キリエロイド


「見せてやろう…キリエル人の力を!キリエル人の怒りの姿を!!」

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する敵キャラクター。通称「炎魔戦士」。
初出は第3話「悪魔の預言」。
精神生命体「キリエル人」(「きりえるびと」と読む)がティガと戦うために変身した姿。
デザイン担当は丸山浩氏。
悪魔をモチーフとしつつ「平成のバルタン星人」というコンセプトのもと、
神秘的でカッコイイという方向性でデザインされたらしい。
アンチヒーロー的な秀逸なデザインと、『ティガ』の劇中において度々登場して強い印象を残したことから、
関連作品においてもゴルザに次いで登場回数が多く、高い人気と知名度を誇っている。

+キリエル人について
「君がその巨大な姿を現すずっと前から、
 この星の愚かな生き物達はキリエル人の導きを待っていたのだよ!」

超古代より地球に潜入していた精神生命体。通称「炎魔人」。
出身地は「不明」もしくは「超次元」「異次元」とされており、
ウルトラシリーズにおいてヤプール人以来久々に登場した異次元人、もしくは魔人の類として扱われている。
精神生命体のため普段は実体を持たず、地球で活動している個体は本編時点で死亡している人間の姿で行動している
(変身元の人間が死者の中から無作為に選ばれたのか、キリエル人に姿を借りる目的で殺害されたのかは不明である)。
人間の精神を遠隔的に洗脳して操る力を持つ他、精神体の状態でも衝撃波を放って攻撃することが可能。
なお、キリエロイドはティガに対抗するために用意した戦闘用の形態(身長52メートル、体重42000トン)であり、本来の姿というわけではない。
ちなみに本来の姿はこんな感じ。


地球人を愚かな種族と断じて、古くから人類に干渉して人類を導く救世主を気取っていたらしいが、
現代になって現れたティガを「自分達より後から地球に来た癖に、自分達のテリトリーで好き勝手している」
と見なして敵視し、排除しようとしている。*1

ティガの排除も含めて本人達は善行を行っているつもりのようだが、
「穢れを焼き払う聖なる炎」と称した連続予告爆破事件を起こして市街地に多大な被害をもたらしたり、
市民を扇動・洗脳したりとやり方は強引かつ一方的なものであり、
その実情は人類の上に立ったつもりになり超越者を気取っているメサイアコンプレックスの権化でしかない。

元ネタはクトゥルフ神話における「イスの偉大なる種族」という説が有力。
名前はラテン語で「主よ」を意味し、キリスト教における礼拝の一つでもある「キリエ」からと思われる
彼女の名や、彼女の必殺技の一つも由来は同じと推測される)。

今でこそゴルザと並ぶティガの代表怪獣だが、
脚本を担当した小中千昭氏は当初3話で「怪獣を待つ少女」(マキーナ登場回)をやる構想だったらしく、
これに難色を示し「TVシリーズは久々だから序盤でウルトラマンのライバルになりそうな特徴のある敵を」(意訳)と主張した監督と大モメしたらしい。

劇中における活躍

第3話「悪魔の預言」では本編の3年前に死亡しているはずの男「イタハシ・ミツオ」の身体を借りた個体が登場。
GUTSのイルマ隊長がワイドショーでティガを「人類を導く者」と擁護したことに激怒し、
テレビ司会者の山田の精神を操り脅迫すると同時に(この際の演出はホラーとして名高い)連続爆破事件を決行。
「預言者」を名乗ってイルマの前に現れ、全人類を代表してティガではなくキリエル人に敬意を示して頂きたいと迫ったが、
断られたため「預言」と称して町ごと燃やそうとした。
イルマは現れたティガに救出されるが、ティガを倒し自分達こそが救世主であると人類に認めさせるため、
キリエロイドに変身して対決に移る。
序盤は互角の勝負だったが、スカイタイプに変身されるや否やスピードの差で圧され、
手から放つ火炎「獄炎弾」の連射で挽回しようとするが、ティガフリーザーで氷漬けにされ、マルチタイプのゼペリオン光線で倒された。

第20話ではゴブニュ(ギガ)と事実上の相打ちになり、気を失ったダイゴの精神世界に現れて、彼を嘲笑した。
ただし、関連書籍ではこれはダイゴの見た幻に過ぎないとされている。

第25話「悪魔の審判」では、イタハシ・ミツオと同じ姿をした別個体と共にオオヌマ・ケイコという女性に憑依した「キリエルの巫女」が現れ、
「ティガこそが悪魔」と市民を扇動・洗脳しつつ、キリエル人の同胞を地上に呼び出すために「地獄の門」という巨大な扉を召喚。
地獄の門が開くのを止めるべくティガが姿を見せると、巫女も含めた数十体のキリエル人が合体し、「キリエロイドII」へと変身してティガと対峙した。
以前の個体よりパワーアップしているだけでなく、ティガのようにタイプチェンジ能力を有しており、
バランス型の「格闘戦タイプ」、固い皮膚とエルボーカッター「キリエルカッター」を持つ「怪力戦タイプ」、
巨大な翼「キリエルウイング」を持ち、スカイタイプ以上の速度で飛行する「空中戦タイプ」を使い分け、
タイプチェンジの応酬において優位に立ち、一度はティガを昏倒させる。

格闘戦タイプ 怪力戦タイプ 空中戦タイプ

しかし、イルマの呼びかけで人々の洗脳が解けた事や、イルマの息子のミウラ・トモキ*2が近隣の建物のシステムを片っ端からハッキングし、
点灯して光源を作り出した事で、人々から無数の光を受けたティガが復活。
再度怪力戦タイプで応戦するが、今度はマルチタイプのティガに圧倒され、
一撃も与えられないまま地獄の門に叩き付けられた末に、ゼペリオン光線で門共々粉砕された。

