スーパーマリオブラザーズ3

登録日:2011/03/15(火) 23:37:21
更新日:2020/05/30 Sat 00:13:33
所要時間:約 9 分で読めます






僕らはマリオと強くなる。


■概要

任天堂から1988年10月23日にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売したアクションゲーム。
後にスーパーマリオコレクションに収録され、スーパーマリオアドバンス4としてGBAでも発売。Wiiが発売して1年後にVCで配信される。
ファミコン用ソフトでは2番目に売れた。

宣伝ではテクニカルファンタジーとして紹介されていた。

クッパ達が7つの国から魔法の杖を奪って悪事を働いているのでマリオが彼らを懲らしめる物語。
今回ピーチ姫はさらわれず各国の城へマリオ宛に攻略のヒントとアイテムを送っている。
…が、マリオがワールド7をクリアする頃にやっぱりさらわれる。
ワールド7を経過せずにワールド8に行く手段もあるので、その場合はエンディングで突然クッパに捕まったピーチ姫が現れることになる。

当時としてはかなりの大容量で前々作や それの高難易度版だった前作と比べるとグラフィックは大幅に進化、新要素も沢山あり、アクションゲームの基礎を再び作り上げた。
前作までは右に進むと左に戻れなくなったが本作以降は逆走も可能になり、一部は右から左に進むコースもある。

大ボリュームにも関わらず初期のファミコンゲームの例に漏れずセーブはできない。
また、前2作は途中まで進んでミスした後にコースの途中から再開できたが本作では中間ポイントが存在せず、前作ほどではないにしても難易度の高さに拍車をかけている。
一応は救済措置としてあるアイテムを特定のコースで入手する事ができる。

海外版とリメイク版ではファイアマリオ等でダメージを受けてもちびマリオではなくスーパーマリオに弱体化するようになった。


■本作から登場した新要素

  • マップ
本作はコースをクリアしてもすぐに次のコースに行かず、マップ上を移動してコースを選ぶ形式になっている。
このため、必ずしも全てのコースをクリアする必要はない。
マップ上ではアイテムを使って変身が出来る。
アイテムはキノピオから貰ったりマップ上を彷徨いているブロス系の敵を倒して手に入れる事ができる。
砦をクリアする事で通れる道が増え、ゲームオーバーになっても楽に進めるようになる。
また、一定のスコアになると神経衰弱が出現したり一部コースでコインをたくさん集めると貴重なアイテムをくれる隠れキノピオの家が出現したり条件を満たすとブロスが宝船に変化する。

  • 物を持つ
甲羅は蹴るだけではなく持って盾にしたり投げて敵に当てたりすることができる。
白ブロックも投げられるが、敵のリフトメットも放物線を描いて投げてくる。
アメリカ版マリオ2から継承した点だろうか?

  • ゴールにスロット
ゴールにスロットがあり、1つのコースにつき1枚パネルがもらえる。3つコースクリアすると3枚絵柄が揃い、その絵柄に応じて残機が増える。
スターを揃えると5UP、フラワーは3UP、キノコは2UPする。絵柄がバラバラの場合は1UP。
なお、ゴールの黒い部分より前からダッシュをしジャンプゲージMAXの状態にして、一回目のジャンプで必ずスターがでる裏技がある。二回ジャンプするとキノコ。
スーパーマリオメーカーでは仕様上スコアに変更され、絵柄に1UPキノコが追加されている。

コースによっては傾斜があり坂の上でしゃがみ動作をすると坂を滑り敵を倒す事ができる。
スーパーマリオメーカーでは坂は作れなかったが続編の2で実装され2種類の角度から選べる。

  • オートスクロール
一部のコースは画面が勝手に進み壁に挟まれるとミスになる。俗に言う強制スクロール。
基本的に左から右にスクロールするが上下に揺れたり斜めにスクロールするコースも。
あるコースは本作でも屈指の難関コースとして有名。
スーパーマリオメーカーではゲームをやりこむとタイム設定と同時に解禁され、速度を3段階から選べる。
2段階目の速度は例のコースと同じくらいだが3段階目はさらに速い。
続編の2ではメインエリアのみスクロールの動きや速度を調節できるカスタムスクロールが実装された。

  • 縦長エリア
ワールド7の一部コースなど縦に長いコースもあり左右がループしている。
スーパーマリオメーカーでは続編の2で実装。
サブエリアのみで左右はループしないがオートスクロールも下から上またはその逆を3段階の速度から選ぶ事ができる。

