スカイドン


特撮作品『ウルトラマン』に登場する怪獣。別名「メガトン怪獣」。
第34話「空の贈り物」に登場。

ある日宇宙から降ってきた怪獣で、20万トンという同作品屈指のヘビーウェイトの持ち主。
メガトンを名乗るにはあと80万トンほど足りてないというのは禁句。…まああくまで「とても重い」ことの表現ってことで
名前の由来は「空(sky)からドーンと落ちてくる怪獣」というドストレートなもの。

たまに口から火を吐くが、狂暴な怪獣ではなく一日の大半を寝て過ごす。
特筆すべきはそのタフネスぶりで、ビートルの攻撃をものともせず、ウルトラマンの殴打を受けてもダメージすら無かった。
凶暴な怪獣ではないのだが、その重さから歩くだけで地面が揺れ、道路が陥没する等の被害が出てしまう、まさしく災害のような怪獣である。

科学特捜隊はこいつを宇宙に送り返そうと様々な作戦を試みるが、
スカイドンをワイヤーで縛りビートルで引っ張り上げる「ワイヤーロック作戦」は、スカイドンが重すぎて失敗。
麻酔で眠らせたスカイドンにオートジャイロを取り付けて宇宙へ運ぶ「オートジャイロ作戦」は、
スカイドンが重すぎて大気圏突破前にプロペラの推進力が弱まり失敗。
ガマクジラを空に飛ばしたロケット弾を打ち込む「ロケット弾作戦」は、
スカイドンが重すぎて二足歩行で科特隊を追いかけるように爆走させただけだったため失敗。
そんなこんなでスカイドンに振り回される科特隊だが、アラシ隊員が麻酔弾を撃ち込んで眠らせた所で、
スカイドンのケツから体内に大量の水素を注入し風船のように飛ばす「怪獣風船化作戦」が実行された。
スカイドンは眠ったまま宙に浮かび今度こそ成功かと思われたが、
怪獣風船化作戦はロケット弾作戦が失敗した直後に飛び込みで立案・実行した作戦だったため、
何も知らされていなかった航空自衛隊の戦闘機が未確認飛行物体と見なして誤ってスカイドンを撃墜。
水素が抜け始めたスカイドンは東京上空へ落下していくが、寸前に現れたウルトラマンが体当たりでスカイドンを粉砕し、ようやく事態は収束した。

同回は本作屈指のコメディ回として知られており、ハヤタがウルトラマンに変身しようとして間違えてスプーンを上げるシーンや、
ビートルから隊長に傘を落として届けるシーンが有名である。
実はハヤタが席を離れる際にはきっちりスプーンを机に置いているのだが、次のカットでは胸ポケットからスプーンを取り出していたりする
科特隊が行ったプロペラや風船じゃどの道大気圏突破は無理だろ、等もよく突っ込まれるポイント。
また、スカイドンの着ぐるみはガマクジラを改造したもので、登場回の監督が実相寺昭雄氏であったり、
尻にロケット弾を撃ち込まれたり空中でウルトラマンの体当たりで倒されたりと何かと共通点がある。

一峰大二・著の漫画版『ウルトラマン』では、特撮でのギャグ要素は完全に抜きで、
純粋にその桁違いの重さに科特隊とウルトラマンが苦しめられる戦いとなった。
最後は呑み込まれて無効化された八つ裂き光輪を利用し、トンネル状に並べた八つ裂き光輪との力場干渉で、
一種のリニアレールを形成(キャッチリングの応用?)。
周辺被害の無い高空に放り出した所に更に大量の八つ裂き光輪を呑み込ませ、内部から完全粉砕した。八つ裂き光輪万能説

PS2の『ウルトラマン』においてはストーリーモードの隠しルートにて登場。
あまりの重さに投げ技が効かない(投げようとするそぶりは見せるが失敗する)仕様となっており、打撃や必殺技で削っていくこととなる。
そして体力を削り切ると「スカイドン爆睡!」の表示と共に眠ってしまう。一応ゲーム上はこれで倒した扱いでありクリアーとなる。


MUGENにおけるスカイドン

カーベィ氏製作のパチモン怪獣大熱戦仕様のキャラと、
kMIKEj氏から提供されたスプライトを使用したスタンダードな怪獣キャラの二種類が公開されている。

+カーベィ氏製作 パチモン怪獣大熱戦仕様
  • カーベィ氏製作 パチモン怪獣大熱戦仕様
原作でも実行された珍作戦「怪獣風船化作戦」で体を丸く膨らまされて風船にされたスカイドン。
一枚絵を回転させている空飛ぶのりもののようなキャラで、その見た目や技の内容からしてネタキャラの部類に入る。
パチモン怪獣大熱戦仕様に近いアーマーがあり、投げなどのステートを奪う攻撃は無効。
ジャンプとしゃがみも無いが、空中をゆっくりと風船のようにだが飛行できる。…というか放っておくと一定高度まで浮遊する。
仕様としては飛行できるパチモン怪獣大熱戦仕様キャラと言った所。

技としては回転しての頭突きや体当たり。
ゲージ技はのりもののようなストライカー召喚技で、ジェット機が相手を攻撃したり、ビートルから傘が落ちてきたり、
ハヤタ隊員がウルトラマンに変身するために間違えて掲げたスプーンが投げ込まれたりする。
挙動、性能共に特殊で投げも効かず、空中を自由に飛行するため、一般的な性能のキャラのAIでは対応が難しく、
搭載されているAIも優先的に飛行しようとするので、普通のキャラだと対応できずにグダグダな試合になることが多い。
AI戦ではなくプレイヤー操作で楽しむといいだろう。
ファイル名も「Skydoooooooon」となっているため、後述のスカイドンとも同時に登録できる。
紹介動画

+カーベィ氏製作 一般キャラ仕様
  • カーベィ氏製作 一般キャラ仕様
こちらはちゃんと歩行やジャンプができる一般的な仕様のキャラとなっている。
スプライトのベースは同氏が製作したガマクジラのようだ。(元々スカイドンの着ぐるみ自体がガマクジラの改造だったりする。)
氏曰く「アレ(パチモン仕様)でスカイドンMUGEN入りは申し訳ない」とのことで製作に至ったのこと。
原作通り動きは緩慢だが、這い寄る混沌氏のテレスドンのように着地時に攻撃判定があるのに加え、
PS2版と同様投げ無効となっており、非常に重量感のあるキャラに仕上がっている。
ただし,テレスドンのように攻撃を受けた際の攻撃判定は存在しないので注意。
超必殺技はいずれも1ゲージ技で、「必殺火炎」「連続のしかかり」「空からの贈り物」の3つ。
AIもデフォルトで搭載されている。
紹介動画

出場大会

  • 「[大会] [スカイドン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年09月26日 13:53