最終話ではガタノゾーアにカラータイマーを打ち抜かれ、石像と化して海中に没したダイゴの精神世界で、
巫女と預言者の姿のキリエル人が登場(こちらも人間態が前と同じだが別個体)。
「キリエルの神は地球を見捨てた。キリエルに従っておけばよかったものを」と負け惜しみの言葉を投げかけ、地球から逃亡した。

また、第25話のラストではキリエル人を崇める人々が未だ残っている描写がされており、
丸山氏は今後も再登場の機会があると想定したことで「キリエロイドIII」及び「IV」のデザインも起こしていた。
結局はお蔵入りとなったものの、これらは丸山氏の画集で目にすることができる。

余談だが、キリエル人が憑依したイタハシ・ミツオを演じたのは、『ウルトラセブン』でペロリンガ星人を演じた高野浩幸氏である。


他作品における活躍

1997年の『ウルトラマンフェスティバル』のライブステージでは男女の預言者のキリエル人2人とキリエロイド1体が登場している。

『ウルトラゾーン』第14話の「怪獣漫才」では、ジャミラと「ジェネレーションギャップス」というコンビを組んで登場。

『疾風ウルトラ忍法帖』では虓魔王編で幹部格「四鬼」の一人である炎鬼キリエロイドが登場。
マン達と戦う前に大勢の人の住む村を回りの野山、ペテロ族の村共に焼き払い大量虐殺を行い、
タロウとレオを殺害し、笹比羅(ササヒラー)にも致命傷を負わせるというギャグマンガにあるまじき非道を行うが、
笹比羅の命と引き換えの機転によって、酸素の無い真空状態にされ火炎が使用不能になった直後にマン達の総攻撃を受け、呆気ない最期を遂げた。

『ウルトラ怪獣擬人化計画』では娘太丸氏によってデザインされたキャラが存在。
恥ずかしがりやな性格で素顔を見られたくないからか、キリエロイドの顔を模したフード付きのパーカーを被っている。
一方で格闘技好きであり自身の戦闘力もそれなりに高いらしく、
小説版では組織「GIRLS」の戦闘部隊に属している彼女が謎の敵「シャドウ」の殲滅にあたっている。

この他、脚本担当の小中千昭氏は短編集『深淵を歩くもの』に収録されている「キリエル人」にて、
自身がキリエル人と遭遇する様を実体験も交えながら描いている。


ゲーム作品における活躍

  • 『ウルトラマン Fighting Evolution REBIRTH』
基本的に手は一切使わず、キック技のみで戦うキャラとなっている。
また、本作オリジナルとして、キリエロイドが力を求めて自らカオスヘッダーと融合した姿「カオスキリエロイド」が登場している。

  • 『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』
テンペラー星人、マグマ星人、ババルウ星人と共にカネゴンのバトルナイザーを奪おうとする個体が登場。
『ティガ』最終話に登場した個体と同一らしく、ギャラクシークライシスによって別の宇宙に迷い込んでしまった模様。

  • 『巨影都市』
STAGE9「それぞれの正義、ぶつかり合う影」でキリエロイドIIとティガが登場。
主人公とヒロインの乗る電車をキリエロイドIIが襲ったところにティガも出現。そのままバトルに移行する。
主人公達はその間に線路上を歩いて逃げることに成功するが、その先でも別種の脅威に遭遇することになる。

本作のエンディングで明かされる「巨影」の正体から考えると、このキリエロイドIIは本物のキリエル人ではなかった可能性が高い。


  • 『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』
キリエロイドとキリエロイドIIが実装されている。
キリエロイドは運と回避以外の能力が高く、攻撃を受けた時2ターンの間相性「速」の味方のSP獲得率を中アップさせる固有スキル「キリエル人の怒り」が強力。
キリエロイドIIは原作のタイプチェンジを再現しており、
バトル中、全タイプ合わせて6回のみスキルボタンを使用してタイプチェンジできる固有スキル「変貌するキリエル」を持つ。
これにより各タイプごとに相性や必殺技「キリエルの審判」の追加効果が変化し、多彩な立ち回りを実現できる。


MUGENにおけるキリエロイド

ビリビリ動画で活動しているBlackCat & Woz氏の製作したキャラが公開中。
モーションや必殺技は『Fighting Evolution REBIRTH』の挙動を参考にしているが、
手を使った攻撃や飛び道具も搭載されており、格ゲーキャラとしてまとまった性能となっている。
また、必殺技として地獄の門を召喚して自分を強化するゲージ技が存在する。
AIもデフォルトで搭載されている。



「地球の守護神になるつもりかね?おこがましいとは思わないか?」

出場大会

  • 「[大会] [キリエロイド]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
なお、ティガは他のウルトラ戦士と違い出自が不明なので、本当に「キリエル人より後から来た」のかは最後まではっきりしてない。
第1話の描写から「ティガは3000万年前に遺跡で眠りについた=既に地球にいた」のだけははっきりしているが。

*2
イルマは隊長に赴任する前の科学者時代に研究に没頭する余り家庭を顧みなかった時期があり、
息子のトモキを夫の実家に預けて生活させていた。
夫との仲もぎくしゃくした末に死別しており、その際に義母からは絶縁されてしまい、
戒めのためか夫の「ミウラ」姓でなく旧姓の「イルマ」を名乗っているため、息子と姓が異なる。
なお、キリエロイドII戦以降は義実家との関係は少しずつ改善し始めたようである。


最終更新:2020年11月09日 13:24