魔人ブウ


「オレは オレよりつよいチカラをゆるさない……」

鳥山明氏の漫画『ドラゴンボール』及び関連アニメシリーズに登場するキャラクター。
原作及びアニメ『ドラゴンボールZ』における最後にして最強の敵であり、シリーズ全体のラスボスと言える
(ただし、劇場版『Z』まで含めると他にも最強候補が存在し、『Z』の続編『ドラゴンボールGT』にもより強大なボスが登場する上、
 神と神以降ではそれらを軽く上回るというレベルじゃない者達も登場する)。
名前の由来は、ビビディ&バビディと合わせて某ディ○ニー映画の挿入曲「BIBBIDI-BOBBIDI-BOO(ビビデバビデブー)」より。
担当声優は 塩屋浩三 氏。デブブウから純粋ブウまで全ての声を氏が担当されている。
他にも塩屋氏は同作でギニュー特戦隊のグルドなどを演じている。

邪悪な魔道士ビビディによって偶然造り出された魔人。
大きさは人間と殆ど変わらないが、ピンク色の肌や頭の触角など、外見的には人間とかけ離れている。

悟空達にも計りにくい独特の「気」を持ち、魔法の様な(というかそのもの?)不思議な技を操り、
触角から発射した光線によって相手をクッキーや飴玉などに変えたり、傷を一瞬で癒す事も出来る。
また、悟空やベジータから受けた技を一瞬で会得するほどの高い学習能力を備えている。

自身の意思によって肉体の形状が自在に変化し、
身体を柔らかく変化させる他、元の体積を超えて膨張させる事も出来る。
身体から離れた肉片も操作でき、千切った肉片を武器として使う事も可能。
人間の顔を模倣も出来るが、何故か体形は一切変化しない。

再生能力も備えており、身体を真っ二つにされても瞬時にくっつき、
粉々にされても肉片が再結合し、粉々にした後の肉片を焼かれて灰にされても、そこから出た煙が集まって即座に再生してしまう。
しかもピッコロセルと違って再生時に体力まで回復するため、ノーリスクで何度でも復活し続けられるという驚異的な能力である。*1

+原作ネタバレ
生み出されてから僅か数年で数百の星々を破壊し暴れ回っていたが、
あまりにも凶暴でビビディにも完全に制御する事は出来なかったため、休息が必要な時には球体状に封印されていた。
そして、その隙を付いた界王神によってビビディは倒される事に。
界王神は下手に刺激を与えて封印が解ける事を恐れ、以来魔人ブウは封印されたままの状態で地球に転がっていた。
だがその後、ビビディの息子バビディによって魔人ブウの封印が解かれてしまう事態に。

最初に登場したのは太った体型で無邪気なブウ(通称「デブブウ」*2)。トップ画像一番上のアッチョンブリケしてる奴。
前述の界王神達の王ともいうべき存在・大界王神をブウが取り込んだ結果この形態になった。
作中では「温厚で心優しい大界王神を吸収した事で、ブウが一定の落ち着きを得た結果がデブブウへの変化ではないか?」と推測されている。
魔王ダーブラや超サイヤ人2となったベジータを圧倒し、超サイヤ人3の悟空と互角に戦うなどの驚異的な力を見せた。*3
気紛れで奔放、クッキーやチョコレートなどの甘いお菓子を好むといった子供の様な性格をしている。
これは上で述べた様に大界王神の性格が(ある程度ではあっても)影響しているのだろう。
善悪の観念に乏しく命を奪う事にも躊躇いが無いが、殺戮は単に彼を作ったビビディが「娯楽」として教えただけであり、
仲良くなったミスター・サタンから「人を殺すのは悪い事だからやってはいけない」と諭されると、素直に従った。
また、それ以前から逃げたり怯えたりする相手を虐殺するのを楽しんでいた反面、逃げない相手は殺そうとせず、
盲目の少年に視力を回復させた上に、栄養のある物として牛乳を店から持ってきてあげた事がある
(ただし、この牛乳の正体は店の人間であり、牛乳に変化させて少年に届けていた)。
地球人から見れば恐ろしい光景だが、ブウにとっては少年のためにやった事であり、
デブブウが良くも悪くも純粋な性格である事を象徴するエピソードであるとも言える。
ミスター・サタンと共に怪我をして動けない犬を見付けた時も、わざわざ「逃げさせた後で殺す」ために怪我を治したものの、
怪我を治してもらった事に感謝した犬が逆にブウに懐いてしまい、結局彼はこの犬を殺さなかった。

