農夫

「農夫」とは農作業(田畑を耕して穀物や野菜などを作る)に携わる人を指す単語だが、
ここでは『ドラゴンボール』の農夫について記述する。
+参考:ニコニコMUGENwikiに存在する「農夫」関連のキャラクター



「わわ…!!な なにもんだおめえ!!!」

鳥山明氏の漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクター。
原作では名前は明かされず、アニメ版においても単に「農夫」とクレジットされている。
CVは『Z』では松尾銀三氏、『改』では 園部啓一 氏。
サイヤ人編の最初に登場した、いかにも農家のおっちゃんといった出で立ちの一般人である。
突如地球に来襲したラディッツに恐怖し、持っていたライフル銃で発砲するが、
当然敵うはずもなく銃弾を弾き返され、呆気なくやられてしまった。

…以上のように単なるモブキャラだが、

「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」

とラディッツに言わせた事で有名。
アニメでは一命を取り留めた様で、魔人ブウとの最終決戦の際、元気玉に加勢している場面が描かれた。
後述の戦闘力考察の槍玉に挙げられる事も相まって、漫画史上ではディオの取り巻きの少年(「 そこにシビれる!あこがれるゥ! 」のあいつ)や、
汚物は消毒だ~!! 」のモヒカンと並び有名なモブキャラの1人と思われる。
ファンの間では「戦闘力5のオッサン」などの愛称で親しまれている。
ラディッツを倒してしまうコラやファンアートなどもよく作られている。

+戦闘力考察
第一によく指摘されるのが、銃が戦闘力に含まれているのか?という点。
主に「スカウターで測っているのはあくまで気であるため含まれない」か、
「ラディッツ戦で、悟空ピッコロが重り入りの道着を脱いで戦闘力が向上したから装備込みでの戦闘力」かで意見が分かれる
(尤も後者は単に「本気を出したから」だけかもしれないが。某「脱げば脱ぐほど強くなる拳法」では攻撃力が上がる代わりに防御力が下がるし)。

また、一般地球人の戦闘力が5というのが標準な場合、ラディッツ戦で道着を脱ぐ前の悟空が334であるため、
「5のおっさんが70人ほど集まれば悟空に勝てるのか?」という指摘も存在する。
ただし、これは戦闘力を足し算で考えた場合であるので、掛け算や自乗で考えれば特に矛盾は無いと思われる。
そのため柳田理科雄氏の『空想科学読本』6巻では、「戦闘力が1上がる毎にエネルギーが1.23倍になる」と考察されている
(無論非公式。おそらく3巻で考察された「ステカセキングの100万ホーンは宇宙を滅ぼせる(ゼットンの1兆度より強い)」が元ネタであろう)。


MUGENにおける農夫

なんと高クオリティなDBキャラに定評ある海外の製作者チーム「Team Z2」により、
MUGEN1.0以降専用の手描きキャラが作られている。何故作ったし。
ちなみにディスプレイネームは「Farmer」となっている。
人操作は受け付けないAI専用のキャラであり、
始まった瞬間にAIが入るタイプでは無く、人操作用のコマンド自体が設定されていない。
また、度々フライングを起こすので注意。
専用アドオンでの起用を前提にしているためか、大ポートレイトの位置が大きくずれているので普通のアドオンでは修正が必要。
実はもう一枚、大ポトレ用画像が登録されているのだが、そちらは妙にカッコイイので必見。

原作同様ライフル銃で相手に挑むが、ダメージが1しか無く、相手に当たったライフル弾が弾き返されるという描写まである。
相手がサイヤ人ならともかくMUGENでは普通の人に当たっても弾かれてしまうという、逆の意味で凄いライフル。
また、相手の攻撃を喰らったら一発で吹っ飛ばされてしまうという完璧なかみキャラである。
一応攻撃力・防御力・体力は標準の値が設定されているが、何を喰らっても自ら敗北するステートに飛ぶ模様。
超必殺技用のゲージは9999(ゲージ10本にわずかに足りない)という高い数字になっている。そこは5で良かったのでは
紹介動画

…と、このように出オチキャラである。
まぁ、戦闘力たったの5の一般人なので仕方がない
+…と思っていたのか!?
なんと2ラウンド目以降は戦車に搭乗し、主砲発射やミサイルや突撃など様々な攻撃をしてくるようになる
戦車投入の条件は「2ラウンド目以降」であり、同キャラ戦をやらせるなどして1ラウンド目に勝利していた場合でも2ラウンド目は戦車になる。
つまり、チーム戦で二番手以降に置くと戦車でしか出てこなくなる。

喰らい判定は見た目通りに大きいが、位置関係上かなりのAI殺しになってしまうので、
並キャラで挑ませると勝てるはずの戦いに中々勝てなかったりする。

敗北し戦車が破壊されると操縦士である農夫が放り出され、やはり吹き飛んでいく。芸が細かい。

出場大会

  • 「[大会] [農夫]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年03月02日 00:52