ラザファム

初出:第442話(書籍版では第三部にあたる第九巻SSで登場) 名前の初出:第532話

容姿

髪の色:黒に近い深緑
000000000
瞳の色:緑
000000000
少し癖のある黒に近い深緑の髪を後ろに撫でつけ、穏やかな微笑みを浮かべた緑の瞳をしている。

地位

階級:下級貴族
職種:側仕え・フェルディナンドの側近→フェルディナンドの側近 兼 フェルディナンドの館の管理人→ローゼマインの図書館の管理人

作中での活躍

フェルディナンドと同年代。
冬以外の季節にフェルディナンドが貴族院で自由な行動を楽しんでいた様子を知っている。

元々はヴェローニカにより、嫌がらせの一環としてフェルディナンドの側近に付けられた。
その結果、ラザファム自身の環境も酷いものとなったため、フェルディナンドに、嫌がらせに加担して身を守るよう促されたが、それをした時点で、側近として本当に失格となると拒否した。
その言を疑い、名捧げをしなければ信じないと述べたフェルディナンドの反応を受け、信用を得る為にフェルディナンドに名を捧げた。*1

フェルディナンドが神殿入りした際には、の管理ができ城では生きていけないラザファムだけが、側近として残るように言われたが、
アーレンスバッハ行きの際には、自分の身を自分で守れる戦闘力がない為に連れて行けないと告げた上で、婚約期間を終えるまでの間、館と館に残す荷物を管理するように命じられた。*2

その後、フェルディナンドの館ローゼマインに譲られたため、そのままローゼマイン図書館の管理人となった。

15年春以降、アレキサンドリアに移動していると推測されるが、作中では不明。*3

経歴

~02年冬頃 フェルディナンドに名捧げする*4
02年冬頃  フェルディナンドの館の管理人になる*5
13年冬   ローゼマイン図書館の管理人になる
15年春?~ アレキサンドリアに移動?

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 偉そうなこと言っているのは重々承知で大変恐縮なのですが、ラザファムの経歴覧もうちょっとどうにかなりませんか?名捧げの経緯とか載せてもいいと思うのです。 - 2017-01-11 15:37:35
    • そもそも作中でこのくらいしか触れられていないのだから致し方ないのかも。今後書籍版とかssで取り上げられるのを待つしかない。 (2019-04-28 20:30:30)