カード能力解説 > メイドガイド・グリープ・かわったエコロ

メイドガイド・グリープ かわったエコロ

レア度 ☆6~☆7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 相手単体に味方全体が「こうげき」×スタメンの属性数×nの属性攻撃を与え、
mターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 各自
コスト量 48,60
変身合成 ☆7へんしんボードで行う

概要

かわったエコロは2016年3月末のぷよフェスにて期間限定で登場。略して「かわエコ」とも呼ばれる。
ぷよフェスDXでの再登場に合わせる形で、2016/9/21にリーダースキルが上方修正された。
2018年9月21日に☆7が実装された。
2020年4月1日にメイドガイド・グリープが登場。
かわったエコロは、メイドガイド・グリープとスキルが同じになる大幅な上方修正が行われた。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
メイドガイド・グリープ(☆6 Lv.99) 4220 2240 800
メイドガイド・グリープ(☆7 Lv.120) 6330 3248 1080
かわったエコロ(☆6 Lv.99) 4380 2209 535
かわったエコロ(☆7 Lv.120) 6570 3203 898

エコロはバランスタイプとしては回復がかなり低めだが、体力と攻撃は高め。

スキル

スタメンのカードが各カードの「こうげき」×スタメンの属性数×nの属性攻撃をし、
さらにmターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)。

☆6で属性数×5、1ターンのワイルド化。
☆7で属性数×7、2ターンのワイルド化。
必要ぷよ消し数40個。
属性攻撃の効果と倍率はかわったサタンと同じ。

5属性の場合、各カードが☆6では「こうげき」×25、☆7では「こうげき」×35の属性攻撃をする。
副属性を持つカードの場合、主属性と副属性(1/3補正あり)の両方でダメージが発生する。
また、全体攻撃のカードは単体攻撃をする。
盤面に一切依存せず攻撃できるが、盤面に何も影響しないスキルである。

かわったエコロはどんなデッキにも対応できるリーダースキルに対して、スキルの攻撃は多色向けではあることが難点であったが、
ワイルド化効果が追加されたので、無理に多色にせずとも十分に活躍でき実用性は飛躍的に上がっている。

ワイルド化効果は、☆6でもレガムントよりぷよ消しが5個少ない上位互換で、☆7の魔界シリーズのとっくんスキルと同じ、
☆7ではターン数や毎ターンチャンスぷよ生成の効果という点ではレガムント乙姫セリリに劣るが、
これらはスキル発動数が45個と少し重いため、早いこちらとは一長一短で使い分けが可能。
同時発動を必要とするほかのスキルの多くは本カードと同じく発動数40個となっており、使い勝手は非常に良好。
エコロについては紫属性に限れば、現状ワイルドスキル持ちのフェス限定キャラがこのキャラしかおらず、
属性攻撃がある点も含めて他と比べて頭一つ抜けている。
グリープの青属性には乙姫セリリがいるが、セリリは☆7にする必要があるのに対して、
グリープは☆6から使えるため、ワイルドさん(50)の手持ちがなくてもすぐデッキに入れられるのは初心者にもやさしい。

+エコロのスキル上方修正履歴
かわったエコロのスキルは上方修正が2度行われている。
2017/8/4に☆6における威力が2倍→2.2倍に。
2020/4/1に☆6は威力が2.2倍→5倍になり、1ターンワイルド化の効果が追加。
☆7は威力が3倍→7倍になり、ワイルド化の効果が1ターン→2ターンになった。


リーダースキル

メイドガイド・グリープ
「まもの」と青属性カードの攻撃力、体力を強化し、
通常攻撃時のみハートBOXを1個消すごとにスキル発動ぷよ数を1減らす

☆6で攻撃3.5倍、体力3.0倍。
☆7で攻撃4.5倍、体力3.5倍。

まばゆいヤナと似た効果のリーダースキル。
こちらは自属性にも効果があるため単色デッキは組みやすい一方、
「まもの」のコンビネーションを持つキャラは「ガールズ」ほど多くはないので、多色デッキは構成しづらい。
その他、クエスト開始時のハートBOX生成や回復力の強化などが無いことなど、細かい差もある。

かわったエコロ
☆6では、味方全体の攻撃と体力が2.5倍、回復力が1.5倍になる。
(2016/9/21に「味方全体の全能力値が1.5倍」から上方修正された。)
☆7では、味方全体の全能力が3.2倍になる。
☆7のとっくんボードで獲得できるリーダースキルは、
「攻撃4倍、他能力2.5倍」「体力4倍、他能力2.5倍」「回復4倍、他能力2.5倍」の3種類から選択できる。

