カード能力解説 > みわくのリリン

みわくのリリン

レア度 ☆6〜7
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
Lスキル能力 自属性の攻撃力、体力アップ
☆7のみ「はばたき」も対象。ハートBOXを消すとスキル発動ぷよ減
スキル能力 3ターンの間、「こうげき」×nの体力を吸収して味方全体を回復(1/25)
☆7のみ敵の攻撃力30%減少、ハートボックスの数で吸収倍率増加
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2017年11月末のぷよフェスにて登場。
まものガールズのリリンの亜種カードで、プレイヤー達からは「みリン」の愛称で呼ばれている。

スキルレベルを上げるには同キャラ同士で合成をおこなうか、紫の秘伝書を合成する必要がある。
通常のリリンを合成してもスキルレベルは上がらない。

2021/5/6に☆7が解放。
☆6のみだったぷよフェス限定キャラとしては、最後から2番目の☆7解放となった。

ステータス

レアリティ 体力 攻撃 回復
☆6 Lv99 5428 2216 251
☆7 Lv120 9228 2991 338

ぷよフェス限定カードなので、たいりょくタイプの高い体力を持ちながら、こうげきタイプ並の攻撃力を持つ。
一方で副属性がないのに、副属性があるぷよ他のフェス限定カードと同程度の攻撃力である点が、同じ副属性なしの目覚めし力シリーズとは大きく異なる。
攻撃力を☆7同士で比較すると、同じくたいりょくタイプで副属性なしの大自然を巡る熱砂の旅シリーズに比べると1000以上低く、副属性ありのシズナギリンとしたシズナギなどにも負けている。

リーダースキル

☆6
赤属性の攻撃が2.5倍、体力が3.5倍になる。
ロックなハーピー・大勇者ラグナスと同じ倍率だが、本カードには副属性がなく、対象は自属性1色のみとなる。

☆7
赤属性カードと「はばたき」の攻撃力と体力を4倍にし、通常攻撃時のみハートBOXを1個消すごとにスキル発動ぷよ数を1減らす
クエスト開始時1回のみ色ぷよをランダムで3個ハートBOXに変える

自属性に加え「はばたき」も対象になった。
ロックなハーピー・大勇者ラグナスと同等の倍率(相手の攻撃力減少はないが)と、
まばゆいヤナ・リンとしたシズナギと同様の開幕ハートBOX生成+ハートBOXでのスキル加速を持つリーダースキル。

スキル

☆6
3ターンの間、相手全体の体力をこのカードの「こうげき」×3.5で吸収して味方全体を回復(1/25)
必要ぷよ消し数は40個。
サキュバス(☆6)、クロミコモネの倍率が0.5倍上がった上位互換。
紫属性以外の吸収スキルを持ったカードは、本カードが初めてとなる。
吸収スキルはギルドイベントの全色盾相手に活躍する。使い方については、サキュバスの解説を参照。

たいりょくタイプなので体力が圧倒的に高く、ぷよフェスカードなので攻撃力も100~200ほど上回る。さらにスキルの倍率も高い。
単純にスキルを発動しただけならば、本カードのほうが多くのダメージを与えられる。
(ただし、☆7が実装されたサキュバスと比べると攻撃が2/3しかなく、吸収倍率も半分となる)
そのうえ、本カード自身が耐久力を持った吸収デッキのリーダーになることができる。
一見あらゆる点で既存カードの上位であるように見えるが、サキュバス・クロミ・コモネはそれらでコンビネーションを組める点、
3ターン持続するエンハンススキルを適用させやすい (いずれも剣士クルークバルバルフェーリと同属性で、こうげきタイプのため戦乙女シリーズのスキルも適合する)、
またガチャの出現率的に複数枚の入手がしやすいという点においても、あちらの方が有利である。
本カードに適合する3ターンエンハンスを持ったカードには夢の配達人シリーズのゼノンがいる。

しかし近年では全盾の攻略方法は「エンハンス+条件エンハンス+盾破壊」が主流となっており、
これはこれまでの吸収とは比較にもならない火力を一瞬でたたき出す。
このため、全盾ボスのHPも数億や10億を超えるものが出現しており、
吸収ではとても追いつかず、スキル発動を繰り返している間に日が暮れてしまう。
つまり、ギルドイベントではもはや過去のものとなってしまっていた。

