亜風炉照美(イナズマイレブン)

登録日:2014/10/06 (月) 10:28:52
更新日:2019/09/03 Tue 13:19:19
所要時間:約 7 分で読めます





「天使の羽ばたきを聞いた事はあるかい?」


亜風炉照美とは、イナズマイレブンシリーズの登場人物である。


CV:三瓶由布子、庄司将之(ゲーム1のみ)


登場はイナズマイレブンからで、フットボールフロンティア編のラスボス的存在。
愛称は「アフロディ」。
世宇子中サッカー部キャプテン。林属性でポジションはMF、背番号は10。イナズマキャラバンでは11で、ファイアードラゴンでは9。
二年生。

名前の由来は、オリュンポス十二神の「アフロディーテ」から。

名前と容姿で誤解されやすいが、れっきとした男。

中性的な顔立ちで、腰まで届く金髪のロングヘアーが特徴。決してアフロヘアーではない。
身長は意外と高く、円堂たちと比べると結構な差がある。
赤色の目をしているが、目にはハイライトは入っていない。
初登場時の一人称は「私」だったが、現在は「僕」に変更されている。

当初は神を自負するほどの自信家だったが、雷門に敗れてからは精神的に成長する。後に雷門の助っ人として参戦するときには随分と性格が丸くなっていた。


以下活躍(アニメ)


【一期】
世宇子中イレブンとして、フットボールフロンティア全国大会に推薦招待校枠で出場。
開会式には参加しなかった為、円堂たちには謎のチームとして認識されていた。
1回戦では強豪校の帝国学園と当たるが、それを圧倒的な実力で下し、決勝まで上り詰める。

実はこの凄まじい力は影山が用意した「神のアクア」というドーピングアイテムによるものだった。

決勝戦で雷門と対戦。前半はその凄まじい力で雷門を圧倒するが、円堂の何度やられても決して諦めない気迫に徐々に圧倒されていく。そして後半、円堂が「マジン・ザ・ハンド」を完成させ、遂に自身のシュートが止められてしまう。

その事がショックだったのか、その後は戦意を喪失してしまい、逆転負けしてしまう。


【二期】
ダイヤモンドダストとの試合中に突如現れ、負傷したリカの代わりに出場する。
神のアクアに頼らず、純粋な力で雷門イレブンの手助けになりたいという意思を円堂に告げると、円堂は快く歓迎してくれる。
しかし、一之瀬や土門は過去の事もあった為、なかなか信用出来ないでいたが、アフロディのプレイを見ているうちに信用できると確信し、迎え入れてくれた。

神のアクアに頼らずとも同等、もしくはそれ以上の力を出せるまでに成長しており、その実力でダイヤモンドダストから先取点をもぎとる。
その後も豪炎寺との2トップで優勢に進むも、試合は引き分けで終わった。

試合終了後は正式にイナズマキャラバン入りする。
何日かして、他のメンバーから吹雪の精神状態について聞いた為、「僕なら再生の手助けができるかもしれない」と気にかけるようになる。

その後のカオス戦でも得点を決めていくも、ガゼルとバーンによってカオスが団結してしまい、ボンバとゴッカの連続の必殺技を受けてしまう。。それでも何とか突破口を作ろうとするもそれも叶わず、負傷してしまい離脱を余儀なくされる。

しかし、アフロディの傷つきながらも諦めずにプレイする姿を見て、吹雪は心を動かされる事になった。


【三期】
韓国代表ファイアードラゴンのメンバーとして登場。FFIアジア予選決勝でイナズマジャパンと対戦する。
以前は敵対していたバーンガゼルに声を掛け、チームに引き入れている事から、カオス戦で負傷した事は根に持っていない模様。

この時に韓国を「母国」発言した事で韓国出身という事が判明。当時大きな話題になった。
正確には生まれは韓国、育ちは日本のハーフという設定らしい。

新たな必殺技も取得しており、イナズマジャパンと熱い試合を繰り広げるも一歩及ばず敗退する。
ちなみにこのファイアードラゴン戦は全4週に渡って放送された。


イナズマイレブンGO
フィフスセクター聖帝イシドの命を受け、木戸川清修中サッカー部監督に就任する。
腰まであった髪は背中ほどまで短くなり、赤いリボンで纏めている。毛先はイシドと同じく青に近いメッシュが入っているように見えるが、キャラデザイナーの長野さんが言うには、前に色が抜けた長い部分を染め直しているかららしい。目にはハイライトが入るようになった。
当初はフィフス側についていると思われていたが、本人はいたってフリーダムで自分の意思に沿って動いていた。

成人になった今でも愛称「アフロディ」で通している。名前にコンプレックスでもあるのだろうか?

