劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス

登録日:2021/08/03 (火) 20:16:40
更新日:2021/08/09 Mon 06:27:27
所要時間:約 11 分で読めます


タグ一覧
ウルトラウーマングリージョ ウルトラシリーズ ウルトラマンエックス ウルトラマンオーブ ウルトラマンギンガ ウルトラマンジード ウルトラマンタイガ ウルトラマンタイタス ウルトラマンタロウ ウルトラマントレギア ウルトラマンビクトリー ウルトラマンフーマ ウルトラマンブル ウルトラマンレイガ ウルトラマンロッソ グリムド ドラマティック ニュージェネクライマックス 中野貴雄 令和ウルトラマン 劇場版 劇場版ウルトラマン 市野龍一 待っていたよぉ!!!←まったくだよ! 感動のラスト 林壮太郎 特撮 真の最終回 行こうぜぇ! 邪悪な力に負けないでください 闇に堕ちたタロウ



みんな 待たせたな!

オレたちの映画の項目が

いよいよ完成だ!




※このページにはネタバレしかありません。ご了承ください














超えろ!最強の父(ウルトラマンタロウ)!!


トライスクワッド、ここに終結!!


画像出典:『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』(2020年8月7日公開)より
©円谷プロ、「ウルトラマンタイガ」製作委員会・テレビ東京 / 配給:松竹


『劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』とは2020年8月7日から公開された『ウルトラマンタイガ』の劇場作品である。



【概要】

新世代ヒーローズの劇場作品恒例の、TVシリーズの後日談となる作品。
当初は2020年3月6日に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開が延期となり、同年8月7日に晴れて公開された。
当時は『ウルトラマンZ』が放送中であったため、新作放送中に前作の劇場版が公開されるという異例の事態となった。

監督は市野龍一、脚本は林壮太郎と中野貴雄が担当。

時系列は最終回から半年後。だが公開延期に伴い、リアルでも最終回放送から半年以上経過することとなった。

主題歌の『ドラマティック』は、TVシリーズでナレーターを担当されていた小野大輔氏が担当。


【あらすじ】

民間警備組織E.G.I.S.の一員として働く工藤ヒロユキは、タイガ、タイタス、フーマという3人のウルトラマンに変身する能力を持っていた。
数々の敵との戦いを経て、より深まっていたヒロユキとタイガたちの絆。しかし、そんなヒロユキはいま、何者かによって狙われていた。
そのことを知って、新世代(ニュージェネレーション)のウルトラマンたちが、ヒロユキを救うべく、続々と集結を果たす。
ヒカル、ショウ、大地、ガイ、リク、カツミ、イサミ――。さらに、タイガの父・ウルトラマンタロウも地球へとやって来た。
だが、タロウは息子・タイガに激しく襲いかかる。いったい、タロウになにが起こったのか?そしてタイガは父と戦えるのか!?
今、ニュージェネレーションヒーローズが、巨大な闇の力に敢然と挑む!*1




【登場キャラクター】


E.G.I.S.(イージス)


演:井上祐貴
ご存じ熱血バカ。
これまでの戦いを経て、地球人と宇宙人の架け橋となりたいと思っている。
冒頭ではウルトラマン3人と一体化している利点を活かした戦闘をやってのけたほか、
グリムドの闇に操られるタロウについて悩むタイガをバディとして励ます一面も見せた。
そして、タロウを救うべくトライスクワッドやニュージェネレーションヒーローズと共に立ち上がる。
戦いの後はタイガと別れることになり、3人との繋がりの証である腕のタイガスパークは消滅した。
しかしアイテムがなくても絆は不滅であると言い、3人の相棒をE.G.I.S.のメンバーと共に見送った。

  • 佐々木カナ
演:新山千春
ご存じE.G.I.S.社長。
情報を得るべく、宇宙人盗賊団のアジトに乗り込んだ。
その後は決戦に向かうヒロユキを見送った。

  • 宗谷ホマレ
演:諒太郎
ご存じヒロユキの先輩で実は宇宙人。
冒頭ではダダの部下相手に相変わらずの強さを見せるが、闇のウルトラマンであり別格の強さを持つ霧崎には相変わらず歯が立たず、ヒカルとショウの援護を受けるに至った。
ラストではトライスクワッド、特にフーマとの別れに目を拭うという一幕もあった。

  • 旭川ピリカ
演:吉永アユリ
ご存じアンドロイド・ピリカ03。本作では副社長となっている。
不正アクセスしたことでグリムドの呪いを受け誤作動を起こすという、アンドロイドらしさを見せる場面も。

声:黒田崇矢
最終回ラストにてE.G.I.S.に入社した宇宙人その1。
男性陣からはマグマ、女性陣からはマグマくんと呼ばれている。
発想が元悪党なのでしょっちゅう注意を受けているようだが、先輩からの指示はキッチリこなす。
冒頭にて、ダダの銃撃からホマレを庇って負傷し、入院する。