要するに危険人物ではあっても根っからの悪人ではなかった。
(格ゲーで言えば初登場作におけるこの子とかを考えてもらえば当たらずとも遠からじであろう)

しかし、世界の混乱に乗じて殺人を楽しんでいた悪人にサタンが撃たれた事により、デブブウが激怒。
このせいで無邪気で善の心を持つデブブウから悪の心が分離し、おまけに分離した悪の心はガリガリに痩せた魔人ブウ(純粋悪)になってしまった。
ブウ(純粋悪)の方が分離した際に力の殆どを持って行ってしまったため、デブブウは抵抗空しくブウ(純粋悪)によって吸収されてしまい、
スマートで筋肉質な悪の魔人ブウが誕生した(トップ画像中央)。

ただ、このブウも全人類を抹殺する際に前述の犬とサタンだけ標的から外すなど、デブブウの方の意識が多少は残っている
(全人類を抹殺したという事は、完全ギャグ作品だった同じ世界の別作品の登場人物達までもが殺された事になってしまう…)。
その実力は、悟空をして「自分とベジータの2人掛かりでも勝てる相手ではない」と言わしめる程だが、
超サイヤ人3のゴテンクスや、老界王神によって潜在能力を限界まで引き出された「アルティメット悟飯」よりはパワーが劣る。

その後、ゴテンクス&ピッコロを吸収してパワーを増し、冷静な頭脳を得た事で悟飯を圧倒し、その上さらに悟飯をも吸収して、
とてつもないパワーアップを果たした(これがトップ画像一番下の姿であり、吸収したためかゴテンクスの服が再現されている)。
しかし、悟空とベジータがポタラで融合したベジットには手も足も出ず、吸収しようと試みるも逆に体内に侵入されて、吸収した面々を奪還されてしまった。

そして、最初に吸収したデブブウを切り離された事により、一時的に気を増大させマッチョな姿に変化した。
ちなみにこのマッチョなブウは、当時の界王神の中で最も力のある南の界王神を吸収した時の姿である。
アニメ『ドラゴンボールZ』でも純粋ブウといい勝負をしていて、悟空曰く「(悪の時より)気がふくれあがっている」らしい。
が、この形態での活動はすぐに終わり、
子供程度の体格しかないが、理性や自制心を一切持たない獣のような純粋な魔人ブウへと最後の変身を果たした。

変身といっても、この状態が魔人ブウ本来の姿である。
前述のようにデブブウの姿は大界王神を吸収した事で変化したもので、これによってバビディの命令をある程度聞き分けられていたが、
それ以前のビビディが全く制御出来なかったのがこの純粋な魔人ブウである。(デブブウになっても最終的には制御し切れずブウに殺されたが)
『ドラゴンボールZ』では、悟空がこの純粋ブウの強さを「パワー、スピード、回復力、全てにおいて今までのブウとは段違いだ」と評している。*4

子供のような姿で勘違いされやすいが「純粋」といってもデブブウのように善悪の区別がない無邪気という意味ではなく、 「純粋な悪」 である。
純粋ブウは自身の破壊衝動を抑える事を知らず、登場したなり何の躊躇いも前振りも無く地球を破壊してしまう
完全に不意を突かれた悟空ベジータとデンデ、そしてサタンを連れて逃げる事しか出来なかった。
これにより、悟飯トランクスを含む地球にいたほぼ全ての生物が死亡してしまう事に(人間は既にほぼ全滅していたが)。

