ダイアポロン







 全長:120m
 重量:100t

「アポロン・ヘッダー!、トラングー!、レッガー!」
「不要部分収納!」「3体結合!」
「が~っ、しーん!」「ダーイ、アーポーローン!」

1976年に放送されたエイケン制作のロボットアニメ『UFO戦士ダイアポロン』の主人公機。
ダイアクロンではない。
日本のロボットアニメで初めて「複数の人型ロボットが合体して、1体の巨大ロボットとなる」を導入した作品でもある。
また、本作では「合体」の代わりに「合身」という「体」と「変」を組合せた造語が生み出されている。
これは「合体」をアオシマこと青島文化教材社が既に商標登録していたため、ブルマァク社によって考案されたものである。
後に『合身戦隊メカンダーロボ』や『戦国魔神ゴーショーグン』などにも使われている。……グラヴィオン?そっちは合
ただし、本作における「合身」は一般的な意味での「合体」とは別物であり、単に合体しただけでは本領を発揮できない(後述)。
一方でメカンダーやゴーショーグンの方は単に「合体」の言い換えに過ぎない(厳密に言うとパイルダーオンの方だが)。
原作は週刊少年キングで連載された雁屋哲氏と海堂りゅう(土山しげる氏の別名義)氏による漫画『銀河戦士アポロン』。

分身である3体の「アポロンロボット」が合体し誕生する巨大ロボットで、
太陽光線(光エネルギー)をエネルギー源とする超動力発生装置「エナルジーハート」の端末「キー・エナルジー」で駆動する。
ただし、起動させるにはキー・エナルジーを体内に持つ主人公タケシ(CV: 村山明 )がダイアポロンと合身(一体化)する必要がある。
合身しない状態でもUFOタイプの戦闘機「スペースクリアー号」のコックピットから動かす事が可能だが、戦闘能力は大幅に減少する。
ダイアポロンとの合身には多大な体力を消費するため、タケシのコンディションによっては合身可能な時間が限られる場合もある。

腹部にはエネルギーゲージとなる黒い三角模様があり、合体後には赤、青、黄色の三色の丸いゲージが灯る。
この黒い三角はエネルギーの消耗と共に減る様子が描かれており、
日照がなければエネルギーの補充はできず、夜間での戦闘では窮地に陥るシーンが度々見られた。
また、日食時にはエナルジーが起動できず合身が不可能になるという弱点があるため、
その時間を狙った本作の敵である「ダザーン軍団」に攻撃を仕掛けられ、タケシ達は最大のピンチを迎える事になる。

戦闘開始時には口元のフェイスガードを上げる事により、エネルギー増幅装置が作動してこれを全身に充填させる。
そのため、エネルギー消耗時にはフェイスガードが下がる描写が見られる。
合身後は巨大化したタケシが鎧を着込んでいる状態に近く、漫画版での図解もその様に描写されていたり、アニメでも「合身」コール中にそれっぽい演出があるが、
タケシがダイアポロンの体内でそのまま巨大化しているのではなく、巨大化しつつ融合しているのが正しいと言える。
一体化しているため、合身中はコックピットの描写は無いが、
終盤は専用のコックピットと思われる場所から、スペースクリアー号にシートごと移動するシーンが見られた。

鉄人28号やマジンガーZは西洋の甲冑をデザインに取り入れているのに対し、
こちらはアメリカンフットボールの防具をベースにしており、メンバー全員(女性含む)のパイロットスーツもアメフトである。
前年の『仮面ライダーストロンガー』同様、1976年のアメリカ合衆国建国200周年を目前として起きた第1次NFLブームの影響と言われる。

+ アポロンロボについて
三体とも頭頂高40m、重量30t。
ただし、玩具や設定画では全高にばらつきが生じている。

アポロン・トラングーとレッガーは当初無人で動いていたが、
タケシの合身による負担を軽減するため、本作の主人公チームである「UFO少年団」のメンバーが搭乗してサポートする事になる
(ただし合身システムの都合上、タケシ以外は合身直前にアポロンロボから離脱する)。
武装は合身後より使用できるものが限られるが、分離時でしか使用できない武器も存在する。
搭乗するときは胸のエンブレムから体内に収納され、
UFOを内部に固定した後にロボット用の操縦桿とモニターが出現、操縦する。

  • アポロン・ヘッダー
ダイアポロンの頭部と胴を構成する。
メインカラーは赤とシルバー。
胸部のエンブレムが開き、スペースクリアー号が収納され、合身準備に入る。
中盤からは合身の負担を減らすため、タケシがヘッダーを直接操縦する場面も多く見られる。

  • アポロン・トラングー
ダイアポロンの胸部装甲と背部、腕を構成する。
メインカラーは赤と黄色。
合体時と同様にカッターソーサーを使う事が可能。
20話からは主に五郎が搭乗して操縦するが、ミキが操縦する事もある。
胸部のエンブレムが開き、UFOが収納される。
合身時には不要部分収納により、頭と下半身を収納する。
その後、手足を収納したヘッダーがトラングーを着込むように合体する。収納したトラングーの下半身は何処行った?
ヘッダー、レッガーに対してトラングーの由来がわかり辛いが、英語で胴を意味する「Trunk」が語源らしい。

  • アポロン・レッガー
ダイアポロンの腰と脚部を構成する。
メインカラーは青とシルバー。
合体時と同様にブーメランカッターを使う事が可能。
搭乗時は腹部の装甲が開き、UFOが収納される。
20話からは主にミキが搭乗して操縦するが、五郎やヒデキが操縦する事もある。
不要部分収納の描写が腕部以外に無く、合身時には上半身がいつの間にか消えている。

