強迫観念に近い感情を抱いており、
アイドルになって以降も本当に自分のやりたい事を抑え込み、周囲から好かれるような形で仕事をしていた。
この手の先駆者である彼女がそうであったように、冬優子もまた一筋縄では行かない複雑な人間性の持ち主なのである。
一方、上記の性格は良い方向に転がると強い上昇志向や周囲への気配りの良さに通じ、「ふゆ」として接している時だけでなく、
素で接している相手に対しても割と面倒見良く世話を焼いてしまうオカン気質の持ち主でもある。
特に同じユニットメンバーであるあさひには、そのフリーダムな言動に度々振り回されつつも、
何だかんだでフォローやツッコミに回る事が多い。

実は魔法少女モノなど女児向けアニメの愛好家で、オフでは積みアニメ消化やグッズ収集に精を出す結構な隠れオタクの一面も持ち
同じく283プロに所属する三峰結華とは互いに同族の匂いを感じている。

そのため……というわけでもないだろうが、彼女のソロ曲は可愛らしいアイドルとしての「ふゆ」のイメージなポップな曲調ながらも、
片思い相手にアピールするため様々な努力をする一方で隠している自分の本心に気付いて助けて欲しいという「冬優子」も内包した歌詞になっていたり、
「異能系バトルアニメの主題歌」として制作された新曲を歌うアイドルの一人としてユーザー投票で抜擢されたりしている。

+ ネット上での扱い
ゲーム本編以外の冬優子本人が口にしていない発言がパワーワード・ミームとして持て囃される事が多く、
  • あんたはここでふゆと死ぬのよ*1言ってない
  • 冬優子…これ舐めて… → バカ!こんなの舐める訳ないじゃない!!(これも言ってない)
  • ぶちかませ、黛冬優子!!(公式漫画で香川照之Pが言った)
  • 見た目のわりに重すぎるだろ。黛冬優子か?
    (某ゲームブロガーが言った。確かにアイドルや創作世界基準では重いが、現実的には適正体重範囲内50kg未満なんてサバ読みに決まってるでしょ!
       ていうかこれに関しては「黛冬優子か?」なんて本人が自分を指して言うわけがないからここにあげるの違う気もするが
  • ふゆたちは空中戦じゃ分が悪すぎるでしょ……!(アイドルが言いそうもないけどこれは言った)
  • 空中では私が圧倒的に、不利ー!(怪人が言った)
このうち「ぶちかませ~」は当年のシャニマス流行語大賞にて本人の一切与り知らない所で大賞を受賞した他、
上記の「これ舐めて」も『ウマ娘 プリティーダービー』においてトウカイテイオーが口ずさんだ「はちみー(蜂蜜ドリンク)のうた」と絡めた上で、
マフティー構文」の初出にもなった
(283プロの社長、天井努の声優が『閃光のハサウェイ』におけるガウマン・ノビル役の津田健次郎氏である所も大きい)。
また、最後の台詞は『シン・仮面ライダー』における敵怪人クモオーグの台詞なのだが、
Straylightの楽曲の一つ「Hide & Attack」は熟考の末に平成ライダーの挿入歌っぽいイメージで作ったと、作詞の下地悠氏が語っている。


MUGENにおける黛冬優子

『アイマス』シリーズでは菊地真川島瑞樹を手掛けたふうりん氏による、MUGEN1.1専用の手描きキャラが公開中。
上記の「ぶちかませ~」「空中戦では分が悪い」を踏まえた結果(?)、技性能が『スト6』仕様の本田準拠になった。
動作は相撲チックではなく、百烈張り手のモーションが冬優子の趣味を踏まえた魔法少女ステッキによる攻撃になっていたりと、
原作要素も多少拾われている。でも投げ技はシャイニングウィザードカーフブランディング
コマンド入力は『スト6』のモダンタイプのように超必以外の殆どがキー+1ボタン入力。パリィなどのドライブシステムも仕様を変えて搭載されている。

AIは未搭載だが、戯けた暇人氏による外部AIが公開されている。
キャラ性能通りぶちかましや無敵技として使えるドライブインパクトで相手を押し込み、コンボや投げを決める立ち回りを見せる。
想定ランクは強中位程度との事。



「あんたのことは、ふゆがちゃんと終わらせてあげるから」

出場大会

  • 「[大会] [黛冬優子]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
略称は「あこふ死」。元ネタは ファンアート(二次創作) の台詞であって原作ネタではない。
全文は「あんたもさっさと遺書書きなさい ふゆたちはここで死ぬのよ」なのだが、誰かがうろ覚え気味に書いた物が拡散されてしまったもの。
元ネタの内容はあさひと共に「SEXしないとお互いの好きなところを3つ挙げないと出られない部屋」に閉じ込められた際に、
冬優子が一瞬で脱出を諦めた(あさひの好きな所なんて1つも無い)と言うギャグだったのだが(つまり「あんた=あさひ」)、
うろ覚え台詞だけが独り歩きした結果、プロデューサーとの無理心中を狙うヤンデレや、強敵を道連れに自爆するキャラ扱いされる羽目に。
(あさひの台詞に「こんなところで死なせないっすよ、冬優子ちゃん」がある辺り、公式からも半ば意識されているようだ)。
また「あんたはここで・ふゆと死ぬのよ」と7文字ずつな事から、
既存の俳句や短歌の末尾に「それにつけても・金の欲しさよ」と付け足して遊ぶ「金欲し付合」ならぬ「あこふ死付合」というネタにもされた。

なお、幸村女史個人としてはこの台詞を白瀬咲耶役の八巻アンナ女史に言ってみたり、
『アイマス』シリーズと無関係の別件では、小宮果穂役の河野ひより女史の番組のイベントにて、
「あんたはここで恵理と死ぬのよ」と改変してネタにしていたりする。
他にも、『ソードアート・オンライン』の作者である川原礫氏はこの台詞が「ネット流行語100」にノミネートされた事を機に、
『シャニマス』に興味を持ち始めたというエピソードも。アスナの中の人も アイドルやってた しね!

ちなみに「言っていない台詞」は『シャニマス』の他アイドルにも存在しており、
  • 助けて…真乃…めぐる…! (風野灯織。真乃…めぐる…なら言った)
  • かーっ!見んね霧子!卑しか女ばい!(月岡恋鐘)
  • ていあ〜ん!コイツぶっ殺すってのはどうかなぁ?(三峰結華。ていあ~ん!自体は言った)
  • ぢょ゙ご先゙輩゙が゙え゙っ゙ぢな゙格゙好゙じでま゙ず!(小宮果穂)
  • まこと…キレそうでございます…
    • はいはい凛世が悪うございました
    • 日本は…負けて…おりません…(杜野凛世)
  • なーちゃん、こいつ、今、煽った…!(大崎甜花)
が挙げられる。


最終更新:2024年03月08日 21:24