ちなみにデブブウを切り離し、結果として純粋な魔人ブウを登場させてしまったのは…例によってベジータであった
過去にフリーザセルの変身を促した事と合わせて「またお前か」と言いたくなる所だが、ベジータも別にブウを強くする為にこんな事をしたわけではなく、
悟空が「2人掛かりでも勝てる相手ではない」と評した魔人ブウからデブブウを切り離す事でブウを弱体化させるためにこの行動を起こしたのである。
ベジータも魔人ブウに一回殺されている(自爆だけど)上に、
特にパワーアップを経ていない(どころかバビディの洗脳が解けているので、ベジータはヘタすると弱体化している)状態での再戦なので、
少しでも弱体化を、と思ったのは当然であろう。実際、その場に居合わせた悟空もベジータのこの行動を支持している。
そりゃデブブウを食ってパワーアップした奴からデブブウを切り離したら普通はガリブウに戻ると思うわな…。
むしろ何故ガリブウでなく純粋ブウが出てきてたのか
…折角良かれと思ってやったのに結果はいつも通りとは、ベジータが事あるごとに問題を起こすのは、最早呪いのような不運も影響しているのかもしれない。
しかしあくまでもそれはアニメ版『Z』での話であり、原作だけを見れば悪ブウに比べると悟空とベジータで何とか出来そうなレベルまで力は落ち
(ブウの体内から脱出時点では悟飯・悟天・トランクスは気を失っているので悪ブウのままだと対処不可能)、
ミスターサタンへの攻撃を躊躇したり、デブブウを吐き出したりするなど、ベジータだけでは出来なかった時間稼ぎに繋がるファインプレーであった。

その後界王神界での激闘の末、悟空とベジータ、そしてサタンとの連携によって完成させた超特大の元気玉を受け、完全に消滅した。
さらにその後、純粋ブウは閻魔大王の粋な計らいによって「ウーブ」という地球人として転生したのだが、それはまた別の話。

なお、デブの方のブウは、純粋ブウより吐き出された後サタンによって保護され、「ミスター・ブウ」と名付けられた。
さらに混乱を防ぐために、ドラゴンボールによって一般人の記憶から魔人ブウの記憶を消した。
そのため、一般人は「何かよく分からんが、サタンがまた地球を救ってくれたらしい」と言う風に認識しているらしい
(もちろんサタンは真相を知っているのは言うまでもない。ちなみに後の作品で「この件で貰った謝礼金」を悟空に譲るシーンがある)。
勿論、その後ブウが人間を襲う事は一切無くなったのは言うまでもない。
また、この時期に「スポーツとしての格闘技」をサタン達から教わったらしく、天下一武道会の常連であるとの事。

ちなみに原作では「種族としての魔人」はブウ一人しか登場しないが、ゲーム『ドラゴンボール ゼノバース』『ドラゴンボールヒーローズ』では、
主人公キャラの姿の1つとして同族の別人が登場している(『ヒーローズ』にはこれとは別に「ブウとはほぼ無関係の魔人」も出てくるが)。
この内『ゼノバース』の魔人達は、
「自分以外に魔人(=同族)のいない事を寂しく思ったミスター・ブウが、自分の体の一部を分離して新たに命を吹き込んだ事で生まれた」と説明されている。
(ゲームの主人公なのである意味当然だが)ブウとはれっきとした別人ながらもきちんとした正義感と十分な実力を兼ね備えた、
いい意味で親に似た魔人である。
純粋ブウ体型になる事も出来るが、これは超サイヤ人のような「単にパワーアップした形態」なので問題ない。
また、プレイヤーが操作する魔人以外にも多数の個体が存在し、ある者は「他人に面白がってもらう」という考えから芸事を、
ある者は「他人に美味しい物を食べてもらいたい」という考えからレストラン勤務を、
はたまたある者は「もっと美味しいものを食べたい」としてアテのないグルメ旅を…と、個人個人が好きに生きているとの事。
『ヒーローズ』の方は詳細は語られていないが、こちらもブウそっくり(デブブウ体型と純粋ブウ体型から選べる)ので少なくとも関連性はあると思われる。