属性に関係なく、全能力値を上げられる点ではリーダースキルとしてはもっとも優秀な部類である。
とっくんボードでは、「攻撃4倍」は☆7フェス限としては低いが、「体力4倍」「回復4倍」は本ゲームの全カードにおいてぶっちぎりトップの倍率。

しかし、のちに登場したアルル&カーバンクルは味方全体の攻撃と体力が3倍で2連鎖以上で回復、
初代ぷよシリーズの☆7とっくんリーダースキルは☆6時点での上位互換(全体の攻撃体力2.5倍、回復2倍)となっている。
相手が☆7とはいえ、フェス限定カードの☆6リーダースキルが通常ガチャのカードの下位互換になる例はこれが初めてであり、フェス限としては見劣りする。

☆7では倍率が上がるが、攻撃力・体力は他の☆7のフェス限定キャラでは味方全体が対象かつさらに上回るものがほとんど。
そういったカードを持っている上でリーダーとして使うとしたら、唯一の差別化点である回復倍率を活かすため、
攻撃回復逆転ステージを闇の天使マジカルねこガールズなどのスキルを使わずに攻略する場合だろうか。

コンビネーション

メイドガイド・グリープは「ボーイズ」「まもの」「はばたき」

かわったエコロは本家同様「ナゾ多き」「ボス!?」「すずらん」。
いずれも持っているキャラが少な目のため、コンビネーションは乗せにくい。
後にこれまた本家同様に新コンビネーション「トラベラー」が追加された。
コンビネーションを乗せる場合は単色でも多色でもデッキを組みやすい点が光るだろう。

デッキ考察

かわったエコロ
紫デッキから5色デッキまであらゆるデッキのリーダーがこなせる万能リーダーカード。
スキルの性質上、5色デッキの方がよりベターだが、上方修正後はワイルド化効果がメインといっても差し支えがなく、
そちらを目的とするなら、無理に多色デッキである必要はない。

例えば紫属性でスキル攻撃を最大限活かすために疑似多色デッキを組むならば、一緒に組む副属性持ちの候補としては、
エンハンススキル持ちのストリートのまぐろしゅんげきのルルーや、「トラベラー」も乗るキングオブさかな王子、条件エンハンススキルを持つまばゆいヤナ
またワイルドスキルと相性のいい、なぞり消し増加スキルを持つたゆたうルファスや、連撃スキルを持つジーニアスナイトクルークなど、
多くの強力なフェス限定キャラが存在する。

しかしそれら全てを揃えるのは難しいこともあり、無理に副属性を揃えずに、
スキル攻撃はおまけとしてワイルド化効果を活かすために、キリンや「トラベラー」も乗るチキータなど、
副属性を持たないカードと合わせても、十分に活躍は見込めるだろう。

評価

かわったエコロ
実装当初からかなり見劣りした不遇なカードで、一時は「かわいそうなエコロ」「おわったエコロ(おわエコ)」と揶揄されるほどであったが、
幾度の上方修正を経たことで登場から4年目にして、ようやくある程度使いやすいカードとなった。

リーダースキルについては、味方全体を大幅に強化する点が当初は本カードだけの特権であったところ、
現在はそうではなくなり、報酬カードでも本カードより使いやすいものが複数存在する。
また、回復まで強化するがゆえに、フェス限定カードとしては、体力倍率はやや低め、攻撃倍率は☆6並みの低さ。
そこまでして回復強化が必要な場面というのもそんなに多くないので、リーダースキルは癖が強めといえる。
とっくんボード次第で全体の体力や回復を4倍にできるが、その他の倍率はやや控えめでかなり尖っている。
ボーイズやガールズを持っておらず、コンビネーションが組みにくいのもやや扱いが難しいところ。

一方でスキルについては、以前は使いづらく非常に非力だったが、大幅な上方修正によって飛躍的に実用性が上がった。
特に☆6のままでもワイルド効果が付与されるようになったことや、☆7で効果ターンが伸びたことは大きく、
初心者でも上級者でも活躍できるようになっている。
より強力なリーダースキルのカードを持っているならば、リーダーではなくスタメンに組み込むのがベターだろう。

ただし、☆6のままでもワイルドスキル要員として使えることや、
リーダースキルは☆7でも癖があるため、ワイルドさんを優先的に使うべきかは迷うところ。
少なくとも、最優先というほどのものではない。
紫属性には他にも優先して☆7にすべきフェス限キャラが多数いるので、やはり自分のカードプールをよく確認して、慎重に決めよう。

メイドガイド・グリープ

カード詳細

メイドガイド・グリープ


かわったエコロ
最終更新:2020年06月29日 23:12