ひこうタイプ

タイプ別考察 > ひこうタイプ

タイプ相性

世代\タイプ 無 炎 水 電 草 氷 闘 毒 地 飛 超 虫 岩 霊 竜 悪 鋼 妖
第一世代         ×        
第二世代~
第五世代
        ×            
第六世代~
現在
        ×              

■タイプ特性

  • 技「はねやすめ」を使用したターンは、ひこうタイプの耐性がなくなる
  • 接地していない
  • 道具「くろいてっきゅう」を持つと、じめんタイプの技を等倍で受ける
  • 技「フリーフォール」を受けてもダメージを受けない
  • 技「サウザンアロー」を「ねらいのまと」を持っておらず、かつ接地していない時に受けると以下の結果になる
    • もう一方のタイプが何であっても等倍でダメージを受ける
    • うちおとす状態になる

■タイプに関係する「とくせい」

攻撃側

  • 「スカイスキン」発動でひこうタイプの技が1.2倍
  • 「はやてのつばさ」発動でひこうタイプの技の優先度が+1

防御側

  • 「ありじごく」で交代を封じられない(厳密にはタイプ特性ではなく「接地していない」事による効果)
  • 天候「らんきりゅう」下では「でんき」「こおり」「いわ」の技が0.5倍(「デルタストリーム」による)


概要

非常にバラエティに富んだタイプですぞwwwポケモンの種類はノーマルタイプや水タイプ並に多いですなwww
飛ぶというより跳ぶタイプのドードリオ、扇風機という飛行要素が全くない家電のスピンロトム、飛行ではなく落下や発射が適切と思われるメテノ、テッカグヤも飛行タイプに含まれていますなwww
ポケモンの幅が広いため自然とヤケモンの数も多くなりますなwwww

草・虫・格闘・地面という地上戦を連想する攻撃技に耐性を持ち、そのうち地面以外にはこちらから一致抜群を取ることができるタイプですなwww
ところが後出しの面では、草には面倒な補助技があったり、虫にはとんぼ返りがあったり、そもそも虫タイプを飛行タイプで見る必要がなかったり、格闘や地面には岩技があったりと、完全な捕食者にはなれないのが悩みの種ですぞwwww
初代から多く存在するノーマル/飛行複合に関しては、せっかくの格闘半減がノーマルによって相殺されていますなwww

飛行技単体で考えると、汎用受けタイプの鋼タイプで止まる平凡な攻撃タイプに見えますが、高火力飛行技+相性の良いウェポンが組み合わさると一気に化けますぞwwww
なぜなら「等倍で受けさせない火力」「攻撃範囲で鋼に受けさせない」となると、一般的に受けに向いてないタイプである岩と電気で強引に受けるしかなくなるからですなwww
役割論理では、眼鏡やヒコウZを持たせた高火力暴風使い、もしくはメガヤーマンダがその攻撃性能で活躍していますなwwwww
一方で異教徒の必殺技の積み技からの「そらをとぶ」「とびはねる」をZワザ化したものは非常に受けづらく、対策がかなり難しいですぞwwww

第六世代ではスカイスキン等のスキン系は1.3倍でしたが、あまりにも強すぎたため第七世代でスキン系の倍率は1.2倍に下方修正されましたぞwww

忘れやすいですが、飛行タイプは接地していないためフィールドの恩恵は受けられませんなwwww
一応どくびし回避できる利点がありますがなwww

接地していない事で効果を受けなくなるものは「○○フィールド」「まきびし」「どくびし」「ねばねばネット」特性「ありじごく」ですなwww
ちなみに接地していないポケモンはどくタイプのタイプ特性である「繰り出し時にどくびしを解除する」という効果も起こりませんぞwww
なお、フィールドがあると発動する異教徒のアイテム「○○シード」の効果は接地していなくても問題なく発動しますぞwwwコケコライドのコンボが有名ですかなwww

『道具「くろいてっきゅう」を持つと、じめんタイプの技を等倍で受ける』は、ただの雑学ですなwwww
黒い鉄球を持たせたエアームドに地震を当てたときと、羽休めしたエアームドに地震を当てたときでは相性の結果が違いますぞwww
では、黒い鉄球を持って羽休めしたエアームドに地震を当てたらどうなるんでしょうかな?www答えは自分で確かめる以外ありえないwwww
落ち着いてロジックすれば間違えることは無いはずですなwwww

第八世代初期では新ポケモンが最終進化はたったの2体とこれまでと比べてかなり少ないですなwww
冠の雪原ではガラルサンダー・ガラルフリーザー・ガラルファイヤーが追加され、新しい飛行タイプの最終進化は5体となりましたなwww

ダイマックスわざの一貫性・追加効果などから、飛行タイプの活躍は多いですぞwww
プレイヤー間では新規精鋭のアーマーガア、ダイマックスとの相性が抜群のトゲキッスやギャラドス、リザードンなどが注目されていましたなwww
しかし、これらのポケモンは冠の雪原のインフレにより使用率が低くなりましたぞwww
現状ではランドロス、サンダー、テッカグヤ、ガラルファイヤーといった準伝説ポケモン、カイリュー等の600族の採用率が高いですなwww

論者間では特にヤンダー、ヤーマンダが飛行アタッカーとして評価が高くなっていますかなwww
ヤャラドスやヤンドロスといったいかくヤケモンもヤーティにおいて採用率が高いですぞwww
冠環境最初期はファイヤーの評価が地の底でしたが、少し経ってステルスロックの採用率が落ち着いてからは役割範囲の強さからヤケモンとして評価されましたなwww

