グスタフ

初出(書籍版):第一部「兵士の娘III」 ギルド長の悩みの種
初出:第37話
名前の初出:第184話

声(ドラマCD第2弾):伊達忠智

家族構成

息子:フリーダの父
息子の妻:フリーダの母
娘:恋人を亡くしたばかりのベンノに結婚相手として打診(激怒される)
息子:末息子。ベンノより年上。ベンノの妹達の結婚相手として打診(他の男と結婚される)
孫:ダミアン(フリーダの兄)
孫:フリーダの兄
孫:フリーダ

容姿

髪の色:白髪
000000000
瞳の色:薄いオレンジ
000000000
少し恰幅の良い50代くらいで優しげな雰囲気。
働き盛りを少し過ぎた程度に見える。

地位

階級:平民
職種:商業ギルドのギルド長・オトマール商会の大旦那

年齢関連

  • マイン(6歳秋)視点で、50代くらい*1

グスタフ視点の回

書籍第三巻SS ギルド長の悩みの種

作中での活躍

商業ギルドのギルド長。オトマール商会の大旦那。
笑顔と雰囲気で一見優しそうに見えるが、金にがめつい。
ベンノと犬猿の仲。貴族相手に商売をしている。
オトマール商会の歴史は長く、今のエーレンフェストが出来るずっと前(200年以上前)から存在していた。
周辺の農村から品質が良い貴族向けの食材を買い、貴族に向けて売っている。
妻は完全に政略結婚で商売上の関係という意識が強いため、家族としての情が薄い。*2
自分の子供や孫には溺愛している。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 一応、ギルベルタ商会への対応は悪意ではなく善意からだが、人間関係や情を理解出来なくて利のみで動いた為拗れに拗れた事も書いた方がいいのでは? - 2017-07-02 12:27:41
    • 確かに。がめつさならベンノの方が上でしょ。身食いと感づいていながらぼったくってるしね (2018-12-18 02:10:48)
  • ベンノ父が死んだ直後に傷心のベンノ母を自分の後添えにしてギルベルタ商会を吸収しようとした。(75話) ベンノの意思を無視しクラッセンブルク出身の商人の娘カーリンとの結婚を周旋。クラッセンブルクと縁を結ぼうと暗躍した。(407・443話) (2019-09-17 03:36:35)
    • 一応、本人的には、「吸収しよう」としたのではなく、「このままだとつぶれかねないから、後ろ盾になろう」だったみたいだけどね。言葉足らずと男女の情に対する理解不足で、まったく伝わってなかったけど。(書籍第三巻SS ギルド長の悩みの種) (2019-09-17 06:01:03)
    • あとクラッセン関係は暗躍と言うほど隠れていない。精々、お見合いを斡旋する親戚のおばさんレベル。(407話でコリンナが、特典SS旅商人の依頼と冬の準備 でオットーが笑って話題にするレベル) (2019-09-17 06:35:29)
  • 裏目にでてるよね…貴族的には結びたくない縁で、危ない橋を渡そうとしたのは間違いない (2019-09-17 23:57:06)