また、『ドラゴンボール ファイターズ』に登場する人造人間21号は、普段の姿こそ眼鏡をかけた知的でスタイルのいい美人というイメージだが、
戦闘時は魔人ブウを思わせる姿になり、相手をお菓子にして捕食する「ハングリータイム」という技を持っている。

+劇場版『神と神』では…
ブルマの誕生日パーティーにてプリンを独り占めにしていた所に、
超サイヤ人ゴッドと戦うため地球にやってきたついでにパーティーを楽しんでいた破壊神ビルスが現われ、
1つだけ譲るように頼まれるがこれを断り、軽く揉めた末にその場にあったプリンを全部平らげてしまう。
これがビルスを「完全にキレさせる」事となり、圧倒的な力で軽くあしらわれた。

…つまり、ビルスを怒らせる=本作で地球が危機に陥ったのはブウのせいだったりする。あんなでもまだ破壊神としては温厚な方らしいのは幸いだったか。
プリンぐらいでブチ切れる破壊神もいかがなものかと思うだろうが(実際ゴテンクスに突っ込まれていた)、
彼にとっては未知の食材であり、それを譲って欲しくて穏便に申し出たにも拘らず、断られるばかりか目の前で全て食べられてしまったのだから、
ビルスの怒りも尤もなものと言えなくもない…かもしれない。

なお、公開時のものではブウはふっ飛ばされた後も一方的に攻撃されていたが、
『土曜プレミアム』枠で放送された特別版では反撃に転じるシーンが新たに追加されていた。

+『ドラゴンボール超』では…
劇場版『神と神』を組み込んだTVアニメ版『超(スーパー)』でもほぼ同じ展開で、
「破壊神選抜試合(=シャンパ)編」及び「宇宙サバイバル編」では、
(ほぼ)全宇宙が参加する大大会「力の大会」の前哨戦とはいえ久方ぶりに活躍の場が設けられた。
……が、どちらも肝心の本戦では休眠期間に入ってしまい、結局は肝心な所で役に立たなかったのであった。
強さ以上に特殊能力があまりにも万能すぎるからしょうがない。
力の大会以降を描く「宇宙パトロール編」では、かつてブウの肉体元であった大界王神によって魔力を封じられ、
宇宙パトロールに逮捕された脱獄犯・モロと激戦を繰り広げる。
戦いの中で大界王神の記憶を取り戻し、当初は互角以上に渡り合っていたのだが、
モロの魔力を封じる切り札「カイカイマトル」が使えなくなっている事に気が付き、そのままフェードアウト。
その際には暫くブウではなく元の大界王神の顔に戻っていた。そしてまたとない大界王神の活躍も見られた

+『ドラゴンボールGT』では…
原作終了の頃からずっとサタンと暮らしていたが、この頃の悟空ベジータの超サイヤ人1には実力で劣る様子(ベビー曰く「雑魚」らしい)。
職に就くでもなく延々と修行ばかりしてきたこの50代の親父二人を褒め称えるべきか呆れるべきか。
悟空に至ってはブウ以上の実力を持つというリルド将軍第一形態と超化せず互角に戦っている。ありえん(笑)
悟空達が宇宙に旅立った9ヶ月後、ツフル人の王の細胞が組み込まれた寄生型生命体ベビーが地球を襲撃する。
彼はかつてツフル人を滅ぼしたサイヤ人に対する復讐と共に、
各地の生物に寄生し体内に卵を産み付けて洗脳していく事によってツフル人の再興を果たすという「全宇宙ツフル化計画」を企てていた。
ブウはサタンとその孫娘のパンを身体の中に隠してベビーの洗脳から守ったが、ほぼ全ての地球人がベビーによって洗脳されてしまう。
地球全土を支配下に収めたベビーは究極のドラゴンボールを使い故郷のツフル星を復活させ、そこに洗脳した地球人達を移住させていく。
悟空達は新ツフル星に潜入するが、そこにいたのはベジータの肉体に寄生し超サイヤ人3の悟空に圧勝するほど戦闘力を上げたベビー。
もう一人のブウの生まれ変わりであるウーブが戦いを挑むも当然敵わない。
その後、ブウはサタンに最後の別れを告げた後、ウーブに放たれた負の元気玉とでもいうべきリベンジデスボールを吸い込む
が、手に負えるものでなく爆散。しかし肉片の状態でウーブと同化しブウという存在は消滅する。
ウーブは超ウーブになり最初は有利に戦いを進めていた…が、割とすぐに劣勢になり、
ブウから受け継いだお菓子光線を跳ね返されベジータベビーに食べられてしまう。
だがブウがベジットに体内に侵入された経験からか、超ウーブは体内から攻撃するのが目的といい十分な時間稼ぎにはなった。
ベビーとの戦いが終わってからも彼らは同化したままであったため、ブウの人格は完全に消え去ってしまったかと思われたが、
天下一武道会に出場したウーブがサタンの実力をよく知らずに全力でサタンと戦おうとした時には、
「サタンに勝っちゃダメだ、サタンが負けたらみんな悲しむ」とウーブの中に残っていたブウの人格が彼を静止する場面もあった。
サタンもブウがいなくなってしまった事を大いに悲しみ、一度はヒーロー引退を決意した程だった。