  • 宇宙商人 マーキンド星人
声:廣瀬武央
最終回ラストにてE.G.I.S.に入社した宇宙人その2。
男性陣からはマーキンド、女性陣からはマーキンドちゃんと呼ばれている。
元悪党だがマグマ星人と違って適応力が高く、職務をキッチリこなす優等生。
入院するマグマ星人の付き添いをすることになり、彼も冒頭で離脱。
以降は直接登場せず、物語の裏舞台へと回ることになる。


ニュージェネレーションヒーローズ

グリムドを封印する代償として変身能力を失っていたが、ヒロユキのタイガスパークからそれぞれのブレスレットを返却してもらうことにより変身能力を取り戻した。
前作主役の湊兄弟と、湊兄弟との交流を経験したリクがドラマ部分のメインで、他のメンバーは各自の個性を活かした見せ場が与えられている。

演:平田雄也
演:小池亮介
ご存じ湊兄弟。
リクと一緒に「銀河クワトロマーケット」を営業していたが、宇宙人に狙われており、ヒロユキに警備を依頼した。
…というのは建前で、本当はヒロユキの持つブレスレットの力を守るのが目的だった。
木の枝で作ったルーブスラッガーもどきで宇宙人軍団と戦った。
ニュージェレネーションヒーローズでは最初に変身能力を取り戻した。
カツミは映画前作でトレギアと浅からぬ因縁を持っており、タロウが闇に堕ちた後真っ先に仇討ちに燃えるがイサミに制止されている。
そんなイサミはトレギアの人間態である霧崎を見て「お~……なかなかのイケメン。俺には負けるけどね~♪」とマイペースを崩していなかった。

演:濱田龍臣
ご存じリッくん。
湊兄弟とは相変わらず仲がいい。相棒のペガは今回登場せず。
ドンシャイン愛は変わっておらず、「銀河クワトロマーケット」でもドンシャイングッズを売りさばいていた。
タイガが彼からベリアル因子を感じ取ったため、ヒロユキからマーケットを狙う宇宙人と誤解されたり、父親と戦うのが辛いタイガに同情する一幕も。
何気に本作で3作連続映画出演を果たした上、同時期に放送中だった『Z』にも出演していたため同年のうちに4シリーズ連続での出演を達成する。
(ちなみに時系列順は『タイガ』が先、公開順は『Z』が先。両者での登場シーンに直接的な繋がりはないが、どちらとも「ベリアルの息子」という出自が影響している。)

演:石黒英雄
ご存じ夕陽の風来坊。
宇宙人盗賊団のアジトにてカナを助け、宇宙人たちを退治した。
宇宙人に吹っ飛ばされたカナを抱き抱え、そのまま抱き留めた上で振り回して連携攻撃を行うという、『オーブ』本放送時と変わらぬキレのあるアクションを披露した。
ラムネも飲むよ!
なお、雑誌などの予告媒体ではタロウのウルトラフュージョンカードを見つめる場面があったが映画では未公開シーンとなっている。

  • 大空大地
演:高橋健介
ご存じ怪獣との共存を夢見る青年。
後述するファントン星人を一瞬グルマン博士かと思って気にする素振りを見せたほか、Xio隊員として情報技術に詳しいことを活かして誤作動を起こしたピリカを元に戻してあげていた。
もしエックスが機能していたら、ピリカにデリカシーのない発言をしてモニターを裏返していたであろう。

  • ショウ
演:宇治清高
ご存じ地底人ビクトリアンの青年。
ヒカルと共にトレギアを追っており、霧崎に苦戦するホマレの元へ2人で加勢に現れた。

演:根岸拓哉
ご存じニュージェネレーションのリーダー。
ショウと共にトレギアを追っていた。
タロウがタイガに代わってグリムドと戦い、同化され闇落ちしたのは「息子を守るために自らを犠牲にした」ためと推測し、自分たちがトレギアを倒すことをヒロユキに告げる。


宇宙人たち


声:森川智之
冒頭にて登場。
世界の大秘宝展に展示されていた「バラージの青い石」を狙っていた。
『ジード』18話の個体と同様、レギオノイド ダダ・カスタマイズを操縦する。
部下はいずれもダダのようなマスクとダダのような模様の服を身に着けており、光線銃が武器。

ちなみに声の人はトライスクワッド担当声優の方々の所属事務所社長に当たる。
本来はもっと台詞が少なかったらしいのだが、森川氏が声を担当すると聞いてテンションが上がった監督により、台詞が大幅に追加されたらしい。