ダイジェットは追加効果はS上昇()とゴミですが、高威力のひこうタイプの技をぶっ放せる点は非常に強力ですなwww
たまにS上昇()のイメージに引っ張られてダイジェットの評価を下げる迷える子羊もいますが、一貫性の高いひこうタイプで高威力の攻撃を繰り出せるのは普通に役割論理的にも強いですぞwww
ただし全抜き()を狙うためだけにダイジェットを採用したりだとかは役割論理的にはありえないwww


複合タイプの耐性

タイプ複合 無 炎 水 電 草 氷 闘 毒 地 飛 超 虫 岩 霊 竜 悪 鋼 妖
飛         ×              
飛無           ×     ×        
飛炎       ×          
飛水         ×            
飛電           ×          
飛草     ×              
飛氷           ×            
飛闘         ×        
飛毒       ×          
タイプ複合 無 炎 水 電 草 氷 闘 毒 地 飛 超 虫 岩 霊 竜 悪 鋼 妖
飛地     ×   ×                
飛超         ×          
飛虫       ×            
飛岩     ×          
飛霊 ×     × ×          
飛竜       ×          
飛悪           ×   ×      
飛鋼       × ×      
飛妖       ×       ×  
タイプ複合 無 炎 水 電 草 氷 闘 毒 地 飛 超 虫 岩 霊 竜 悪 鋼 妖

このページの登録タグ一覧
ひこうタイプ タイプ別考察



+ ページログですなwww
注意点ですなwwww
  • 以下の表は完成途中の(更新放棄された)表である可能性がありますなwww
  • ただのデータ集目的なら他サイトを見たほうが役割が持てる可能性が高いですなwww
  • ヤケモンではないページのリンクは何の役割も持てないゴミページですなwww

編集にはあまりにも手間がかかるため、以下のリストは無理に更新しなくてもいいですなwww
各タイプページそのものはアイコン置き場として役割があるのでページ削除はありえないwww

■ひこうポケモン一覧

1★…一軍ヤケモンですぞwww役割論理の代名詞とも言える高火力ヤケモンですなwww
2★…二軍ヤケモンですぞwww環境に応じてヤーティに1,2匹入れておくと良いですなwww
5▲…データ不足ポケモンですぞwww情報が足りないので現在格付け保留にされているポケモンですなwww
6▲…二軍候補及びチョッキヤケモン候補ですぞwww環境・研究によっては二軍・チョッキヤケモンに上がる可能性がありますなwww
7▲…二軍候補未満のポケモンですぞwww
8―…レーティングバトルに参加できないポケモンですぞwww

No.
ポケモン





タイプ とくせい1
メガとくせい
とくせい2 かくれとくせい
006 7▲ リザードン 78 84 78 109 85 100
ほのお
もうか サンパワー
006 2★ リザードン
(メガリザードンY)
78 104 78 159 115 100
ほのお
ひでり
130 1★ ギャラドス 95 125 79 60 100 81
みず
いかく じしんかじょう
142 7▲ プテラ 80 105 65 60 75 130
いわ
いしあたま プレッシャー きんちょうかん
142 7▲ プテラ
(メガプテラ)
80 135 85 70 95 150
いわ
かたいツメ
144 7▲ フリーザー 90 85 100 95 120 85
こおり
プレッシャー ゆきがくれ
145 2★ サンダー 90 90 85 125 90 100
でんき
プレッシャー せいでんき
146 2★ ファイヤー 90 100 90 125 85 90
ほのお
プレッシャー ほのおのからだ
149 2★ カイリュー 91 134 95 100 100 80
ドラゴン
せいしんりょく マルチスケイル
169 7▲ クロバット 85 90 80 70 80 130
どく
せいしんりょく すりぬけ
227 7▲ エアームド 65 80 140 40 70 70
はがね
するどいめ がんじょう くだけるよろい
250 8― ホウオウ 106 130 90 110 154 90
ほのお
プレッシャー さいせいりょく
279 6▲ ペリッパー 60 50 100 95 70 65
みず
するどいめ あめふらし あめうけざら
357 7▲ トロピウス 99 68 83 72 87 51
くさ
ようりょくそ サンパワー しゅうかく
373 2★ ボーマンダ 95 135 80 110 80 100
ドラゴン
いかく じしんかじょう
373 1★ ボーマンダ
(メガボーマンダ)
95 145 130 120 90 120
ドラゴン
スカイスキン
468 6▲ トゲキッス 85 50 95 120 115 80
フェアリー
はりきり てんのめぐみ きょううん
472 7▲ グライオン 75 95 125 45 75 95
じめん
かいりきバサミ すながくれ ポイズンヒール
628 7▲ ウォーグル 100 123 75 57 75 80
ノーマル
するどいめ ちからずく まけんき
645 7▲ ランドロス
(けしんフォルム)
89 125 90 115 80 101
じめん
すなのちから ちからずく
645 1★ ランドロス
(れいじゅうフォルム)
89 145 90 105 80 91
じめん
いかく
663 7▲ ファイアロー 78 81 71 74 69 126
ほのお
ほのおのからだ はやてのつばさ
717 8― イベルタル 126 131 95 131 98 99
あく
ダークオーラ
797 2★ テッカグヤ 97 101 103 107 101 61
はがね
ビーストブースト

最終更新:2020年12月12日 18:27