■マリオの変身

ファイアマリオ以外にも変身出来るようになりゲームの幅が広くなった。
もっとも、ファイアマリオとしっぽマリオ以外はアイテムを入手できる場所が限られる。

  • しっぽマリオ
スーパーこのはを取った事で尻尾と耳が生えたマリオ。尻尾で攻撃が可能。
空中でAボタンを連打することでゆっくりと降下することが可能。また、ダッシュジャンプからのAボタン連打で、一定時間飛行ができる。
また、パタパタの羽根を使うと1コースのみ自由に飛び続けられるしっぽマリオになる。
当該ステージをクリアすると普通のしっぽマリオに戻る。

  • タヌキマリオ
タヌキスーツを着る事で変身出来るしっぽマリオの強化版。しっぽマリオの能力に加えて、地蔵への変身能力がある。
地蔵に変身すると、動けない代わりに無敵になる。
地蔵に攻撃力はないが、空中で変身して落下すると素では踏んで倒せない敵も倒せる。
ストーンでは無い。
似合いすぎるせいか、王様から「親切なたぬきさん」と認識される。

  • カエルマリオ
カエルスーツを着る事で水中での性能が上がるマリオ。
地上では四足歩行で、飛び跳ねるようにしか移動できないが、物を持つと二足歩行になり、普通に走れるようになる。
王様から「魔法の杖でカエルに変えられてしまった」と認識される。
スーパーマリオメーカー2ではVer.3.0アプデで追加。
上記の性能に加え、ジャンプ力が増して物を持った状態でダッシュすると森スキンの水面も走る事ができる。

  • ハンマーマリオ
ハンマースーツを着る事でハンマーを投げられるマリオ。
ハンマーは放物線を描くため慣れるまでは当てづらいが、ファイアやしっぽより倒せる敵が多く攻撃力も高い。
ドッスンやテレサ等も倒せてしまう圧倒的攻撃力を持ち、クッパすら四発で沈める事が出来てしまう。
更にしゃがむとコウラに篭ってファイアボールから身を守ることができ、攻守にわたって隙が無い。知る人の中では歴代最強マリオとの呼び声も。
ただし坂道で十字キーの下を押しても滑ることはできない。
王様が欲しがるが、あげることはできない。

  • くつマリオ
W5-3でのみ変身…というかくつクリボーの靴を履いたマリオ。
どんな敵でも踏む事ができる。
アドバンス版ではカードe+コースでも出現する。


■本作から登場したしかけ

  • Pスイッチ
踏むと一定時間コインがブロック、ブロックがコインに変わる。
一部コースはブラックパックンがコインに変化したり砦コースは踏んだ時のみ出現するドアも。
原作では出現したブロックから固定されてるがスーパーマリオメーカーでは持ち運ぶ事ができる。
また、アップデート以降はパーツを振るとカギに変化する。
スーパーマリオメーカー2では天井にも設置できるようになった。
Ver.2.0アプデでPスイッチを踏むと出現または消える絶対に壊れないPブロックが追加された。

  • 音符ブロック
初代に登場したジャンプ台のように踏むと跳ねてタイミング良く飛ぶと大ジャンプできる。
隠れたものもあり中にはボーナス面に行けるものも。
スーパーマリオメーカーでは振るとピンク色に変わり、敵やアイテムなど種類によって乗った時の音が変わる楽器ブロックも登場。

  • ドア
土管のように別のエリアへ移動する事ができる。
出た先が宙に設置されているドアは戻る事ができない。
スーパーマリオメーカーではメインエリアとサブエリアで2個1組で4つまで設置できる。
アップデート以降は振るとPスイッチを踏んだ時やカギを持っている時のみ入れるドアに変更する事もできる。

  • トゲ地形
床や壁などに設置され触れるとダメージを受ける。
一部の砦コースは天井に設置されているが天井が下がる場面も。
アドバンス版のカードe+コースではマリオの状態に関わらず触れると即ミスになるトゲも登場する。

  • レール
初代にも登場したリフトが一部コースはレールに沿って動くものも登場する。
スーパーマリオメーカーでは敵やアイテムもレールに沿って動かす事もできる。
続編の2ではON/OFFスイッチの連動でレールの切り替えも可能になった。

