こちらのページでは、チョロQHG2の小ネタについてまとめています。

メニュー



Q'sファクトリーのターンテーブル

各街のQ'sファクトリーに入るとプレイヤーが自動的に乗るターンテーブル。
このターンテーブルは、パーツチェンジ中に左スティックで動かせる。

ピーチタウン レースBGM

KDDIが2002年に発売した携帯電話「A3012CA」に、ピーチタウンのレースBGMとほぼ同一の楽曲が着メロとして収録されている。
曲名は「Highway Drive」。おそらく後述のフリー楽曲が関係しているものと思われる。
動画4:57〜より

キャラクターのボディが宙に浮く

チームメイトを他のキャラクターと交代すると装備が元に戻るが、外を走行するチームメイトにビッグタイヤを装備させた状態だった場合、ボディがビッグタイヤ装着時の位置のままになる。

レース除外

スタートポジションが18~22番手の5台はコースによって異なる(キラキラパークのリサリサ、サンサンビーチのサンドロなど)。
これらのキャラクターを仲間にし、他のコースに出場すると、17番手のナナハひめ、16番手のシルベスタの順で除外される。

PinkSardine

本作のラジオでは、このゲームのBGMを担当した田辺氏の率いるロックバンド『PinkSardine』の曲が聴ける。
ピーチFMの「ゲストでQ」で流れる「Blue Sky」と「爪痕」の2曲はPinkSardineのファーストアルバムの収録曲の一部である。
また、ラジオで喋っている司会者やゲストは、当時のPinkSardineのメンバーである。

スタンプのヒント

「チョロQHG2」の前身にあたる「チョロQワンダフォー!」ではスタンプ帳にメモ欄があり、複雑なイベントについてヒントが記されていた。
しかし、今作ではそのメモ欄が削除されている。
その代わりとして、スタンプが押されるイベントについての情報を聞いたり、スタンプがもらえる施設に入ると、該当スタンプの説明文が埋まるようになっている。
例えば、どこでもいいのでプチクラショップに一度でも入れば96番に「プチクラのアルバムがいっぱいになる!」という説明文が書かれる。
フジシティのハナコからマイシティについて話を聞くと40番に「ガレージをもらう!」という説明文が書かれる。
これらをメモとして活用すると、取得していないスタンプを集めやすくなる。

謎の点線

昼の時間帯にパパイヤアイランド付近の海底神殿から北部へ進むと、左下のマップ上に謎の点線が出現する。夜になると視認しづらくなるので注意。
余談だが、線の開始点と終了点それぞれの付近には巨大なサンゴがある。

画像のパパイヤアイランド右側の黒い点で示した場所が線の開始点

通貨レートの変動

「ふたりであそぶ」のアイテムトレードで、所持金の多いプレイヤーが所持金の少ないプレイヤーにアイテムを売ろうとすると、パーツの売値と買値の相場が通常トレード時よりも少し安くなる。
逆に所持金の少ないプレイヤーが所持金の多いプレイヤーにアイテムを売ろうとすると、パーツの売値と買値の相場が通常トレード時よりも少し高くなる。但しこちらはノーマル系パーツの値段は変化しない。

一部楽曲元ネタ


Michael Walthius(マイケル・ウォルシアス)氏の公開していたフリー楽曲が元ネタだと思われるBGMが幾つか存在する。

使用場面 元ネタ楽曲名
大統領BGM Skyline Silhouette
ピーチタウンレース Houserocker
フジシティレース Nitefunk
マロンキャニオンレース Incident At Dark Shores
たいきゅうレース Funkengruven
ミュージックでQ Echoes(ワンダフォーの転送
センターのBGMも同様)
おはようミュージック Song For My Children
ピーチミュージック Cyberbeat
ミュージックアワー リクエスト曲 Jammin' on Sunset
ロックロックもうすぐお昼 Pacific Coast Highway
Q-Waveのみで流れる曲 Dreaming In Stereo

これらの元ネタ楽曲が公開されていたページはすでに閉鎖されているようだ。
が、元ネタ楽曲であるMIDIファイルをアーカイブしているサイトはここのように幾つか存在しているので、気になる方はご参照あれ。


コメント欄
最終更新:2022年05月10日 17:57