ウルトラマンタイガ

登録日:2019/08/17 Sat 11:37:01
更新日:2019/09/14 Sat 19:22:24
所要時間:約 7 分で読めます





この地球に、宇宙人が密かに暮らしていることはあまり知られていない。





これは、そんな星で出会った若者たちの奇跡の物語である。
画像出典:ウルトラマンタイガ(2019年7月6日~) オープニング映像より
©円谷プロ、「ウルトラマンタイガ」製作委員会・テレビ東京

概要

『ウルトラマンタイガ』は2019年7月6日から放送されたウルトラシリーズ作品。令和ウルトラマンとしては第1作目、新世代ヒーローズとしては第7作目となる。

主人公は民間警備組織E.G.I.S.に所属する青年である工藤ヒロユキ。ウルトラマンタイガウルトラマンタイタスウルトラマンフーマという出身地の違うウルトラマン3人と一体化して戦う。
主人公が民間企業に所属するのは初めて(民間とはいえ組織に主人公が所属するのも『ウルトラマンX』以来となる)かつ3人のウルトラマンが1人の主人公と一体化し、戦うというのもシリーズ初となる。
また、ウルトラマンタイガはウルトラマンタロウの息子であるということも話題を集めた。
そして、メインとなる悪役は『劇場版R/B』で初登場したウルトラマントレギア。今まで謎だったトレギアの過去についてもタロウの旧友であったと明らかにされた。

監督はメインに新世代ヒーローズを数多く監督し、初のメインとなる市野龍一の他、田口清隆、神谷誠、武居正能、辻本貴則、本作でウルトラシリーズ初監督となる越知靖が参加。
シリーズ構成は同じく多くの新世代ヒーローズに参加してきた林壮太郎、中野貴雄。
サブの脚本には皐月彩、足木淳一郎、柳井祥緒、三浦有為子、小林弘利、勝冶京子、森江美咲が参加している。

ナレーションは小野大輔が務め、『ウルトラQ』のようにオープニングナレーションが流れる。

オープニングはタイガの声優を担当し、歌手としても活動する寺島拓篤の「Buddy,steady,go!」、
エンディングはアニソン歌手の佐咲紗花による「ヒトツボシ」。
本作ではランティス所属の歌手による楽曲が提供されている。

音楽はアニメ生徒会役員共シリーズなどを手掛け、ウルトラシリーズ初の担当となる森悠也。
また、第6話では『ウルトラセブン』の音楽が使用されており、冬木透が森悠也と共同でクレジットされている。

本作では見逃し配信が
  • 第1話は放送期間中、常時無料配信
  • 第2話以降の配信は2週間に延長
と今までより視聴者に優しいスタイルになっている。

また、YouTube上でタイガが過去のウルトラマンの戦いを振り返る第0話「ウルトラマンタイガ物語」も公開された。

本作の作風としては、多数の宇宙人が登場し、コメディチックだった前作『ウルトラマンR/B』に比べると、全体的にシリアスな世界観。
主人公や仲間の周りで味方側のゲストや改心した宇宙人たちが死亡してしまったり、行方不明となってしまう展開も多い。
近年ではアイテムから怪獣が召喚される展開が多かったが、
本作では怪獣が意味を持って出現し、単なる使い魔としての存在にならないように工夫されている。

『劇場版R/B』同様、CGを使用した特撮も一部存在する。


あらすじ

地球には宇宙人が密かに移住してきている。だが、その事を知っているのはごく一部の人間のみで、一般的には知られていない。
そんな社会の中で、主人公の《工藤ヒロユキ》は、宇宙人が絡む事件をもその業務内容に含まれる民間の警備組織《E.G.I.S.(イージス)》に就職し、日夜平和のために働いている。

そんな彼には、本人も知らないある大きな秘密が眠っていた。
それはウルトラマンタイガの“光の粒子”が体内に宿っているという秘密。
ヒロユキの体からタイガが蘇る時、新たな物語が始まる!

(公式サイトより)


登場人物

【E.G.I.S】

主人公が所属する民間の警備組織。その仕事は宇宙人絡みの事件も対象である。

  • 工藤ヒロユキ
演:井上祐貴
22歳。心優しく正義感の強い青年で、宇宙人といった未知の存在でも受け入れようとする。
物語が開始する12年前、宇宙人に襲われたところをウルトラマンタイガの光に助けられる。
ヘルベロスが出現した際にタイガへと初変身し、その後、タイタス、フーマとも出会う。
その正義感からくる熱い言動により、ホマレからは「熱血バカ」と揶揄されることも。

  • 佐々木カナ
演:新山千春
38歳。E.G.I.Sを立ち上げ、社長を務める女性。
経理に厳しい一面を持つ。
軽い性格の一方で、依頼主の素性によっては報酬の小切手は陰で捨てていたり、宇宙人にも偏見を持たないなど人格者の面もある。
もともとは宇宙人がらみの事案を受け持っている警察組織「外事X課」に身を置いていたが、とある事件をきっかけに組織を離れE.G.I.S.を立ち上げた。