  • 砲台
飛行船に装備されており一定の間隔で弾丸を発射する。
基本的に台座や壁に固定されて斜めに発射されるが回転しながら2方向に発射されるものも。
ワールド8では横に発射されたり巨大な弾丸も発射される。
スーパーマリオメーカーでは5方向に向きを変えられ、振ると砲台が赤くなり弾丸の勢いが増す。

  • ちくわブロック
一定時間乗り続けると落下してしまう。
足場がほとんどちくわブロックしかないコースも。
原作では下からすり抜けられないがスーパーマリオメーカーでは下からすり抜ける事ができる。
スーパーマリオ3Dワールドのスキンでは原作と同じく下からすり抜ける事ができない。

  • バーナー砲台
ワールド3の飛行船から登場する。
一定の間隔で炎が吹き出す。
砲台によっては地蔵マリオで炎を踏む事もでき、炎が吹き出されなくなる。
スーパーマリオメーカーでは振ると炎の吹き出すタイミングを変える事ができる。

ワールド6のほとんどのコースで登場する。
足場が滑りやすく操作が難しい。
コインやブラックパックンが凍っている氷もあり、ファイアマリオで氷を溶かす事もできる。
スーパーマリオメーカー2ではVer.2.0アプデでこおったコインが追加。
ファイアマリオ以外にバブルやクッパの炎など他の炎属性でも氷が溶ける。

  • ベルトコンベア
ワールド6の3番目の砦とワールド8の砦に登場。
乗ると方向に合わせて流されてしまう。
スーパーマリオメーカーでは振ると速度を変える事ができる。
スーパーマリオメーカー2では斜めにしたりON/OFFスイッチと連動する事も可能になった。

  • POWブロック
マリオブラザーズスーパーマリオUSAに登場する敵を一掃するブロック。
本作では道中には登場しないが2人モード中にマップでマリオ及びルイージを選ぶとマリオブラザーズ風のミニゲームが始まり、そこでPOWブロックが出現する事もある。
スーパーマリオメーカーでも性質は概ね同じで続編の2ではスーパーマリオ3Dワールドスキンでは性質が異なるあかPOWブロックも登場する。

  • たつまき
ワールド2の砂漠コースでのみ登場。
コース中盤で発生しており触れると一定距離まで戻されてしまうがダッシュ状態で突っ込めば大ジャンプできる。
スーパーマリオメーカーでは続編の2で登場。
性質は原作といろいろ異なっている。


■本作から登場した敵キャラ

前作までに登場した敵キャラの亜種も増えた。

各ワールドのボスを務める。
現在はクッパ7人衆として活躍してるが当時はクッパの子供扱いだった。
詳しくは個別項目で。

  • ブンブン
各ワールドの砦の最後に待ち構えている。
3回踏むと倒せるが1回踏むとたまに大ジャンプして2回踏むと猛烈な勢いでマリオに迫る。
Newスーパーマリオブラザーズ Uのスキンのみ1回と2回踏んだ時の挙動が逆になっている。
一部の砦では1回踏んだ後に羽が付いて上昇してたまに下降して強襲する。
しかし、慣れたプレイヤーにとってはすぐに倒される事も…。
スーパーマリオメーカー2ではパーツとして実装。
ひとつのエリアで最大5体まで配置できる。
もちろん羽を付ける事もできる。
スーパーマリオ3Dワールドスキンでは回転して攻撃してくるが回転しすぎて目を回して動きが止まってしまう。
また、ダメージを与えると透明化するが他のスキンと異なり羽を付けないと段差を越える事ができない。

  • ファイアパックン
1-1から登場する炎を吐けるようになったパックンフラワー。
パックンもだが赤と緑がおり赤は茎が少し長い。
マリオがミスすると顔を向く。
スーパーマリオメーカーではパックンフラワーのパーツを振ると使用できる。
続編の2ではパックンと共に天井や壁にも設置が可能になった。
スーパーマリオ3Dワールドスキンでは体色が異なる。

  • パタクリボー
1-1から登場する羽が生えたクリボー
赤は地上でたまに跳ねながらマリオを追尾する。
黄色は勢いよく飛んだ後に上空からマメクリボーを降らしマリオにまとわりつく。
スーパーマリオメーカーではクリボーに羽のパーツを付けて使用でき、挙動は赤と同じ。

