エックハルト

初出:第175話

家族構成

第一夫人:ハイデマリー(故人)
 子:胎児の段階で母と共に死亡
婚約者:アンゲリカ(第二夫人予定)

父:カルステッド
母:エルヴィーラ(カルステッドの第一夫人)
 弟:ランプレヒト
  甥:ジークレヒト
 弟:コルネリウス
 妹:ローゼマイン(非公開設定では異母妹。貴族社会の慣習上、同母妹)

 異母弟:ニコラウス(カルステッドの第二夫人の息子)

父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・エーレンフェスト(祖父方の曾祖父)
曾祖父:前ライゼガング伯爵(祖母方の曾祖父)
 祖父:ボニファティウス
  叔父:カルステッドの異母弟(第二夫人の息子)
   従弟:トラウゴット

母方の親戚
曾祖父:初代ギーベ・グレッシェル(祖母方の曾祖父)
曾祖母:前ライゼガング伯爵の娘(祖母方の曾祖母)
 祖父:前ギーベ・ハルデンツェル*1
 祖母:前ライゼガング伯爵の孫娘
  伯父:ギーベ・ハルデンツェル
   従兄弟:*2
   従兄弟:*3

容姿

髪の色:濃い緑
000000000
瞳の色:青
000000000
濃い緑の髪に青の瞳。
父とよく似た顔立ちで、体つきも大柄でがっちりしている。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士・フェルディナンドの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの年齢差(夏):+11*4
  • ローゼマインとの学年差:+11or12(誕生季による)
  • 属性:フェルディナンドに名を捧げているため、恐らく全属性になっている*5

エックハルト視点の回

書籍第十巻 エピローグ
SS38話 エックハルト視点 ユストクスへの土産話(書籍短編Iにも収録)
書籍第二十巻 十年間の変化
SS34話 エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 前編
SS35話 エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 後編

作中での活躍

フェルディナンドの護衛騎士で、主が神殿に入ったのに諦めない変わり者。
マインが騎士団とトロンべ討伐に出た際に同行していた。
貴族院在学時、フェルディナンド情報を母に流してお小遣いを得ていた。
在学中にフェルディナンドに名捧げを行うも、フェルディナンドがエックハルトの貴族院卒業後間もなく神殿入りしたため主を失う。
貴族院卒業後、フェルディナンドの文官で調合助手を務めていたハイデマリーと結婚した。しかし、ハイデマリーはエックハルトとの子を妊娠するも、お腹の中の子どもと共に死亡。死因は毒殺。ヴェローニカが関与している模様*6
主も妻も子も失ったエックハルトは半分死人のような状況に陥った*7。今でもハイデマリーを愛している。
フェルディナンドを庇護すると言ったローゼマインを、妹として大切にする。
フェルディナンドの細かい注意事項を熱心に聞き、色々と立ち回りも上手い。
フェルディナンドに名を捧げていて、ローゼマインが名捧げをためらう要因の一つとなった。
普段は騎士団で雑務や新人の訓練などをしている。フェルディナンドが還俗してからは、神殿では主に事務仕事している。
マインの真実を知る数少ない人物の一人で、ローゼマイン関連で呼び出されることも多い。
ボニファティウスと同じく連絡をし続けたため、研究室に入ることも呼び出しも不可になってしまい、たびたびローゼマインを呼び出す。
ローゼマインの側近からトラウゴットが解任されてしまったため、結婚関連の話を遠ざけられることから、アンゲリカの婚約者となった。
フェルディナンドが王命でアーレンスバッハに向かうことになった際はフェルディナンドについて行くことを選び、アンゲリカとの婚約を解消した。
ハイデマリーのことを思い出すので、フェルディナンドの館の図書室や貴族院の図書館にはあまり近付きたがらなかったが、
少しは傷が癒えてきたらしく、エーレンフェストを離れてアーレンスバッハに向かうことになったときには図書館へ入って、懐かしそうに蔵書を見つめていた。

15年春に瀕死のフェルディナンドから名前を返された後、フェルディナンドの命令に従い、貴族院のエーレンフェスト寮に向かった。
エーレンフェストへの事情説明と証拠渡しが完了し次第、自死するつもりであったが、ローゼマインがダンケルフェルガーを引き連れてフェルディナンドを救出に赴く準備を整えていることを知り、ローゼマインらと合流、アーレンスバッハ戦に同行した。
ローゼマインによるフェルディナンド救出後、フェルディナンドの指示に従い、アーレンスバッハとダンケルフェルガーの混成部隊と共に、ランツェナーヴェ掃討に乗り出した。*8
令嬢達の救出とランツェナーヴェ掃討が完了した後、フェルディナンドより盗聴防止の魔術具を使った密命を受けている。*9

ランツェナーヴェの船の制圧が完了した翌日、エーレンフェスト防衛の為、フェルディナンドと共にダンケルフェルガーの騎士達と境界門に向かった*10
アーレンスバッハへ戻ってきた者達を捕縛・尋問した後、ビンデバルトでローゼマインらと合流。フラウレルムに念願*11の猿轡を噛ませ、エーレンフェスト領ゲルラッハへ騎獣で移動した。*12
フェルディナンドと共に旧ベルケシュトック騎士団を蹴散らしゲルラッハ騎士団に合流*13。他の騎士達と共に、ゲルラッハ戦を終結に導いた。

ローゼマインとフェルディナンドの婚約でアンゲリカとの婚約話が再度浮上。婚約式の後に双方の意思確認後、あっさり再婚約を決定。*14
ローゼマイン視点では恋愛要素は確認できず。

