こちらのページでは、チョロQマリン Qボートに収録されているコースをまとめています。
ミッションは別個ページに記載しています。

メニュー



◆コース一覧


コースページを作成するにあたって、ライバル船の下位補正に関する情報を、誠に勝手ながら黒雪様(@kuroyuki89)が"Twitterに掲載された内容"から引用させて頂きました。ご不快な思いをさせてしまったら申し訳ございません。


コメント欄
  • Qボートのライバル船の下位補正能力に関してですが、全コースを調査した結果、「キャッスルリバー」のSRN3は下位補正能力を所持していない可能性が高いことが判明しました。 - エメラルドX (2021-02-19 17:11:06)
  • また、「ボルケーノヒート」のチェーサは下位補正能力を所持している事も判明しました。しかし、下位補正能力発動時の進路の取り方と、 - エメラルドX (2021-02-19 17:14:30)
    • チェーサの旋回と重さのパラメータとの相性が悪いためか、壁や溶岩に引っかかってしまい、発動すると返って遅くなってしまう様です。 - エメラルドX (2021-02-19 17:16:43)
  • 「ホットクラスター」のライバル船の下位補正能力を調査した結果、「タイフーン」は下位補正能力を所持していない可能性が高い事が判明しました。そして、 - エメラルドX (2021-02-20 19:20:45)
    • 「ゆうしお」「アクラ」「ロサンゼルス」の3隻が下位補正能力を所持している事が判明しました。しかし、 - エメラルドX (2021-02-20 19:22:38)
      • 自船がタイフーンの場合に、シアが通常時よりも速いスピードを出す現象が起こり、さらに自船がシアの場合は、タイフーンが通常時よりも速いスピードを出す現象が起こっており、 - エメラルドX (2021-02-20 19:25:32)
        • この2隻の能力の能力所持・能力非所持に関しては不明瞭な部分があります。また、「だい71ごうかん」が能力を所持している可能性もあります。 - エメラルドX (2021-02-20 19:27:51)
          • 本調査では、基本的にはドルフィンスターを使用し、
            コントロールライン前で停止した場合の記録と、

            全速力で走り、更にショートカットやダッシュアイテムを使用して、差をつけて走った場合の記録とを比較し、(どちらも2周目の記録)

            明らかに記録の差が大きく開いたライバル船を、能力所持船としています。 - エメラルドX (2021-02-20 19:31:45)
  • 「ホットクラスター」のライバル船の下位補正能力に関して、
    ワンメイクレースで「アクラ」を使用し調査した結果、
    ワンメイクの場合は、2位〜6位までのアクラ(ライバル船)が下位補正能力を所持している事が判明しました。 - エメラルドX (2021-02-21 23:32:03)
    • 1位のアクラに関しては、差をつけて走った際に、通常時と比べて10秒ほど速くなる現象が1度発生しており、下位補正能力を所持している可能性があります。
      しかし、調査不足の為、通常時にもこの現象が起きる可能性があり、所持しているかの断定は出来ませんでした。 - エメラルドX (2021-02-21 23:36:22)

最終更新:2021年02月20日 15:47