「サタン、オレのともだち、ずっとずっとともだち、サタンのこと、オレわすれない」


MUGENにおける魔人ブウ

海外製のものが複数体確認されている。

+stig87氏製作 悪の魔人ブウ
  • stig87氏製作 悪の魔人ブウ
海外で作られた悪の魔人ブウで、ディスプレイネームは「Super Buu」。
かなり強いAIが搭載されているため、動画でもそこそこ出番がある。
koikoi氏も外部AIを製作していたが、残念ながら公開には至っていない模様。

+miaoyu氏製作 デブブウ
  • miaoyu氏製作 デブブウ
お馴染みデブブウ。ディスプレイネームは「Mr Buu」。
デフォルトAIが未搭載なため、動画で目にする機会は少ない。
かつては亞氏による外部AIも存在していたのだが、現在は入手不可。

+Team Z2製作 悪の魔人ブウ
  • Team Z2製作 悪の魔人ブウ
MUGEN1,0以降専用。
2016年に公開された、Balthazar氏を中心とした海外のDBキャラ製作者チームによる手描きドットの悪ブウ。
ボイスは日本語モードが搭載されているが、所々英語が混じるなど不完全。
MVC』系の仕様となっており、形態を変化させてのトリッキーな動きで相手を翻弄する。
技性能も少々癖が強いものが揃っている模様。
デフォルトで対人用のAIが搭載されている。

+Gohvu氏製作 Girl Buu - Pocket
  • Gohvu氏製作 Girl Buu - Pocket
MUGEN1,0以降専用。
JUS』風ドットの女体化したブウ。
readmeが無く設定は不明だが、原作からして顔や体形を自由に変えられるので……。
と思っていたら公式でも似たようなのが出てきた。
DLは下記の動画から


この他に、神々への挑戦トーナメントでは海外製の狂キャラのブウがDBチームの大将として参加している。
製作者はレジェンドゴジータなどでお馴染みのsupermystery氏。ボイスが日本語なせいか、動画では日本製と間違われやすい様子。

出場大会

更新停止中
削除済み

出演ストーリー



*1
但しデブブウと純粋ブウが対決した際に、ベジータが「やばいぞ…デブのほうはもう死にかけだ…!」とまで評する程のダメージ受けているのを見て、
悟空はブウ同士の対決だと気が減るという推論を立てている。

*2
2000年代に入ってのリバイバルブーム以降は、
悪ブウという名称との対比か「魔人ブウ(善)」と表記される場合が多い。
また、特に悪ブウとの分離前を指して「魔人ブウ(無邪気)」と呼び分ける事もある。

