やまだ


「ぜんこくの やまださんには もうしわけないが
 おれがあくの おおぼすの やまだだ!」

『くにおくん』シリーズの登場キャラクター。フルネームは山田大樹(やまだ たいき)。
海外版『River City Ransom』での名前は「Slick」及び「Simon」。
PCエンジン版『ダウンタウン熱血物語』での担当声優は 高木渉 氏。
ちなみにPCエンジン版『ダウンタウン熱血行進曲』では「たかぎ あゆみ」と表記されていたが、
これが誤植だったのか当時の芸名だったのかは不明。

(以下、説明不足だったFC版を補完したリメイク版設定を含む)
シリーズ主人公「くにお」の中学時代の同級生。
元々くにおに並ぶほどの腕っぷしの強さがあり、時にケンカの共闘をした事もある関係だったが、
くにおとどちらが上かの決着を付けられなかった事、またくにおに好意を持っていた「はせべ」を絡めた三角関係など色々あって、
「何とかして、くにおを上回る存在になりたい」という強い上昇志向を持つ。
喧嘩が強いだけでなく、悪賢い一面も発揮しており、とある人物から会得した「あくのぱわー」を利用した催眠術なども使える
また進学校の冷峰学園に入学しているあたり成績も悪くはないようである。
代名詞はステージ上に落ちているアイテムを超能力で浮遊させて飛ばす「やまだのじゅつ」。
また、「げろろんぱ」なる珍妙な口癖を持つ。

入学した冷峰学園生徒(ダブルドラゴン兄弟など)を手下にして周囲の高校を冷峰学園の支配下に置き、
さらに「りき」の彼女の「まみ」まで誘拐して脅したのが『ダウンタウン熱血物語』におけるストーリー。
これに気付いたくにおとまみ救出に立ち上がったりきが手下の番長達を突破して最終的にダブルドラゴン兄弟も倒してしまったため、
屋上で上記の台詞を言い放ち、ラスボスとして立ちはだかるが正直ダブドラ兄弟より弱い
ステータス自体はダブルドラゴン兄弟よりやや高いのと低いのが混ざり武器も持っているのだが、
単独なので2人がかりの兄弟より相手しやすいのはともかくとして、ラスボスとして悲惨な事に前述のやまだのじゅつを使ってこない
(プログラム上は存在しているのだが、発動するプログラムが無い。おかげで後述の『時代劇』が初出だと誤認したプレイヤーが多数発生してしまった)。
さらに高難易度ではHPがオーバーフローしたのか、通常難易度ではかなり耐えるのに一発でHPが0になって倒れてしまう泣かせるのぅ。
海外の有志により、
プレイヤーの使用が可能になったハックロムのプレイ動画
(1:32までやまだのじゅつを使用)

生徒会長にも就任していたため、事件解決後の『ダウンタウン熱血行進曲』の頃には転校し冷峰を去る事になったようだが、
EDでは後任の生徒会長である「とうどう(藤堂護)」とつるんで悪巧みしていたりと相変わらずの様子。
登場する度に元から大してあるわけでもなかった悪役としての大物感が喪失していき
『びっくり熱血新記録』ではゴミ箱に捨てられていた花束を拾って大喜びする程に落ちぶれてしまった。泣けるぜ…。
その後『熱血べーすぼーる物語』では転校先の明暗高校で大会に出場している(ちなみにこの高校、露骨に『ドカベン』のパロディである)。

リメイク作である『ダウンタウン熱血物語EX』では必殺技追加とアルゴリズムの強化でラスボスに相応しい強さを手に入れており
(ついでにバグで使えなかったやまだのじゅつも使えるようになっている)、
また冷峰を裏切ってくにお達に付いた四天王メンバーを粛清するなど黒幕らしさを見せ付けた。
…のだが、追加された必殺技「背負いスペシャル」で画面端で投げられると画面外に落ちて即死するバグが発覚。
強化されてもやっぱり瞬殺される運命であった。やまだ「ひどいよ…こんなのってあんまりだよ…