  • 宗谷ホマレ
演:諒太郎
25歳。ヒロユキの先輩で兄貴分。
ヒロユキに負けず劣らず熱い心を持っており、実働部隊として活動することが多い。

  • 旭川ピリカ
演:吉永アユリ
23歳。オペレーター担当。
E.G.I.S.のサイバーセキュリティーのみならず、人工衛星にもアクセスできるなど、高い技術力を持つ。
明るく、オシャレやダイエットに気を遣うなど女の子らしい一面も。


【敵サイド】

演:七瀬公
タイガたちが活躍する裏で暗躍する謎の男。
その正体はウルトラマントレギアで、その目的は謎に満ちている。
地球生活を楽しんでいるようで地球の食べ物と共に登場することも多い。

  • ヴィラン・ギルド
悪の宇宙人たちによる犯罪組織。
怪獣オークションのために地球に怪獣を放ったり、怪獣を巡って抗争を起こしたりしている。
トレギアとは手を組んでおらず、むしろ自分たちの邪魔をする存在として恐れている。


【その他】

  • 佐倉警部
演:風見しんご
外事X課の警部。警察では処理し切れないような特殊な案件を依頼しにE.G.I.S.を訪問する。
カナの元上司でサクさんと呼ばれている。
演じる風見氏は『大決戦!超ウルトラ8兄弟』以来のウルトラシリーズで、劇場版『ウルトラマンコスモス』でのキド役などで出演していた。

  • 天王寺藍
演:胡桃そら(仮面女子)
霊能力系ネットアイドルとして活動する少女。
本物の霊能力者で、ナイトファングを封印したシャーマンの子孫である。
その力が他人を不幸にすると考えていたが、ヒロユキらE.G.I.Sのメンバーと関わり、考えを改めると、
タイガに地球の力を与え、フォトンアースへのパワーアップに貢献した。


登場ウルトラマン

【トライスクワッド】

生まれた星は違っていても

共に進む場所は一つ

我ら――トライスクワッド!

タイガ、タイタス、フーマが結成したヒーローチーム。
トレギアとの戦いで肉体が消滅したが、工藤ヒロユキと出会い、共に戦うことになる。
彼がタイガスパークとウルトラタイガアクセサリーを使用することで変身する。

CV:寺島拓篤
光の勇者という二つ名を持つ。
M78星雲・光の国出身で、ウルトラマンタロウの息子である若き戦士。
「タロウの息子」としてしか扱われないことを不満に思っている。
未熟で熱くなりやすいところもあるが、ヒロユキや仲間たちと共に成長していく。
第8話からは強化形態・フォトンアースが登場。

CV:日野聡
力の賢者という二つ名を持つ。
ウルトラマンジョーニアスを輩出したU40出身の賢者。
鍛えられた強靭な肉体と健全な精神を持つ。
見た目通りパワーに特化した戦い方が特徴。

CV:葉山翔太
風の覇者という二つ名を持つ。
ウルトラマンオーブウルトラマンロッソウルトラマンブルが力を授けられた惑星O-50出身の戦士。
荒っぽいが義理堅い性格。
忍者のような技を使い、スピードに特化した戦い方が特徴。


【敵サイド】

CV:内田雄馬
光の国出身でウルトラマンタロウの親友だったことが判明した悪のウルトラマン。
人間態の霧崎からトレギアアイというアイテムによって変身と言うか元の姿に戻る。


【歴代のウルトラマン】

CV:石丸博也
第0話、第1話に登場。タイガの父。トレギアと戦闘を繰り広げた。

第1話に登場したニュージェネレーションヒーローズと呼ばれるウルトラマンたち。
トレギアを追い詰めたが罠に掛かってしまい、駆け付けたトライスクワッドにそれぞれの力を授けた。
前作で留学へと旅立ったウルトラマンブルことイサミは人使いの荒い兄、ロッソことカツミからLINEで呼び出されたらしい。*1

第10話にてナックル星人オデッサと戦ったことが示唆されている。
夕日をバックにした姿とオデッサによる絵で登場しており、
オデッサは「ああいうのを本当の夕映えって言うんだろうな」と語っている。


本作初登場の怪獣

  • 最凶獣 ヘルベロス
第1話に登場。宇宙でも名を馳せる凶悪な怪獣。
カッター状のエネルギー波「ヘルスラッシュ」が武器。
霧崎が地球に呼び寄せ、オークションに出されていたゼガンを倒すとタイガと対決した。

