秋葉名戸学園

登録日:2011/09/07(水) 04:43:22
更新日:2018/08/16 Thu 03:24:53
所要時間:約 4 分で読めます




あぁ…!?こ、これは!?仮面ソイヤーの復刻モデル!


むう…!?見事な鉄道模型ですね…スイッチバックまで再現とは!


これは…!10年前に発売されてまったく売れなかった幻のゲーム機P-GXではありませんか!!






秋葉名戸(しゅうようめいと)とはイナズマイレブンに登場する架空の中学校。
名前からお察しの通り、学力は優秀だがマニアックな生徒が集まる学校。アニメでの登場は9話。
校舎は家電量販店の集合体のような感じ。商業系の学校なのだろうか?

まだ知名度がそれほど高くなかった頃の話だったということもあって注目度は低いが、この学校のエピソードはそのフリーダムさから作品ファンに好評を博している。

主な話の流れとしては
視察という名目でメイド喫茶突入→ヲタトーク→女子マネのコスプレ→試合→ヲタ議論→和解
といった感じ


メイド喫茶はスイカ大好きなサッカー部監督が経営しており、女子マネたちがメイドをやっている。おい学校。
店のドアには女の子キャラのイラストが描かれ、メイドたちはフリル控えめな業務向きのメイド服を着用。




ちなみに店のメニューは

ソフトドリンク
  • ピンクのときめきミルクティー
  • 麗しの君ジャスミンティー
  • 魅惑のドキドキハーブティー
  • メイドさんと一緒(ハート)萌え萌えココア(ハート)(ハート)(ハート)
  • ちょっぴり切ない☆すくみずソーダ
  • ぎゅぎゅっと搾りたてオレンジジュース
  • 書生から先生さまへ…心尽くし緑茶
  • パチパチとろみゅのジンジャーエール
  • 寝起き最悪ご主人様☆お目覚めコーヒー
デザート
  • ときめきピコピコケーキセット
〜以下不明〜


…誰だこれ考えたの
というか何故メニュー表のシーン作ったし


そして地下室はヲタクという名のサッカー部員のたまり場になっており
チームにはレイヤー、アイドルヲタ、鉄男、特撮ヲタ、ネトゲ廃人、PC自作派、ロボマニア、ゲーヲタ、アーケードゲーマーが集う。
ちなみにキャプテンはラノベ作家(兼『マジカルプリンセス シルキー・ナナ』原作担当)。しかもCV:山寺宏一と無駄に豪華。
副キャプテン(?)は萌え漫画家で『マジカルプリンセス シルキー・ナナ』作画担当。中学生が何やってんだとか気にしてはいけない。
加えてアニメ未登場のゲーム版キャラにはパーツマニア、フィギュア造形師、格ゲーマニア、声ヲタ、ネット廃人がいる。


後日、秋葉名戸のグラウンドで試合が行われるが、サッカー場が萌え系ポスターだらけ。
そしてヒロイン3人にまさかのメイド服強制。

「我が校における試合では、マネージャーは全てメイド服着用、という決まりになっております☆」
「誰がそんな決まりを作ったのよ!」
「店長…いえ監督が☆」

まあその辺お堅い夏未以外はノリノリだったが。
結局春奈に引っ張られて夏未も着る羽目に。そして撮影会。
猫顔の抗議に続くこの時の気の抜けた夏未(通称ハニワ)は見物。
こちらはフリルエプロンという日本でのスタンダードなイメージ通りの「メイド服」というデザインをしている。


いざ試合が始まってみれば出てくる必殺技は超次元サッカーの中でも群を抜いてフリーダム。
サッカーをフルでやり抜く体力が無いので、前半は味方同士でひたすらパスを続けて時間を消費する外道戦法を適用。
そして本番ともいえる後半、ボールをスイカと入れ替えたり、人間をバットにしたり、パタリロ風の演出で砂煙を巻き起こしたり、
キーパーが体当たりでゴールポストをずらしてゴールを防いだりとやりたい放題。
おい、サッカーしろよ


フットボールフロンティアの大会名も覚えてないのにこの学校が大会に参加した理由は、
優勝特典の特典のアメリカ旅行でアニメヒロインである『コズミックプリティ・レイナ』のアメリカ限定モデルを入手するためだった。

 コズミックプリティ・レイナ

結局主人公に勝てるわけもなく雷門中との試合で負けてしまったため、フィギュア入手を雷門のヲタである目金に託すこととなった。
まあ制作側がアメリカ旅行の存在を忘れてたせいで有耶無耶になっちまったがな!
ちなみにこのレイナのフィギュアはその後もしばしば作中に登場している。ストライカーズでも部室にあったりする。
そしてイナズマイレブンGOではなんとアナザーカラーの水色版が目金の部屋に置いてあり、スタッフの愛を感じさせた。


秋葉名戸イレブン


2年生/MF/背番号3
秋葉名戸学園サッカー部キャプテン。
ライトノベルが好きで、執筆した作品を毎月コンテストに送っている。
史上最高の萌え漫画「シルキー・ナナ」の原作者でもある。
メイド喫茶に馴染んでいた目金に見所を感じ、隠し部屋に案内した。

  • 相戸留捜(あいどる そう)CV:日野未歩
2年生/GK/背番号1
小太り眼鏡で常に「> <」のように目を瞑っている。
アイドルオタクであり、デビュー前のアイドルを追いかけて将来のスターを捜している。
メイド服に着替えた夏未達を激写する。

3年生/DF/背番号2
背が高くバンダナをしている。通称「てっちゃん」。
鉄道模型が大好きな鉄オタ。いつか線路だけの部屋を持つのが夢。
車内アナウンスの真似も得意。試合の流れを車内アナウンス風に言っていた。