  • ブーメランブロス
1-3から登場するシリーズの強敵でもあるハンマーブロスの亜種。
ブーメランは投げても戻ってくるのでかわしたり倒しても油断は禁物。

  • カロン
1-砦から登場する骨だけのカメ。
踏んでも何度も復活してしまう。
この頃はノコノコと同じ四足歩行だが以降の作品では二足歩行になりカートパーティなどプレイアブル化の機会も増えて活躍の場を広げている。
スーパーマリオメーカーではワールドスキンのみ骨を投げて攻撃してくる。
スーパーキノコで巨大化させると一部のアクション以外でビクともしなくなる。
続編の2ではフィッシュボーンと分離したので水中スキンでも配置できるようになった。
また、カロンこうらというアイテムが追加され、溶岩や毒沼など水面を渡れたり地蔵マリオのように死んだふりで一定時間無敵になれる。
さらに空中でヒップドロップするとクッパですら一撃で倒せる。

2-砦から登場する石のお化け。
マリオが近づくと勢いよく落下して押し潰そうとしてくる。
ワールド4から横に動く個体も現れワールド8の砦のみ斜めに動く個体もいる。
一時期はトゲがなく四角く青いデザインに変わってたが現在は元のデザインに収まっている。
スーパーマリオメーカーでは落下で足場のブロックも壊す事ができ、巨大化させると破壊力が増す。
続編の2では横にも動かせるようになった。地味に表情が追加されている。
スーパーマリオ3Dワールドスキンでは触れてもダメージを受けないが潰されると即ミスになる。
その他の活躍は個別項目で。

  • テレサ
2-砦から登場する白いお化け。
マリオが背中を向けると追うが顔を向けると動きを止める。
この時の恥ずかしがって顔を隠す仕草は非常に可愛くマリオシリーズの敵キャラでも屈指の人気を集めるようになりファンも多い。
スーパーマリオ3Dワールドスキンでは壁に埋まると見えにくいが青白く光り顔を隠す時は赤くなる。

ワールド2の砂漠コースに登場する。
一見、背景に見えるが実は…。
詳しくは個別項目で。

2-5から登場する犬?のような敵キャラ。
非常に凶暴で鎖に繋がっているが近くで待っていると?
詳しくは個別項目で。

  • 逆さメット
  • 逆さトゲゾー
メットとトゲゾーは初代から登場しているが本作では天井を這う個体もおり、マリオが近づくと落下して突撃してくる。
スーパーマリオメーカーではメットとトゲゾーを天井に設置すると逆さになる。

  • プー
ワールド2の飛行船から登場するモグラ。
床に隠れて一定の間隔で顔を出してスパナを投げて攻撃してくる。
倒しても何度も復活するがワールド8では戦艦を除き色が赤くこちらは倒すと復活しない。
スーパーマリオメーカーでは羽を付けると勢いよく飛び出し空中でスパナを投げる。

  • 子連れゲッソー
3-1で登場する水中の強敵でお馴染みゲッソーの亜種。
子に触れてもダメージを受けるのでゲッソーよりかわしにくい。
さらに一部の個体は点滅した後に子を散らす事も。
スーパーマリオメーカーではゲッソーのパーツを振ると使用できる。
スーパーマリオ3Dワールドスキンでは登場せず、ゲッソー単体も他のスキンと異なる挙動をする。

  • しびれくらげ
3-5と7-4のみ登場するクラゲ。
その場から動かないが触れるともちろんダメージを受けるので敵というより障害物に近いか。
スーパーマリオメーカーでは3の水中スキンでトゲ地形のパーツを配置するとしびれくらげに変化する。

  • ガボン
3-7から登場するたらこ唇のカメ。
その場をうろうろしているがマリオが近づくと口からシューリンガンという鉄球を吐いて真横に投げてくる。
Newシリーズではその場から動かず鉄球は重力の影響を受けて坂では傾斜で勢いが変わる。
近年はパーティやテニスなどでプレイアブル参戦している。
スーパーマリオメーカー2ではVer.2.0アプデで追加。
初代と3スキンでは原作、ワールドとUスキンではNewシリーズの性質に変わる。
また、雪原スキンにすると鉄球が雪玉になり触れてもダメージは受けないが弾かれる。

  • シューリンガン
ガボンが投げる他にワールド6以降で一部のパックンが土管の出入りをせずに吹き続けたり、中には左右に歩く個体も。
スターの無敵状態でシューリンガンに触れるとなぜかパックンも一緒に倒せる。
スーパーマリオメーカー2では地上スキンで夜にするとマリオを追尾するように動く。