  • 毒炎怪獣 セグメゲル
第5話に登場。セゲル星人の侵略兵器。
召喚士の葵によって呼び出され、毒性の炎「セゲルフレイム」でトライスクワッドを苦しめた。

  • 悪夢魔獣 ナイトファング
第7話と第8話に登場。太古の昔、九頭流村に封印されていた魔獣。
邪悪な音波を操って人々に悪夢を見せ、そのエネルギーを糧とする。

  • 水異怪獣 マジャッパ
第9話に登場。水獣の守り人と呼ばれる宇宙人に封印されていた。
マジャッパ芳香は良い香りがするが、相手を痺れさせる効果がある。
水ノ魔王獣 マガジャッパの元となった怪獣とされる。


各エピソード及び登場怪獣・宇宙人

今作では『ウルトラマンR/B』まであったエンディング後のミニコーナーが存在しない。

「登場怪獣」「登場宇宙人」の欄で赤文字になっている者はそのエピソードでのメインを務める対戦相手ということを表している。
ウルトラマントレギアは「登場宇宙人」の欄に分類。
また、ガワ(着ぐるみ)が登場しない宇宙人(所謂ヒューマノイドタイプ)は、一部例外を除き基本的にここでは記載しない。


話数 タイトル 登場怪獣 登場宇宙人 ゲストウルトラマン 脚本 監督
第0話 『ウルトラマンタイガ物語』 ウルトラマンタロウ 足木淳一郎(構成) 中山剛平(演出)
第1話 『バディゴー!』 最凶獣 ヘルベロス
若親怪獣 ヤングマザーザンドリアス
雛怪獣 ベビーザンドリアス
時空破壊神 ゼガン
ウルトラマントレギア
サーベル暴君 マグマ星人
宇宙怪人 セミ人間
昆虫宇宙人 クカラッチ星人
宇宙商人 マーキンド星人
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンギンガ
ウルトラマンビクトリー
ウルトラマンエックス
ウルトラマンオーブ
ウルトラマンジード
ウルトラマンロッソ
ウルトラマンブル
林壮太郎 市野龍一
神谷誠(特技監督)
第2話 『トレギア』 海獣 キングゲスラ
(幼海獣 チビスケ
ウルトラマントレギア
電波怪人 レキューム人
宇宙商人 マーキンド星人
中野貴雄
第3話 『星の復讐者』 シビルジャッジメンター ギャラクトロンMK2 ウルトラマントレギア 林壮太郎
第4話 『群狼の挽歌』 怪獣爆弾 デアボリック(MB) ウルトラマントレギア
変身怪人 ゼットン星人ゾリン
健啖宇宙人 ファントン星人
中野貴雄 田口清隆
第5話 『きみの決める未来』 毒炎怪獣 セグメゲル セゲル星人
ダマーラ星人
皐月彩
第6話 『円盤が来ない』 宇宙ヒットマン ガピヤ星人アベル
ウルトラマントレギア
星人遺族 セミ少女
サイケ宇宙人 ペロリンガ星人
足木淳一郎
第7話 『魔の山へ!!』 悪夢魔獣 ナイトファング 暗黒星人 ババルウ星人
集団宇宙人 フック星人
林壮太郎 神谷誠
第8話 『悪魔を討て!』 悪夢魔獣 ナイトファング ウルトラマントレギア
第9話 『それぞれの今』 水異怪獣 マジャッパ 戦略星人 キール星人
殺戮宇宙人 ヒュプナス
三浦有為子 武居正能
第10話 夕映えの戦士 用心棒怪獣 ブラックキング 暗殺宇宙人 ナックル星人オデッサ
ウルトラマントレギア
ウルトラマンジャック 柳井祥緒


関連作品

各回の放送終了後にYouTube上で短編ボイスドラマ「トライスクワッド ボイスドラマ」が配信される。
エピソードによっては複数回にまたがっている長編エピソードとなることもある。
SSSS.GRIDMAN』でも行われた試みだが、ウルトラシリーズ本編では初めてとなる。
トライスクワッドの3人の過去や本編の裏でのエピソードが語られており、
過去作品の後日談や補完となる回も存在する。
一部エピソードには挿絵が存在し、デザイナーの後藤正行氏が担当している。

その他、2019年9月29日からYouTubeで独占配信予定の『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』は『劇場版R/B』から『ウルトラマンタイガ』までに起きた物語とされている。


余談

  • 本作はBD BOXの発売が放送開始直後に発表されたのだが、このとき46年前の『ウルトラマンタロウ』で東光太郎役を演じた篠田三郎氏からコメントが寄せられた。ウルトラシリーズが息の長いシリーズとして発展し、タロウの息子がテレビに出てくることを「あの頃は夢にも思わなかった」と述べ、作品への応援の言葉を贈っている。


\カモン!/

追記・修正の編集者、Wiki籠もり!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

作品やキャラクター、製作者などへの愚痴や文句、誹謗中傷や罵倒や批判、それらを肯定するコメントは禁止されています。
守られない場合コメント欄の撤去やIP規制といった処置がとられますのでご注意ください。
添付ファイル