こういう合体方法なので、合体後もサイズは変わらない。また、玩具では豪快に余剰パーツが出る。
良く言えば、余ったパーツでまったく新しいロボを創れると言う事だが。
とは言っても、ダイアポロンは各アポロンロボの強い(カッコいい)パーツの集合体なので、余剰パーツで作れるロボと言っても…
余談だが、何十年も後の『ガイキングLOD』にも「ガイキング・ザ・グレート」と言う似た様な合体パターンのロボが登場している
(こちらは劇中においても余剰パーツを放り投げている)。

+ パイロットのタケシについて
本作の主人公で、UFO少年団のリーダー格。
赤いコスチュームを身に着けてスペースクリアー号に乗り、
アポロンヘッダーの内部に吸い込まれ、ダイアポロンと合身する事ができる。
戦闘コスチュームは赤で、背番号は10。

普段は学園で五郎達とアメフトのチームを組んでおり、孤児院「あおぞら学園」で育つ。
16歳の誕生日に突然現れたアポロン星の生き残りであるラビに、自分がアポロン星の王子「ダイアポロン」だと知らされる。
最初は自身の力に慢心し、それが原因で合身できなくなる事もあったが、成長するに従い使命の重大さを知る事になる。
赤ん坊の頃に生き別れた母クイーンアポロンが生きていて悪の星「ダザーン星」に囚われている事を知り、激闘の末に奪還する。
その後、滅亡の危機にあったダザーン星の苦境を理解して「エナルジーハート」を使い、ダザーン星を浄化した。

+ 合身の条件
  • ダイアポロンとタケシの体内にあるキー・エナルジーが一つにならなければ、超エネルギーを開放する事はできない。
  • 合身者(キー・エナルジー所持者=タケシ)は悪の心(傲慢や自信過剰など)を打ち払い、善き心を持たなければならない。
  • 悪の心を持つような事があればエナルジーに拒絶され、合身ができなくなる。
  • 合身者は心身共に成長しなければならない。
  • 己が成長する事により、キー・エナルジーもそれに応え、様々な能力・武器が追加され進化する。
  • キー・エナルジーは言わば成長・進化するエネルギーであり、タケシと共に成長する事でその力を無限大に発揮できる。

+ 武装・必殺武器
  • ダイアポロンボール
カッター・剣・盾と三役兼ねる汎用性の高い武具。
尖った両肩の突端を外し、左右合体させてラグビーボール状の武器とする。
必要に応じて、ブレードを出す場合もある。

  • ダイアポロンビーム
胸部から発射される太陽エネルギーを変換した光線。
ただし、エネルギーを多く消費するので多用はできない。
初期には決め技として使われる事が多かった。

  • ヘリオススペクトラ
同じく胸部から発射される七色の光線。
ダイアポロンビームの強化版だが、アポロンソーサーと併用して使われる事が多い。

  • アポロンデストロイ
ラビから伝授された大技。
アポロン星に代々伝えられている戦法で、それを防ぐ手立ては無いと言われている。
その原理は不明だが、アポロン星人の能力と関係があるらしい。

自身の身体をきりもみ回転とともに縮小させ、敵の体内に入り込み(僅かな隙間があれば入り込める)、
元の大きさに戻る反動を利用する事で内部から破壊する。
合身の融合と巨大化の特性を利用した破壊技とも言える。
タケシが特訓の際に着用したスーツは本作の原典となった漫画『銀河戦士アポロン』で使われたものに近いデザインとなっている。

  • アポロンソーサー
腹部から発射されたエッジ付きのソーサーで相手を切り裂く。
エネルギーに覆われているのでかなりの威力がある。

  • カッターソーサー
アポロンソーサー同様の小型エッジソーサーだが、こちらはエネルギーに覆われていない。
発射位置は両手。

  • マグネットソーサー
手甲から発射される磁気吸着円盤。
威力はそれほど大きくなく、牽制に使われる。

  • エルボーガード
右腕に装備されている楯。

  • レッガーミサイル
脚と脛の付け根から発射する小型ミサイル。

  • アポロンカッター
腕部及び脚部に装備されている4枚刃のカッター。

  • アポロントライアングル
分離状態のアポロン・ヘッダー、トラングー、レッガーが三角形に並び放つ技
三体のロボを結んだ三角形の内側が超高温になり、敵を焼き尽くす。

(以上、Wikipediaより引用・改変)


MUGENにおけるダイアポロン

Gino Sodano氏による、3Dモデルを使用して作られたものが存在。ボイスは外国語。
同氏製作のコンプゲー『THE WAR』用のキャラだが、MUGEN1.1専用キャラとして単体での使用も可能。
Kon-El from Partinico氏のグレンダイザーを素体としており、構成ファイル名が改変元のままだったり、
改変元から流用していると思しき技があるなどの面影が残っているが、性能自体は差別化されている。

ダイアポロンボールやカッターソーサー、ダイアポロンビーム、
ダイアポロンデストロイなど、原作の技や演出が一通り搭載されている他、
突進技や合身前のアポロンロボが3体集合してのビーム発射、仲間達が操縦する「UFO戦闘機」をストライカーとして召喚する事も可能。
なお、元々巨体のロボット達が殴り合うコンプゲー用のキャラ故か、攻撃のリーチ・判定共に強烈。
改変元と同様に、一般的なサイズのキャラよりも巨大キャラと戦わせた方が良いだろう。
コンプゲー紹介動画
(ダイアポロンの出番は27:13から。DLリンク有り)

出場大会

  • 「[大会] [ダイアポロン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年05月30日 07:07