  • ネッチー
3-砦2から登場するお化け。
白い床の上下から表れて右往左往する。
スーパーマリオメーカーではテレサを床や天井に設置すると使用できる。
羽を付けると速度が増すだけでなく床の反対側や段差を移りながら動く。

  • ボムへい
3-9から登場する歩く爆弾兵士。
踏むと一定時間後に爆発する。
ワールド8では砲台からも発射されこちらは踏まなくてもすぐに爆発する。
スーパーマリオメーカーでは硬いブロックも壊す事ができるのでしかけに活用される事も多い。

  • ヒマンブロス
ワールド4のマップ及び4-3とワールド8に出現する太ったハンマーブロス。
ハンマーブロスと同じくハンマーを投げるがジャンプすると地響きを起こしマリオが地面にいるとしびれて一瞬動けなくなる。
Newシリーズ以降は名前がメガブロスに変更された。
スーパーマリオメーカーではハンマーブロスを巨大化させると使用できるが巨大化でデザインが変わるのは彼らのみ。

  • Uターンキラー
4-5から登場するキラーの亜種。
一部のキラー砲台から発射され通常キラーと異なり点滅しており、マリオがかわしてもUターンして戻ってくる。
スーパーマリオメーカーではキラー砲台を振ると赤くなり発射されたキラーはマリオを追尾するが挙動はNewスーパーマリオブラザーズ Wiiで登場したサーチキラーと同じである。
また、キラー砲台には敵やアイテムを入れる事も可能で砲台の色によって発射の勢いが変わる。

  • くつクリボー
5-3のみ登場する靴を履いたクリボー。
跳ねながらマリオを追うがブロックの上にいた状態で下から叩くと靴を取る事ができる。
スーパーマリオメーカーでは初代と3スキンのみ使用でき、性能は後述で。

  • ブラックパックン
5-3から登場する黒いパックンフラワー。
マリオのどんな変身でも倒す事はできないがPスイッチでコインにして取ると復活しなくなる。
ワールド6では氷漬けの個体もおり、ファイアボールを当てると復活する。
ワールド7ではマップにいるパックンのコースにも出現するが、こちらは一定の間隔で土管の出入りを繰り返しさらにポーズ中も動くというかなり特殊な仕様に。
スーパーマリオメーカーでは倒す手段はいくつかあるが、やはり基本的に無敵でマリオどころかクッパすら一撃で倒してしまうので敵パーツでは最強との声も。

  • パタメット
5-5のみ登場する羽が付いたメット。
マリオが乗ると少し沈んだ後に上昇する。
スーパーマリオメーカーではメットに羽を付けると使用できる。
メットと異なり踏んでも簡単にコウラにはならずビクともしなくなる。

  • ファイアブロス
ワールド8で登場する炎を吐いて攻撃するブロス。
炎はマリオのファイアボールそのままに速いのでブロス最強との声も。
実はワールド2でも会えるがこちらは2体同時に出現するので開始早々に炎の餌食にされる事も少なくない。


■冒険の舞台

全8ワールド。ワールド8以外はそれぞれのワールドで王様に会いに行き、飛行船に乗ったコクッパを懲らしめて次のワールドに向かう。
ワールド毎にマップのBGMが異なる。

◆ワールド1 草原の国 GRASS LAND
オーソドックスな作りのコースが多いワールド。しかし、オートスクロールやトゲ付き天井が降りてくるなど、斬新なしかけが多くあり、当時のプレイヤーを驚かせた。
コース3と砦には笛があり、マップ上で使うと他のワールドにワープする事ができ、2回連続で使うと一気にワールド8まで行ける。
マップの敵はハンマーブロス1体。
ボスはラリー。

◆ワールド2 砂漠の国 DESERT HILL
舞台は砂漠になりマップが一気に広大になった。
竜巻が発生している中でみんなのトラウマ太陽に襲われたり、ピラミッドにも入ったりする。
ここにも笛が1つあるがちょっと分かりづらい。
マップの敵はブーメランブロス2体、ある場所にはファイアブロスも。
ボスはモートン。パターンはラリーと同じだが、床に凸凹がついているため、少し難易度が上がっている。

