ジャスピオン


「メタルテックスーツ、準備OK!」

東映制作の特撮『メタルヒーロー』シリーズの4作目『巨獣特捜ジャスピオン』の主人公。
ジャスピオンの由来は「ジャスティス」と「チャンピオン」を足した物で「正義の王者」という意味。
OPの曲名が『おれが正義だ!ジャスピオン』なのもそういう事である。
担当俳優は映画『コータローまかりとおる!』等でも主演したJACの生え抜きアクション俳優・黒崎輝氏。

ヒーローとしては珍しく、一貫してヒーロー名を通しており、変身前での別名も持たない
(企画段階では「剣城豊(けんじょう ゆたか)」なる地球人名も存在したとのことだが、結局本編では不採用に終わっている)。
両親と幼くして死別し、銀河仙人エジンに育てられた銀河の野生児(挿入歌やサブタイでは「銀河のターザン」とも)。
大人になったある日、魔神サタンゴースが蘇り、巨獣を操って全銀河を支配し、巨獣帝国を建設しようとしていた。
ジャスピオンはエジンから装備を授かり、巨大ロボットへの変形機構を持つ超惑星戦闘母艦「ダイレオン」、
空中戦も可能なバイクの超惑星マシーン「アイアンウルフ」、戦闘機とドリル戦車に分離可能な超惑星戦車「ガービン」、
女性型アンドロイドアンリ」と共に、サタンゴースの魔の手から宇宙を守る為に戦う。

両手を頭部側面にかざし、エネルギーを照射して変身する。シリーズの主人公の中で唯一変身時の掛け声が無い。
纏うスーツは「メタルテックスーツ」。足にはホバーボトムが装備されており、地上を滑る様に高速移動する。
主な武器は、実体剣「ブレーザーソード」と光線銃「ビームスキャナーガン」。
ビームスキャナーガンならびにホルスターには「JUSPION」の名が刻まれている。

必殺技はブレーザーソードに光子エネルギーをチャージした「プラズマブレーザーソード」でX字に切り裂く「コズミックハーレー」。
ダイレオン(ロボット形態)はジェット噴射で高速移動からのダブルパンチを見舞う「コズミッククラッシュ」が主な必殺技だが、
最終話でのみ黄金の鳥が変化した巨大な剣を手にして「ダイレオン・コズミックハーレー」を披露した。

デザインしたのは村上克司氏。デザイン画ではゴーグルの中央に若干の角度がついていた。

本作は「宇宙刑事以外の冠詞を付けたと同時に、警察でない初のメタルヒーローである。
また、この手のマイナーメジャーな作品にはなぜかありがちな事に海外人気が高く、ブラジルでは1988年に『O Fantástico Jaspion』のタイトルで放送された。
そのあまりの人気から、設定的には全く無関係の後番組『時空戦士スピルバン』も『Jaspion2 Spielvan』のタイトルで続編として放送された。
その人気たるや、宮崎駿氏や鳥山明氏を抑えて、黒崎氏がブラジルで最も有名な日本人とされる程。

ニコニコ動画では「東映特撮ニコニコおふぃしゃる」で配信から3日限定で無料配信されていた。
現在は有料だが、コメント付きで見たい方は課金するのも良いだろう。


MUGENにおけるジャスピオン

Beto氏が製作したMUGEN1.0以降専用キャラが公開されている。
氏が製作予定のゲーム『Legendary Heroes』に参戦させる為に製作され、同ゲームの先行体験として公開したとの事。
MVC』を意識した操作性となっている。
並上位程度の強さを持つAIも搭載されており、射撃中心に攻めてくる。
紹介動画(DLリンク有り)

出場大会

  • 「[大会] [ジャスピオン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年05月18日 23:57
添付ファイル