*3
尤も、悟空曰く「本気で戦っていれば、この時の魔人ブウなら倒せていた」らしい。

元々、悟空は「人造人間編」の終盤でセルの自爆に巻き込まれて死亡しており、
「自分が生きているとまた悪人達を呼び寄せてしまう」との考えからドラゴンボールによる復活もしなかったが、
この「魔人ブウ編」では、天下一武道会に参加するために占いババの力で一日だけ現世に戻って来ていた。

彼は自分があの世に戻った後の事を考え、既に死人である自分ではなく、若い者達の力で地球を救って欲しかったという。
そのため、デブブウを倒せるだけの力がありながら本気で戦う事はしなかった
(尤も、超サイヤ人3への変身によって急激に現世に留まれる時間が減っていた事を考えると、本気で戦っても時間切れになっていた可能性は否定出来ないが…)。

結局その願いが叶う事はなく、最終的に地球を救ったのは悟空・ベジータサタンらであったのだが。
悟飯がさっさとブウにトドメを刺してれば悟空が出張る必要なかったんだけどな

*4
原作の描写のみで考えれば、悟飯吸収ブウが全形態の中で最強であると言える。
ガリブウがデブブウを吸収して変化した悪ブウについて、悟空は「ベジータとの2人掛かりでも勝てない」と評しており、
その悪ブウがゴテンクス・ピッコロ悟飯らを吸収して更なるパワーアップを遂げたのが、この悟飯吸収ブウである。

一方、純粋ブウに関しては、
悟空とベジータが初めてその姿を見た時に「あれならなんとかなるかも」と発言しており、
実際に悟空がある程度戦えているため、戦闘力は悟飯吸収ブウよりも低いと考えられる。
ベジータの発言については、デブブウとの戦いでも油断していた事から信憑性は薄いが、
悪ブウに敵わない筈の悟空でも戦えるため、悪ブウよりは弱いと考える事が出来る。

一方で、アニメ『ドラゴンボールZ』で純粋ブウが登場したシーンでは、
悟空がこのブウを「全てにおいて今までのブウとは段違いだ」と評している。
このため、原作とアニメで強さの設定が異なっている事になる。

ただ、上述の説明にもある様に、悟空はデブブウと対峙した時には「地球の事は若い者達に任せたい」との考えから敢えて本気では戦わず、
また周囲に対しても、最初は「あのままやってたら勝てなかったかもな」と説明していたため、
「ベジータとの2人掛かりでも悪ブウには勝てない」という発言も、同様の理由によるものだったのかもしれない。
実際この後、超サイヤ人3ゴテンクスやアルティメット悟飯は、本来悪ブウを倒すのに十分な強さを発揮している。
また、「悟飯吸収ブウと戦う時にサタンやデンデまで視野に入れてポタラで融合する相手を探していた説明が付かない」との意見もある。

ただ、『ドラゴンボールZ』における悟空は、セルの自爆によって殺された少し後、あの世での戦いでも急激にパワーアップした描写があり、
重い胴着を着た状態でセルを瞬殺したパイクーハンが胴着を脱ぎ捨ててスピードを上げても、それを相手に互角に渡り合った事がある。
このため、『ドラゴンボールZ』における悟空は原作以上に飛躍的な早さで格闘センスが成長する設定になっていると考える事も出来る。
悟飯吸収ブウとの戦いにおいてわざわざベジータとポタラで融合してまで戦闘力を高めた事についても、
融合した状態で戦う内に悟空自身が強くなったか、一度吸収されて仲間を救出しなければならないリスクに備えて融合したとも考えられる。

なお、超サイヤ人3悟空は、劇場版『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』においても、
アルティメット悟飯や超サイヤ人3ゴテンクスを一撃で倒したヒルデガーンの攻撃に数発耐えた上、「龍拳」一発でヒルデガーンを倒してしまっている。
この戦いぶりからすると『ドラゴンボールZ』における超サイヤ人3悟空や純粋ブウの戦闘力はアルティメット悟飯を凌駕するほど高いのかもしれない。

原作・アニメに共通して一つだけハッキリしているのは、悟飯吸収ブウも純粋ブウも超ベジットなら楽に倒せる相手だという事である。


最終更新:2021年01月02日 20:07