ロジーナ

初出:第98話

声(TVアニメ版):鈴木みのり

容姿

髪の色:栗色
000000000
瞳の色:澄んだ青
000000000
ふんわりとした栗色の髪に澄んだ青の瞳。
美しい少女で、大人びた綺麗な顔立ちをしている。
癖のある髪が豪奢で、立ち居振る舞いが楚々として、清楚なお嬢様に見える。

地位


年齢関連

  • 誕生季:冬*1
  • マインとの冬の年齢差:+8

ロジーナ視点の回

書籍第二部II 巻末SS 青色巫女見習いの側仕え

作中での活躍

クリスティーネの元側仕え。フェシュピールが上手で音楽が得意な灰色巫女。
マインに音楽の教師として仕えることになる。
クリスティーネに仕えていたころは、力仕事や雑用は灰色神官の仕事で灰色巫女の仕事は芸事を極めることだった。
そのため品や教養があり、下級貴族の令嬢より優雅な生活を送っていた。
孤児院を出てすぐに引き抜かれたため、クリスティーネが貴族社会に還俗し自身が孤児院に戻るまで、下働きをほとんどしたことがなかった。
マインに仕え初めた頃は、前の主の影響で音楽以外の仕事をしなかったため、他の側仕えと対立することがあった。
また、夜遅くまで楽器を鳴らしていたため、隣室のデリアを怒らせていた。
前の主と違う環境に苦しんだ。ヴィルマに、それぞれの主のことはその主にしか通用しないと諭されて、音楽に係わるために側仕えを続ける。
芸術だけに特化して苦労するが、実務を覚えていくことになる。マインとヴィルマとロジーナでそれぞれ苦手なものを抱えながら努力する。
成人を迎えたときは、マインから作曲した四曲とヴィルマからパルゥケーキ(マインに依頼されてヴィルマが焼いた)を頂いた。
家に帰るマインを、戻ってこなかったクリスティーネと重ねて、悲しみを浮き彫りにさせることがあった。
芸事等でデリアと上手く付き合えるようになった矢先に、主のマインを差し置いて神殿長に寝返ったため、憤慨した。
マインが領主の養女になったため買い上げられ、晴れてローゼマインの専属楽師になった。その腕前は領主にも認められている。
基本的にローゼマインと共に行動し、フェルディナンドとも作曲する。神殿では、デリアの後任で、不慣れなモニカニコラに色々教えている。
洗礼式を終えた貴族のお披露目で、クリスティーネと遭遇した。置いていかれたことから慰められるも、ローゼマインの専属楽師を続ける。
ローゼマインがユレーヴェに眠った二年間では、孤児院で子供達に音楽を教えた。
ローゼマインの中央行きに専属として同行することが決まっており、紋章入りの魔石を受け取っている。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
前01年 洗礼式を迎え、クリスティーネの側仕えになる*2
05年秋 クリスティーネの側仕えを解任される*3
07年夏 マインの側仕えに就任する*4
07年冬 成人式を迎える*5
08年春 ローゼマインの専属楽師になる*6
14年夏 ローゼマイン工房の紋章入りの魔石を受け取る*7

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • リリー - 2017-05-17 19:22:29
  • 割と1番好きなキャラかもしれない - 2017-07-19 00:38:45
  • いつも一緒にいるはずなのに、後半は記述がほとんどなくなるという… (2018-11-04 14:23:33)
  • 当時エーレンフェスト籍だったにもかかわらず、グルトリスハイト授与式で中央の楽師に混じりフェシュピールを奏でたのは、貴族の感覚では非常に名誉なことだったと思う。 (2018-11-05 09:25:51)
    • でも元々平民で貴族としての名誉とか縁がなく知らないだろうし、アンゲリカと分野違いではあるものの音楽馬鹿だし、本人の意識としては「広くて聴衆が多くて演奏しがいがあった」程度かも。中央貴族とか王族とか言われてもピンと来てなさそう。 (2018-11-05 14:02:15)
      • フェル様一人いなくなっただけで音量音質が激変するとは、音楽教師含め中央楽師も実は大したことない?いや、フェル様とそれに合わせられるロジーナが凄過ぎるだけか。この二人は一番異世界の音楽に触れているから、感性が磨かれてるだろうし。……アニソンとかに磨かれた感性だけど。 (2018-11-05 15:07:53)
        • 音質はともかく、音量は単純に魔力量の問題かもよ? フェシュピール演奏会で使用した拡声魔術具のようなものを、フェルの魔力メインで作動させていたのかもしれない。 (2018-11-05 19:18:33)
  • もしかすると、全編を通じてローゼマインと同じ建物の中にいた時間が一番長い人物かもしれないですね。眠っていた二年間も、神殿から一歩も出なかったレベルだろうし。…… (2018-12-07 13:21:27)
    • 神殿滞在時の自宅戻り時間累積と、奉納式で貴族院に残らない分の相殺結果次第では、エラかもしれない<同じ建屋 (2018-12-07 18:54:58)
      • 神殿滞在時のエラは通いだから、二年間の夜の時間を積算しただけで、ロジーナの圧勝だと思う。 (2018-12-08 00:23:32)
        • 冬は通いではなく宿泊だから、貴族院3年時点で既に差は一年未満かな? アレキサンドリアでは完全住み込みになるだろうし、レティーツィアの貴族院活動に対する助力方針次第では、その内逆転を起こすかも? どちらにせよ、二人共に長い部類になるのだろうね。 (2018-12-08 03:16:16)
    • フーゴとエラと並んでマインに次ぐ出世頭だよなー (2019-11-10 21:27:34)
      • 「アウブ専属楽師」と言うと元の主より出世しているようだが、「孤児院の音楽教師」でもあるだろうから「専属?」に疑問が付くし、あまり立場が変わってなさそうでもある。 (2019-11-10 22:43:18)
      • そもそも平民でありながら貴族院に行き、音楽教師のお茶会で演奏して賞賛され、王族の儀式でも演奏するって、マインとは異なるベクトルで凄い経験してるね。 (2020-03-29 23:04:58)
  • 659話のグル典授与式、ロゼマの専属楽師の姿が見えるとあるから参加してるよね。他の楽師がわからないけど、王族・領主一族の専属は貴族階級の専属であることが多いらしいから、平民でグル典授与式に参加した結構レアな人達じゃない? (2019-12-07 22:50:03)
    • 音楽と一緒に魔力も奉納しないといけないから普通は魔力がないものは参加できないからね、この時はローゼマインの魔力がこもった魔石を持ってたんだろね。 (2020-03-28 09:00:03)
      • あの継承式で魔力を捧げなきゃならなかったのは、始まりの庭に行く必要があったローゼマイン・フェルディナンド・エグランティーヌの3人だけ、それ以外の人は別に魔力奉納する義務はない (2020-03-28 16:02:04)
    • ひょっとすると、作品内で唯一エーレンフェスト寮の外へ出て活動した平民、かも知れない。何気に凄い。 (2020-04-09 00:46:07)
  • すみません >>成人を迎えたときは、マインから作曲した四曲とロジーナからパルゥケーキを頂いた。 ココ意味不明です 自分の読解力不足なら無問題なんですが (2020-03-26 20:34:39)
    • あっ 書き込み不足です  ロジーナからロジーナへパルゥケーキって??? (2020-03-26 20:36:16)
      • 「ヴィルマからケーキを貰った」が正解やね、修正しておきました。 (2020-03-27 16:18:06)
        • ありがとう存じます (2020-03-29 11:51:38)