ギルドイベント以外では、「ティルラの挑戦状」超極辛において、吸収は有効な攻略方法のひとつとなっている。
ラストステージ寸前で、エンハンススキルと吸収スキルを発動しておいてラストステージに進むと、
敵全員のHPをあっという間に吸収して、あっさりとクリアできてしまう。スキル上げ周回したいときにも便利。
また、ギルドタワーのマルチプレイにおいても活躍できることがある。

☆7
3ターンの間、相手全体の体力をこのカードの「こうげき」×20で吸収して味方全体を回復(1/25)
このスキル発動時のフィールド上のハートBOXの数×2を吸収倍率にプラス
3ターンの間、相手全体の攻撃力を30%減少

倍率の上昇(それに伴い回復量も増加)、ハートBOXによる吸収倍率増加、相手全体の攻撃力減少により、倒されにくくなった。
ハートBOXによる吸収倍率増加は「こうげき×(20+ハートBOXの数×2)」という計算になる。言い換えるならハートBOX1個につきダメージ10%アップ。

2021/9/17に回復量が1/30から1/25へ上方調整された。

コンビネーション

ガールズ、まもの、つの、はばたき

デッキ考察

☆7が実装された時点で、吸収スキルのダメージを上げる手段が複数登場している。
  • 吸収スキルの威力は本人の攻撃力のみに依存するため、木之本桜&ケロちゃんの隣接エンハンスが有効。
    持続は2ターンだが9倍と破格の倍率を与えることができ、
    3ターン持続する倍率が普通のエンハンスよりも多くのダメージを与えられる。
  • 吸収スキルのダメージは、エンハンス以外にテンキッズのヨウのフィールド効果「晴れ」で1.5倍にできる。
  • マネージャーのドラコは、下3段をハートボックスに変換できるため、本スキルの吸収ダメージを大幅に上げられる。
    属性が異なるが、「はばたき」を持っているため、リーダースキルの対象となるのがポイントである。

評価

ギルドイベントの全色盾持ちボス(700体目以降のキリ番)向けに特化したカード。
本来想定された用途で活躍させるならば、最低でもそこまで到達できるギルドに所属している必要がある。
体力特化のリーダースキルも持っており、赤属性で同属性の体力を4倍にできるカードは、2021年5月現在本カードが唯一。
全色盾以外の場面でもある程度活躍できる汎用性を持っている。

他の吸収持ちカードはコラボ限定の峰不二子だけ赤、あとはすべて紫属性だが、
こちらは赤属性かつ耐久力特化で吸収デッキを組むことができる。
体力特化のリーダースキルがあるので、全色盾持ちボスの攻撃に耐えつつ初期スキルをためることが可能。
本カード自身が攻撃力も耐久力もある吸収デッキ編成に有効なリーダースキルを持っているため、
ギルドメンバーが持っていればサポートカードとして借りて使うことができるのも、
今までの吸収スキルカードになかったメリットである。

しかし☆6においては、既存の吸収スキル持ちカードの☆6を少し上回る程度で、
肝心の吸収スキル能力はサキュバスの☆7を大きく下回り、フェス限定カードとしてはかなりもの悲しい性能。
700体目以降にスムーズに到達できるギルドなら、吸収でない方法でサクッと倒してくれるギルドメンバーがいる可能性が高く、
もたもた吸収している裏でとっくに終わってたということも余裕であり得るため、☆6での使い道はほとんどないだろう。
本カード登場時点ではかろうじて吸収スキルに人権があったが、すぐに過去のものとなった状況が長く続いていた。
つまり、盾破壊・被ダメージアップのスキルを持つ☆7カードの台頭により、吸収スキルは長らく影を潜めていたわけである。

これによってたくさんの本カードがカレー鍋で煮込まれることとなったが、
あれから3年余り、本カードの☆7へんしんが解放され、吸収に加えて相手全体の攻撃力を減少させるスキル効果がついた。
吸収倍率は大きく強化されており、ハートボックスによる強化によりさらに伸びしろができ、活用できるうる場面は大きく広がっている。
すぐに☆7にすべきとはいえないが、☆6の頃とは異なり、オンリーワンな吸収スキル持ち&赤属性の体力4倍カードとして
使い道や有効なデッキを考える余地や価値はあるカードとなっている。

最終更新:2021年09月16日 19:18