  • 昆虫宇宙人 クカラッチ星人
  • 宇宙帝王 バド星人
  • 宇宙怪人 ゼラン星人
宇宙人盗賊団。グリムドから逃げるべく、地球の貴重品を転売して地球から脱出するための資金を稼ごうとしたが、ガイとカナに退治され、グリムドの復活が近いことを白状した。

  • 憑依宇宙人 サーペント星人
  • 戦略星人 キール星人
  • 暗黒星人 シャプレー星人
  • 策略星人 ペダン星人
  • 電波怪人 レキューム人
  • 殺戮宇宙人 ヒュプナス
  • 冷凍星人 グローザ星系人
グリムド復活前に、ウルトラタイガアクセサリーを奪って一儲けするべくヒロユキを襲撃したヴィラン・ギルドの宇宙人たち。湊兄弟に退治された。

  • 健啖宇宙人 ファントン星人
声:高橋麻琴
第4話に登場したのと同一個体。
グリムドのことを知っていた。


【登場怪獣】


霧崎ウルトラマントレギア
演:七瀬公/声:内田雄馬
ご存じ、絆アレルギーな悪のウルトラマン。
最終回で倒されたかと思いきや、やっぱり生きていた。
今回も黒幕として暗躍し、タイガとタロウに親子で殺し合いを行わせるように仕組んだ。
また、トレギアの闇の力がグリムド由来であることが今回初めて明かされた。
今作でタロウに対する彼の屈折した想いが明らかになる。予告で頻繁に見られた「待っていたよぉ!!!」のセリフに「まったくだよ!」と待ちわびていたファンは数知れず。

邪神魔獣 グリムド
宇宙遺跡ボルヘスの墓場に封印されていた宇宙の混沌。詳細は該当項目にて。

最凶獣 ヘルベロス
毒炎怪獣 セグメゲル
悪夢魔獣 ナイトファング
惑星守護神 ギガデロス
雷撃獣神 ゴロサンダー
すっかりお馴染みになってしまったトレギア配下の怪獣軍団。回収した怪獣リング*2から召喚され、ギンガ~ブルのニュージェネレーションヒーローズと戦う。ギャラクトロンMK2ウーラーに食われたため登場せず。

帝国機兵 レギオノイド ダダ・カスタマイズ
ジードにも登場した、ダダが操縦するレギオノイドのカスタム機体。
タイガのタイガダイナマイトシュートによって倒された。ノーマルタイガの数少ない白星である。
さすがに先代ダダ・カスタマイズほどの強さは無かったが、100体以上で束になってもかなわない普通のレギオノイドよりは強い。



【登場ヒーロー】


よぉし、行こうぜ!


ギンガァァァァァ!!

ビクトリィィィィィ!!

エックスゥゥゥゥゥ!!

オォォォォォブ!!

ジィィィィィィィド!!

オレ色に染め上げろ!ルーブ!!

バディー ゴー!!








画像出典:『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』(2020年8月7日公開)より
©円谷プロ、「ウルトラマンタイガ」製作委員会・テレビ東京 / 配給:松竹

トライスクワッド

本作でも引き続きヒロユキと一体化していたが、ヒロユキの力を借りなくても全員が単独で実体化できるようになっている。
闇に堕ちたタロウとの再戦の際に単独での実体化を行い、テレビシリーズでは実現しなかった地球上での3人揃い踏みが実現した。
戦いが終わった後はヒロユキと分離し、E.G.I.S.の面々に別れを告げてタロウと共に宇宙へと旅立って行った。
『タイガ』本編でヒロユキ以外の人間と会話をしたのはこれが最初で最後となる。

トライスクワッドは再び3人で活動するチームになったが、ヒロユキは例え離れていてもトライスクワッド4人目の仲間という扱いになっている。

ウルトラマンタイガ
声:寺島拓篤
ご存じ、タロウの息子である光の勇者。
闇に堕ちてしまった父のことで思い悩む場面もある。
全形態が登場。プラズマゼロレットも使用する。

ウルトラマンタイタス
声:日野聡
ご存じ、U40出身の筋肉モリモリマッチョマンの力の賢者。
カナのことをさん付けで呼ぶなど紳士的なところも相変わらず。
ウルトラマンが人間をさん付けで呼ぶのは非常に珍しい。

ウルトラマンフーマ
声:葉山翔太
ご存じ、惑星O-50で力を授かった風の覇者。
ラストシーンでは別れを惜しむホマレに声を掛けていた。

ウルトラマンレイガ
タイガをベースにトライスクワッドとニュージェネレーションヒーローズを合わせた総勢11名のウルトラ戦士が融合して誕生したスーパーウルトラマン
詳細はタイガの項目で。

ニュージェネレーションヒーローズ

全員、基本形態並びに劇場版最強形態のみが登場する。
戦いが終わった後はトライスクワッドよりも一足先に飛び立って行った。

ウルトラマンロッソ
ウルトラマンブル
それぞれフレイム、アクアのみ登場。前半ではタイガと共に襲来したグリムドを迎え撃つ。後半ではゴロサンダーと対決する。
終盤では駆け付けたグリージョとウルトラマングルーブへ合体変身する。