2年生/DF/背番号4
分厚い唇で首に赤いスカーフを巻いている。通称「ヒーロー」。
特撮ヒーローマニアで、近所の小学生に混じってヒーローごっこをやっている。恥ずかしくないのか?
フェイクボールを使った際に、目金に「そのような人を欺く技はヒーローのやる事じゃない!」と指摘され自分の過ち?に気づく。

  • 仮沢装(かりさわ そう)CV:下野紘/北沢力(ゲーム1作目)
2年生/DF/背番号5
常に猫耳と猫の手のグローブをつけている。通称「コスプレ」。
アニメキャラのコスプレをするのが趣味だがお金がないので衣装は全て手作りである。
夏未を気に入り猫耳をプレゼントする。

  • 御良一輝(おんら いつき)CV:金野潤
2年生/MF/背番号6
長髪で猫背な暗い雰囲気の少年。通称「オンライン」。
ネットワークゲームにはまっており、毎日夜更かしするため授業中はいつも寝ている。
メイド喫茶の隠し部屋にも自分のパソコンを設置している。

  • 自作派流(おのとも はる)CV:小平有希
2年生/FW/背番号7
青髪で眼鏡をかけたクールな雰囲気の少年。通称「じさくは」。
秋葉名戸イレブンでも貴重なイケメン枠。パソコンを全部自分で組み立てており、家には10台を超えるマシンがある。

  • 呂簿合機(ろぼ ごうき)CV:佐々木日菜子
1年生/MF/背番号8
ピンク髪で小柄な少年。通称「ロボ」。
ロボットアニメが生きがいであり、合体シーンになるとテレビの前で絶叫してしまう。
ヒーローもののタブーである「必殺技中の攻撃」を試合で行ったため、目金に「ロボットマニア失格」だと言われてしまう。

  • 芸夢好武(げいむ このむ)CV:奈良徹
2年生/FW/背番号9
ウェーブがかった髪が特徴。顔がちょっと染岡に似ている。通称「ゲームき」。
筋金入りのゲームマニアで、新作は全て発売日に入手している。
フットボールフロンティアにはほとんど興味なく、「フットボールなんとか」と大会の名前すらあやふやに覚えていた。

『イナズマイレブンGO』にも出演。
目金や漫画と共にメガネハッカーズを結成し革命派をサポートする。

  • 漫画萌(まんが もえ)CV:田野めぐみ
2年生/FW/背番号10
ベレー帽を被り、髪にペンを沢山刺している。通称「まんがか」。
この年にして売れっ子の萌え漫画家であり、学校でもよくサインをねだられている。萌え漫画「シルキー・ナナ」の作画も担当している。
目金に光るものを感じ意気投合する。

『イナズマイレブンGO』にも出演。
メガネハッカーズの一員として暗躍するが、普段はゲームセンターの一室でネットゲームに没頭している。

  • 明井戸達人(あけいど たつひと)CV:城雅子
3年生/FW/背番号11
顔の数箇所に絆創膏を貼り、頭にゴーグルをつけている。通称「アーケード」。
アーケードゲームの達人で、ゲームセンターのメダルだけで生活している。

  • 闘馬草太(とうま そうた)CV:なし
1年生/GK/背番号12
控えキーパー。
覆面レスラーのようなマスクを被っているので素顔は不明。
格ゲー好きであり、マイナーなキャラで勝つのをポリシーとしている。

  • 木内努(きうち つとむ)CV:なし
2年生/MF/背番号12
控え選手の1人。
縞々のバンダナを巻いている小柄な少年。
パーツマニアで、自分でラジオやトランシーバーなどを自作するのが得意。

  • 声模索太(せいも さくた)CV:なし
2年生/DF/背番号15
控え選手の1人。
緑色の髪で糸目。通称「せいゆう」。
将来の夢は声優で、いつも声真似の練習をしている。

  • 熱斗探李(ねっと さぐり)CV:なし
1年生/DF/背番号16
控え選手の1人。
バクハツ頭に眼鏡をカチューシャ代わりにしている。
ネットで面白いサイトを探してはウイルスに感染しているらしい。某ゲームネット君とは無関係。

  • 造形製雄(ぞうけい さくお)CV:なし
2年生/DF/背番号13
控え選手の1人。
ガタイが良く茶色の長髪を持つ。通称「フィギュア」。
フィギュア作りに凝っており、プロ顔負けの技術で作ったその作品はプレミア級の価値になるという。


監督、マネージャー


  • 真二屋才人(まにや さいと)CV:奈良徹
秋葉名戸学園サッカー部監督。
バンダナとサングラスを身に着けている太った男。
稲妻町商店街のメイド喫茶「RAI@CAFE」の店長でもあり、よく選手達と一緒にメイド喫茶に入り浸っている。マネージャー達からは「店長」と呼ばれている。
ゲーム版では気弱な性格だが、雷門の選手達に下剤を盛ったり試合結果を改竄したりなど卑怯な事を色々していた。
アニメ版ではほとんど何も喋らず、出てくる度にスイカを食べていた。選手達がフェイクボール発動の際に使用したスイカは彼のもの。

  • マネージャー
秋葉名戸学園サッカー部の女子マネージャー達。
全員がメイド服に身を包んでいる。作中では7人のマネージャーが確認出来た。
秋葉名戸学園での試合では他校のマネージャーもメイド服を着る事になっているらしく、夏未達にもメイド服を着るよう迫っていた。
試合のない日はメイド喫茶の手伝いをしている。



「オタクとは、一つの世界に真摯に・真っ直ぐに極めた者!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/