経歴

前11 or 前10年頃 誕生
前04 or 前03年頃 洗礼式を迎える
01 or 02年冬 フェルディナンドに名捧げする*15
04 or 05年冬 貴族院を卒業する*16
05 or 06年夏 ハイデマリーと結婚する
05~07年 ハイデマリーが妊娠中の子供と共に死亡する*17
11年冬 アンゲリカと婚約する*18
13年春 アンゲリカとの婚約を解消する*19
13年冬 フェルディナンドの側近としてアーレンスバッハへ移動する*20
15年春 瀕死のフェルディナンドから名前を返される。
    アーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
    ランツェナーヴェ掃討戦に主戦力として参加する*21
    ゲルラッハ戦に主戦力として参加する*22
    アンゲリカと再度婚約をする。

作者コメント

2016年 11月02日 活動報告 お知らせ諸々
「本好きの下剋上第三部Ⅰ」をお手に取ってくださった方にはわかるエックハルト兄様の髪型に関するネタです。椎名様が最初に提案してくださったのは別の髪型だったのですが、「エックハルトとランプレヒトの髪型を交換してください。個人的にフェルディナンドと同じ分け目がイイです」と私がお願いして髪型が決定しました。
2016年 12月07日 活動報告返答
エックハルトはお坊ちゃまです。下町に行くなんてとんでもない。下町の食事処で食事? 正気か? フェルディナンド様がいらっしゃる?
ならば、護衛は私以外にいないであろう。他に任せるなど言語道断って感じのお貴族様です。
珍しく弱った姿が良いという意見もあるのですね。私は少々役立たずだなと思いましたが。(笑)
2017年 04月09日 返信
特典SSの息抜きに感想やメッセージを読んでいたら、「エックハルトがフェルディナンドを好きすぎる」という意味合いの感想がありました。
好きすぎるというより、エックハルトにとってはフェルディナンドが人生の支えそのもの。フェルディナンドがいなかったら、妻子と共にはるか高みでした。
2017年 04月09日 返信
ハイデマリーの分も自分が忠誠心を捧げることで、妻子を失ったどん底時代を切り抜けたのです。
だから、エックハルトは通常の二倍以上忠誠心が強くて、フェルディナンドに仕えることに固執しています。
2017年 04月09日 返信
(亡くなったのは妻子ということは妻子ということはハイデマリーのお腹に子どもがいて毒を受けて亡くなったっててことなんですかね?という質問に対して)
そういうことです。助かったのは主同様に毒に慣れていて体力のあったエックハルトだけでした。

2017年3月29日 返信
エックハルトは「アーレンスバッハの女と結婚するよりアンゲリカがマシだと思っている」+「アンゲリカの年齢的にそろそろ嫁き遅れになる」などの判断から、これ以上結婚を引き伸ばす気がない

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • アンゲリカ。婚約取り消しが取り消しになったのは、直さなくて良いのでしょうか? - 2017-07-14 13:43:23
  • 「貴族院防衛戦」でも主戦力だったのを付け足してもらえると嬉しいです。 (2018-06-20 17:17:16)
    • ようやくディートリンデに一発お見舞いできたしね。全く足りないだろうけど。 (2018-10-16 21:51:11)
  • 神官長が当初マインを保護させるために愛人としてエック兄に押し付けようとしていた件って何話に書かれているんだっけ? (2018-11-20 07:41:11)
    • SS17。エックハルト関連は時系列が忙しすぎる。卒業が16歳、マイン洗礼の頃に18歳、ハイデマリーが死んだのがその間。愛妾話はトロンベ討伐までの頃で、妻子が生きてたか、死後すぐなのか…。(微妙にフェル神殿入りの時期と記述が合わない気もする) (2018-11-20 13:52:22)
      • ああ、古ぼけた木札のあれか。ありがとう (2018-11-20 14:13:18)
  • 「事情説明と証拠渡しが完了し次第、自死するつもりであった」というのは、正確には「事情説明と証拠渡しが完了しフェルディナンドの死が確認され次第、自死するつもりであった」。早まって死ななくてよかった! (2018-11-20 09:23:37)
  • 領主一族の側近なのに補講くらってるアンゲリカにたいして当初良い印象はなかったようだし、再婚約も心の底から歓迎してるわけじゃなさそうな (2019-08-21 19:00:00)
    • アンゲリカを結婚相手として悪くない相手と認識しているし(SS35話)、アンゲリカと結婚すれば、少なくとも年単位で、アウブ夫妻に近づく目的の人間からの縁談を回避することができる(676話)から、結構歓迎していると思うけど。<アンゲリカとの再婚約 (2019-08-22 00:00:27)
      • 貴族的な視点で状況を鑑みた上でって意味ならそうだけど、前妻とくらべるとやっぱり差があるようにみえるなぁってだけ。アーレンスバッハの女と結婚するよりアンゲリカがマシって程度なんだなぁと (2019-08-22 06:31:10)
        • 前妻との差は明確にあるだろうね。というか、ユルゲン内外のどの女性であっても前妻には至らないのだろうと思う。多分、再婚自体には不満があるけど、アンゲリカには不満はないというのが一番近い気がする。 (2019-08-22 08:12:03)
  • 説教臭い魔剣シュティンルーク(CV:フェルディナンド)が付いてくるし (2019-09-24 00:40:55)
    • フェル様と同じ声、同じ考え方をする魔剣の方を奥さんより尊敬してしまいそう (2019-09-24 08:46:41)