◆ワールド3 海の国 OCEAN SIDE
今度の舞台は海になり、水に関する場面が多くなる。
ここでカエルスーツが登場するので水中が苦手な人は試してみよう(実はワールド2でも入手できるが)。
マップBGMはどこかで聞いた事があるかも。
パイポやキラーで無限増殖できるコースがいくつかある。
特定の岩をハンマーで除去すると先に舟がありキノピオの家やボーナスがたくさんあるが、舟の上で笛を使ってはいけない。
マップの敵はハンマーブロスだが水面で接触するとフィールドが水面に変わり、ちびマリオ状態の時は要注意。
ボスはウェンディ。ダメージを与える度に、壁に反射するリングを放ってくる。

◆ワールド4 巨大の国 BIG ISLAND
大きなクリボーやノコノコが歩いてるが図体だけで強さは変わらない。
横移動するドッスンや天井から落ちるトゲゾーなど敵の攻撃も執拗になる。
マップはひまんブロスになり、ジャンプ後の着地で地響きを起こす。
タヌキスーツはここから登場する。
ボスはイギー。ラリーやモートンとパターンは同じだが、踏んだ後に大ジャンプして回数に合わせて増えるので注意。

◆ワールド5 空の国 THE SKY
開始直後は地上だが、塔を登ると空が舞台になる。
空中面は足場が不安定な場所が多く難易度は高い。
マップの敵はハンマーブロスで地上に2体、空に1体が徘徊している。
ボスはロイ。ジャンプして着地する度に地震を起こしてマリオの動きを封じる。

◆ワールド6 氷の国 ICED LAND
雪国になり、走ると滑って敵に当たったり穴に落ちたりする危険がある。
コースは10、砦が3つと全ワールド最大の広さを持つ。
ここでハンマースーツが登場。かなり強力なのでなるべく温存したいところ。
コース5はしっぽかタヌキでないとクリアできない。
マップの敵はハンマーブロスだが足場が氷で滑りやすい。
ボスはレミー。サーカスの曲芸のように玉に乗っている。ダメージを与える度に玉を出してくる。この玉にはマリオも乗ることができるが、横から当たるとダメージになる。

◆ワールド7 土管の国 PIPE MAZE
北国から南国のようなワールドに。名前の通り土管が多くパックンも異常繁殖しており、ブロスの代わりにマップ上にも現れる。
迷路を筆頭に縦スクロール、オートスクロールの水中、一面ブラックパックンなど終盤のワールドだけに高難易度なコースが多い。
ボスはルドウィッグ。ロイと同じ地震攻撃を使うが床の凸凹の高低差が増している。

◆ワールド8 暗黒の国 CASTLE OF KUPPA
ピーチをさらったクッパとの決戦の地。
キノピオの家がなく戦車、戦艦、マリオを強制的に引きずり込む渦などかなり難しい。
特に渦の先の高速飛行船はスクロールが異常に早く足場も少ないためマリオ3でもっとも難しいコースとして有名。
ただし戦艦はうまく艦の下に潜り込めればゴールまで雑魚を一切相手にすることなく進むことができるためカエルスーツが役に立ったり、高速飛行船はパタパタの羽根で飛び続けることでゴールまでスルー出来る。
ボスはクッパ。炎のブレスと、ジャンプからの踏みつけで攻撃してくる。踏みつけを行うと足場のレンガが少しずつ崩れていくので、
これを繰り返して下に落とすのが基本戦法。飛び道具でもダメージが通る。

◆ワールド9 ワープゾーン WARP ZONE
笛を吹くと行けるワールド。
土管を選んで他のワールドにワープする。
このワールドで笛を吹くとワールド8の土管に入れる。


■スーパーマリオメーカー

自分でコースを作って遊べる作品で3のグラフィックと仕様を選ぶ事もできる。
物が持てない初代よりできる事が多く上投げや壁キックなどがあるワールドとUのような高度なテクニックがないのである意味ゲームバランスは一番かもしれない。
お化けやしきスキンのみ本作オリジナルの背景とBGMである。
続編の2ではさばく、雪原、森、空のスキンが追加。
さばくと森のBGMは地上スキンと同じだが雪原スキンのみオリジナルのBGMになっている。
リメイク版を含め原作では限られた出番しかなかったくつマリオも自由に使う事ができる。
羽を付けたり巨大化させると次作から登場する恐竜のようなアクションもできる。
また、パーツを振るとクイーンくつクリボーに変化して巨大化させると特定のアクションでくつより倒せる敵や壊せるブロックが多い。
余談だがパーツには例の白い足場もありこの上でしゃがみ続けると…?




ありか゛とう! やっと
このこうもくにも へん
しゅうか゛されました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
   おしまいっ!  

この項目が面白かったなら……\ポチッと/