二度目のリメイク『ダウンタウン熱血物語SP』では設定の作り直し・掘り下げにより、
過去の小者っぷりとは比べ物にならない程の悪の大ボスに相応しいカリスマ性を手に入れた
旧作では前述のように裏方の黒幕という印象が強かったが、本作では上納金と暴力による支配、
そして明確になった洗脳術で冷峰学園と付近の高校を数ヶ月のうちに支配。
さらにダブドラ兄弟さえ認めざるを得ないケンカの強さで、洗脳術無しでも冷峰学園四天王を従えるに至った様子が描かれている。*1
メインの物語を追っていくと、屋上でのくにおとの決戦が描かれるのは旧作と同じだが、
真シナリオではくにおを越えるべく、自己洗脳により自己の限界と術後の反動を無視してまで身体能力を強化した「洗脳山田」が真のラスボスとして立ちはだかる。
「げろろんぱ」など、わずかにコミカルな面影も残るが、悪意と狂気を振りまき、かつての級友を上回るための執念を燃やす姿は、
ファミコン時代を知っている人から「こんなのやまだじゃない…」と戦慄されるほどの変貌を遂げている。旧作との落差に驚いた人も多いのではないだろうか。
また、上記の洗脳山田を倒した状態で迎える真エンディングを見る事で追加されるシナリオ『冷血硬派やまだくん』で念願の主役に抜擢された
このシナリオでは山田が悪のパワーを手に入れてからダブルドラゴン兄弟を冷峰学園に引き入れるまでを追体験でき、
貴重な服部学園の学生服を着たダブドラ兄弟の姿を見る事ができる。

『くにおくんの時代劇だよ全員集合!』では、
物語終盤に唐突に仲間にして欲しいと懇願してくる謎の男「じゅうきち(重吉)」役として登場。
こちらではやまだのじゅつがちゃんと実装されているため使用可能。
まあFC版の時点で全技使用可能な隠しパスワードがあったり、
クオリティアップ版では習得アイテムがイベントで手に入るので仲間にしなくても使えるが
何故か時々二人に増殖する。

『熱血魔法物語』では謎の魔法使い「イゴス・ルクラミーノ・ヤ・マーダ」として登場。
なお本作ではヤ・マーダ、クーニー(くにお)、カズミ(はせべ)の3人は異世界(ダウンタウン?)から来た事が示唆されているのだが、
ほぼ打ち切りEDのような形で物語が終わってしまったため、結局どういう事なのか不明のままとなっている。

River City Girls』では2面ボスとして登場。
基本的な設定は本編に近いが、両手に包帯を巻いていたりと厨二感マシマシに。
こちらでもやまだのじゅつに相当する黒魔術を使用する。
決して弱くはないのだが、回復アイテムが持ち込めないという理由で手強かった1面の「みすず」と違い、
回復アイテムを持ち込めるため、相対的にみすずより倒しやすいボスとなっている。

キャラ崩壊の激しい事で有名な漫画『おれは男だ!くにおくん』では、珍しく良い意味でキャラ崩壊を起こしており、
原作程陰湿なわけでもなく藤堂とつるんで悪だくみもする事も殆どなく、
ダブルドラゴン兄弟がくにおに負けた際に敵討ちに現れるなど男らしいキャラとして描かれている。
またくにおがピンチに陥った際はダブドラ兄弟と共に駆け付けて共闘するなど、ライバルキャラとしての熱い一面も見せていた。


「この おれの あくの ぱわーが つうよう しないなんて・・・げろろんぱ。」


MUGENにおけるやまだ

オーグラ氏が製作。アフロン氏のくにおくんキャラを改変したもの。
『ダウンタウン熱血物語SP』の動作を元にしており、格ゲー風のコマンドは搭載しておらず、アクションゲームの感覚で操作できる。
使える技を細かく選択できるモードセレクトを搭載しており、レトロモードにすれば旧作品に存在した技だけで戦う事もできる。
AIは搭載されていない。

『ダウンタウン熱血物語SP』のやまだなのでフォルダ名は「Yamada-SP」なのだが、『餓狼伝説SP』の山田と見間違える可能性がある。
幸いあちらの山田にはフォルダ名が被っているキャラはいないようなので、誤ってファイルを上書きしてしまう事は無さそうだが……。


「こんど あうときは こうはいかないぜ・・・
 よおーっく おぼえとけよ・・・がっくーん♡」

出場大会

  • 「[大会] [やまだ]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
やまだとしては、冷峰四天王も洗脳術の支配下に置き忠実な手ゴマとして動かしたかったようだが、
もちづき=気持ちの良いケンカをしたい、こばやし=噂に名高いくにおと全力の手合わせをしてみたい、など、
強固な生き様と、それぞれの四天王軍団を束ね得る精神の強さがあり洗脳支配には失敗している。
ただし、四天王それぞれ何らかの形でくにお&りきと戦ってみたいという願望があり、やまだはそれを上手く利用した形となった。


最終更新:2022年09月24日 14:52
添付ファイル