フィフス側につくか革命側につくかで内部分裂を起こし、崩壊寸前にまできていた木戸川イレブンに「雷門を倒せ! そうすれば君たちの進むべき道は見える!」と、フィフスも革命も関係なくあくまで自分たちのサッカーで雷門に勝つという目的を与えることでチームの結束力を高めた。

フィフスの傘下にある学校の監督は、スタジアムの仕掛けをあらかじめ聞かされるのが恒例となっていたが、アフロディはそれを拒否し、対等な条件で試合に望んだ。

監督としての能力も優秀で、的確な指示や打開策を選手に伝えた。

結果的には敗北したものの、この試合で木戸川イレブンは大きく成長し、その選手たちに自分の過去の経験を踏まえ、挫折を知ることの大切さを説いた。

ちなみに監督就任前はアジアリーグの選手で、チームを勝利へ導く司令塔として活躍していたらしい。
鬼道からも最高のプレイヤーと賞賛されていた。


最強軍団 オーガ襲来
影山の野望の為、世宇子中イレブンでフットボールフロンティアを勝ち進んでいた時、準決勝で歴史の操作により未来から来た「王牙学園」と対戦する。王牙イレブンには神のアクアの力も通用せず、36対0という大差をつけられて、身も心もボロボロとなり敗北してしまう。

ここで敗北してしまった為、歴史が元に戻らないまま進んでいたとしたら、円堂たち雷門イレブンと出会うのはもう少し先になっている可能性もある。


【超次元ドリームマッチ】
ベストイレブンのMFとして参戦することが決定。

ここでも例により愛称「アフロディ」で通そうとするが、チームメイトからは「アフロさん」と呼ばれる。何回も訂正するが、結局直らなかった。


【ゲーム】
1では最終決戦に関わってくる為なのか、スカウトは不可能になっている(他にスカウトできないのはGKのポセイドンのみ)。

2からスカウトが可能になる。アニメ版のようにイベントで仲間になることはないが、練習試合には応じてくれる。その後引き抜きを行うと、鉄塔近くの池のほとりで待っている。引き抜くには厳しいバトルに勝つ必要がある。

3ではファイアードラゴンに対戦ルートで勝利した後で引き抜きを行うと、サッカー協会の噴水で待っている。水辺が好きなのだろうか?
厳しい3連戦に勝てば仲間になってくれる。また、パスワード連動で世宇子のアフロディもスカウト可能。

GOではダーク版のみ中学生のアフロディを仲間にできるが、キズナックスの条件をすべて埋める為には26人もの選手をスカウトしなければならない。

GO2やGO3ではスカウトの条件は少し和らぎ、大人のアフロディもスカウト可能になった。
GO3ビッグバンでは任意ではあるが、中学生アフロディをアースイレブンの一員としてキズナックスを無視してスカウトが可能。

初代ラスボスだけあり全作品通して全能力がまんべんなく高く、強力な必殺技も覚えるが、消費TPが多いのが難点。
また彼の代表的な技である「ゴッドノウズ」と「ヘブンズタイム」は風属性であり、林属性の本人と実は相性が悪い。
風属性なのに林属性の必殺技ばかり覚える鬼道とは真逆である。
よって秘伝書による補強が必須なのだが、3ではようやく属性一致の「カオスブレイク」を習得したので若干育成が楽に。


【必殺技】
  • ゴッドノウズ
風属性の「神のみぞ知る」シュート技。天使のような美しい翼をはためかせシュートを放つ。
円堂のゴッドハンドを単体で破った。作中屈指の美しいシュート技だが、3期でとある人物が使用した為一部でネタにされた。

  • ヘブンズタイム
風属性のドリブル技。イナズマ版ザ・ワールド。指パッチンした後にフィールドの時間を止めて、その間に相手を優雅に抜き去り、その後に爆発を起こす。
最強のドリブル技かと思われたが、カオス戦でネッパーに攻略される。

  • ゴッドブレイク
風属性でゴッドノウズの上級技。神聖なる究極奥義。
2から追加された技だが、アニメではイナズマジャパン戦で使用。

  • カオスブレイク
林属性でバーンとガゼルの連携で放つシュート技。ゴッドブレイクとファイアブリザードが融合した大技。
早熟な技の為レベルが上がりやすい。


【余談】
彼の声を担当している三瓶由布子は彼の事を「アフロディ様」と呼んでいるらしく、現場でもよくネタにされているらしい。

ニンドリのインタビューによると、開発当初アフロディの本名の候補で「財前」というのがあがっていたようである。その後没になったこの名前は塔子に生かされることになった。

初期のデザイン案は、イナイレのスカウトキャラである紫電の髪を金髪にし、その髪を少しだけ長くしたようなものになっている。GOのアフロディも当初は髪型をショートボブにする予定だった。

大抵彼の後ろには風が舞っており、その為後ろ髪がふわっとしてるようで、決して下にストンと落ちるということはないらしい。


神のアクアに頼らずとも背中に翼が生える方、追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/