ウルトラマンジード
プリミティブウルティメイトファイナルが登場。ジードクロー片手にギガデロスと対決する。

ウルトラマンオーブ
オーブオリジンオーブトリニティが登場。オーブカリバーを武器にナイトファングと対決する。

ウルトラマンエックス
通常形態、 エクシードX・ベータスパークアーマー が登場。セグメゲルと対決する。
ギャラクシーファイトと同様、今回も尺と演出の都合上中村悠一氏の声の出演は無し。おかげでますます不愛想な宇宙人化が進むことに…

ウルトラマンギンガ
ウルトラマンビクトリー
タッグでヘルベロスと対決する。ビクトリーはシェパードンセイバーも使用。
終盤ではウルトラマンギンガビクトリーに合体する。

その他

ウルトラマンタロウ
声:石丸博也
ご存じ、タイガの父。
宇宙遺跡ボルヘスにてトレギアと再会し、思い出を語り合いつつもトレギアに光の国に帰るよう説得するも拒絶され、邪神魔獣グリムドがタイガのいる地球に向かっていることを知らされる。
タイガとルーブ兄弟の窮地に駆け付けグリムドを圧倒し、ウルトラダイナマイトで止めを刺そうとするが、爆発からの復元を行う隙にグリムドに体内へ侵入されたことにより、闇に堕ちたタロウへと変貌してしまう。
一度はトレギアの下僕と化してしまったが、再戦時に息子が見様見真似で放ったウルトラダイナマイトでどうにかグリムドを振り払って正気を取り戻す。
その後グリムドが力を完全に解放したときは単独でグリムドと戦って足止めを行い、ニュージェネヒーローに対してその間にタイガのウルトラホーンへ力を集めるよう指示を出した。
戦いが終わった後はヒロユキと言葉を交わし、「タイガを成長させてくれた」と感謝の言葉を述べていた。

ウルトラウーマングリージョ
声:其原有沙
他の面々が最終形態に変身していくのを見て、兄たちが「じゃあ俺たちは(仕方が無いので)ルーブに…」と悠長に相談しているところへこちらもマイペースかつ唐突に現れた。
今回は アサヒ としての登場は無し。
本編での出番が少なかったため、公開前特番でナビゲーターという役割が与えられたほか、特番の最後とカウントダウンメッセージでは他のニュージェネヒーローの出演者と同様に湊アサヒとして出演している。
劇場版公開が延期されたため、カウントダウンメッセージはそのまま後ろに公開前特番を繋げるという豪華仕様だった。
演者はニュージェネヒーローよりも年下だが、芸歴はニュージェネヒーローの演者よりも長く、声だけでもしっかり芝居ができるため全く問題がなかった。

【余談】

この映画にてギンガは映画連続出演記録をさらに伸ばしたが、ティガはこの映画にて連続出演記録がストップすることになってしまった。
二人とも変身バンクや力を借りるための幻としての出演も含んでだが
前述の通り、エックスがベータスパークアーマーになったのでティガの力を借りた形態自体は登場している。

タイガアクセサリーが殆ど失われたことは一見するとマイナス要素だが、実際のところはその後の展開に殆ど影響がなく、むしろプラスに働いている。
テレビシリーズ本編で技のバリエーションを増やすための要素だったため、客演時にはそこまで技バリエーションが求められることもない。
それどころか客演時には本編で使用頻度が低かった技や形態の使用機会が増えるなど、トライスクワッドの3人に新しい見せ場が生まれている。

公開が延期されたためカウントダウンメッセージは直前に撮り直しとなり、出演者一同は当時のゴタゴタでスタジオが閉鎖された中メッセージの撮影を行なっている。

ダダ役の森川氏は初報の際、とあるサイトにてウルトラマンパワード役での出演と発表されたが、後に誤報であったとして修正された。
しかし、後にとある作品にて森川氏がパワード役と発表され、誤報の真相が単なる取り違えだったことが判明した。

バトルスピリッツのウルトラマンコラボブースター登場の「新世代(ニュージェネレーション)ウルトラマン」のカードのイラストには、本作の集合シーンが使われており、フレーバーテキストもグリムドとの戦いが描写されているのだが……。
さも当然のように、あの場にいなかったゼットが真ん中に陣取っている。

ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』は本作でタイガがヒロユキと分離した後のストーリーである。



追記修正は、不正アクセスしないように気を付けてお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年08月09日 06:27

*1 公式より引用。

*2 セグメゲル、ギガデロスは15話にて回収済み。ヘルベロス、ナイトファング、ゴロサンダーはタイガが持っていたものを強奪する形で回収