ダーク・シュナイダー

「俺は転生したいにしえの魔法使い、ダーク・シュナイダーだ」

+ 担当声優
矢尾一樹
ドラマCD・1992年版OVA
森川智之
DAXEL版パチスロ
小西克幸
CRバスタード!!

週刊少年ジャンプで連載されていた萩原一至氏原作の漫画作品『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の主人公。
名前の由来はドイツのヘヴィメタ歌手であるウド・ダークシュナイダー氏だが、作中では「D・S」の略称で呼ばれる事が多い。

400年以上生きていた伝説の魔術師で、自称「超絶美形魔法使い」or「超絶美形主人公」。
かつて世界征服を企み、D・S四天王を率いて「魔操兵戦争」を起こしたが、五英雄に敗れ去る。
現在は転生先である少年ルーシェ・レンレンの肉体に封印されており、肉体と魂を共有している
(本人曰く「同じ人物の魂が二つの形質と性格を持っている」との事)。
そして封印を解かれると小学生ぐらいの少年から、かつてのD・Sそのものな魔術師っぽくない筋骨隆々の大男に変化する
服が破れるのか(下半身含め)裸な事が多い。ただし本人は自分の姿に絶対の自信を持っているため、他人に裸を見られた所で羞恥する事は無い)。
性格は傲岸不遜かつ傍若無人、女好きで他人に服従する事や自由を奪われる事を激しく嫌う。あと自分より背が高い奴も嫌い。
殺戮や弱者をいたぶる事を躊躇しない等、ジャンプ漫画の主人公にあるまじきダークヒーロー…を通り越した悪人だが、
ルーシュの義姉であるティア・ノート・ヨーコには頭が上がらないため、敵を倒してはヨーコに封印されるを繰り返す事に
(ヨーコの両親は五英雄のメンバーであり(ただし母は既に死去)、D・Sの転生体であるルーシュを探し出し封印すると同時に養子として育てていた)。

(以上、Wikipediaより一部引用・改変)


MUGENにおけるダーク・シュナイダー

TonyADVが製作したものが存在していたが、現在は公開サイトの消失により入手不可。
ドットアーデルハイドを改変したもので、ボイスは外国語。
操作方法は6ボタン方式で、原作を同様多彩な魔法を操る。

この他、同氏によってスプライトをジューダス・ペインに差し替えたバージョンも製作されていた。


「女なんて世界征服しちまえば選り取り見取りだぜ!
 ヨーコさんだろうが、シーラだろうがな!」

出場大会

出演ストーリー

MUGEN STORIES INFINITY:NEXT STAGE!!(ヘンリー・タキオーン(戦闘時))


最終更新:2022年06月05日 02:09